たまびりん さん プロフィール

  •  
たまびりんさん: 思い立ったらふらふらと…
ハンドル名たまびりん さん
ブログタイトル思い立ったらふらふらと…
ブログURLhttps://ameblo.jp/hanaic/
サイト紹介文美術館・博物館、スポーツ観戦、ぶらぶらお散歩…思い立ったその時に。
自由文あんまり時間がとれないのですが、行けるときにボチボチと。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/05/26 17:14

たまびりん さんのブログ記事

  • 霞ヶ浦サイクリング (2回目)
  • 2018.10.8 前回の霞ヶ浦サイクリングから3週間後。再び、土浦へやってきました。 前回と同じく、ル・サイクでママチャリを借りて、今度は、霞ケ浦の北岸(中岸というそうです)を走ることにしました。 今度はちょうど、レンコンの収穫の時期でした。胸まで畑の水に浸かっての収穫作業が、あちこちで見られました。重労働そうです。 道中にあった、水天宮。(水神社) 振り返ると、ず〜っと、こんな風景。レンコン畑、道路、霞ケ [続きを読む]
  • 名古屋で
  • 2018.7.24 何とな〜く、ぽっかりと空いた時間に、名古屋駅から名鉄に乗ってみて、セントレアまで。めちゃくちゃに暑い日に、こんなところを歩いてたんですが、広々と気持ちよかった。 バスで栄まで直接戻ったら オアシス21の広場で、県警の音楽隊が演奏をしてた。 夜は、久々に山本屋本店。猛暑の中、冷房の効いた店内で、アツアツの味噌煮込みうどんの贅沢。 [続きを読む]
  • 福浦さんの1999本目
  • 2018.8.24 & 9.21 売り出したけれど売れない魚。一応、第2形態の中で「マクレ」ポーズをとっているみたい。 ホームでいつも勝てないホームチームで、この日もわずか4安打1得点、二木くん見殺し。 ですが、2点を追う9回、2アウト満塁で、代打福浦。そりゃーもう、盛り上がりましたが、あえなく終わりました。まあ、あの盛り上がりだけでも行った価値はあるか、という一打席。 そして、まだタダ券が残ってたので、も [続きを読む]
  • 霞ヶ浦サイクリング(1回目)
  • 2018.9.17 土浦駅の駅にある、ル・サイクというおしゃれなお店で、レンタサイクルを借りました。といっても、店の大部分を占めるスポーツバイクではなくって、ママチャリなんですが…ママチャリでも新しくて、おしゃれです。料金は、1500円。(デポジットであと1000円、最初に払います。) 霞ヶ浦には、湖に沿って様々なサイクリングロードが整備されています。体力も時間もないので、今回走るのは、そのごく一部です。 [続きを読む]
  • 能登③
  • 2018.8.22〜23 見附島を出て、さらに海岸線を西へ。 能登半島の南海岸からは、立山連峰がきれいに見えます。また富山にもゆっくり来てみたいなーと思います。 九十九湾という所に来ました。こういう名称の場所は、たいていリアス式海岸です。ここもそう。 「魚を見せる観光船」1000円に乗りました。こじんまりとした舟で、足をのばしてのんびりです。 あれは、舟屋? 若狭湾にある、有名な伊根の舟屋と似たようなもの [続きを読む]
  • 能登②
  • 2018.8.22 ホテルの外観も和風。よく見れば、入り口のサイン看板もキリコ風でした。 朝の静かな輪島のまち。 昨夜、車で渡った、赤い橋が見えます。 輪島大祭の日だからでしょうか。旗がいっぱい。 輪島港からは、はるか沖合50キロ先に浮かぶ、舳倉島行きの船が出ます。一日1便、今回の旅行ではとても行けませんが、ちょっと心をそそられる島です。 ところが。今日は船が出ないそうです…お盆と、輪島大祭の間は、みんな [続きを読む]
  • 能登①
  • 2018.8.21〜 金沢まで新幹線で行けるようになったので、能登には以前よりずっと行きやすくなりました。 金沢から、サンダーバードに乗り換え。大阪から来ていますが、金沢で降りる人が多く、車内は空いていました。 初めて乗る、JR七尾線。期待にたがわず、のどかな農村の風景がひろがっています。稲穂もたわわに、みのる季節。能登半島の付け根あたりの西側。田んぼの向こうの山の、その先に海があるのですが、海は見えま [続きを読む]
  • 筑波山
  • 2018.8.14 お盆休みのお出かけ、「混んでなくて、あんまり暑くないところ」、その2. つくばエクスプレスに乗り、筑波山を目指します。つくばエクスプレス、久々に乗りましたが、早い!120キロ出ています。本当にエクスプレス! 車窓から外を見ながら、茨城県の田んぼ、田んぼのど真ん中に、集落の墓地を作ってあるところが多いな〜、と思いました。筑波山も、だんだん近づいてきて、終点つくばに到着。 つくば駅と、筑 [続きを読む]
  • 縄文 1万年の美の鼓動
  • 2018.8.10 トーハクにて。 写真でしか見たことのない縄文土器や土偶や、耳飾りや石斧やポシェットまで… 写真で見るのとは、ぜんぜん違う!! 古い古い土器=素朴で稚拙、という思い込みが何となくあったのですが、とんでもない。不明を恥じました。 1万年以上前、縄文草創期の石斧の磨きこまれた形。 縄文早期の土器の洗練された模様。 火焔式土器や中空土偶の超絶技巧。 この技術とセンスがあれば、もっと写実的な人間の形を作 [続きを読む]
  • 御殿場線のたび
  • 2018.8.13 お盆休み、日帰りで行けて、あまり暑くなくって、そんなに人が詰めかけないところはどこか?? その一つ目。 ちょっと早めに家を出て、東海道線のグリーン車で快適に国府津まで。国府津からは、御殿場線に乗り換え。ここからはJR東海。 御殿場線は混んでたので、立っていきました。(御殿場を過ぎたらすくかと思ったら、混み具合は特に変わらず。) あいにく、曇り空で富士山も見えませんでしたが、そのぶん涼 [続きを読む]
  • 茂原の山の中
  • 2018.7.27 毎年この時期に茂原に来ている気がしますが。思いがけず、時間が空いた。 こんなのを、前にもらってたので、ちょっとお散歩に行ってきました。 ひめはるの里に車を停めてスタート。ひめはるの里、今はドッグランなんかがある施設に生まれ変わっているようです。その前はお金がぜんぜんなくて、園内施設、かわいそうなほどボロボロだった時期があったなぁ。 ひめはるの里から、県道に出て、鶴枝小学校の前を通り [続きを読む]
  • 霧降高原&東照宮
  • 2018.7.16 酷暑が続く、今年の夏ですが、せっかくのお休み。北千住7:42発の「けごん」で日光に来ました。9:20到着。 いつものことながら、JR日光駅まで歩いて、始発のバスに乗ります。 バスに乗って、終点、霧降高原に到着。昔はスキー場だった所です。リフトも撤去されて、歩いて登ります。途中までは、階段ではなく、草原の中をウネウネとお散歩していく、気持ちのいい道を登って行きました。 ギボウシが盛りです [続きを読む]
  • 利尻礼文④ 利尻島
  • 2018.6.23朝。ホテルのお部屋から。お天気は下り坂なのですが、少しでも長く、利尻富士が見えますように。 朝のお散歩に出かけます。昨日登った、ペシ岬。朝から登ってる人がいました。 まっすぐに道が通った、鴛泊の中心部。 北海道でよく見る、大きなフキ(?)。 妙海寺というお寺があったのですが。近づくまで、お寺には見えなかった。屋根瓦ではないし、外壁の板張りが洋風な感じだし、お寺の周囲が塀で囲ってなくて [続きを読む]
  • 利尻礼文③ 礼文島から利尻島へ
  • 2018.6.22 16:25 24時間滞在した礼文島を離れました。さよなら〜また来るね。 またまた1等ラウンジ席。ほぼ満席だった稚内⇒礼文便に較べて、この便ではガラガラ。たった45分の旅だし、まあそうなるわね…。でも、ゆったりできて良かったです。 あれは、稚内から香深へと向かう、昨日乗ってきた便だ。 利尻富士がだんだん大きくなってきます。 17:10、利尻島・鴛泊港に到着。 利尻で製造している水、リシリアの広告。札 [続きを読む]
  • 利尻礼文② 花の浮島、礼文島
  • 2018.6.21 16:40 礼文島・香深港に到着。 フェリーを降りて、今夜の宿、花れぶんまでは、すぐでした。あいにくの雨。お部屋の卓上にはこの子がお出迎え。 そのうち、バラバラという音とともに、霰まで降ってきました。しばし休憩です。 そのうち、汽笛が鳴り、先ほど乗ってきたフェリーが、稚内行き最終便となって出航していきました。 部屋は最上階だったので、香深の町がよく見えます。 本当は、この先に、利尻富 [続きを読む]
  • 利尻礼文① 札幌〜(宗谷本線)〜稚内〜〜礼文島
  • 2018.5.20〜 夜8時半、札幌行き最終便にて出発。北海道含め全国的に、数日間天気があまりよろしくない予報です。11時ごろ、札幌駅からすぐのセンチュリーロイヤルホテルに入りました。部屋がいっぱいになったということで、思いがけず最高層のスイートルームに泊まることができました♪ 次の朝、札幌は、まあまあのお天気。 ホテルから少し歩けば北大の…クラーク博士と旧庁舎にも会えます。 7時すぎ。再び札幌駅へ。 7時30分発 [続きを読む]
  • 湯島
  • 2018.5.29 お茶の水に用事があり、ちょっとだけ。湯島聖堂まで足を延ばしました。 (なぜか、写真が白っぽい…) 「かいの木」、これが楷書の由来だとは知らなんだ。枝葉が整然としているためという。 瓦塀がきれいです。 入徳門。これは1704年と、唯一、昌平坂学問所時代から残る建造物。 孔子が祀られている、大成殿。 これが、ニワトリみたいに見えたのですが、調べてみると、しゃちほこ。よくあるシャチホコと異なり、頭を外に [続きを読む]
  • 潮来&佐原〜水郷とあやめ
  • 2019.5.22 この週末からあやめ祭りが始まる、その直前の潮来&佐原に行ってきました。 行きは、成田から東関道に乗って、大栄SAでちょっと休憩して、利根川を渡り、さらに、常陸利根川を渡り、佐原ICで降りました。そこから少し走ると、常陸利根川のほとりに出ます。霞ケ浦から太平洋に流れ出る川です。潮来駅もすぐそばです。 川に近づくと、遊覧舟に誘う人があちこちで手を振っています。適当なところで車を停めて、舟をお願い [続きを読む]
  • 木曽路のたび② 馬籠峠〜妻籠宿
  • 2018.4.29 つづき 馬籠峠に着きました。ここから長野県。ナガノ県もナギソ町も「ナ」をデザインしたマークを使用。 峠から先は、舗装はなくなり、山中の道を下ってゆきます。周囲が森になり、陽ざしがさえぎられて、涼しく歩けます。 樹齢300年のサワラ。枝が横に突き出してから上に伸びた部分は「天狗の腰掛け」と呼ばれ、杣人たちはこの木に近寄ることも避けたとのこと。 森の中を歩きますので、クマよけの鐘が所々に設置して [続きを読む]
  • 木曽路のたび④ 上高地(木曽路ではないけど)
  • 2018.5.1 ホテルで昨夜買っておいたご飯を食べて… 朝6時31分。松本駅。 始発の松本電鉄に乗ります。アルピコ交通のはずだけれど、松本電鉄。車両は、前は京王線を走ってたはず。 新島々へ。GW中で混んでるかと覚悟してましたが、平日ということもあって、座れました。 途中、西松本駅とか、渚駅とかは、ホームそのものが、自転車置き場にもなっていました。自転車降りて、鍵をかけて、振り向けば、すぐ電車に乗れる! もうすぐ [続きを読む]
  • 木曽路のたび③ 上松・奈良井
  • 2018.4.30 朝、宿の車で南木曽駅まで送ってもらいました。 南木曽駅のすぐ前の木曽川にも、木製の吊り橋がありました。鯉のぼりも元気よく泳いでいます。大正時代に、大同電力(社長:福沢桃介)によって建設された桃介橋。 橋から眺める、木曽川。水がきれいです。 南木曽の駅からは、9:51発の臨時の快速に乗りました。 木曽川に沿って上流へ。 25分で上松到着。 上松駅には、これから行く赤沢森林鉄道の列車が展示してありま [続きを読む]
  • 木曽路のたび① 落合宿〜馬籠宿〜馬籠峠
  • 2018.4.30〜5.1 朝8時、新幹線で名古屋へ。 名古屋駅でいつも、各地に向かう特急列車を眺めているだけだったのですが、今日は眺めるだけじゃなくって、乗ります♪中央線&高山線の特急ホームから、10時ちょうど発、「しなの」 岐阜県に入り、多治見を過ぎると、車窓も緑豊かになってきます。 黒い瓦屋根、そして入母屋造りの家が多い。(写真にはあんまり写ってませんが) 10時48分、中津川到着。 当初は、ここからバスに乗っ [続きを読む]
  • 谷根千
  • 2018.4.25 近くまで来たついでに、ちょっとだけ寄り道。千駄木で地下鉄を降りて。谷中ぎんざ入り口。 それにしても、すっかり観光地になってて、ちょっと驚きました。前は、どこにでもあるような、ただの下町、だったんだけど… 夕焼けだんだん。外国人観光客もいっぱい、買い食いをしながら、楽し気に歩いていました。 一歩、脇道にそれれば、観光客はパタリといなくなり、静かな路地です。 朝倉彫塑館。存在は知ってい [続きを読む]
  • 北鎌倉〜天園
  • 2018.4.12 久しぶりの、鎌倉。北鎌倉駅で降りたのは、初めてです。円覚寺もはじめて。 三門。 関東大震災で倒壊、1964年に再建という仏殿。本尊、宝冠釈迦如来。きらびやかな宝冠をつける、珍しいタイプの釈迦如来です。 大方丈の入り口にある、唐門。門の奥にあるのが、市の天然記念物になっているという、大きなビャクシン。 大方丈の裏手にある池。方丈から、さらに奥へ。このお寺は、「法堂」という名称の建物は、な [続きを読む]
  • 大井川鉄道、寸又峡温泉、掛川花鳥園②
  • 2018.3.30〜31 2日目。早起きして、6時すぎに、宿から朝のお散歩に出かけます。温泉街から、山のほうへ。 20分ほどで、きれいなブルーの川面に、「夢の吊り橋」が見えてきました。 ここを渡ります。 吊り橋を渡り切り、対岸を、上流のほうへ。ひとつ上流にかかる、「飛龍橋」まで行きました。この橋は、とても高い場所にかかっています。 飛龍橋から、夢の吊り橋を眺める。 朝の山の中は、静かで、水が湧きだす場所 [続きを読む]