加藤 喬 さん プロフィール

  •  
加藤 喬さん: びょうそくで司法試験(労働法1位  論文36位で合格した秘訣 )
ハンドル名加藤 喬 さん
ブログタイトルびょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣 )
ブログURLhttps://ameblo.jp/byoosoku/
サイト紹介文平成26年の司法試験に労働法1位、論文36位で合格しました。
自由文3回目で上位合格した経験を生かして、youtubeでの講義・合格体験談の配信、ブログでの質問回答を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供101回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/05/22 17:47

加藤 喬 さんのブログ記事

  • 予備試験合格後にやるべき、過去問を使った司法試験対策
  •  昨日、平成30年予備試験の最終合格の発表がありました。  最終合格された方々は、本当におめでとうございます。  予備試験合格者の司法試験合格率は、今年だと78%とかなり高いですが、5人に1人は落ちているため、司法試験不合格は他人事ではありません。  予備試験合格者で司法試験に落ちたという例については、私はそこまで詳しくありませんが、毎年、予備試験合格後に司法試験に合格できなかったため加藤ゼミに参加される [続きを読む]
  • [短答対策]一元化教材を、過去問を軸にして使う
  •  先日、Twitterで紹介した、短答対策のための一元化教材の使い方について、ブログでも共有させて頂きます。  まず、短答対策のための一元化教材は、網羅性のあるものであれば、択一六法でも、判例六法でも、ポケ六でも何でも良いと思います。  大事なことは、使い方を間違えないこと、つまり、過去問を軸にして使うということです。   過去問から離れた使い方をすると、何を使おうと、情報過多に陥ると思います。   私は [続きを読む]
  • 平成29年司法試験[行政法」の採点表となります
  •  平成29年・30年司法試験の過去問を使ったテストゼミ(詳細はこちら)で使用する採点表のサンプルが出来上がりましたので、公開させて頂きます。  採点表のサンプルは、平成29年司法試験[行政法]設問1(1)のものです(後日、微調整をするかもしれません。)。  答案添削は、加藤ゼミ又は秒速過去問攻略講座を受講していた司法試験合格者に担当して頂く予定です(できるだけ、平成30年の司法試験合格者に担当して頂けるよ [続きを読む]
  • 昨日で33歳になりました。
  •  昨日で、33歳になりました。  平成26年の司法試験に合格してから、4年が経ちます。  毎年、受験生に近いスケジュールで活動しているため、一年経つのがあっという間です。  今期は、司法試験過去問を使ったテストゼミや改正民法の講義など、新しいゼミ・講座も担当することになりました。    いずれも良いものに出来るように、全力で取り組ませて頂きます。    また、ブログでの情報発信にも力を入れていきたいと考 [続きを読む]
  • 何をどう論じるのかについて、問題文のヒントに従って考えましょう
  •  今年の商法の再現答案と成績表を比較していると、設問2(1)で本件決議1の取消事由として利益供与に言及している答案、本件決議2で否決の決議の取消の訴えの利益を論じている答案は、少なかったです(特に前者は本当に少なかったです)。  また、設問3でも、174条の趣旨→規範→当てはめ で終わっている答案がほとんどでした。   合格ラインで差がついた主たる原因は、設問2(2)で利益供与に何らかの形で言及できた [続きを読む]
  • 平成30年司法試験 資格スクエアの講座を受講された方の合格体験記
  •  資格スクエアの講座を受講された方の合格体験記を紹介させて頂きます。  この度は、秒速・総まくりや秒速・過去問攻略講座を受講されていた合格者のうち、14名の方から合格体験記を書いて頂きました。  合格体験記にご協力頂き、誠にありがとうございます。  以下では、合格体験記のリンク先を貼らせて頂きますので、講座利用の際に参考にして頂けますと幸いです。 〇新城新太 様  1回目受験/500番台/予備試験合格/2 [続きを読む]
  • 法的三段論法に従った答案とは
  •  答案添削をしていると、司法試験委員会が求めている法的三段論法に従った答案を正確にイメージすることができていないと思われる答案が一定数あります。  法的三段論法とは、法規の適用において、法規の適用において用いられる三段論法を意味します。  例えば、甲について1項強盗罪の既遂(以下では、「強盗既遂罪」とします)の成否が問題となっている場面では、大前提は刑法236条1項という法規です。  甲が「暴行又は [続きを読む]
  • 僅差での論文不合格という結果の受け止め方
  •  先週末から平成30年司法試験論文の成績通知が届きはじめ、私も、Twitter上で受験生アカウントの成績を目にしたり、ゼミ生から成績の報告を受けています。  不合だった方の中には、僅差で不合格だったという方もいます。  私は決して、" 試験は合否がすべてであり、不合格は不合格、惜しくもない " という趣旨の発言はしませんし、そうも思いません。  惜しかった、よくここまで成績を伸ばすことができたと思いますし、どう [続きを読む]
  • 平成30年司法試験合格者の方へ 合格体験記を募集しております
  •  資格スクエアでは、平成30年司法試験に合格された方の合格体験記を募集しております。  秒速・総まくりや秒速・過去問攻略講座を受講されている方で、合格体験記を書いて下される方がいらっしゃいましたら、こちらのページから、資格スクエアの担当者にご連絡頂けますと幸いでございます。    写真・氏名公表可能な方には30,000円、これらが不可という方には8,000円を、謝礼としてお支払い致します。  資格スクエアの [続きを読む]
  • 2019年合格目標加藤ゼミ 募集を終了しました。
  •  2019年合格目標加藤ゼミにお申込み頂き、ありがとうございます。  関西クラスは、定員10名に対して10名の方々からのお申込みを頂きました。  東京クラスは、定員12名に対して19名の方々からお申込みを頂きました。  そこで、教えて頂いた情報を適正に考慮した上で、12名を選考させて頂きました。  事務手続の便宜上、ゼミに参加して頂ける方々に対しては、必要事項を記入したメールを一斉に送信させて頂きます [続きを読む]
  • 2019年合格目標加藤ゼミの募集は、本日をもって終了いたします。
  •  現時点で、東京クラス・関西クラスともに、お申込件数が定員を超えております。  募集要項はこちら    募集期間が長くなれば、その分だけ、お申込み頂いた方々の地位や学習計画が不安定になるため、9月15日(土)の23時59分を過ぎた時点をもって、募集を打ち切らせて頂きます。  ゼミの参加を悩んでいる方につきましては、お申込みという形でなくても構いませんので、悩んでいる理由などについてご連絡を頂けま [続きを読む]
  • 2019年合格目標加藤ゼミ 本日より募集を開始致します
  •  大変お待たせ致しました。  2019年合格目標加藤ゼミの参加お申込の募集を開始致します。  詳細につきましては、以下の[募集要項]および[特定商取引法に基づく表示]をご確認ください。   東京クラス[募集要項」 東京クラス[特定商取引法に基づく表示]  関西クラス[募集要項] 関西クラス[特定商取引法に基づく表示]  以下では、今期の加藤ゼミの概要について説明させて頂きます。 1.開催クラス 今期の加藤ゼ [続きを読む]
  • 司法試験の合格発表を受けて
  •  先日、平成30年司法試験の合格発表がありました。  受験生からの個別連絡に対する対応がひと段落したので、記事を書かせて頂きます。 1.合格者の方へ まずは、今年の司法試験に合格された皆様、本当におめでとうございます。  初受験の方の中には、合格水準が分からないことによる不安や、絶対に落ちることができないというプレッシャーに押しつぶされそうになった方もいると思います。  不合格を経験している方の中には [続きを読む]
  • 明日の合格発表では、法務省の掲示板前に立たせて頂きます
  •  明日、9月11日(火)の司法試験の合格発表の際に、15時45分から18時くらいまでの間、法務省の掲示板前に立たせて頂きます。  場所は、受験者の方々が並んでいる入り口と反対側の出口の辺りです。   面識の有無を問わず、声をかけて頂ければと思います。  合格発表前の過ごし方ですが、私は発表前日も飲食店でバイトをしていました。   当日は、心身ともにすっきりした状態で発表を受けたかったので、昼過ぎ [続きを読む]
  • 民法の論文対策(2) 授業や演習の内容を一元化教材に反映する方法
  •  先月22日に書いた、「民法の論文対策(1) 構成・抽出力の鍛え方」の続編となります。  今回は、総まくり2019をはじめとする授業や演習(新司/旧司/予備/演習書)の復習の仕方について記事にさせて頂きます。   民法論文で最も優先して身につけるべきは、抽出・構成力です。  民法は、他科目に比べて、解答の入り口(訴訟物、根拠条文、論点や法律構成の選択など)の段階で差がつき易い科目です。   論証の理由や [続きを読む]
  • 民法の論文対策(2) 授業や演習のテキストへの反映の仕方
  •  先月22日に書いた、「民法の論文対策(1) 構成・抽出力の鍛え方」の続編となります。  今回は、総まくり2019をはじめとする授業や演習(新司/旧司/予備/演習書)の復習の仕方について記事にさせて頂きます。   民法論文で最も優先して身につけるべきは、抽出・構成力です。  民法は、他科目に比べて、解答の入り口(訴訟物、根拠条文、論点や法律構成の選択など)の段階で差がつき易い科目です。   論証の理由や [続きを読む]
  • 司法試験受験の動機は、何だっていいんです
  •  ASKで、以下のご質問を頂きました。   " 今年初受験の結果待ち受験生です。就活のため、法曹を目指した理由を自問していたのですが、結局自分は、日本で1番難しい(とされる)試験に受かって人に認めてもらいたかったのであって、法曹の仕事自体に特別魅力を感じていたのではないのではないかと気づきつつあります。司法試験合格により誰かに認められるのかと言われると、それは違うような気もしてきました。このような気持ちで [続きを読む]
  • 司法試験受験の動機は何だっていいんです
  •  ASKで、以下のご質問を頂きました。   " 今年初受験の結果待ち受験生です。就活のため、法曹を目指した理由を自問していたのですが、結局自分は、日本で1番難しい(とされる)試験に受かって人に認めてもらいたかったのであって、法曹の仕事自体に特別魅力を感じていたのではないのではないかと気づきつつあります。司法試験合格により誰かに認められるのかと言われると、それは違うような気もしてきました。このような気持ちで [続きを読む]