千葉県労働保険指導協会 さん プロフィール

  •  
千葉県労働保険指導協会さん: 千葉県労働保険指導協会ブログ
ハンドル名千葉県労働保険指導協会 さん
ブログタイトル千葉県労働保険指導協会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/chibakyoukai/
サイト紹介文千葉県労働保険指導協会のブログです。仕事のことや所員の日常をつづっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/05/28 20:47

千葉県労働保険指導協会 さんのブログ記事

  • 労働保険徴収法の概要
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は労働保険徴収法の概要についてご紹介します。従来、労災保険と雇用保険〔労働保険徴収法施行当時(昭和47年)、雇用保険は「失業保険」といいました。〕は、別個の制度として取り扱われ、それぞれ異なった方法により保険料の徴収事務が行われていました。しかし、これらの保険制度の適用範囲が拡大されたことに伴い、事業主に過重の事務負担がかかることになり、効率的な事 [続きを読む]
  • 国民年金の老齢基礎年金の受給資格期間・合算対象期間
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の老齢基礎年金の受給資格期間・合算対象期間についてご紹介します。●受給資格期間受給資格があるかないかを判定するための期間です。具体的には、保険料納付済期間、保険料免除期間及び合算対象期間を合算して10年以上あれば受給資格期間を満たします。●合算対象期間合算対象期間とは、「期間にはするけど年金額にはしない期間」です。俗に「カラ期間」と呼ばれ [続きを読む]
  • 国民年金の老齢基礎年金の保険料免除期間
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の老齢基礎年金の保険料免除期間についてご紹介します。所得が少ない等の理由により保険料が免除されている期間を、保険料免除期間といいます。全部で7種類の免除期間があります。【特別な免除制度】●法定免除法定要件に該当したら免除される制度です。保険料の全額の納付が免除されます。【所得等による免除制度】それぞれの制度の所得要件等に該当した場合に、 [続きを読む]
  • 国民年金の老齢基礎年金の保険料納付済期間
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の老齢基礎年金の保険料納付済期間についてご紹介します。次の期間が保険料納付済期間です。●第1号被保険者期間のうち保険料を納付した期間●第2号被保険者期間のうち20歳以上60歳未満の期間第2号被保険者期間中は、厚生年金保険に保険料を納付します。その厚生年金保険に納めた保険料の一部は国民年金の給付に要する費用に充てられることになっているので、第2号 [続きを読む]
  • 国民年金の老齢基礎年金
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の老齢基礎年金についてご紹介します。老齢基礎年金は、「老齢」に関する年金です。原則として、10年以上の保険料納付済期間等を有する場合、65歳から支給されます。また、40年間保険料を納付した場合に満額(最高額)が支給されます。次の要件を満たす者が65歳に達したときに支給されます。●保険料納付済期間または保険料免除期間(学生の保険料納付特例及び30歳 [続きを読む]
  • 国民年金の給付の種類
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の給付の種類についてご紹介します。国民年金の給付は、老齢、障害、死亡に対して支給される基礎年金とその他の給付に大別できます。●基礎年金「老齢」「障害」「死亡」の3つの保険事故に対して行う給付の中心に位置するのが老齢基礎年金、障害基礎年金、遺族基礎年金です。老齢になれば老齢基礎年金、一定の障害状態になれば障害基礎年金が、死亡すれば一定の遺 [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者(任意)
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。前回に引き続き、今回は国民年金の被保険者(任意)ついてご紹介します。強制被保険者から除かれている人が一定の要件に該当している場合は、申出をすることによって任意に被保険者になることができます。次のいずれかの要件に該当している者(第2号被保険者及び第3号被保険者を除く)は、厚生労働大臣に申し出ることによって被保険者になることができます。●日本国内に住所を有 [続きを読む]
  • 国民年金の被保険者(強制)
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の被保険者(強制)ついてご紹介します。国民全般を対象とするというのが原則の考え方ですが、実際には被保険者の要件を設けてあり、その要件に該当した者を国民年金の対象者としています。国民年金の被保険者は大別すると2種類です。要件に該当した場合に強制的に適用される強制被保険者と、任意で加入することができる任意加入被保険者です。細かく見ると全部で5 [続きを読む]
  • 国民年金の歴史・概要
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金の歴史・概要についてご紹介します。国民年金法は昭和34年に制定・施行されています。昭和34年11月から、高年齢者や障害者の方々などを対象として、保険料を徴収しないで年金を支給する「無拠出制の福祉型の年金」がスタートしました。その後、昭和36年4月から拠出制の年金が始まり、昭和61年4月の大改正で新法に移行し、現在に至っています。国民年金法1条におい [続きを読む]
  • 健康保険法の療養費
  • 千葉県保険指導協会です。今回は健康保険法の療養費についてご説明します。支給要件として、次の(1)又は(2)の場合は、療養の給付に代えて療養費を支給することができます。(1) 療養の給付、入院時食事療養費、入院時生活療養費又は保険外併用療養費の支給を行うことが困難であると保険者が認めるとき。(2) 保険医療機関等以外の医療機関で診察等をうけた場合で、保険者がやむを得ないものと認めるとき。支給額としては、次の(1)及 [続きを読む]
  • 健康保険法の療養費について
  • 千葉県保険指導協会です。今回は健康保険法の療養費についてご説明します。支給要件として、次の(1)又は(2)の場合は、療養の給付に代えて療養費を支給することができます。(1) 療養の給付、入院時食事療養費、入院時生活療養費又は保険外併用療養費の支給を行うことが困難であると保険者が認めるとき。(2) 保険医療機関等以外の医療機関で診察等をうけた場合で、保険者がやむを得ないものと認めるとき。支給額としては、次の(1)及 [続きを読む]
  • 国民年金、公的年金
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金、公的年金についてご紹介します。昭和36年、拠出制の国民年金がスタートした時に国民皆年金が宣言されました。まだ、その時には、それぞれが独立した制度として存在し、国民年金は自営業者等の方々、厚生年金保険は会社員等の方々、共済年金は公務員等の方々がそれぞれ加入する制度でした。そのそれぞれの独立していた制度を、様々な理由から昭和61年に一体化する [続きを読む]
  • 国民年金、厚生年金保険の歴史
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は国民年金、厚生年金保険の歴史についてご紹介します。下記は前回お話した、年金の歴史についての概要をまとめたものです。明治時代 恩給法昭和14年船員保険法 制定…船員対象の社会保険制度。職域外年金部分を含む昭和17年労働者年金保険法 施行…ブルーカラーの男子対象の年金制度昭和19年厚生年金保険法に改称…労働者年金保険法を改称して、ホワイトカラーや女子にも [続きを読む]
  • 年金の歴史
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は年金の歴史についてお話します。国民年金、厚生年金保険に関する歴史の中で、特に重要なのが「昭和36年4月」と「昭和61年4月」です。昭和36年に拠出制の国民年金がスタートした時に、それまでにすでに存在していた厚生年金保険、共済年金とあわせて、国民がいずれかの制度に入ることができるという意味で「国民皆年金」と宣言されました。また、昭和61年4月に、それら独立 [続きを読む]
  • 年金の概要・種類
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は年金の概要・種類についてお話します。年金とは、保険の一種で、保険料を払っておき、65歳になったら年金として給付を受けるものです。民間の保険商品まで含めると、多くの種類の年金があります。●公的年金・・・政府もしくは政府に準ずるような公の機関が行っている年金種類としては、広く国民全般に関する年金である国民年金、会社員や公務員等が加入する厚生年金保険が [続きを読む]
  • 使用人兼務役員の場合の雇用保険
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。雇用保険には原則、役員は加入することができません。しかし例外として、会社の役員であっても同時に従業員としても働いており、労働者性が強いと判断された場合、使用人兼務役員として雇用保険の被保険者になることができます。 兼務役員に関して、明確な基準は法律で定められてはいませんが、まず役員報酬と賃金を比べ賃金のほうが多く支払われている場合、役員よりも従業員とし [続きを読む]
  • 是正勧告
  • おはようございます、千葉県労働保険指導協会です。今回は是正勧告についてお話します。是正勧告とは、事業所の労働基準法や労働安全衛生法などの法律違反に対して行われる行政指導のことを言います。労働基準監督署による調査により労働基準法等の違反の事実が発見され、労働環境の是正の必要ありと判断された場合、その指導内容を書面にした是正勧告書が交付されます。 是正勧告書には、違反した法令の条文番号とその違反内容が [続きを読む]
  • フレックスタイム制(労働時間の過不足・時間外労働)
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回はフレックスタイム制における労働時間の管理についてお話します。フレックスタイム制は、始業及び終業の時刻を労働者の決定にゆだねているものの、使用者には、実労働時間を把握する義務があります。把握した実労働時間と総労働時間とを比較して適切な賃金清算をしなければなりません。フレックスタイム制では、実際に労働した時間が清算期間における総労働時間として定めら [続きを読む]
  • フレックスタイム制(要件) その2
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。前回に引き続き、フレックスタイム制を導入するにあたり、労使協定において定める事項の続きです。⑤標準となる1日の労働時間標準となる 1 日の労働時間とは、年次有給休暇を取得した際にこれを何時間労働したものとして賃金を計算するのか、明確にしておくためのものです。⑥コアタイムコアタイムは、労働者が1日のうちで必ず働かなければならない時間帯です。必ず設けなけれ [続きを読む]
  • フレックスタイム制(要件) その1
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回から2回にかけて、フレックスタイム制の導入要件をお話します。フレックスタイム制を導入するにあたり、その要件は次の2つです。1.就業規則その他これに準ずるものにおいて 始業及び終業の時刻をその労働者の決定にゆだねる旨を定めること。2.労使協定において次の事項を定めること。①対象となる労働者の範囲対象となる労働者の範囲は様々な範囲が考えられますが、「 [続きを読む]
  • フレックスタイム制(目的)
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回はフレックスタイム制についてお話します。フレックスタイム制は、1日の労働時間の長さを固定的に定めず、1箇月以内の一定の期間の総労働時間を定めておき、労働者はその総労働時間の範囲で各労働日の労働時間を自分で決め、その生活と業務との調和を図りながら、効率的に働くことができる制度です。仕事と個人生活の調和を図るとは、たとえば、・病院に行く・子供の世話を [続きを読む]
  • 変形労働時間制 その3
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回は変形労働時間制における時間外労働についてお話します。変形労働時間制のもとでは、単位期間内の労働時間が平均して週40時間を超えなければ、1日8時間や1週40時間を超える労働もただちに時間外労働とはなりません。(ただし、深夜業に対する割増賃金の支払は必要、休憩・休日に関する規制も適用されます。)変形労働時間制における時間外労働は次のようになります。①1 [続きを読む]
  • 変形労働時間制 その2
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回は変形労働時間制の種類についてお話します。変形労働時間制には、単位期間の違いで次の3種類があります。①1カ月単位の変形制②1年単位の変形制③1週間単位の非定型的変形制単位期間の長短により弾力化の程度や労働者に与える影響が異なるために、各制度にはそれぞれ異なる要件が設けられています。1カ月単位の変形労働時間制は使用者が作成権限をもつ就業規則によって [続きを読む]
  • 変形労働時間制 その1
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回は変形労働時間制についてお話します。変形労働時間制とは、①一定の単位期間について、②週あたりの平均労働時間が週法定労働時間の枠内に収まっていれば、③1週または1日の法定労働時間の規制を解除することを認める制度です。労基法の定める1週40時間・1日8時間という労働時間の原則は、あくまで各週や各日ごとに規制を行うものです。そのため、ある週の労働時間が40 [続きを読む]
  • 労働時間の原則
  • おはようございます。千葉県労働保険指導協会です。今回は労働基準法上の労働時間の原則についてお話します。1日・1週の労働時間ですが、使用者は、労働者に、休憩時間を除いて、・1週40時間を超えて労働させてはならない・1日8時間を超えて労働させてはならないこの2つが大原則です。これに違反して労働者に労働させた使用者には、刑事罰による制裁があります。また、労働者とこうした規制に違反する合意をした場合でも、そ [続きを読む]