加藤 喬 さん プロフィール

  •  
加藤 喬さん: びょうそくで司法試験(労働法1位  論文36位で合格した秘訣 )
ハンドル名加藤 喬 さん
ブログタイトルびょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣 )
ブログURLhttps://ameblo.jp/byoosoku/
サイト紹介文平成26年の司法試験に労働法1位、論文36位で合格しました。
自由文3回目で上位合格した経験を生かして、youtubeでの講義・合格体験談の配信、ブログでの質問回答を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供104回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/22 17:47

加藤 喬 さんのブログ記事

  • 憲法で合格答案を書くために必要とされる知識
  •  ”司法試験の憲法の論文対策”として、インプット面でどこを勉強すればいいのかというご質問を受けることが多いです。  これまでの傾向や合格ラインを踏まえて、憲法で合格答案を書くために必要とされる知識について、記事にさせて頂きます。  私が考える、憲法で合格答案を書くために必要とされる知識は、以下の通りです。 なお、本記事は、人権の分野に限ったものとなります。 1.人権の定義、保障の内容、保障の趣旨 ( [続きを読む]
  • 途中答案対策 焦るのが遅すぎる/工夫をしなければ改善できない
  •  途中答案を読んでいると、焦るが遅すぎる答案が多いです。  途中まで、実益の乏しい前置き・問題提起、無益な反復、冗長な論証など、ダラダラとした答案を書いておきながら、もう間に合わない段階に達してからいきなり焦り出し、配点項目に直接該当する記述に絞り、簡潔に書くようになります。   答案構成の段階で、設小問ごとの時間・枚数を決めていれば、途中からいきなり焦り出すという事態を回避しやすいです。  ま [続きを読む]
  • 2019年司法試験向け 事例演習労働法のランク表を公開いたします
  •  今年の司法試験向けの事例演習労働法のランク表を公開させて頂きます。  平成30年司法試験向けのランク付けを変更した問題については、(〇ランクから格下げ)、(〇ランクから格下げ)という説明をつけております。  ランク付けの変更は、平成30年の出題内容等を踏まえて行っております。  なお、事例演習労働法の解説講義の詳細につきましては、こちらからご確認頂けます。  参考にして頂けますと幸いです。  [Aラン [続きを読む]
  • 秒速・過去問攻略講座[憲法]のサンプルレジュメを公開いたします
  •  テキストのサンプルなど、秒速・過去問攻略講座2019[憲法]に関するお問い合わせを頂きましたので、本記事で、説明させて頂きます。  テキストのサンプルとしては、平成29年司法試験のテキストを公開いたします。 1.総論部分で汎用性の高い方法論的なことを学ぶ 秒速・過去問攻略講座2019[憲法]では、まず初めに、総論として、1時間30分程度で、汎用性の高い方法論的なことについて、過去問を簡略化した事案を使うなどし [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます
  •  明けましておめでとうございます。  去年のお盆には帰省できなかっため、一年ぶりに、山形の実家に帰ってきています。  今年は、講座・ゼミをより良いものにするとともに、予備校講師を始めた当初のように、情報発信や質問対応も充実させたいと考えています。  先月で、秒速・総まくり2019や秒速・過去問攻略講座の教材作成・収録が一段落したため、ASKでの質問対応を再開できると思います。  また、講座を受講 [続きを読む]
  • 憲法 人権選択における視点
  •  平成29年司法試験のように、選択するべき人権を問題文で明確に誘導してくれる場合もありますが、誘導が明確であるとまでは言い難い事案が出題された場合に備えて、憲法の論文試験における権利選択の視点について記事にさせて頂きます。  憲法の論文試験では、規制から最も近い権利は何か(あるいは、最も保障・制約を認めやすい権利は何か)という観点を重視すると、権利選択を間違える可能性があります。  権利選択をする際 [続きを読む]
  • 加藤ゼミ出身の合格者の合格体験記が揃いました
  •  平成30年司法試験に合格した加藤ゼミ出身者の合格体験記が揃いましたので、改めて紹介させて頂きます。   加藤ゼミを受講されている方には、ゼミの使い方を考える際に参考にして頂ければと思います。  加藤ゼミを受講されていない方につきましても、来年以降の司法試験対策としての勉強のやり方を考える際に、参考にして頂けますと幸いです。  [2018.10.15更新]  K・Kさん 1回目 総合549位  T・Kさん 2回目 総合1 [続きを読む]
  • 伝聞法則 要証事実を導くための思考手順
  •  今回は、刑事訴訟法の伝聞法則における、要証事実の導き方について記事にさせて頂きます。  伝聞・非伝聞の区別に関する問題を解く際には、伝聞証拠や要証事実、立証趣旨といった概念について正確に理解しておく必要があります。  以下では、平成30年司法試験の問題を使い、本件領収書の要証事実の導き方について説明させて頂きます。  これは、伝聞・非伝聞の区別に関するすべての問題に共通する考え方・思考手順であるため [続きを読む]
  • 予備試験合格後にやるべき、過去問を使った司法試験対策
  •  昨日、平成30年予備試験の最終合格の発表がありました。  最終合格された方々は、本当におめでとうございます。  予備試験合格者の司法試験合格率は、今年だと78%とかなり高いですが、5人に1人は落ちているため、司法試験不合格は他人事ではありません。  予備試験合格者で司法試験に落ちたという例については、私はそこまで詳しくありませんが、毎年、予備試験合格後に司法試験に合格できなかったため加藤ゼミに参加される [続きを読む]
  • [短答対策]一元化教材を、過去問を軸にして使う
  •  先日、Twitterで紹介した、短答対策のための一元化教材の使い方について、ブログでも共有させて頂きます。  まず、短答対策のための一元化教材は、網羅性のあるものであれば、択一六法でも、判例六法でも、ポケ六でも何でも良いと思います。  大事なことは、使い方を間違えないこと、つまり、過去問を軸にして使うということです。   過去問から離れた使い方をすると、何を使おうと、情報過多に陥ると思います。   私は [続きを読む]
  • 平成29年司法試験[行政法」の採点表となります
  •  平成29年・30年司法試験の過去問を使ったテストゼミ(詳細はこちら)で使用する採点表のサンプルが出来上がりましたので、公開させて頂きます。  採点表のサンプルは、平成29年司法試験[行政法]設問1(1)のものです(後日、微調整をするかもしれません。)。  答案添削は、加藤ゼミ又は秒速過去問攻略講座を受講していた司法試験合格者に担当して頂く予定です(できるだけ、平成30年の司法試験合格者に担当して頂けるよ [続きを読む]
  • 昨日で33歳になりました。
  •  昨日で、33歳になりました。  平成26年の司法試験に合格してから、4年が経ちます。  毎年、受験生に近いスケジュールで活動しているため、一年経つのがあっという間です。  今期は、司法試験過去問を使ったテストゼミや改正民法の講義など、新しいゼミ・講座も担当することになりました。    いずれも良いものに出来るように、全力で取り組ませて頂きます。    また、ブログでの情報発信にも力を入れていきたいと考 [続きを読む]
  • 何をどう論じるのかについて、問題文のヒントに従って考えましょう
  •  今年の商法の再現答案と成績表を比較していると、設問2(1)で本件決議1の取消事由として利益供与に言及している答案、本件決議2で否決の決議の取消の訴えの利益を論じている答案は、少なかったです(特に前者は本当に少なかったです)。  また、設問3でも、174条の趣旨→規範→当てはめ で終わっている答案がほとんどでした。   合格ラインで差がついた主たる原因は、設問2(2)で利益供与に何らかの形で言及できた [続きを読む]
  • 平成30年司法試験 資格スクエアの講座を受講された方の合格体験記
  •  資格スクエアの講座を受講された方の合格体験記を紹介させて頂きます。  この度は、秒速・総まくりや秒速・過去問攻略講座を受講されていた合格者のうち、14名の方から合格体験記を書いて頂きました。  合格体験記にご協力頂き、誠にありがとうございます。  以下では、合格体験記のリンク先を貼らせて頂きますので、講座利用の際に参考にして頂けますと幸いです。 〇新城新太 様  1回目受験/500番台/予備試験合格/2 [続きを読む]
  • 法的三段論法に従った答案とは
  •  答案添削をしていると、司法試験委員会が求めている法的三段論法に従った答案を正確にイメージすることができていないと思われる答案が一定数あります。  法的三段論法とは、法規の適用において、法規の適用において用いられる三段論法を意味します。  例えば、甲について1項強盗罪の既遂(以下では、「強盗既遂罪」とします)の成否が問題となっている場面では、大前提は刑法236条1項という法規です。  甲が「暴行又は [続きを読む]