ゴマサバ さん プロフィール

  •  
ゴマサバさん: 冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。
ハンドル名ゴマサバ さん
ブログタイトル冠婚葬祭。365日生活の知恵袋。
ブログURLhttp://kankonsousai365.info
サイト紹介文冠婚葬祭から日々の暮らしの疑問まで。とにかく色々調べてみました。
自由文冠婚葬祭から日々の暮らしの疑問など、色々調べてみました。「これって、どうだっけ?」と疑問に思った時、お役に立てると嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/26 16:28

ゴマサバ さんのブログ記事

  • 開店祝いのスタンド花。持って帰っても良いのかどうか問題。
  • 商店や飲食店が開店する時、店先スタンド花が飾れることがあります。スタンド花は大抵の場合、お花を固定するためのフラワーベースに挿してあるだけの状態ですから、簡単に取り外す事が出来るようになっています。ここで問題なのが「スタンド花(祝い花)を持って帰っても良いのかどうか」と言うこと。筆者の友人は関東から名古屋に引っ越してきて、開店祝いのスタンド花を持って帰る人がいることに業雨天してようです。今回は開店 [続きを読む]
  • 創価学会のお葬式のマナー。香典・数珠・焼香・服装はどうしたらいい?
  • お葬式に参列する時のマナーは大抵の方が知っておられるかと思うのですが、ご自身が慣れ親しんだ宗教以外のお葬式に招かれた場合、突然の事に慌ててしまわれるかと思います。私は実家も夫の実家も仏教(浄土真宗)なのですが、以前、創価学会のお葬式に参列する事になった時は相当慌ててしまいました。ここでは、その時の経験を踏まえて創価学会のお葬式のマナーについて書いていこうと思います。創価学会と聞くと馴染みの無い人だ [続きを読む]
  • 葬儀と法事。不祝儀袋の書き方と水引の色について。
  • お葬式、四十九日、一周忌等の年忌など不祝儀袋にお金を入れる機会は意外と多いかと思います。不祝儀袋は多くの場合「黒白」が定番とされていますが、地域によっては「黄白」の水引を使う場合もあります。今回は不祝儀袋の水引の色についてお届けします。不祝儀袋の種類と表書き相談者確かに不祝儀袋に表書きをする時って何て書くのか迷う時があります知恵袋おばさん「御霊前」とか「御仏前」とか色々あって迷っちゃうわね一般的な [続きを読む]
  • 楽しいひな祭り。初節句の新しい楽しみ方。
  • 女の子の健やかな成長を願うひな祭り。女の子のおられるご家庭にとって大切な行事ですね。多くのご家庭で、雛人形を飾ったり、ちらし寿司を作ったりしてひな祭りを楽しまれるかと思います。ひな祭りの中でも初めてのひな祭りを祝う初節句は特別なものです。ですが、初節句と言っても最近は随分と様式が変わってきたようです。祖父母や親戚を招いて盛大にお祝いするご家庭もあるかと思うのですが、核家族かが進み、転勤等で祖父母や [続きを読む]
  • ポスティングチラシを止めさせる方法。具体策はコレだ!
  • みなさんはポスティングチラシって、どう思われますか? 最近では新聞を取らないご家庭が増えています。新聞を取るのが当たり前の時代は廃品回収業者のトラックがしょっちゅう周ってきましたし、子ども会が活発な地域では子ども会が古新聞を集めていたりもしました。しかし、新聞を取らないご家庭が増えてきたこともあり、以前ほど廃品回収業者が周ってくる事もはありませんし、子どもの数が減っているため子ども会の無い地域が増 [続きを読む]
  • 今すぐ出来る空き巣・泥棒対策。
  • 年末年始は空き巣・泥棒の多い季節だと言われています。みなさんは空き巣対策って何かされていますか? 「都会ならまだしも、うちみたいにのんびりした地域に空き巣だなんて…」と暢気に構えていませんか?筆者の実家はけっこうな田舎で、御近所さんに回覧板を届けに行く程度の外出なら鍵をかけない人が多いような地域なのですが、まさにその「ちょっとそこまで」のタイミングで空き巣に入られてしまいました。今回は素人でも簡単 [続きを読む]
  • 宝くじって本当に当たるの? どれくらいの確立か知ってますか?
  • 年末になるとテレビで『年末ジャンボ宝くじ』のCMが目につくようになります。みなさんは宝くじって買う派ですか? それとも「当たるはずないし」と買わない派ですか? 宝くじは「買っても当たらないけれど、買わなきゃ絶対当たらない」と言いますよね。ですが、実際のところどれくらいの確立で当たりが出るのでしょうか? 今回は宝くじの当たる確立についてお届けします。宝くじが当たる確立宝くじが当たる確立教えます!では [続きを読む]
  • 職人さんへのお茶出しについて。出すタイミングや喜ばれる物。
  • 家って長く住んでいると定期的に手を入れなければならないかと思います。屋根や外壁が傷んできたり、室内の壁紙や畳を交換することになったり。その都度、工務店等にお願いしてリフォームされるかと思うのですが、今回は家をリフォームする際の職人さんへのお茶出しについてお届けします。職人さんへのお茶出し職人さんへのお茶出しは必要なの?大手の業者に頼むと向こうの方から「職人へのお茶出し等のお気遣いは必要ありません」 [続きを読む]
  • こじんまりしたお葬式。「一日葬」ってどんなお葬式なの?
  • みなさんは「一日葬」というお葬式をご存知ですか? 最近、じわじわと広がりつつあるお葬式のプランの1つで一般的にお葬式は通夜から葬儀・告別式まで2日間以上かけて行われますが、これを1日で済ませてしまうお葬式です。今回は一日葬についてをお届けします。一日葬とは一日葬ってどんな感じ?一日葬はまだご存知ない方も多いかと思いますが「家族葬」ならご存知の方が多いかと思います。一日葬は一般的な家族葬から「通夜」 [続きを読む]
  • 使い終わった麦茶パックの活用法。煮出した後も捨てないで!
  • 夏場は家で麦茶を沸かすご家庭が多いかと思います。暑さがピークの時は、それこそ毎日麦茶を沸かしているのではないでしょうか? 麦茶と言っても色々な形式があり、昔風に麦茶を買ってきて沸かしている方もおられるかとは思いますが、最近は手軽な麦茶パックを利用している方が多いかと思います。麦茶パックって便利で後片付けが簡単なのですが、毎日沸かす……となると「捨てるの勿体無いなぁ」と思った事ってありませんか? 実 [続きを読む]
  • 葬儀難民に朗報。遺体ホテルと言う選択。
  • ここ数年「葬儀難民」と呼ばれる人達が急増しています。これは火葬場の処理能力を越える死者が出ることによって起こる減少です。特に団塊の世代が80歳代を迎えると、葬儀難民の数はさらに増えていくと言われています。火葬場が足りない!都内の葬儀社の話だと、近年は斎場が詰まっていてすぐに葬儀を出せないケースが少なくないようです。特に一般的に葬儀をする昼間の時間帯だと、数日葬儀を待たされる事もあるのだとか。東京福祉 [続きを読む]
  • 2017年父の日。お父さんが喜ぶ父の日のプレゼント。
  • 今年、2017年の父の日は6月18日の日曜日です。父の日は年に1度、大好きなお父さんに「ありがとう」と感謝の気持ちを表す日。母の日に較べると少しマイナーな行事ですが、どうにかして感謝の気持ちを伝えたいもの。今回はお父さんが喜ぶ父の日のプレゼントをご紹介します。お母さんより悩ましいお父さんへのプレゼント父の日のプレゼントって母の日のプレゼントより悩まれる方が多いと思います。子どもの頃は「お父さんの顔」とか [続きを読む]
  • 献杯のマナーについて【葬儀・法事】
  • 葬儀や法要の後は会食の場が設けられるケースがあると思うのですが、その際に行われる「献杯」ってご存知ですか? イメージとしては「乾杯」と同じと思っていただくと良いのですが、献杯には故人に対して敬意を表する意味があり、乾杯とは少し異なります。献杯の音頭をとる人は事前に頼まれる事もありますが、その場ど突然指名される事もあります。今回はいざというときに慌てないために、献杯のマナーをご紹介します。献杯のマナ [続きを読む]
  • 2017年母の日。お母さんに喜んでもらえるプレゼントはコレ!
  • 今年も母の日がやって来ます。2017年のの母の日は2017年5月14日(日)。母の日と言うと、毎年プレゼント選びに頭を悩ませる方が多いかと思います。筆者は結婚して、はじめての母の日を前に義母から「母の日のプレゼントくれるのは嬉しいんだけどね。扇子も日傘もいらないからね。扇子も日傘も、すでに一杯もらってるから、他の物にしてね」と言われた事があります。実際、プレゼントって難しいんですよね。感謝の気持ちはあるもの [続きを読む]
  • 「平服でお越しください」と言われた時の服装について。
  • 結婚披露宴や、葬儀で行うお別れ会など、冠婚葬祭の案内で「平服でお越しください」と言われた時、どんな服装をすべきか迷いませんか?平服とは、ジーンズやTシャツといった普段着の事ではなく、略礼装の事を指します。しかし、具体的にどのような服装を着るべきか、イメージしにくいものですよね。そこで今回は、結婚式と葬儀・法事のシーンで着用する平服について、選ぶ上で気を付けるべき点も踏まえてご紹介します。結婚披露宴 [続きを読む]
  • 意外と知らないお布施の相場。葬儀・四十九日・初盆など。
  • みなさんはお布施の相場ってご存知ですか? 日本では圧倒的に仏教の方が多く、信仰の度合いはともかくとして僧侶とのお付き合いは欠かせません。特に身内が亡くると、葬儀からはじまって次々と法要が押し寄せてきます。そんな時、必要になっててくるのが僧侶にお礼として渡す「お布施」なのですが、一般的にどれくらい包めば良いのでしょうか?「お布施」と言っても色々あります筆者の知っているお坊さんにお布施について質問して [続きを読む]
  • 女の子の初節句のマナー。お祝いの相場など。
  • 3月3日は桃の節句。女の子がいるご家庭ではひなまつりのお祝いをされる事かと思います。「ひなまつり」と言うと、雛人形を飾ったり、ちらし寿司やはまぐりのお吸い物でお祝いをするイメージがありますが、赤ちゃんが生まれて初めて迎える「初節句」は少し特別なものがあります。今回は初節句のマナーについてお届けします。女の子の初節句お雛様は誰が買うの?一般的に雛人形は母方の祖父母から贈られる事が多いのですが、最近は [続きを読む]
  • 2017年の節分はいつ? 恵方はどの方向? 節分を楽しむ工夫について。
  • 今年ももうすぐ節分がやって来ます。まだまだ寒い日が続きますが、節分は「季節を分ける」と各に、冬と春との境目と言われています。今年、2017年の節分は2月3日金曜日。週末と言うことで、お子さんのいるご家庭はイベントの計画を立てやすいのではないでしょうか?節分の楽しみ方2017年の節分について先程も書かせて戴きましたが2017年の節分は2月3日金曜日。節分と言うと豆まきをして、イワシを焼いて…と言うところが定番かと思 [続きを読む]
  • 家族が病院で亡くなった場合。故人をマンションに連れて帰れるの?
  • 昔の日本人は「死ぬ時は畳の上で」なんて事を言ったものですが、近年では大抵の方が病院でお亡くなりになります。最近は自宅でお葬式をされる方がめっきり減って、メモリアルホール的な場所でお葬式をするケースが増えてきました。その場合、多くの方が病院からそのまま葬儀会場へ向かわれるのですが、故人が帰宅を希望していた場合「最後に1度家に帰してあげたい」というケースが出てくるかと思います。戸建て住宅の方は問題ない [続きを読む]
  • 忘年会をメールで通知。無難な例文教えます。
  • 早いもので今年も残り僅かとなってきました。12月に入るとクリスマスに忘年会と慌ただしくなってくるかと思います。どんな集まりでも多く人が集まるとなると、何かと気を遣うものですよね。中でも忘年会等の幹事役ともなると大変かと思います。ところで忘年会の幹事をする場合、告知ってどんな風にされていますか? 職場によって様々かと思いますが、最近はメールで告知する職場も多いと思います。また、主婦の方でもママ友等が集 [続きを読む]
  • ゆうパックで遺骨を送る「送骨」について
  • ここ数年、家族形態の変化と共にお葬式や供養の形も変わってきています。かつて日本は自宅でお葬式をして、遺骨はお墓で供養するスタイルが定番でしたが、お葬式は葬儀場で行うのが主流になりつつありますし、親戚や友人を呼ばない「家族葬」も定番化してきました。葬儀の後、遺骨の供養についても多様化していて、昔ながらのお墓で供養する方、お寺の納骨堂で永代供養なさる方もおられますが、手元供養や自然葬も増えてきています [続きを読む]
  • 2017年おせち料理。予約する前に味見してみませんか?
  • みなさんは2017年のおせち料理をどうするかって考えておられますか? 「まだ9月なのに来年の事なんか考えられないわ」と感じている方が多いかと思うですが、おせち料理販売の予約は年々、前倒し傾向にあります。早いお店だと9月の20日頃から予約がはじまるようです。……とは言っても、今からおせちを考える気分ではないですよね。それに、通販のおせちって本当に美味しいのかどうかと言う不安もあります。どんなに口コミや評価が [続きを読む]
  • フルーツ缶のシロップが余った時の活用法
  • みなさんは「フルーツ缶」を食べる事ってありますか? フルーツ缶がご馳走だった時代もありますが、最近は手軽に食べる事が出来ます。ですが、フルーツ缶を開けた時って、中のフルーツだけ食べて、シロップを持て余してしまう事があるかと思います。今回はフルーツ缶のシロップが余った時の活用法について調べてみました。余ったシロップの活用法◆ シロップらしく使ってみるシロップは砂糖を煮溶かしたものです。(缶詰の場合砂 [続きを読む]
  • 型崩れした麦わら帽子を自宅で復活させる方法。
  • 夏になると熱中症対策や紫外線対策に麦わら帽子をかぶる機会があるかと思います。麦わら、日差しを遮ってくれるだけでなく帽子って涼しくてなかなかの優れものなのですが、意外と型崩れしやすいですよね。季節が終わった後、押入れやクローゼットで収納している時に型崩れする事もありますが、小さいお子さんなどの場合、大量にかいた汗で帽子がヘナヘナになってしまう事があるかと思います。型崩れした帽子をかぶり続けるのは格好 [続きを読む]