愚耕禿聖士 さん プロフィール

  •  
愚耕禿聖士さん: 古聖の方丈記
ハンドル名愚耕禿聖士 さん
ブログタイトル古聖の方丈記
ブログURLhttps://ameblo.jp/gukoutokuhiziri/
サイト紹介文僧に憧れながらも僧になれなかった乞食のような聖、苦悶の日を送り続ける聖がここで書き記す。
自由文私の前世には僧に憧れながらも僧になれなかった乞食のような聖だったような気がする。悟りの境地に入りたいが容易に入れず、毎日飢えを凌ぐのがやっとで、苦悶の日を送り続ける聖。この古の聖はやがて野垂れ死にするのだが、それまでここで書き記す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供210回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2014/05/22 07:34

愚耕禿聖士 さんのブログ記事

  • 大相撲十一日目≪術中に嵌まる≫
  •  古聖は「術中に嵌まった」ことは何度かあるが、相手を「術中に嵌めた」ことは記憶にない。今は亡き父との将棋の対戦で、一度だけ三間飛車の急戦でかったことがある。父はアマチュア将棋の有資格者でそれも四段位です。そりゃあ勝つ方が難しい。 確かNHKの将棋のテキストを見て、覚えたのです。これは術中に嵌めるというよりは、よくよく研究しただけの成果ですね。 相撲を観戦していて残念に思うのは、一度当たってからの引き [続きを読む]
  • 今日は十日目、明日から終盤戦。
  •  十日目ともなりますと、勝ち越し、負け越しが見えてきます。勝ち越すとプラス10点が加算されますので大きいです。 明日からは終盤戦。お楽しみに。 ブログランキングに参加しています。 拙い古聖のブログに温かい応援を賜り心よりお礼申し上げます。 お気に入りましたら、ポチッとお願いします。できれば左右とも?人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 九日目はどうなった?
  •  海のパイナップル「ホヤ」が市場に出回ってきた。ビアガーデンもオープンを迎えるこの時節、この「ホヤ」が美味しい。 見たことがない方には、とてもグロテスクに見えるでしょうね。青森人には、待ってましたの美味・珍味です。「ホヤ」にはビールが合います。 大相撲は夏場所、最近は海流の変化で季節感が若干狂ってきました。ビールを片手にテレビ観戦している古聖です。今日から豪栄道が休場になりました。優勝予想力士に [続きを読む]
  • 栃ノ心戦わず七連勝。
  •  大相撲夏場所は七日目を迎え、六日目まで唯一の全勝栃ノ心は七日目を不戦勝、つまり戦わずに勝利を収めました。本日の対戦相手の遠藤が休場したためです。西小結の遠藤は昨日の東小結の御嶽海戦との対戦で、右上腕二頭筋遠位部断裂のため休場しました。 遠藤を投票した方は明日の八日目から、得点の対象は控えの力士に変わります。 KUMIさんがトップになっていますね。 10勝予想力士はこうなりました。栃ノ心を予想された内 [続きを読む]
  • 五連勝の横綱白鵬、ついに土!六連勝は栃ノ心だけ。
  •  大相撲夏場所は中盤戦の六日目へと進み、これまで五連勝の三力士に明暗がありました。 平幕の正代はこれまで五戦して勝ち星のない巨漢魁聖が相手、六戦目の本日も巨漢の壁に屈しました。関脇の栃ノ心は危ないところもありましたが、土俵際の逆転で六連勝と白星を伸ばしました。 さて、本日の打ち止めとなる最後の一番、横綱白鵬と新鋭のに一方的に押し込まれ土俵を割りました。この阿炎を投票しているのは、山岡司朗さん、ふ [続きを読む]
  • 夏場所、初日から五連勝は?
  •  関脇の栃ノ心が強い!誰がこの連勝を止められるか?一方、西の関脇の逸ノ城は小結遠藤に敗れ、4勝1敗へ。 横綱白鵬は4連敗の大栄翔に無難な勝ち星を挙げ、当然ながらの五連勝。平幕で前頭4枚目の正代も千代翔馬を退け5連勝でした。 明日から中盤戦へと進みます。引き続きお楽しみください。 ブログランキングに参加しています。 拙い古聖のブログに温かい応援を賜り心よりお礼申し上げます。 お気に入りましたら、ポチ [続きを読む]
  • 4日目で4連勝は?
  •  大相撲夏場所は東京の蔵前、今日は最高気温が29℃と上がったそうです。もちろん土俵上でも熱い戦い熱い戦いが展開されました。横綱、両関脇はもちろんですが、前頭4枚目の正代が4連勝です。横綱鶴竜は松鳳山に敗れ、前頭5枚目の勢、同じく10枚目の隠岐の海、同じく12枚目の朝の山は初黒星です。大関豪栄道は2連敗で優勝から早くも遠のきました。 4日目の成績です。明日もお楽しみに。 ブログランキングに参加しています。 拙 [続きを読む]
  • 大相撲三日目の後半戦の審判に貴乃花親方が出場
  •  大相撲の審判と言えば、行司が裁いた勝者が正しかったかどうか、その目で見て、「物言い」をつけることができます。 本日の取組で竜電と勢の一番、竜電の勝ちと判定した行司審判に「物言い」をつけたのが貴乃花親方で、協議の結果、勢の勝ちとなりました。場内のアナウンスをしたのは八角理事長です。 こうした見方もできる大相撲、一度は間近に観戦してみたいと思います。 さて、三日目となりました。 今日は栃煌山が大関豪 [続きを読む]
  • 大相撲夏場所が始まりました。
  •  今晩は! 今回の大相撲夏場所の幕の内は20の取組がありました。したがって10人の力士が勝利します。このブログの投票では横綱・大関の合計3名のうち投票できるのは1名だけですから、投票した11名の力士のうち、残り8名の力士が勝つのがベストです。したがって初日から全勝はかなり可能性が低いですね。 初日の結果はこうなりました。 まあ、グラフにするまでもないのですが、 皆様が10勝すると予想された力士はこうなりま [続きを読む]
  • 大相撲夏場所の投票が揃いました。
  •  昨日は古聖の仕事が保美でしたので、皆様からお寄せいただいた投票を何とかまとめることができました。 ご覧の通りです。 しかし、横綱稀勢の里、大関高安の休場は寂しいですね。 短い15日間ですが楽しみましょう。 ブログランキングに参加しています。 拙い古聖のブログに温かい応援を賜り心よりお礼申し上げます。 お気に入りましたら、ポチッとお願いします。できれば左右とも?人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 100分の散歩
  •  山歩きではないのですが、道を歩いてみようと、前日の夜に決めました。彼女にはタオルを2枚だけ用意してもらいました。 5月11日、朝の食事の後片付けをしないまま、古聖はジャージ姿のまま自宅を出て、まずは月見野霊園をめざし、歩きだしました。 まず、古聖には雑念が多い。 道を問う。中国の教えでは、道とは人や物が通るべきところであり、宇宙自然の普遍的法則や根元的実在、道徳的な規範、美や真実の根元などを広く意味 [続きを読む]
  • 夏場所の投票が届きました。
  •  山岡司朗さん、KUMIさん、劉備玄徳さんの三名から、夏場所の投票が届きました。 なかなかアップする時間がなくて遅くなりました。 投票の締め切りは5月12日、明日までです。よろしくお願いします。将来が不透明とか不明瞭とか言うけれど 例えば古聖のように、常に現世に問題意識を持っていると、テレビのアナウンサーの一語一語が気にかかる。巷で相次ぐ不祥事に「将来が不透明、不明瞭」と言う。 古聖は親鸞が言った通り、 [続きを読む]
  • 立夏に思ふ
  •  本日5月5日は「こどもの日」、合わせて立夏でもあります。 古聖は、大学でベルグソンという哲学者を卒論で取り上げました。ベルグソンは「失語症」について、その著作『物質と記憶』で表しています。古聖自己流の解釈では、「人が道に迷った時に、例えばその人の自宅に帰宅することが、その人にとって生命に関わる重要なことであれば、帰り道が途中の景色や建物の記憶もまた重要なことで、いったん忘れた帰り道も、途中の景色や [続きを読む]
  • 人生の三楽
  •  朝鮮半島に何か新しい歴史の出来事があったようですね。長い歴史から見れば、ほんの一瞬で一行に記入される些細なことです。 その他愛も無い出来事に、今生きている私たちが遭遇しているのです。古聖も皆様も、自力で現世に生まれ出でた訳ではないですよね。むしろ、これは現世での一生を授かったと考えた方が良いと思うのです。そうであれば、人生は楽しいものと感じなければ、生きていることが辛いですね。 貝原益軒の『養生 [続きを読む]
  • 桜に思いを馳せる
  •  いきものがかりの歌に「花は桜 君は美し」というのがあります。今から10年程前に発表された曲です。 私はこの曲を聞いて、今でも恋しい女性(K.久美子さん)のことを思い出さずにはいられません。1973年5月頃に交際を始め、1974年11月にはお別れしてしています。僅か1年と6か月の期間でした。 弘前公園の桜が散り落ちて、葉桜に覆われた桜の木の下で一夜を明かしました。夏には仙台の七夕を見て、東京へ向かい、当時参宮橋に [続きを読む]
  • 踊躍歓喜(ゆやくくわんぎ)のこころ 私訳『歎異抄第九条』
  •  今日は二十四節季の六番目「穀雨」です。穀雨とは、穀物の成長を助ける雨のことで、田畑の準備が整い、それに合わせて春の雨の降るころとされています。 今朝の青い森は晴天に恵まれ、古聖は自家用車のタイヤ交換を先ほど終えたばかりです。穀雨は、『暦便覧』では「春雨降りて百穀を生化すればなり」と記されています。つまり、これから雨の日が多いということですね。 しかし、現世は誠に理想とはかけ離れた醜聞ばかりで、生 [続きを読む]
  • 【ワシントン共同】
  •  親鸞の『歎異抄』に次のような文章があるのを、皆様はご存知でしょう。 一 善人ぜんにんなおもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。しかるを世よの人つねにいわく、悪人なお往生す、いかにいわんや善人をやと。この条、一旦そのいわれあるににたれども、本願他力の意趣いしゅにそむけり。そのゆへは、自力作善じりきさぜんのひとは、ひとえに他力たりきをたのむこころかけたるあひだ、弥陀の本願にあらず。しかれども、自力のここ [続きを読む]
  • 渓声山色(けいせいさんしょく)
  •  昨日、かねてから望んでいました八甲田の春スキーに出かけてきました。平日でもあり、駐車場も閑散としており、ロープウェイに乗り込むスキーヤーやボーダーの方は定員の一割か二割でした。 お天気は生憎曇りで、山麓駅の気温は2℃、山頂は−2℃。 古聖はフォレストコースを選んで滑り降りました。 勿論古聖は一人での滑降ですから、万が一事故を起こしても、後から滑り降りる人、助けてくれる人がいる保障などありません。  [続きを読む]
  • 老いてこそ、強精の行者ニンニク
  •  先週店頭で「行者ニンニク」を見かけたので、衝動買いしてしまいました。早速彼女に醤油漬けにしてもらいました。一昨日、青い森の駅前、古川の市場で売っているとの情報を聞きつけ、さっそく買いに行きました。個人商店ですから安い、安い。スーパーで買ったのが10本程度、市場では30本もありそうです。これで同じ200円です。 これを水で洗い、丁寧に一皮むいて、湯通ししてから醤油に漬けました。このブログでも以前に書いて [続きを読む]
  • ふるきをたずねて新しきを知る(温故知新)
  •  もうお亡くなりになって30年余りになりますが、鶴田浩二さんが歌っていた『傷だらけの人生』(作詞:藤田まさと)の歌詞です。古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもんでございます。どこに新しいものがございましょう。生れた土地は荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。何から何まで 真っ暗闇よ筋の通らぬ ことばかり右を向いても 左を見ても馬鹿と阿呆(あほう)の 絡み合 [続きを読む]
  • お酒について
  •  4月5日は二十四節季の一つ「清明」でした。春分の日を過ぎてから最初の節季「清明」は、『こよみ便覧』では「万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれるなり」と記されています。青い森の拙宅では、そそっかしい「クロッカス」が咲き始めたと思ったのに、突然の雪で花は台無しです。代わりに水仙が花穂を見せ始めました。 時の移ろいを庭の花で感じるのも趣のあることです。毎日毎日晩酌して、時の移ろいについていけない [続きを読む]
  • 働き方改革とは言え
  •  先月の中旬に春闘の回答が多く出されました。国からの要請に経団連が助長し、一流企業の大手は軒並み足を揃えて、プラス回答、即ち給料を上げるという回答を出しました。自動車の国内最大手トヨタは月額平均3.3%に加え、ボーナスも増やすとの回答でした。 4月から食品などの値上げが実施され、ジワリジワリと家計を圧迫しそうですが、その前に給料が上がるという話題で、何とか経済成長がプラスの方に回り始めれば、何とか底な [続きを読む]
  • 身心学道(しんじんがくどう)
  •  春の露地野菜がスーパーの店頭に出てきました。「浅葱あさつき」とか「分葱わけぎ」などです。古聖は酢味噌和えにして食べるのが好きです。野菜だけでなく、アサリが良いですね。中国産が大嫌いな古聖ですが、むき身のアサリはほとんどが中国産で、国産は貝殻のままで売られています。値段も高い。そのまま味噌汁にするのも良いけれど、フライパンにバターを溶かしてでソテーして、最後に醤油を少し垂らす程度の味付けで、酒の肴 [続きを読む]