歯みがき人 さん プロフィール

  •  
歯みがき人さん: 歯茎の腫れは歯周病が隠れている
ハンドル名歯みがき人 さん
ブログタイトル歯茎の腫れは歯周病が隠れている
ブログURLhttp://mushibayoboo.seesaa.net/
サイト紹介文歯茎の腫れや歯周病は決してお口の中の問題だけではなく、細菌が全身にも悪影響を与えます。
自由文歯茎の腫れや歯周病は体が異常を訴えるサインでもあります。
歯周病は、自覚症状がないままに悪化してしまいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/05/23 18:45

歯みがき人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 歯茎の腫れは体の異常を訴えるサイン!放置すると危険
  • 痛みが少ない歯茎の腫れは「体の異常」を訴えるサインでもあります。歯茎は体の変化を感じやすい反面、症状がわかりにくいことも多いのです。急に歯茎の腫れが大きくなったり、歯茎の中の骨がとけてしまうともあります。歯茎が腫れる原因として最も多いのが、口の中に細菌が繁殖すること。正しい歯磨きをしていれば、細菌の繁殖を防ぐことができるでしょう。歯医者でブラッシング指導してもらうことをオススメします。私は定期的に [続きを読む]
  • 歯周病はアルツハイマー病とも関係する?
  • 朝丘雪路さん、輝かしい昭和の時代を築いた女優がまた一人、この世を去りました。 アルツハイマー型認知症を患い、療養していたといいます。認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症ですが、原因は完全には解明されていません。週刊朝日ムック『すべてがわかる認知症2017』では、歯周病とアルツハイマー病の関係について解説していました。歯周病は成人の8割以上がかかっているといわれています。アルツハイマー型認知症の [続きを読む]
  • 丈夫な歯を作るオススメ食べ物は?
  • 歯にいい食べ物・悪い食べ物とは何でしょうか?先日、メディアで取り上げていた情報をご紹介します。丈夫な歯を作る良い栄養素を含む飲食物基本は栄養バランスのよい食事をすることが最も大切です。そのうえで、たんぱく質・カルシウム・ビタミンA、C、Dが必要です。これらの栄養素を含む一例ですが、ほかにも該当する食材は多数あります。★たんぱく質⇒ 歯の主体となる象牙質をつくっている   大豆、魚介類、肉、卵、牛乳など [続きを読む]
  • 食後すぐに歯磨きをしてはいけない!
  • 「食後に歯を磨いてはいけない」・・・なんと驚きの言葉を耳にしました。歯の健康のために歯磨きをするということは誰でも知っています。では、食後に歯を磨いてはいけない理由を調べました。食後すぐに歯を磨いてはいけません歯の表面のエナメル質の内側には、象牙質と呼ばれる柔らかい層があります。象牙質は表面のエナメル質に比べて虫歯になりやすい層です。最近の研究によって、食後30分以内に磨く人に象牙質の腐食が確認されま [続きを読む]
  • 歯科医が考案!驚異の“毒出しうがい”術
  • 歯科医が考案された「毒出しうがい」を書店で見つけ、興味をひかれました。口内フローラを整え、歯周病と口臭を防ぎ、病気まで遠ざけるすごい健康法です! 1日3回、食後に「毒出しうがい」をするだけで、きれいな歯と健康が手に入るとのこと。間違った「うがい」をしていると、口内は歯周病菌などのばい菌だらけに。歯周病や虫歯、糖尿病や動脈硬化の一因、認知症を進行させるなど。「毒出しうがい」で得られる予防効果歯に付着した [続きを読む]
  • ヨーグルト歯磨きが歯周病予防になる
  • 歯周病の予防法で、近年では「ヨーグルト歯磨き」が話題になっているようです。ヨーグルトの乳酸菌が歯周病や虫歯予防に効果があると言われています。この話題に驚きだったので、ヨーグルト歯磨きを調べました。ヨーグルト歯磨きで歯周病を予防する理由広島大学の教授によると、乳酸菌のロイテリ菌に歯周病予防に効果があると発表しています。臨床試験では、学生25名に「ロイテリ菌入りのヨーグルト」を2週間にわたり摂取させまし [続きを読む]
  • 歯周病が動脈硬化を引き起こす影響
  • 京都大学の研究グループは、歯の健康状態と動脈硬化に関連性があることを発表しました。疫学調査の情報を用いて、失った歯の数と動脈硬化の間には有意な関連があるとのこと。これは、歯周病が動脈硬化を引き起こす可能性が高いとなるのではないかと思います。口内衛生の悪化で歯を失うというのは、決してバカにできないことだと思います。歯周病予防法歯周病予防で大切なのは、歯茎の腫れという初期症状に気づくこと。普段から鏡で [続きを読む]
  • 歯磨きで出血すると歯周病の可能性!
  • 歯磨きをしていて歯の間から出血すること、ありませんか? 優しく歯を磨いても、あちこちから出血してしまう症状が心配になります。歯ブラシに血がにじむという光景は多くの人が経験していると思います。軽く考えずに、歯周病の可能性もありますので、しっかりとケアしましょう。歯周病が進行している可能性歯周病(歯槽膿漏)は、初期の段階ではほとんど自覚症状ないのが一般的なようです。歯茎の腫れや出血といったような症状が [続きを読む]
  • 歯の定期検診で歯周病を予防しよう
  • 11月8日は「いい歯の日」ですが、みなさんは歯の状態で気になることはありませんか?今は大丈夫と思っている人も、口腔の健康を見直すチャンスと思います。虫歯や歯周病は “元には戻らない病気” であることはご存じですか? どちらも歯や骨という体の一部が失われる病気なのです。厚生労働省の調査では、歯周病は日本人の330万人、中高年の8割がかかっているようです。■歯周病が全身に及ぼす影響歯周病の細菌が全身に影響し、 [続きを読む]
  • よく噛んで食べると虫歯になりにくい
  • 虫歯は、なりやすい人となりにくい人がいます。歯磨きをしているのに次々に新しい虫歯ができてしまう人。一方、あまり歯磨きができていなくても、虫歯がなかなかできない人。では、いったいその差は何から来ているのでしょうか?■虫歯になりやすい人虫歯がたくさんできてしまう人は唾液の量が少ない人が多いようです。唾液は、虫歯菌の増殖を抑えたり、虫歯菌の酸をやわらげたりする作用をもっています。また、唾液が少なくなると [続きを読む]
  • 過去の記事 …