こたみ さん プロフィール

  •  
こたみさん: Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活
ハンドル名こたみ さん
ブログタイトルWildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活
ブログURLhttp://miijawanfather.blog.fc2.com/
サイト紹介文WildcatのMTBの足跡を訪ねたり、屋根付き自転車を作ったりするニッチなブログです
自由文今はなき世田谷のMTBショップWildcatのバイクに乗る、ショップの関係者やオーナーに会いたいおじさんのブログです。
屋根付き自転車を自作したり、折り畳み自転車mobiky出かけたり、家族を自転車ワールドに引き込もうとしたりします。ニッチな記事をお楽しみ下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供233回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2014/05/21 07:21

こたみ さんのブログ記事

  • 八ケ岳エリア避暑旅行⑦国立天文台野辺山でヘロヘロ
  • 野辺山SLランドで駅弁食べるアテが外れたため、次なる訪問スポットへ。国立天文台(野辺山宇宙電波観測所)、こちらも入場無料であります。三鷹・大沢の天文台に結構な頻度で行き、幼稚園バスが来る前に通過するJAXA職員用マイクロバスに乗りたいがために一般公開日に出向き、図鑑に載っている人工衛星の名前を軒並み言い当て(はやぶさとはやぶさ2の違いなんてわかるかいっ)、武居小児科に架かっている雪の中のパラボラアンテナ [続きを読む]
  • 八ケ岳エリア避暑旅行⑥野辺山SLランドでゆるーく遊ぶ
  • 野辺山駅に戻り、駅前の無料駐車場に停めておいたクルマに乗り込み、走る事5分、やって来たのは「野辺山SLランド」、入場無料・駐車場無料であります。(画像はHPより拝借)小淵沢駅でカミさんに調達して貰った駅弁をここで食しながらむちゅこを遊ばせる目算は、飲食物持ち込みNGにて外れてしまいました。もとより小規模な施設、長居するつもりはなかったので、乗りものにサッサカ乗る事に。ここに来た第一目的がスイスレーティッ [続きを読む]
  • 八ケ岳エリア避暑旅行⑤HIGH RAIL 1375にチョイ乗り
  • 家族を送迎バスで小淵沢駅へ向かわせ、独りクルマで向かったのは、JR小海線 野辺山駅であります。駅前の無料駐車場にクルマを停め、目下自転車ブログとは言えない当ブログ、レンタサイクルがあるよーとだけ写真を撮って、駅で小淵沢までの切符を購入。小淵沢に行くならホテルの送迎バスを使えばいいのでは?と思いきや、これが考えに考えた結果のルート取りであります。小淵沢から野辺山まで(自分も(爆))観光列車 快速「HIGH R [続きを読む]
  • 八ケ岳エリア避暑旅行③清里テラスでまったりするコツ
  • サントリー白州工場を出た後は、クルマで清里高原に向かいます。目的地はこちら。サンメドウズ清里スキー場が夏場に「清里テラス」なるビュースポットとして営業しているので、画像のソファのココ(→印)らへんでまったりできたら、という趣向であります。既にあるスキーリフトというリソースを夏に活用するというなかなかのアイデア、麓のレストハウスではランチバイキングもやっているというので、今回の宿が朝食のみのプランと [続きを読む]
  • 八ケ岳エリア避暑旅行②サントリー白州工場見学
  • 尾白川渓谷に予定外で寄り道したため、余裕だったスケジュールがにわかにタイトになってしまい、9:45スタートで見学ツアーの予約をしてあった、サントリー白州工場に滑り込みます。(画像は勿論後撮り(爆))ここに来るまで「白州=しらす」と思ってましたが、「はくしゅう」と読むのね(爆)駐車場横の受付で予約がある旨申し出たものの、ツアー集合場所まで離れているので、大慌てで敷地奥に進みます。こちらの重厚な建物がツア [続きを読む]
  • 八ケ岳エリア避暑旅行①南アルプスの水冷た〜ッ
  • 受験生をもつわが家の夏休み旅行は、盆休みを日・月曜日で1週間前倒しで取り、リーズナブルに予約できた良さげな宿で1泊だけ。家の目の前が森なので山より海、というリクエストもありましたが、どうも気乗りがしなかったのと、プランが色々組めそうな八ケ岳山麓エリアに魅力を感じたので、こちらでスケジュールを組みました。日曜朝6時、家をクルマで出発し、渋滞のほとんど無い中央高速を西進。おきまりの談合坂で休憩と朝食確保 [続きを読む]
  • 太陽熱温水器を作ってみるが(後編)
  • 太陽熱温水器のユニットを自作し、あとは装着するばかりとなりましたが、コレを自作する際にネックとなるのが、水源→ユニット→貯湯の経路をどうするか、であります。水源・ユニットは屋外に置くもの、という定石通りとするには、「配管を屋内にどう通すのよ」という課題がついて回り、窓に隙間をあけるとなれば、Gやら何やら害虫の侵入を防ぐ方策が必要となります。通常の開閉と防虫を両立するのは難しいので、強い日差しが入る [続きを読む]
  • 太陽熱温水器を作ってみるが(前編)
  • 今年の夏は殺人的にクソ暑く、2階でエアコン無しには寝られない毎日ですが、この暑さを楽しみに変えられないかと考えていたところに、会社で大量のビニールチューブ(電気配線用Φ6mm)が廃棄される事になり、会社の廃棄物の減量に貢献するという名目のもと(コラいくばくか(?)を持って帰って参りました。また、過日行ったクローゼットの整理&むちゅこのお下がりプラレール整理の過程で蹴り出された衣装ケースのフタを使って、太 [続きを読む]
  • さらはマクワウリ 次につなげ
  • 今シーズンの夏野菜で最も高い(といってもそれほどではない)苗だったマクワウリ、なんとか実がなって、第1果が袋掛けまで行き着いたものの、後に続くはずの実がなかなか大きくならず、うどんこ病の病葉をどんどん取り除いていくも、事態は好転せず、2番手以降は大きくなる前に黄色くなって株元を見れば、ほぼご臨終の状態に。(画像中央)第1果を少し早めに収穫し、手じまいとする事にしました。茎に近いところにひび割れが出来 [続きを読む]
  • 夏の小ネタ アイスを買ったら必ずやること
  • わが家ではコープで食材を届けて貰ったり、アイスを買った際にドライアイスを貰うと必ずやるイベントがこちら。水を張ったボウルにドライアイスをinn、スモークで涼をとりまーすくだらんと言いながら、結構コツがあったりしまして、ボウルにドライアイスに対してかなり多めの水かぬるま湯を入れるのであります。最初のうちは勢いよくスモークが出るのですが、ドライアイスの冷気に当てられた周囲の水が凍ってドライアイスを包んで [続きを読む]
  • 青じそ 蘇りまくり
  • 豆苗サヤエンドウのプランターのコンパニオンプランツとして植えていた青じそは、サヤエンドウの撤収に伴い元イチゴプランター(セリア)に移植しておりました。がっ、鉢のサイズが小さいのか、水や肥料をやっても葉が縮れて元気がなく。持ち直したので鉢を移動しようとしたら、鉢の下にまで伸びていた根を切ってしまい逆戻り。刺身のツマやら何やらで青じその出番がある我が家では、この状態を良しとしないので、再移植する事に。 [続きを読む]
  • オクラ 立ち上がりが遅くても
  • 春蒔きのダイソー種の中で最も成育が遅れたのがオクラ。発芽が遅れ、発芽してもナメクジの食害に遭い、なんとか定植に持っていってもなかなか育たず。オクラってもっと節操なく育つんじゃなかったっけ?と首をかしげながら栽培を続けておりました。徒長気味で育てると実が硬くならないとの事で、密植をと思っても、それ以前のレベルで青息吐息、痺れを切らして複数追い蒔きするも、発芽したのは1粒だけ(爆)ここまで鳴かず飛ばす [続きを読む]
  • クローゼット内リコンストラクション
  • わが家のリビング隣の部屋は元和室だったものを洋室に直したらしく、クローゼットの奥行きがかなり深いのですが、とりあえずぶっ込むカミさんのB型的収納が使っていてストレスがたまるばかり。何かを取る時に、何かを一旦取り出さなければ取れない、何かを取ろうとすると、何かが落ちるか崩れるという仕舞いかたにイライラするのは日常茶飯事ですが、子供に触らせないという理由で最上段に置いたプリンタの上に、事もあろうにノー [続きを読む]
  • 父の眠る納骨堂へ
  • こたみの父は新宿御苑から程なく歩いたところにある曹洞宗東長寺の納骨堂に位牌と骨壷が安置されております。墓の形にこだわるのではなく、いつでも墓参りを気兼ねなくできる様に、また墓守の手間とコストで子供らの手を煩わせない様にと、納骨後は家族が個別の法要を希望しない限り、月一の寺としての法要がまとめて行われ、管理費などは一切掛からないという東長寺を選んだのでありました。次男坊にもかかわらず実家の墓の事でゴ [続きを読む]
  • あんな虫こんな虫どんな虫ーッ
  • 家の目の前の森からは、色々な虫が飛んできたり跳ねてきたり這ってきたり(爆菜園の食害に絡むものや、いわゆる危険生物的なものまでバラエティーに富んでおります。ゴマダラカミキリみたいに昆虫採集的にOKであればよろしいのですが、このサイズで素早く走り回る、同じ頭文字Gが出ると大パニック。森にいる奴は昆虫?ってな感じなのに、なんで家に入って来た奴は怪物みたいに見えるんだろネ。太古の昔はGがデカいので、捕食されて [続きを読む]
  • すだれの余りを使い切る
  • 寝室の小窓の遮光・通風のためにカットしたすだれの残りを、こーんな感じにリビングの小窓に並べて(突っ張り棒1本にまとめて)装着してみましたが、なんか締まりがありません。2本のすだれの長さの公差が大きすぎるので、見た目バラバラでビンボー臭いと。それならばと、ちっちゃいアルミ片サドルを取り出し、曲げ加工。これを2本のすだれの下端部に括りつけ、すだれを張り気味にして窓の開閉ハンドルに引っ掛けます。おー、長さ [続きを読む]
  • 「一ツ山チエ展」に行ってみる
  • カミさんがこんなチラシを持って帰ったきまして。新聞紙のコヨリを貼り合わせてリアルな動物を作る一ツ山チエ氏の展示が調布市文化会館たづくりで開かれているというので、たまたま娘の習い事のゲネプロが向かいの文化ホールであるのを送迎がてら見に行く事に。たづくりの駐車場は30分100円と安く、地下なので猛暑に当てられる事もないので使えますな。ゲネプロの終わった娘と共に、たづくりへ。1階のギャラリーのエントランスの壁 [続きを読む]
  • 「広報みたか」の記事に思う
  • 隔週で配達される三鷹市の市報「広報みたか」、今回の記事がこちら。「市内で自転車の事故が増えている」と。常々自転車の運転ルールとマナー無視が酷いのを肌で感じてはおりましたが、やはり結果もまた然りであったか。折しもアシスト自転車で、ながら運転しお年寄りを轢いて死亡させた元大学生の禁錮2年が求刑され結審、8月末の判決を待つばかりとなりましたが、これが執行猶予付きとなるかどうかは、今後の自転車運転に対する世 [続きを読む]
  • バリカンのスペーサーを割ってしもうた
  • こたみとむちゅこの頭を刈るバリカンには一定の長さで刈り上げるためのプラ製スペーサー3種類がついているのですが、よりによって常用しているスペーサーを落っこどしてポッキリ。今から髪を刈ろうとした矢先のアクシデントで、幸い欠けた所がなくても刈れなくもないので、むちゅこの頭は刈りましたが、刃の端部が露出しているので耳に刃を当てないよう慎重にならざるを得ません。これではカミさんに刈らせる事はできないなぁ。自 [続きを読む]
  • ウリ科3種定植 土嚢袋栽培の秘技会得っ
  • 枝豆の育苗と並行して育てていたのが、地這いキュウリ(ダイソー種)の苗(第2陣の残り)のと、食べた実の種をセルトレイに蒔いてからポット苗にしたスイカ&キュウリ。セルトレイから移した際に根が傷つき枯れるかと思いきや、全く問題なく成長し、定植待ったなしの状況。ここで予備で置いておいた残りのセルトレイ苗は撤収。(この土は連作にならない様に別の作物へ転用)まずはうどん粉病で下葉を完全撤去し丸裸となったマクワウ [続きを読む]
  • 枝豆第2陣定植 根っこマルチと土嚢栽培のメリットとは
  • 蒔いておいた枝豆の苗が徒長気味で定植待ったなしなので(画像下)、第1陣の枝豆の残りと蔓無しインゲンを撤収し第2陣にバトンタッチ。やはり根が鉢内に完全に回ってしまっており、イチゴに使ったセリアのプランターは小さかった模様。土はふるって過日撤収した枝豆の土と一緒に土嚢へイン。残った根っこは、植えてあるミカンの木の株元へ。豆類の根っこに空気中の窒素を固定する根粒菌がついているので、施肥とマルチングの両方の [続きを読む]
  • ニトリの棚を組み立てて気がついた
  • 高校受験を控えた娘の机、もとより机に造り付けの棚も収納も少ないところ参考書やら何やらが溢れてにっちもさっちもいかない状態なので、カミさんからカラーボックスでも買ったらと言われたものの、書籍の収納スペースはケチると使い勝手に決定的な禍根を残すので、田無のニトリでコイツを購入。棚といえば棚ですが、大きなカラーボックス、ですな。いわゆる3段の「カラーボックス」といわれるモノが実売1,000円前後で売られている [続きを読む]
  • 台所用タオル掛け 装着方法変更
  • 100均のタオル掛けって、あちらか立てばこちらが立たず、デザイン・耐久性・そして装着方法の全てを満足するものがなかなか無く、かといってホームセンターで「コレがこの値段〜?」というのを買うのもなんだかな、とセリアで悩みに悩んで買ってシンク下の引き出しに着けていたコレが取れますた(爆)接着方式でも糊の跡が残らない、というのが売り文句ですが、裏を返せば剥がれやすいだけと。手持ちの両面テープで再接着を試みる [続きを読む]