ふく うつお さん プロフィール

  •  
ふく うつおさん: うつ病とアルコール依存症ですが、人間です。
ハンドル名ふく うつお さん
ブログタイトルうつ病とアルコール依存症ですが、人間です。
ブログURLhttp://fuku-utsuo.hatenablog.com/
サイト紹介文うつ病とアルコール依存症です、家庭崩壊寸前です。しかし頑張れば人間、なんとかなるものです・・・かな。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/05/29 17:29

ふく うつお さんのブログ記事

  • アル中にとってヤバイ場面パート5「口説くとき」
  • adアル中にとってヤバイ場面シリーズ。次は「口説く時、または告白するとき」著作権 足成サイトより「好きな人に告白する」ああ、懐かしい響きですねー。今は、「コクる」というんですか。オジサンである筆者には、ピンときませんね。中高生の頃は、素面(しらふ)で告白したもんですが。いや、コクったかどうかは、個人の過去のモテ度によりますね。「いやー、バレンタインで3人同時にコクられてよ〜」な [続きを読む]
  • アル中にとってヤバイこと!パート4、スーパー銭湯!
  • ad最近、流行りのスーパー銭湯に行ってまいりました。いわゆる「これまでの」スーパー銭湯ではありません。「最近、流行りの」です。この「最近、流行りの」の部分が凄いんですね。「岩盤欲アリ」「露天風呂アリ」「マンガコーナーアリ」「お土産屋アリ」とにかくアリ。遠くの温泉旅館に行かなくても、温泉旅館な気分が味わえ、しかし料金は温泉旅館ほどかからない、お手頃価格。しかも 「これまでの」 スーパー [続きを読む]
  • アル中にとってヤバイこと!パート3は麦コーン
  • adアル中になりまして。断酒をはじめまして。それからは、コンビニ、スーパーの酒のコーナーに、なるべく目をやらないようにしてるのですが。でも、ふと目がいってしまう時がありますよね。でも意識して、酒は見ないように見ないように心がけています。しかし、コンビニなんかでチラッと目につくのが「麦コーン」。著作権 中国醸造HPよりなんででしょう。パッケージがほかと違い、黄色いからでしょうか。黄色くて可愛ら [続きを読む]
  • アル中にとってヤバイこと!パート2は、歓送迎会!
  • ad断酒中のアル中にとって、ヤバイことパート2は。「自分の歓送迎会」または「懇意だったの人の歓送迎会」これはサラリーマンにとって、もっとも断りにくい飲み会ですよね。自分の歓送迎会は、断れない。恩がある方の歓送迎会も、出席せざるをえない。でも、断酒中なので飲めない。家族からは、トーゼン 「行くな!」 と反対されている。しかしサラリーマンの宿命、断るわけにはいかない。こんな場合、ふくは次のように [続きを読む]
  • アル中にとって一番ヤバイ店は、焼肉屋!
  • ad久しぶりに家族で焼肉屋へ。もう、数ヶ月は、焼肉してない気がします。以前、よく通っていた店に入店。そして、いつものオネーサンに注文。ロース、カルビ、タンにハラミ。そして 「ごはん」 と、アルコール依存症者には辛い辛いメニューの注文となりました。もちろん、そこへ続くハズの 「乾杯!」 の音頭は当然なし。ひたすら肉をタレにつけ、ごはんにのっけてほうばる。美味い、といえば美味い。しかし、わたしらアル中に [続きを読む]
  • 気分が落ち込む、上がらない……そんな気分を上げる方法
  • ad今日は雨が降り、なんだか憂鬱。気分があがらない。他の人は、楽しそうに過ごしているのに。自分だけ、なんだか落ちている。みんなが、うらやましい。―――――――うつ病持ちの人や、本来テンションが低い人。適度な運動をすると、気分が上がりますよ。毎日でなくてもよいので、軽いランニングやウォーキングをしてみましょう。って。「気分が落ちてるのに、運動なんて、できるか!」「こちとら動くことすら辛いのに、そんな [続きを読む]
  • 夜、眠れない、困った!そんなときの対応方2
  • adあれ。まだ眠ってない。今何時だ?1時半!?げ。明日、大事な会議があるというのになんたること。眠らねば、眠らねば……の、ような経験がおありの方、いませんか。不眠症の一歩手前まできてますね。日常の、何らかのストレス、悩み、神経が過敏になって眠れない。自律神経が、交感神経(起きるほう)が優位にたって、副交感神経(眠るほう)にいってない。脳内ホルモンの睡眠を担当する、「メラトニン」がうまく分泌され [続きを読む]
  • 夜、眠れない、困った!そんなときの対応方1
  • ad今日も一日、終わりました。さあ、風呂も入ったし、明日の準備もできてるし。ふとんに入って、目覚ましをセットした。あとは眠るだけ……。著作権 足成サイトよりなのに。なのに、眠れない。眠たいんだけど、眠ってくれない。まぶたを閉じて、何にも考えないように……そういえば、明日の会議資料は完璧だったっけ。あの社長は厳しいコトいってくるからな〜。いや、明日のことは明日考えよう。今は眠ること……。---------- [続きを読む]
  • 人ごとじゃない!うつで人生2度も転落しました(5)
  • ad(つづき)10年ぶりに訪れたクリニック。薄毛の主治医の風貌は、10年前と少しも変わっていませんでした。「久しぶりに、どうしたのか」という問いに「禁煙しようとしたこと」「チャンピックスをのみ始めたこと」「急に 、うつ症状が出たこと」洗いざらい話しました。当時、先生も「チャンピックスで、うつ症状が出た」ことについて「そういう話を聞いたことがある」くらいのウワサ話程度にしかご存知ありませんでした。どう [続きを読む]
  • 人ごとじゃない!うつで人生2度も転落しました(4)
  • ad(つづき)夕方、身体が動くようになってきたので、彼女の家に向かった。帰宅した彼女に、昨日のことを洗いざらい話した。そして「申し訳ないんだけど、3、4日 、泊めてくてないか」と頼んだ。その時はまだ、別の手段で死のう、と考えていた。典型的な、うつ病患者の思考だ。著作権 足成サイトより―――――彼女の家で、数日すごすうちに「なんらかの手段で死のう」という考えが、なぜか薄らいできた。独りではなくそばに [続きを読む]
  • 人ごとじゃない!うつで人生2度も転落しました(3)
  • ad(つづき)酔いついでに、バーの一番奥の女性に声を掛けた。ストレートの黒髪、器量は感じの良い女性。何を話したかはもう覚えてないが、いつも週末に来るらしい。むこうはこちらの顔は知っていた。なぜならぼくが、いつもカウンターで独りさびしげに飲んでいたから。いやでも目に付いたらしい。少し話をしたが、その晩は何もなかった。―――――あい変わらず毎日、無表情の能面顔で出社し、定時をこえるとバーで酩酊するまで酒 [続きを読む]
  • 人ごとじゃない!うつで人生2度も転落しました(2)
  • ad(つづき)しかし、うつ病というのは、人格そのものが変わる。それまで活発で、毎週、2人で東京のどこかに遊びに行ってた人間が。死人のように、ずっとふとんから出ない。前妻も辛かったのだろう。約1年後、離婚届けを持ってきた。うつ病 + 離婚。ぼくは 「協定離婚」 と書いてある四角にチェックを入れた。次の日、夢遊病者のように出社した。定時を過ぎると、会社を出てコンビニにむかい、安い酒をあおった。ムリヤリ酔 [続きを読む]
  • 人ごとじゃない!うつで人生2度も転落しました(1)
  • adぼくは40代。これまで、2回うつ病にかかりました。その度に、ことごとく、人生悪い方へ転げ落ちました。その話を書いていきますね。著作権 足成サイトより【1度目のうつ病】それは昔、ぼくが20代のころ。その頃、プログラマーとして、バリバリに仕事をこなしていました。結婚もし、そこそこの生活を送っておりました。そんなころ、とあるプロジェクトの一員となり、某Fujitsuメーカーの本社内での仕事になりました [続きを読む]
  • 会社にいきたくない!でもムリヤリ出社するには
  • ad今日は日曜日。夕方から、ちびまるこちゃん観て、サザエさん観て……明日、月曜日は会社。行きたくない。起きたくない。ずっと布団にくるまっていたい。一生、布団の中にいたい。健康な人でもそうなりますが、うつ病持ちの人は、もっとそう思いますね。でも、会社にいかなきゃいけない。著作権 足成サイトよりそういう時は、こう考えるようにしてます。「自分はロボット。感情がない。無である。」自分を「無」にす [続きを読む]
  • うつ病で勃たない時(3)
  • ad「Cの時に勃たない!」「そして、バイアグラ(25mg)を処方してもらった!」その結果、どうなったのでしょうか。著作権 足成サイトより2.バイアグラ (25ミリグラム)バイアグラは、使用する、いや行為におよぶ4時間前に服用しなければなりません。これは微妙ですね。「絶対にOKしてくれる」または「強引にOKさせる」ことをしないと、1100円が水の泡となってしまいます。自分の右手だけのために [続きを読む]
  • ad「Cの時に勃たない!」焦ったぼくは、すぐ主治医へ相談にいきました。なにせ、彼女が出来たばかりなのにアレができないなんて、たまりません。欲望はたまっていくばかりです。で、主治医にコトのあらましを話しました。すると主治医からつぎのようなアドバイスをうけました。「リポビタンDとかそういうのを直前にのんで、カフェインを捕りなさい」1.カフェインを大量に摂取するご存知のように、カフェインには「 [続きを読む]
  • うつ病で勃たない時(1)
  • adぼくが初めてうつを発症したのが、たしか28歳の頃。10数年前の話。そのころ、仕事で残業250時間という、世にも恐ろしい勤務。毎晩、徹夜のような朝帰り。休みは月に1日とれたら良いほう。いつのまにか夜に眠れなくなり、なにもやる気がおきなくなり。仕事に出れなくなった。上司の命令で神経科を受信したら 「うつ病です」 だと。当時は 「うつ病ってなんですか?」 レベルだった。今なら、労災で訴えてやるのですがね。 [続きを読む]
  • うつ…うつ病社員が、症状を悪化させない方法
  • ad途中入社の新人時代の話です。4月から中途採用が決まり、新入社員となりました。アラフォー新人。そして、入社からある程度経ちました。はじめのうちは、先輩がべったりとついててくれました。・・・・・・が。ある程度経つと、“ひとりきり”の場合が多くなる。すると当然のごとく、仕事のミスや漏れがでてくる。だってしょうがない、新人だもの。 (ふく ・ うつを)するとやはり、「注意」 や 「お叱り」 がきます [続きを読む]
  • 精神病患者の就職活動…終活について
  • adそうそう、終活の話でした。近年は、ジャーナリストの金子ナニガシ氏が末期癌を患い、死の間際にシューカツを行ってそれを著書にしたら、20万部も売れてしまったという。金子氏も、「もうちょっと早めに大々的にシューカツを行って出版しとけばヨカッタ、印税をもらい損ねた、遊び損ねた」と、天国で歯ぎしりしているに違いない。と、いうところまで、昨日は話をしたのでした。ところで、この今ハヤリの終活。 [続きを読む]
  • 精神病患者の就職活動…テレビ観て、終活について考えてみたのだが
  • ※最近ネタがないので、過去の話です〜。 時期がずれてますがご勘弁を。いつぞやの夕飯どき、テレビが「シューカツについて…」と盛り上がっていた。笑い声も聞こえた。最近ボクは、「シューカツ」という言葉に非常に過敏になっている。「シューカツ」、そのヒビキは胸にくるものがあり、またテレビで笑い声がするのはナニゴトだ、ケシカランと思い、はたまた気にもなったりしたので、箸を置いてテレビに振り向いた。 [続きを読む]
  • 精神病患者の就職活動(3)…履歴書を提出する
  • 前話より1ヶ月経過・・・・・・(季節は真冬です)----------------------------------------就活を初めて、かれこれ1ヶ月。1ヶ月間何をしてたのかといいますと。実は、雇用保健、社会保健、年金の手続きに手こずりまくりっておりました。役所にいっては分からない色々聞くのですが、聞けば聞くほどますます分からなくなるのです。「もしかして、僕ってバカなんじゃねーの?」と思ってしまうくらいヤヤコ [続きを読む]
  • 精神病患者の就職活動(2)…仕事する気あんのか
  • ※昔の話を掘り起こしてます〜。 季節がずれてますが、ご勘弁を。(つづき)昨日は、そうそう。僕がハローワークに行き、受付嬢に声をかけたところでした。受付嬢2名のうち、「竹下佳江」似のほうに声をかけたのでした。――――――――――――――――――僕は会社を退職する。会社を退職するとなると、いろいろな手続きがあるだろうと思いつく。失業保険やら国民保険やら手続きがあるだろうとは思いつく [続きを読む]
  • 精神病患者の就職活動(1)…「ハローワーク」
  • ※最近ネタがないので、5年前の話を掘り起こしてます〜。 季節がずれてますが、ご勘弁を。今、就職活動にたいへんに忙しいのである。だれが就活に忙しいのかというと、実は、僕です。なぜ就活に忙しいのかというと、会社を退職したからです。なぜかというと。これはもうご存知の通り、僕は2年以上も入退院をくり返してまして、会社に迷惑をかけたというのが主な理由なのですが、くわしく書くといろいろアレな [続きを読む]
  • かつて見たこともないヘンテコリンなモノ
  • 先日、断酒会の会長の家に遊びに行きました。遊び、といっても、パソコンの設定作業ですが・・・・・・。部屋にお邪魔すると。アレ?これはいったい?初めて目にする、ヘンテコリンなモノを発見。コレ ↓コタツ?ですよね、どうみても。でも、なんだかバランスが・・・・・・高くね?気のせい?いや、高いよ、高い!普通のコタツの2倍以上の高さがあるな。なんでも、椅子に座ったま [続きを読む]