voncub2 さん プロフィール

  •  
voncub2さん: ゆっくり行くべした。
ハンドル名voncub2 さん
ブログタイトルゆっくり行くべした。
ブログURLhttps://ameblo.jp/voncub2/
サイト紹介文〜カブとミストラルと旅と釣りと日常のお話〜
自由文どーも。埼玉県出身のハタカブ乗りです。今年度から、単身赴任で福島市に住むこととなりました。
このブログ。旅行や日常生活のネタをボチボチ綴っていきたいなー、と考え中。
更新はマイペースになると思うけど、よろしくです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2014/05/24 02:04

voncub2 さんのブログ記事

  • 普通列車で長野へ①
  • この前の週末に、長野県は信濃町に行ってきました。県の最北部、新潟との県境に位置する町です。 近くに野尻湖があって、ナウマンゾウが発掘された場所として知られていて。自然が豊かで、落ちつく雰囲気。 遊びに行くと、いい気分転換になるんですよね。高層ビルに囲まれた新宿で働いているので。 東京からは距離があるけど、定期的に足を運んで、元気をもらっています。 で、ここからが本題。 交通手段はハタカブを考えていたけ [続きを読む]
  • 靴磨き。
  • お店で革靴を磨いてもらいました。 足下がピカピカなだけで、気持ちがいいんです。…ま、単純な人間なんですね(笑。 「履きつぶすのではなくて、共に歩む相棒を育てる。」 ちょっとしたキズやシワも味。メンテナンスをしながら長く履き続けて、世界に1足の自分の靴を作る感覚が好きなんです。 [続きを読む]
  • 新型スーパーあずさ。
  • 2月のはじめ、長野県へ遊びに行ってきました。 今回は電車でのんびり。運転しないから、移動中にはもちろんお酒をのみましたよ、えぇ。 …それはおいといて。 立川駅から茅野駅まで、「スーパーあずさ」を利用したのですが。つい最近デビューした新型車両が、かっこいいんです。 (E353系。ロゴもいい感じ。) 旧型車両のイメージしか頭になかったから、立川駅のホームに見慣れない車体が入ってきたときは、「へ…?」ってなった [続きを読む]
  • 長持ち。
  • ノースフェイスのダウンに穴が開きました。 もう10年は着ているので買い換え時かなーと思ったけど、ダメもとで修理へ出してみることに。 で、メーカーの工場に1ヵ月ほど預けて、先日手元に帰ってきたのですが。仕上がりにビックリ。縫い跡がほとんど気にならないんです。 (どこだかわかりますか?) まだまだ着られそうで嬉しい反面、新品を買う口実がなくなってしまったので、ちょっと複雑(笑。 [続きを読む]
  • snowscape.
  • 雪の降る夜、カメラを持って近所をぶらぶら。 三鷹じゃ滅多に積もらないから、普段と全く違う景色に見えました。 手が悴んで、なかなかシャッターを切れなかった。 スニーカーをびしょ濡れにしてから、家に帰りました(笑。 [続きを読む]
  • お休み。
  • 信濃町ツーリングのアップが終わったら…、と考えていましたが。 楽しかったので、なかなか終わりが見えないんですよ(笑。 ずるずるいくのもアレなので。ここらへんで区切りをつけて、2ヵ月くらいブログをお休みします。というか、超不定期更新になります。 ちょっと、他に集中したいことができました。用事が片付いたら、ぼちぼちペースを戻していく予定です。 よろしくお願いします。 [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER⑧(ロカツー)
  • 2日目は、BOOZE SHELTERのマスターとカブでツーリング。小雨の降る中、カッパを着て出発しました。 (スカイツリーと同じ高さにある古間駅。) (歴史のある旧戸草トンネル。) (もとは電車が走っていたそうです。) 下部の石と上部のレンガを積む作業は、おそらく人力施工。なのに、均整のとれた造り。で、苔むして全体的に緑がかっている。こういう古い構造物、ツボなんです。マニアックですが(笑。 (菅川神社の杉の巨木。) [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER⑦(到着)
  • 長野市の街中をスーッと抜けて、県道37号で信濃町に入る。目的地であるBOOZE SHELTERに到着したのは、夕方の6時でした。 早朝5時に三鷹を出発したから、約13時間かかったのか…。ところどころで観光をしたから、運転時間のみではないけれど。いやー…、疲れた。肩と腰とお尻がガッチガチです(苦笑。 (美味しいゴハンをいただきました。) お腹が満たされたら、すっかり気が抜けてしまった。音楽を聞きながら話をして、とハンドル [続きを読む]
  • 大勝軒@一ノ割。
  • 埼玉の実家へ帰る途中で寄った、春日部市の大勝軒。一ノ割駅の前に店舗を構えるラーメン屋さんです。 このお店を最初に訪れたのは中学生のときだから、いまからおよそ20年前。近くで仕事をしていた父に、連れてきてもらったんです。 正直に。正直にいいます。 初めて食べたときは、あまり魅力を感じなかった。当時は、どろどろこってりなラーメンが好きでした。なんたって10代なので(苦笑。濃厚さを求めていたんですよね。 でも今 [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER⑥(真田の郷)
  • 名前はもちろん知っています。なんたって、昨年は大河ドラマの主人公でしたし。だいぶ話題になりましたよね。 漫画やゲームでも、圧倒的な存在感を放つ。「幸村」という名前には、反則的なカッコよさがあります(笑。 でも、なんて言ったらいいんだろう。気持ちが入っていない感じ、なのかな。 通り道にゆかりの土地を見つけ寄ってみたものの、動機がぼんやりしてるから、いまいち心に響かないんです。 (真田氏館跡。) ま、なに [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER⑤(稲倉の棚田)
  • 佐久市からは長野県内を北上。小諸市、東御市をとおって上田市に入る。 ここから国道18号を外れて、急きょ、県道4号に乗り換えます。 国道18号は最終目的地の信濃町まで続く道ではありますが。交通量が多いし、気温が高くて疲れるし。ハタカブの運転が、単なる「作業」になる臭いがプンプン。 時間がかかっても、ストレスなく運転したいんです。 結果、とんでもなく遠回りになることや、地図からは読み取れないアップダウンに苦し [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER④(龍岡城)
  • 群馬県の南牧村を経て長野県入り。 県道93号を走って田口峠を越え、長い山道を下りきったところで「龍岡城」に寄りました。 この龍岡城、五稜郭なんです。 なんでも、日本に五稜郭は二つあるんだそう。一つはご存じ函館、もう一つはここ、長野県佐久市に建つ。 ま、函館のような観光タワーがないから、星形の全景を確認できないんですけどね。 それでも、 折れ曲がるお堀や、 鋭角な石垣に、なんとなくイメージはできた…、かな [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER③(蝉の渓谷)
  • 上野村の道の駅で一息入れて、南牧村へハンドルを切ります。 秩父から走ってきた国道299号で、群馬県の上野村から長野県の佐久穂に抜ける予定でしたが。事前に調べた情報では、工事に伴い通行止めなんだそう。 というワケで、迂回路に位置する群馬県南牧村を経て、長野に抜ける運びとなりました。 そんな事情があって、たまたま見つけた「蝉の渓谷」。 (吊り橋の中央に立って、) (下に目を向ける。) 切り立った両岸の崖は、川 [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER②(上野村)
  • ルートを選ぶ際の判断基準は、交通量の少なさ。時間が掛かってものんびり運転して、景色や出会いを楽しみたいので。運転ばかりに集中していると、見過ごしてしまうんです。 というワケで、気付けば必然的に山の中を駆けている(笑。三鷹から所沢、飯能、秩父を経由して、群馬県の上野村へと向かいました。 (蛇木の滝。) (と、神流川。アユ釣りのポイントみたい。) この時点で、午前9時をまわったところ。日が昇り、気温が上が [続きを読む]
  • 2017夏・BOOZE SHELTER①(出発)
  • 日本一周の写真展を通じて知り合った、長野県は信濃町のジャズバー、「BOOZE SHELTER」のマスター。 ライブを開催するのでよかったら、とお誘いをいただいたので、行ってきましたよ。ハタカブで(笑。 なんと、お店の20周年記念ライブでした。久々のキャンプツーリングに加えて、初めてのジャズライブ。まるっと楽しませていただきました! [続きを読む]
  • 遠回り。
  • 無事、東京は三鷹の自宅に到着。信濃町まで下道で、往路は13時間、復路は9時間かかりました。こんな道や、こんな景色を眺めていないで主要な国道を走っていれば、圧倒的にタイムは縮まったはず。ま、自分の選択の結果です。後ろから来る車の追い越しを気にしてビクビクするよりはマシ。マイペースに運転を楽しみたいですからね。とはいえ、肩とお尻が痛かったー…(苦笑。終盤戦は、体がガチガチに固まっていました。 [続きを読む]
  • 10年ぶり。
  • 日本一周を終えてから、実に10年ぶりとなるキャンプ。(クオルツの「トレックドーム2」。)雨の心配はなく、風もほとんどなかった。加えて、ハタカブを長時間運転して、かなり疲れていたみたい。9時から朝の7時まで。10時間も寝てしまいました(笑。 [続きを読む]
  • 久々。
  • 明日から、かなり久しぶりのキャンプツーリング。というわけで、パッキングをしています。数年ぶりの作業なので、なかなかに手間取る。慣れがものをいうんですよね。そのぶん、自分自身のスタイルが完成したときには、満たされた気持ちになります。この試行錯誤している時間が、一番楽しいかも…(笑。 [続きを読む]