うなぎ さん プロフィール

  •  
うなぎさん: 散歩と旅ときどき温泉
ハンドル名うなぎ さん
ブログタイトル散歩と旅ときどき温泉
ブログURLhttp://sanpototabi.blog.jp/
サイト紹介文都内、近郊の古い街並みや建造物、路地裏などの写真を中心に国内の寂れた観光地や温泉なども紹介。
自由文建設関係の仕事のため首都圏の様々な街に通っており、暇を見つけては建物や街角の写真を撮り続けています。また旅好きで、特にマイナーな寂れた観光地や温泉、地方都市などを巡ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/22 08:13

うなぎ さんのブログ記事

  • 山形県鶴岡市、庄内交通廃線跡と湯野浜温泉
  • 庄内交通湯野浜線は昭和4年、羽越線鶴岡駅から湯野浜温泉駅を結ぶ鉄道として開業し、昭和50年まで営業されていました。上の写真は湯野浜温泉下町共同浴場の休憩室に展示されていたもの。湯野浜線は途中にある善宝寺の参拝客や当時まだ栄えていた湯野浜温泉の宿泊客、魚の行商人や地域の米などを運んでいたそうです。白黒写真で見ると昔の箱根登山に見えてきてしょうがないのですが。田園地帯の廃線跡はほぼ跡形も無くなっています [続きを読む]
  • 秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(後編)
  • 南に進みます。こちらは川反5丁目小路。さらに南の「みきょう小路。左半分が潰されて駐車場になってます。にゃー途中右手に袋小路。たまりません。にゃーみきょう小路の奥には通り抜けられる通路も。にゃー左側のシャッターは開くのでしょうか。て言うか猫多っ!wwwww一本西側の通りを北へ戻ります。すると右手にまた渋い小路が。千秋小路という長屋に挟まれた路地裏。夜に訪れたいとつくづく思います。ただ、外側を見るとすでに崩 [続きを読む]
  • 秋田県秋田市、場末の路地裏迷宮(前編)
  • 大曲花火大会の翌日、レンタルサイクルを借りて秋田市内を巡ります。1995年の秋田新幹線開業を契機に駅ビルとその周辺を再開発。1997年には現在の駅舎が完成しました。駅前バスターミナルも秋田杉をふんだんに使った綺麗なもの。しかし駅正面に駐車場。再開発と同時に駐車場だらけの歯抜けの街になると言う、ゴーストタウン化も進み始めています。駅の近くには秋田市民市場があります。出展者親睦団体商栄会として戦後の昭和26年に [続きを読む]
  • 【日記】大曲花火大会2018
  • 25日土曜日、大曲花火大会に行って来ました。諏訪湖、長岡と並ぶ超有名で規模の大きい花火大会。その存在を初めて知ったのは、昔やってた桃鉄の花火スタンプラリーカードから。私の地理に対する知識の大半は桃鉄で出来ています。(笑)羽田から秋田空港へ。着陸直前、山里の上を掠めるような低空飛行に不安を覚えながら到着。山の中に滑走路がある事も、秋田市内からバスで35分も離れていることも、着いて初めて知りました。折りしも [続きを読む]
  • 千葉県旭市、香取海軍航空基地跡
  • 戦後73年目の終戦記念日ですが、今回は千葉県の銚子の少し手前に残る香取海軍航空基地跡を巡ります。香取海軍航空基地は昭和13年に着工、竣工を迎える昭和18年にはかなり戦局も悪化していました。現在その滑走路跡は工業団地になっており、Googleマップを見ると特徴的な十字の地形がはっきりと残っています。https://goo.gl/maps/tfHYjgCsBNk上の写真は春海第一掩体壕(後述)に建っている案内板より。こちらは南西から北東に延びる1 [続きを読む]
  • 板橋区成増、成増マーケット〜和光市の銭湯
  • 今回は仕事で成増へ少しだけ通います。ギリ板橋区。少し歩けば埼玉県和光市という、東武東上線の県境になります。南口右手のすずらん通り商店街を歩いていると、成増マーケットの看板が。これは闇市系マーケットの発見かと心踊らせながら潜入。ところが中は肉屋さんが一軒残るのみで、後はそのほとんどが沖縄居酒屋『島人』さんとなっていました。過去の画像を探したところ、東側入り口の右手にはお茶屋さんがあったようです。マー [続きを読む]
  • 神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(後編)
  • 続きです。とにかく暑くて死にそう。山頂付近の尾根道を歩いていると途中、橋が掛かっています。その橋から下を覗くと、えらい深い切り通しが。ここは明治期の砲台建設の際、資材搬入などで使われたそうです。近くで見たいと下に廻って見たところ、立ち入り禁止の上に深い藪に覆われていました。頂上付近は児童公園でアスレチック施設などがあるのですが、そこここに赤煉瓦の土塁が顔を覗かせています。ここは腰越堡塁と呼ばれる砲 [続きを読む]
  • 神奈川県横須賀市、観音崎の戦争遺構群(前編)
  • 三浦半島、横須賀の先の浦賀、観音崎に残る砲台跡などの戦争遺構を巡ってまいりました。観音崎は夏のレジャー真っ盛り。海に入る人やBBQを楽しむ人などで賑わっています。観音崎灯台は日本最古の様式灯台として1869年より点灯しています。だだし関東大震災などによって崩れているため、現在の灯台は大正14年に再建された3代目となります。この灯台の場所に文化9年(1812年)、最初の台場が造られたとか。その観音埼灯台をとり囲むよ [続きを読む]
  • 神奈川県湘南地区、藤沢、辻堂、茅ヶ崎など
  • 仕事で湘南方面にちょいちょい行く事があり、仕事帰りに立ち寄ったところなど、少しまとめてみます。まずは辻堂。辻堂駅の北側は日本電池、関東特殊製鋼、パナソニックなどの巨大工場が次々閉鎖され、その跡地が再開発されています。今では巨大なショッピングモールとマンションが建ち並び、街の景色も一変。そんな整備された街の大型マンションの脇に古い銭湯を見つけました。しかしどうやらすでに廃業されているようで、夕方にな [続きを読む]
  • 千代田区神田(4)、2019年3月で消えてしまうガード下迷宮
  • かつて神田で働くサラリーマンや地元の方々に愛され賑わっていた、大衆食堂(居酒屋)の升亀さんや大越さんが並んでいた、神田駅南口西側のガード下。升亀は2013年にオーナーが母親の介護をするため店を閉め、大越は2016年末に耐震補強工事に伴い退去、スタッフの高齢化もありそのまま閉店となりました。下の写真は2015年当時、すでに升亀さんが消えた後の様子。私は年に一度必ず、神田で健康診断を受けているのですが、升亀さんと大 [続きを読む]
  • 【日記】狛江駅前の立ち飲み屋
  • 小田急沿線での仕事。帰りに立ち寄る店を探していたところ、小田急線の狛江というあまりに意外な駅で発見したので、わざわざ途中下車して立ち寄ってしまいました。住宅街と僅かな商店街しかないとばかり思ってましたが、なんと駅の真ん前に立ち飲み屋が。先代は金物屋だっ... [続きを読む]
  • 【日記】横須賀市田浦のおまけ
  • 元々田浦を訪れたのには違う目的がありました。京急田浦駅とJR田浦駅の間辺り、池の谷戸というバス停があります。まず地名で谷戸と付く辺りから惹かれる物がありますが、歩いて見ると窪地というより普通の谷間と言った感じです。ただ、田浦周辺の住宅街のトタン率の高さに... [続きを読む]
  • 群馬県桐生市(3)、路地裏スナック街
  • 今回桐生を訪れたもう一つの目的として、桐生の寂れたネオン街を巡るという物があります。去年の夏に訪れた時は夜でしたが、誰も歩いてない歓楽街にフィリピンパブの客引きだけがあちらこちらに立っていると言う、なかなか強烈なものでした。場所としては仲町界隈にな... [続きを読む]