saizo さん プロフィール

  •  
saizoさん: 楽天イーグルス観戦ブログ
ハンドル名saizo さん
ブログタイトル楽天イーグルス観戦ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/saizo_2014/
サイト紹介文楽天イーグルスについて、思った事を遠慮なく綴るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供126回 / 194日(平均4.5回/週) - 参加 2014/05/21 22:47

saizo さんのブログ記事

  • 思いがけない連勝!
  • ソ 1-2 楽2試合で1勝できれば上出来のところを、よもやの連勝で嬉しい誤算となった。シーズン終盤から調子を落としていたソフトバンク打線は、ファイナルステージではさらに調子を落としているようだ。イーグルスも湿っているが、ソフトバンクはもっと湿っていて、予想通りロースコアの試合。打った方が勝つ、というよりは、より打てない方が負けるという表現の方がしっくり来る。とはいえ、昨日もそうだが勝てば官軍。これでいよ [続きを読む]
  • ファイナル初戦を制す!
  • ソ 2-3 楽昨日の記事に書いた通り、2戦目までに1勝をどうしても取りたかったイーグルスだったが、驚くほどあっさりと勝ってしまった。これでイーグルスは五分以上の戦いに持ち込めるはず。スコアとしては1点差だが、ゲーム運びとしては終止イーグルスが主導権を握ったまま、自慢の勝ちパターンで逃げ切り、完勝と言っていいだろう。塩見の投球内容はスポーツ記事を見て貰えば分かるので割愛するが、CSに入って別人のような嶋の配球 [続きを読む]
  • いざファイナル初戦へ!
  • ソフトバンクの圧倒的な有利は揺るがない。アドバンテージの1勝と圧倒的なソフトバンク先発陣。対して1stステージで3試合を戦ったことにより、イーグルスはエース3枚を使い切っているし、中継ぎ陣もほとんどが連投して少なからず疲労が残っているからだ。普通に考えれば誰しもが思うこと。だからこそファイナルステージでの下克上はほとんど実現してこなかった訳だが、果たして今年もそうだろうか。もちろんその可能性は高い。しか [続きを読む]
  • 10/16 全員野球で1st突破
  • CSという舞台では、いかに相手にプレッシャーを掛けられるか。プレッシャーを与え続けて小さな綻びを見つけ、そこに突破口を見出だす。短期決戦かつ大舞台では、1つのミスが負けに繋がるという結果も多い。梨田采配の4犠打という内容は、"得点を取る+相手にプレッシャーを与える"という二つの意味を持っていた。その成果は1回と4回。1回はいきなり四球を貰った茂木を藤田のバントで2塁に送りプレッシャーを与えた結果+2四球とウ [続きを読む]
  • 10/15 "岸孝之" 仁王立ち
  • 5月以来の古巣メットライフドームでの登板。またもレフトスタンドからはブーイング。未だにブーイングが飛ぶとは、西武ファンの品格を疑うばかりだが、ライトスタンドのイーグルスファンはイニングを終える度、岸に声援を送り続けた。それに対して、岸は圧倒的なピッチングで返礼した訳である。この出来事で闘志に火が付いたとは思えないが、今日の岸のストレートは制球・球威・切れと全てに申し分なく、まともにバットに当てさせ [続きを読む]
  • 10/14 CS初戦はなす術なく惨敗
  • 則本の調子はそれほど悪いように思えなかったが、右打者のアウトコースを全く取ってもらえなかったのでリズムを壊した。更に嶋の稚拙なリードで試合をぶち壊し、エースという名に恥ずべき4回7失点。前半で試合が決まって、打線も相変わらずの無抵抗ぶり。接戦に持ち込まない限り雄星にプレッシャーをかけられないため、攻略は難しいと考えていたが、初回の2点と3回の5点では自信満々に投げられて圧倒されるのも致し方なしか。ただ [続きを読む]
  • レギュラーシーズン終了〜1stステージへ
  • 茂木が最終戦で4安打3長打と、やっと状態が上向いてきた。島内と銀次と茂木の3人がここ5試合で4割超えの打率を残したのは好材料だが、対戦投手が消化試合ゆえの若手が多かったこともあり、上向いてはいるが絶好調とまでは言い難い。ペゲーロとウィーラーは完全にお疲れモードで、なかなかバットが出てこない。特にペゲーロは深刻で、真ん中やや高めのストレートすら前に飛ばせない状態であるため、エース級が揃うCSでの活躍は難し [続きを読む]
  • 9/25 久々に打ち勝つ
  • 昨日の貧打から一転、今日は面白いようにタイムリーが出た。それほどに千賀の調子が悪く、ストライクを取るのがやっとの内容で、ストレートに球威なく高めに浮いたところをしっかりと叩くことが出来た。これが梨田監督の目指す野球で、打線が打って先発が試合を作れば、作戦も継投も必要なし。のはずが、今日は岡島には2回もバントを指示。どうやら昨日の犠打併殺には余程怒り心頭だったようだ。千賀とは対照的に美馬は抜群のピッ [続きを読む]
  • 9/24 "穴は覚悟の上"の結果
  • 二軍ですら4点に近い防御率しか残せない、終わった感が強い摂津相手に、6回まで無得点。茂木の3ランがでなければ、無得点という結果になっていたことを考えると、単純に今のイーグルス打線は2軍よりも劣るという事になってしまう。特にぺゲーロは体調が悪いのか弱々しいスイングで全打席やる気なし。心配になるほど動きが悪く、本当に体調不良のなか無理にDHとして使われていたのかもしれない。銀次、藤田、岡島、ウィーラー、ペゲ [続きを読む]
  • 9/23 仮想CS……とは言い難い
  • TV中継の実況はしきりに"仮想CS"という言葉を使って盛り上げようとしていたが、ソフトバンクベンチからその空気はさほども感じられなかった。内川と柳田という中軸を怪我で欠くものの、優勝が決まって何となく気の抜けている打線。1失点に抑えられたのは塩見が良かった訳ではなく、粘り強さがなくなった淡泊な相手打線のお陰だろう。対する2位躍進を狙うイーグルス打線もソフトバンク打線同様に淡泊な凡退を繰り返す。明らかに不調 [続きを読む]
  • 9/21 キャプテンという名のお荷物
  • はじめに、昨日の今日での批判となりますが、ご容赦願います。3点目は、岸のカーブがワンバウンドしたところを、顎が上がって素人のようにお粗末な後逸。昨日書いた通り、予測しないボールが来ると勘で取りにいってしまう悪癖で、白けるほどあっさり勝ち越し点を献上。吉田に勝ち越し3ランを打たれた場面は、岸がボール一つ分中に入れてしまったコントロールミスというより、インコースストレートを3球も続けた嶋の配球が原因。昨 [続きを読む]
  • 9/20 正捕手問題
  • 藤平が打たれた、というよりはキャッチャーとサードに足を引っ張られたという試合。打線もそうだが、ルーキーにいい格好ができない中堅ベテラン達だから情けない。藤平があれほどストレートで押せると分かっていながら、大城に2塁打を一発浴びたぐらいでビビってストレート中心の配球をできなくなった嶋は、もはやチームの弱点と言っても過言ではない。とにかくもう賞味期限が過ぎたキャプテン嶋。配球は臆病な性格ゆえ無難な要求 [続きを読む]
  • 9/19 当然の勝利で3連勝
  • 楽天 6-0 日ハム日ハムの予告先発が上原という2年前のドラフト1位の投手。しかし、5試合に先発して防御率5点台という"結果は出ないがドラ1だから育成の為に使っている"という見え見えの起用で、言葉は悪いがこんな2軍レベルの投手に抑えられてしまうようでは、いよいよもって終わりだなと思っていたが、さすがにそこまで落ちぶれてはいなかったようだ。今日の結果は当たり前といえば当たり前だろう。ロッテ、日ハムは当然のごとく [続きを読む]
  • 9/18 まさかのサヨナラ!以前に…
  • 楽天 4x-3 ロッテすでにCSの可能性もなく、伊東監督も今季限りで退任。勝利より、来期への育成とアピールがメインとなっているロッテ相手だからこそ、サヨナラで勝つことができたと言える。そもそも石川を攻略するのが遅すぎで、磯部打撃コーチは相変わらずの無能ぶり。イーグルスの打者が初球を見逃す可能性が高いと見るや、捕手の田村は多少甘くなってでも初球ストライクを要求。結果、3球以内に追い込まれて凡打の山を築いた訳 [続きを読む]
  • 久々の二桁得点で久々の快勝
  • 先発の辛島は制球悪く、看板球であるチェンジアップが機能しないため、全くいい所がなく5回途中で降板となった。辛島の良い悪いはチェンジアップの出来次第なので、初回を見た段階でこの結果は予測できた。打線は2回2死から久々の集中打を見せ一挙7得点。明らかに制球悪くキレのない不調の涌井相手とはいえ、連打でアマダー、連打でウィーラーの3ラン2発は見事な攻撃だった。5回の5得点は格落ちのルーキー投手相手なので特に評価は [続きを読む]
  • どうしてこうなった??無策で3連敗
  • ※個人的な主観ですので、ご了承下さい。今思えば、前半戦は投打ともに全てが順調にいっていた。それは各選手がハイパフォーマンスを見せてくれたお陰なのだが、それは梨田監督のモチベーションコントロールに寄るところが大きい。そう思っていた。全てがうまくいっており、細やかな継投もせず、ただ打たせるだけで勝つことができた。梨田監督にとって誤算だったのは、この調子でフルシーズンを戦えると思ってしまった事だ。主力に [続きを読む]
  • 【9/8〜9/10】オリックス3連戦
  • 9/8 楽 2-4 オ連勝でエース二人のいる表ローテに繋げる最高の形でスタートしたが、岸というか嶋というか三振は取れるが打ち込まれるというお寒い内容で踏ん張れず、味方の援護にも恵まれず8敗目を喫した。8/26の記事にも書いたが、はっきり言って嶋の配球と岸の投球スタイルは合わない。三振を14も取っているものの、10安打されては全く意味がないどころか、球数がかさむだけでむしろ悪影響と言える。炭谷とのコンビの頃のように、 [続きを読む]
  • 【9/7 日 4-6 楽】久々の連勝で安堵
  • 10連敗を脱し、次を勝つか負けるかでその後のチームのムードは大きく違ってくる。前回6連敗のあとは完敗を喫し、その後10連敗に繋がった訳だから、また躓くようだと大連敗は無いにしても勝ったり負けたりを繰り返してしまう嫌な流れになると懸念していた。そういう意味での安堵で、これで2位西武への追撃態勢は整ったと言えよう。とは言え、打者で元気なのはオコエ、島内、ペゲーロだけで、その他は相変わらずたまに打つ程度。まあ [続きを読む]
  • 【9/5 日 1-6 楽】驚異のルーキー藤平!
  • エース則本の力投虚しく、零封負けを喫したチームはついに負ける悔しさを思い出したようだ。マウンドで泣き崩れる事についての是非はあるものの、たかが1失点で完投したのだから、則本は自分の仕事をしっかりと果たした。しかし絶対に試合に勝つ!という目標は達せられず、その強い気持ちは悔し涙に変わり、そしてベンチからしばらく引き上げなかったレギュラー陣にも、その気持ちは確かに伝わったはずだ。そして悔しさでバットを [続きを読む]
  • 【9/3 ソ 1x-0 楽】エース則本の力投虚しく
  • はじめに、ここ1週間ほどブログ更新をサボっておりましたが、1人でも更新を楽しみに待っていてくれているであろうと勝手に信じ、この球団史に残る10連敗を機に再開しようと思います。言い訳にもなるが、そもそも記事にする内容がないほど同じ負け方を繰り返しているため、書く内容がなったというのが正直なところ。(みなさんも同感だと思いますが)2位通過を投げ出してまで大胆な起用はできないという大人の事情は重々承知してい [続きを読む]
  • 【8/26 楽 4-5 ハム】茂木のエラーで負け
  • せっかく則本が投げているのに、初回から2つのイージーなエラーで簡単に点を許して、試合を台無しにしてしまった。浮き足だっているというか集中力に欠けているというか、しっかり試合に入っていけないチームの雰囲気の悪さが出た。特に茂木のタイムリーエラーは、高校生でもしないイージーエラーだったが、それがどちらもタイムリーエラーとなる致命的なエラーだった。さすがの則本も2つ目のエラーでは怒りの表情を見せたが、それ [続きを読む]
  • 【8/26 楽 3-5 ハム】当然の負けだがオコエと茂木
  • 岸も相当疲労が溜まっているだろうから、エラーに足を引っ張られながら嶋のリードの割には良く投げたと言える。嶋はコースで勝負するタイプのリードしかできないため、無駄球や遊び球を多く使い、タイミングを外す配球ができない。嶋の要求通りに投げきれれば三振を多くとれるが、引き換えに球数がかさんでしまう。楽天に来てから岸の奪三振率はかなり上がったが、同様にイニングあたりの球数も増えている。基本は嶋のサインに首を [続きを読む]
  • 【8/24 ロ 2-1 楽】最下位相手にも負け越して泥沼へ
  • 藤平での勝利は本当につかの間の晴れ間だったらしく、安樂でも勝つことが出来ず最下位のロッテ相手にもカード負け越し。このまま泥沼へ嵌まるだろう。これで3カード連続の負け越しで、8月は7勝13敗となり首位とは8.5ゲーム差と絶望的な状況に。しかし昨日の美馬とは比べ物にならないくらい安樂は良かった。両コーナーの精度よく、ストレートにも勢いがあり、しっかりと自分の仕事を全うした。しかしながら、味方の野手には守備で足 [続きを読む]
  • 【8/23 ロ 5-3 楽】美馬にはガッカリ
  • 楽 002 000 010 3ロ 400 010 000 5あのオールスター前までのピッチングは幻だったのだろうか。単純に出来が良すぎただけなのだろうが、ここ最近は去年までのいつも通りの美馬である。球威なくコントロールはアバウトで、ボールは高く真ん中に入ったところを痛打される。さらにはセットポジションでの癖を見抜かれて盗塁もされ放題。昨日ルーキーで連敗を止め、今日も勝って一気に勢いをつけたかった大事な試合で、得意な筈のマ [続きを読む]
  • 【8/22 ロ 2-6 楽】天気と一緒に打線にも晴れ間
  • 楽 12010200 6ロ 00000020 2久しく沈黙を守ってきた打線が奮起し、15安打6得点2本塁打。ウィーラーが3安打で、ペゲーロ、アマダー、聖澤、島内が2安打。ソロホームランを除くと13安打で4得点だから、まだまだ得点機を生かしきれていないが、ファンは下位相手ならまだまだ勝てると安堵したことだろう。この試合で躓くようだと泥沼の連敗が待っていただろうから、チームは自信を回復し勢いに乗ってもらいたい。さてヒロインのプロ初 [続きを読む]