一棟一室.com さん プロフィール

  •  
一棟一室.comさん: 一棟一室.com BLOG
ハンドル名一棟一室.com さん
ブログタイトル一棟一室.com BLOG
ブログURLhttp://1t-1s.com/blog/
サイト紹介文賃貸管理は収益性で考える。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/05/27 01:08

一棟一室.com さんのブログ記事

  • シェアハウス問題は長引く!!
  • おはようございます。 今日は先日に引き続きシェアハウス問題についてです。 この昨年末から続くシェアハウス問題ですが どうやらこの問題はさらに拡大しそうな予感がします。 仲間の不動産業者からもこの件については連絡が来ますが、情報交換するとさらに問題が拡大する背景が見えてきます。 ここ数年で一気に売上を伸ばした販売会社の中には、シェアハウスを自社の看板商品として販売し続けている会社もあります。 今はまだ [続きを読む]
  • はじめて賃貸管理をご依頼(検討)する方
  • おはようございます。 早速ですが 本日は題名のとおり、はじめてお部屋を貸す方が賃貸管理会社へご依頼いただく流れをご紹介したいと思います。 もちろん中にはご検討段階の方もいらっしゃると思いますので、そのような方は今後の参考になればと思います。 まず、はじめての方は賃貸管理会社と言ってもピンとこない方が多いと思います。 物件の管理は一般的に建物管理と賃貸管理に分類されますが、ともに『管理会社』と呼ばれます [続きを読む]
  • 賃貸管理ご依頼(変更含)の流れ
  • ※このページは一棟一室.comに賃貸管理をご希望されるお客様から手続に関するお問い合わせが多いため、ブログの先頭に固定表示としています。 おはようございます。 本日は賃貸管理をご依頼頂く際の手続きについて書きたいと思います。 一棟一室へご依頼いただくオーナー様は主に以下の3パターンの方がいらっしゃいます。 ① 他の管理会社から変更される方。(自主管理からの変更を含む) ② 新規に収益物件を購入する方。 [続きを読む]
  • 新料金プラン公開です。
  • おはようございます。 早速ですが、一棟一室.comの新料金プランを公開致しました。 多くの方から賃貸管理の料金のお問合せをいただきますが、これまで面積や賃料の規定があったため別途お見積もりをさせていただくこともありました。 今回より面積や賃料の規定を撤廃し、より分かりやすくシンプルな『間取りで決まる料金』へと改定いたしましたのでご報告いたします。 なお、1棟物件のオーナー様からも数多くのお問合せを多くいた [続きを読む]
  • あれ?自社じゃなく弊社に?
  • おはようございます。 ちょっと意味のわからない題名ですが 一棟一室とご契約いただいたオーナー様から弊社へご依頼された経緯を聞いた時のお話なんです。 あるオーナーさんが大手仲介会社から中古の物件を購入したんですが お部屋を貸すことになって担当者へ相談したらしいんです。 そしたら、自社でも賃貸管理しているにもかかわらず 『うちは高いからここがいいですよ!』 って一棟一室ご指名で紹介されたそうです。 こちらから [続きを読む]
  • 八王子周辺のアパート経営に暗雲?
  • おはようございます。 今日は大学の都心回帰とアパート経営について触れてみたいと思います。 投資用不動産を扱っていると八王子のアパートや学生マンションのご紹介をいただくことがあります。 でも八王子とその周辺の空き物件の数や賃料を調べてみると、満室にするにはかなり大変な事が分かってしまう。 物件の見方が管理会社の視点なので、この物件を販売して満室にするにはかなりハードルが高いエリアだということが調べると分 [続きを読む]
  • 滞納保証について
  • おはようございます。 さて今日は題名のとおり賃貸管理における滞納保証についてです。 滞納保証を売り出し文句にしているサイトを目にすることも多々ありますが ほぼ100%に近い確率で小さくこう書かれています。 「滞納保証は入居者の保証会社への加入が必須条件になります。」 表向きは管理会社が滞納保証を行っているように見えますが、単純に保証会社に加入しているだけの話。 つまり売り出し文句の滞納保証は管理会社として [続きを読む]
  • 問題のシェアハウス投資 (後編)
  • おはようございます。 ギックリ腰がまだ治らず困っております。。。 運動とストレッチをサボったその隙をつかれました。 自己管理が甘かったですね。。。 さてさて、今日は前回のシェアハウス投資の続きを書きたいと思います。 前回はシェアハウス投資の『ミソ』は 『賃料設定』 が関係しているというところで終わりました。 そして販売価格や販売の仕方にも関係する、という内容を書きましたね。 今日はその内容を詳しく下記 [続きを読む]
  • 問題のシェアハウス投資 (前編)
  • おはようございます。 このブログ だいぶご無沙汰しましたね。。。 さてさて、、、そんな久々のブログの今回はシェアハウスについてです。 つい先日ニュースになりましたね。 そして本日の日経新聞にも出てました。 ニュースをご存知ない方はこちら⇒https://www.asahi.com/articles/ASL2N4D9ZL2NULFA014.html 5年くらい前からシェアハウスが投資商品として市場に出回るようになり 中小の業者が中心になって販売しています。 この [続きを読む]
  • 入居審査はスピードと柔軟性が大事
  • おはようございます。 繁忙期も終盤となりました。 やはり人が動きますね。 なんだかんだと忙しくなります。 さて今回は入居審査の対応についてです。 この時期のファミリーマンションは転勤の方からお申し込みをいただく事が多いのですが、 大手企業となると賃貸借契約をアウトソーシングして『社宅代行会社』を入れている企業が多いですね。 社宅代行の会社によっても違いますが、最低1週間前までに契約書を発行してください [続きを読む]
  • 『自主管理』の危険性について②
  • みなさんおはようございます。 最近は挨拶できない人が増えてるみたいですね。 商店街のおじさんが言ってました。 うちの子供には大きな声で挨拶するようにしろと言ってます。 きちんと挨拶できれば世の中生きていけます(笑) お互い気持ちいいですしね。 さて、今日は前回の続きです。 前回は自主管理のリスクである空室の長期化について書きました。 今回はもうひとつのリスクである滞納についてです。 じつは滞納といって [続きを読む]
  • 『自主管理』の危険性について①
  • おはようございます。 さて本日は『自主管理』についてアレコレ書いてみたいと思います。 自主管理とはまさに自分で管理を行うという意味ですが 区分マンション、1棟アパート、1棟マンション問わず、個人の方が管理を行っている物件は結構あります。 我々のような賃貸管理会社へ管理手数料を払うと経費がかかります。 ですから管理コストを削減できるわけですね。 数部屋だから自分で・・・ そう思う方もいると思います。 でもで [続きを読む]
  • 戸建ての塗装工事完了
  • おはようございます。 前回のブログからだいぶ経ってしまいましたね。。。 この時期は繁忙期 そして確定申告シーズンです。 何かと業務のボリュームが増える時期でもあります。 遠まわしにブログを書かなかった言い訳を書いてます(笑) さて今回は、先日行った塗装工事が完了しましたので、前回の続きです。 かれこれ1週間前に完了しましたが、バッチリ綺麗になりました。 壁から剥がれ落ちた物干し金物も、下地からやり直 [続きを読む]
  • 戸建ての塗装工事がスタートしました。
  • おはようございます。 管理している戸建ての塗装工事がスタートしました。 築20年弱の建売住宅です。 この物件の物干し用金物は、掃き出し窓の両サイドの外壁に取り付けてあるのですが なんと片方が外壁ごと落ちちゃったんです。。。 ありえない光景に驚いたのですが 原因は雨漏りによる柱の腐食です。 サッシを留めるのに両サイドに柱が入っているのですが、手抜き工事で防水をきちんとやっていなかった為に起きた事故で [続きを読む]
  • タワーマンションを貸すなら
  • おはようございます。 ここ数年で湾岸地域を中心にタワーマンションがバンバン建ちましたね。 都内であればどのエリアにも一棟くらいは建ってるんじゃないでしょうか。 既に40年以上前にタワーマンションの先駆けとなる超高層マンションとういうのが建ち マンションが急にタワー化したのは平成9年以降。 今から20年も前になるんですね。 タワー化する引き金となったのは建築基準法の改正です。 容積率の緩和や日陰規制の緩和 [続きを読む]
  • 生活保護者は厳しく審査しないとダメな理由
  • おはようございます。 賃料が安い物件の賃貸募集を出すと、高い確率で業者さんから聞かれます。 『生活保護者は大丈夫ですか?』と。。。 生活保護者だから入居がダメだということではなく、ザックリ言ってしまえば『まともならいい』というところに行きつきます。 いろんな事情があって生活保護手当てを受けているわけですが、こうした制度を逆手に利用して働かない人だと話は変わります。 生活保護者は家賃が役所から入金しても [続きを読む]
  • 賃貸管理会社選びで知って欲しいこと。
  • おはようございます。 さて今回は皆さんが賃貸管理会社選びで重要視される管理委託料金以外のことについてです。 管理変更のお問い合わせをいただいたオーナーさんと実際にお会いするケースも多いのですが、 その際に見せていただく書類の中に、過去の退去清算が混ざっている事などもあります。 新規に物件を購入したオーナーさんは、リフォームの見積もりもあったりします。 パッと見て思うのは かなりいい加減な清算を行っ [続きを読む]
  • 結果発表〜。築46年!一棟マンションのリフォームプロジェクト
  • おはようござます。 昨年行いましたマンションのリフォームプロジェクト! ブログでもご紹介しましたが、ついに『満室』となりました。 パチパチパチパチ〜〜〜? 嬉しいですね〜 プラン作りから工事、内装の備品に至るまで関わった物件です。 間違ってなかったですね〜 思ったとおりですね〜ヽ(*´∀`)ノ はい、浮かれるのはこれくらいにして発表したいと思います。 まず、賃貸募集開始から満室までの期間ですが なんと! [続きを読む]
  • 賃貸管理料金の問合せについて
  • おはようございます。 今回は賃貸管理料に関するお問い合わせについてです。 現在サイト内でも料金表をお出ししていますが、戸建て、一棟のアパートやマンションのオーナー様からお問合せを頂くケースが増えています。 基本的には料金表のとおり、戸数×管理委託料金となります。 料金表⇒http://1t-1s.com/price.php 例えば家賃が7万円以上で1部屋30?以下のお部屋が10戸のアパートの場合 10戸×1,500円(インベストプラン、スタ [続きを読む]
  • まもなく賃貸繁忙期です。
  • みなさん 明けましておめでとうございます。 さて、本日から業務再開です。 とはいえ世の中は今週末から3連休。 動き出すのは来週からでしょうね。 そういえば1年を通じて3連休がだいぶ増えましたよね。 我々には無縁の連休ですが・・・。 特に今月からは賃貸市場も繁忙期となります。 1月〜4月の2週目くらいまでは賃貸が動きますね。 1年の中で賃料が最も高い時期です。 ここが終わるとゴールデンウィークモード [続きを読む]
  • 資料送付について
  • おはようございます。 さて、今日はお問い合わせ頂く際に聞かれる『資料送付』についてです。 この 一棟一室.com へお問合せをいただくお客様で、資料をご希望される方がたまにいます。 大変申し訳ありませんが弊社では資料やパンフレットをご用意していません。 簡単な話ですが、こうしたコストをカットしているからです。 その代わり、ウェブサイトに料金を明記させていただいております。 基本的に料金は定額制で行ってい [続きを読む]
  • 賃貸管理会社と裁判は意外と身近です。
  • おはようございます。 今回は裁判について。 賃貸管理を行っていると、たま〜に裁判所から不意打ちのようにお手紙が来ます。 今回もそう。 先月に簡易訴訟の訴状が届きました。 そして数日前に取下書が届きました。 今回の経緯は、弊社管理物件のオーナーが物件を売却し 最終的に物件を購入した方が簡易訴訟を起こしたわけですが、こちらとしては寝耳に水。 なぜなら物件の引き渡しと同時に全ての管理書類と保証会社の書類を売主へ [続きを読む]
  • 悪質!資産を減らす賃貸管理会社
  • おはようございます。 先日、賃貸管理のお問い合わせをいただいたお客様とお会いしてきました。 マンションを2棟お持ちのお客様。 現在の収支が良くないので改善したと思ってのお問い合わせでした。 当初購入した時に販売会社に言われたのは、収支もプラスだし将来的には土地を売却できるので良い物件だとのこと。 う〜ん、、、 怪しいな。。。 ひとまず物件を調べてみました。 あれ??? なんと、空室の募集がどこにも出てない [続きを読む]
  • 築46年!一棟マンションのリフォームプロジェクト②
  • さて、前回お伝えしましたリフォームプレジェクトの続きです。 すでにボロボロの物件だということはお伝えしましたが、簡単な概要もお伝えしようと思います。 山手線の駅から歩いて6分の場所に建つこのマンション。 構造は鉄骨造。 1階には店舗が入り、2階から4階までが住居となっています。 エントランスもなく、吹きさらしの鉄骨階段。 メンテナンスもきちんと行われていないので、見た目 もボロボロ。 雨漏りも発 [続きを読む]
  • 築46年!一棟マンションのリフォームプロジェクト①
  • 今年行った1棟マンションのリフォームのご紹介です。 弊社で物件の仲介から内装外装の工事まで、全てをお任せいただきました。 管理会社の視点でベストな間取りを考え、工務店の視点でコストを考え、私たちのセンスで備品を選び、使い勝手とコストを考え作れるものは自作する。 『賃貸管理会社』という括りで認識されていますが、もっと幅広い仕事をしています。 今回のブログはそんな仕事の一端をご理解いただければ幸いです [続きを読む]