toshi さん プロフィール

  •  
toshiさん: きれいでいたいエステティシャンのブログ
ハンドル名toshi さん
ブログタイトルきれいでいたいエステティシャンのブログ
ブログURLhttp://104chan.jp/
サイト紹介文美容に関する肌知識、スキンケア、ボディケア、エクササイズ、ダイエット、コスメなどの情報発信。
自由文エステ歴20数年の現役エステティシャンtoshiです。
以前HPでアップしていた美容情報をブログに移行して公開中。
毎日サロンにいらっしゃるお客様からいろんな質問や要望をうけたりしますので、その中から役に立ちそうなことを随時ブログにあげられたらと思ってます。
夏に向けて自主ダイエットの記録もはじめる予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 167日(平均3.1回/週) - 参加 2014/05/25 00:32

toshi さんのブログ記事

  • 青魚でダイエット 不飽和脂肪酸のすごい働き
  • 最近、お客様の間でサバカレースープが流行ってます。テレビでもやっていたらしい健康スープです。①青魚(サバ)、②カレー粉、③大豆食品(豆腐や豆乳)この3つの食材を用いて健康になるということなのですが私の周りではもっぱら豆乳、カレー粉、さば缶でのスープ仕立てで朝食にするのが鉄板です。もともとはコレストロール値や中性脂肪値を下げるためにお勧めしていたのですが痩せられた方が何名かいらしたため静かにブームで [続きを読む]
  • 乳酸菌と酪酸菌 ダブルの効果で腸内活性 
  • 花粉症などのアレルギー症状を軽減するためにも腸内環境をととのえ腸内フローラを増やすことは大切です。逆に腸の働きが悪くなると◎栄養を充分吸収できない◎便秘など、排泄力が衰える◎老廃物からガスや悪玉菌などの有害物が発生などの問題が発生します。そこでヨーグルトや発酵食品などあの手この手で乳酸菌を摂取するよう心がけるわけですが実は善玉菌はある程度排便時に一緒に排出されてしまいます。そのため善玉菌、日和見菌 [続きを読む]
  • 花粉症とシワ 目のかゆみを抑えるための9つの方法
  • ⇒自然の力で無理なく花粉症対策花粉症はそれまで何ともなかった方でもいきなり発症したりします。よく、「身体の中の花粉のタンクが満杯になると発症する」なんて言いますがこれは実際ホントのことで詳しくはどういうことかというと体内に入った異物(花粉)を排除するためIgE抗体が分泌される⇒IgE抗体が一定量を超える⇒異物(花粉)に対する免疫が働く⇒アレルギー症状と、いった流れになっています。花粉症の主な症状上から [続きを読む]
  • 自然の力で無理なく花粉症対策
  • ここ1〜2週間で徐々に花粉症の症状が出始めています…毎年1月終わり〜2月の初めの症状で症状の程度がわかるのですが今年はひどくなりそうな予感がします。風邪予防、インフル予防ではちみつとヨーグルト合わせ技で摂っていましたが花粉の時期にももちろん有効です。大自然からの贈り物と言われるはちみつには様々な健康効果があります。はちみつの効果▲免疫力を高めるはちみつには細菌を退治する役目を持つ好中球の機能を活性化し [続きを読む]
  • まつ毛を増やす まつ毛を伸ばす まつ毛で変わる顔の印象
  • いつもきれいにまつエクされているHさんですが、めずらしくオフ状態でまつ毛パーマをしていらっしゃいました。ずっとしていると自まつ毛が少なくなってくる…とのことでしばらくまつ毛の休息だそうです。美容にとても気を使っていらっしゃるHさんですが、まつ毛ケアに関しては特に何もしていらっしゃらなかったようでまつ毛美容液等々現在進行形ではお使いでなかったようです。私は毎日マスカラの下地気分でまつ毛美容液使用して [続きを読む]
  • オリーブオイルで健康 美容 ダイエット 
  • ⇒甲状腺 機能の低下によっておこる症状冬は中と外の寒暖差が激しく、こういう状況が血圧の急激な変化につながりあぶないと良くいわれます。最近、青魚と豆乳とカレーのスープをたまに作って食べたりしていますがオリーブオイルなんかも動脈硬化に良いとされていますね。オリーブとはモクセイ科の常緑樹で、その果実を圧搾したものがオリーブオイルです。オリーブオイルといえばオレイン酸。これが血液さらさら効果によいとか太り [続きを読む]
  • 甲状腺 機能の低下によっておこる症状
  • 来店されるお客様からいろんなお悩みを聞きますがそのなかでも頻繁につかう言葉が『甲状腺が悪い』です。汗に関するお話、体温に関するお話、むくみに関するお話、いろんな場面でお客様から『甲状腺が悪いんだよね』と伺ったり私から『甲状腺が悪いのかも?』とお尋ねしたり…甲状腺と自律神経は女性の不定愁訴のお話でもっともよく使うワードな気がします。実際、甲状腺のトラブルは(重篤な病気の場合を除いて)症状もゆっくり進 [続きを読む]
  • 更年期便秘 その対策 便秘解消のための食品は?
  • 更年期に入って太ったという話はあるあるですがその原因のひとつに『更年期便秘』があります。更年期になって便秘になるのはエストロゲンの減少により自律神経が乱れるためです。便秘だけでなく便秘と下痢を繰り返すこともあります。ではなぜ自律神経の乱れにより便秘になるかというと自律神経のひとつ副交感神経にはさまざまな働きがあるのですがその中に胃腸のコントロールもあります。胃腸をコントロールし消化吸収を管理するた [続きを読む]
  • 薄毛 抜け毛 手っ取り早く見た目を変える増毛エクステ
  • いつも薄毛や抜け毛の相談しあっているWさん。近いうちに増毛エクステに行ってみるそうです。その方はもともとまつ毛のエクステをされていて、そこのお店で新しくメニューに取り入れ始めたそうです。髪の増毛にはいろんな方法があります。育毛系、ウィッグ、AGA治療芸能人の方とかだと埴毛なんかも多いそうです。とはいえ、育毛には時間がかかり、また効果のほどもどれほどでるかわからない…ウィッグは装着している間だけのこと。 [続きを読む]
  • 奥目 目のくぼみを改善して目指せ見た目年齢-5歳 
  • 先日目のクマに関した記事をのせましたが実は私が切実に悩んでいるのは目の窪みのほうです。⇒老け見せの原因 目の下のクマを改善して-5歳顔この1〜2年で進行していて特に夕方過ぎると目が落ちくぼんですごく老け見えするのでとても嫌です。顔表面のシワなら、ヒアルロンで対処しているのでほとんど気になる部分はないのですがさすがにまぶたにヒアルロンは打てず…(まぶたの窪み改善でヒアルロン使う美容外科もあるようですが) [続きを読む]
  • 老け見せの原因 目の下のクマを改善して-5歳顔 
  • 寝不足といえばつきものなのが目の下のクマです。目の下のクマは顔を老けて見せる嫌なトラブルです。とはいえ、眼の下のクマといっても原因によって種類が異なります。その原因によって、改善方法も変わってくるのでわけて説明していきます。クマの種類■青クマ寝不足からできる一般的なクマです。要は血行不良からできるクマなので寝不足以外にも眼を酷使しすぎたりしてもできたりします。ホルモンバランスの乱れから代謝が下がっ [続きを読む]
  • 睡眠負債って何?睡眠障害解消のポイントは!
  • この2連休、入眠時間がめちゃくちゃでとっても睡眠不足です。基本眠るのは、遅めではありますが規則正しいほうなのですが、時折布団に入ってから2時間でも3時間でも眠れない事があるのです。何か考え事をしているときもあれば、特に大したことを考えていないときもあります。そして、この特に大したことを考えていないときのほうが眠れないのです。明日の仕事を考えれば考えるほど気だけが焦ってしまい…結局眠りにつけるのは明け [続きを読む]
  • ファスティング 回復食の注意事項 効果を発揮するために
  • さっそくMさんからリバウンドしない回復食を教えて〜とのご相談がありました。実はMさん以前のファスティング時、終わったとたん爆食に走り(笑)3日で全部戻すという暴挙にでていまして…気持ちのリバウンドで通常時よりも暴飲暴食に走ったのです…なので今回はちゃんとやるとの誓いをたてておられました。私のファスティング回復食、野菜スープと糖質OFFと簡単に説明しましたが厳密には3日間は肉類も摂らないです。通常時はたん [続きを読む]
  • 年末年始の体重増加を乗り切る方法
  • いよいよ年末年始の体重増加を気にされるお客様が増えてくる時期になりました。そういう私自身もそうですが(笑)12月の忘年会やクリスマス女子会等ですでに大変なことになりながらも増やしては戻し増やしては戻し…と、なんとかのりきった12月。でもさすがに年末年始はいつも1〜2キロ増やしてしまいます…仕事初めまでに必死になって少しは戻しておくのが毎年の恒例です。各所でとられているデータでも、年末年始で1.0kg以上体 [続きを読む]
  • 成長ホルモンの分泌を促す7つの方法
  • 成長ホルモンが減少するとどんな影響がでるのか?成長ホルモンは骨や筋肉の成長を促したり、また肝臓などの臓器で行われる代謝を促したりします。また脂肪の分解や肌代謝に大きく関わるため女性にとっては大切な大切なホルモンです。成長ホルモン下垂体ホルモンの中でも最も多く分泌されるホルモンですが、逆に最も早く分泌が低下するホルモンでもあります。成長ホルモンは、脳にある脳下垂体という場所で作られて分泌されるホルモ [続きを読む]
  • 成長ホルモンが減少するとどんな影響がでるのか?
  • 本日ご来店のI様。ここ1年で相当肌がカサカサになったとお話されていました。運動量や食生活に特に変化はないようですが(むしろ飲酒量は減っていたり運動量を増やしていたり)お仕事を辞められてから就寝時間が遅くなったようです。翌日に気を使わなくていいですからね。そこで睡眠とお肌のお話を少しさせていただき、せめて12時までにはお布団に入るようお勧めしましたが…どうでしょうね?睡眠がきちんととれない、睡眠時間が遅 [続きを読む]
  • 眼の下のしわタルミ  3つの原因と対策
  • ほうれい線を深くする4つの外的原因ほうれい線を深くする3つの大きな原因とは?法令線対策の話を横で聞いていた隣のベッドのお客様、眼の下の斜めシワについてご相談を受けました。体の中で皮膚が1番うすいのがこの目の周りです。そのため乾燥などによって肌の水分量が減少するとこの目の周りからシワっぽくなってきます。とはいえ乾燥からのしわは目の横などのちりめんジワなどなので真皮の衰えからでるたるみを伴うシワと比べて [続きを読む]
  • ほうれい線を深くする4つの外的原因
  • 前回の続きです。ほうれい線を深くする3つの大きな原因とは?肌構造以外の部分でほうれい線を深くする原因は何があるでしょうか?寝相 肌は長時間の固定で形状が癖になってしまいます。うつぶせ寝をしていると押しつぶされてほうれいだけでなくいろいろな所にシワが寄ります。また片側のほうれい線だけが特に深い場合横むきに眠っていないか思い出してみてください。腰痛を抱える方などは意識的にも無意識的にも横を向く事が多い [続きを読む]
  • ほうれい線を深くする3つの大きな原因とは?
  • 本日来店のNさん。最近ほうれい線が気になって気になって真剣にヒアルロンの注射悩んでいるそうです。私はヒアルロン注射推奨派なので「私に聞いたら1択になっちゃうよ〜」と笑っていましたが…40代半ばにしてセンスもスタイルもホントに若若しくて30歳そこそこにしかみえないNさん。ほうれい線以外は…ホントにほうれい線だけが目立つのでいつももったいないな〜と思っています。そのためにお手入れにもいらっしゃるのですがけっ [続きを読む]
  • インフルエンザ 今年に限ってワクチンが足りないのはなぜ?
  • 皆様はインフルエンザ予防接種無事お済ですか?インフルエンザ 感染経路とその予防 インフルエンザ予防に乳酸菌 その乳酸菌の持つ5つの効果 インフルエンザ予防に生はちみつ 口内炎にも生はちみつ 私は11月中ごろの時点ですでにワクチンが無く、12月の初めの時点でも12月入ってきたワクチン、予約分であっという間に無くなったと。ほかの病院で「あそこはまだあるらしいよ」と、いう所はあるのですがそこ、お高いんですよね [続きを読む]
  • コラーゲンを摂れる食品いろいろ
  • コラーゲン経口摂取ではなかなか吸収されにくいとコラーゲン 保湿に 関節痛に 効果的な飲み方は?">コラーゲン 保湿に 関節痛に 効果的な飲み方は?にて、説明しましたがそれを食事だけでまかなおうと思うとますます大変です。どんな食材にコラーゲンが含まれるか含有量の比較的多いもの集めてみました。動物性手羽先鶏軟骨豚骨鶏皮牛すじモツ豚バラ海洋性フカヒレカレイエイヒレ魚の皮サケ(皮あり)、真アジの開きマイワシ [続きを読む]
  • コラーゲン 保湿に 関節痛に 効果的な飲み方は?
  • 季節がら乾燥を気にされる方が増えてきました。先日かゆみについてお話しましたがそれも乾燥が招くことです。更年期の肌トラブル かゆみ 乾燥 蕁麻疹に対処するにはするとよく言われるのが「コラーゲン飲んだほうがいいのかなぁ?」または「コラーゲン飲んでるんだけど?」です。保湿といえば真っ先に出るのがコラーゲンかヒアルロンです。このコラーゲン美肌・関節痛・血管壁の強化などを気にして飲まれる方が多いです。コラー [続きを読む]
  • 首のシワを予防する6つの方法
  • 首のシワ フェイスラインをすっきりさせて目指せ-5歳!前回、首のシワに効く美容成分を紹介しましたが、今日はそれ以外の毎日できる予防についてまとめてみます。首のシワ予防  シワ予防・1 シワ予防といえば首でも顔でも保湿です。首の皮膚は薄いと言いましたが、薄いということは保湿力が低いということです。念入りに保湿しましょう。また、首は顔の2倍の汗腺がありそのため表面上は汗ばみやすいですがその汗に含まれる塩分 [続きを読む]