マックスジイ さん プロフィール

  •  
マックスジイさん: MAX ROD CRAFT BLOG
ハンドル名マックスジイ さん
ブログタイトルMAX ROD CRAFT BLOG
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/goodblessyou
サイト紹介文フライフィッシング、バンブーロッド、アウトリガーセーリングカヌー、芝生の庭、グリーンカーテン、等
自由文何にでも興味を持つ爺いが、何にでも興味をもった足跡をつづるブログです。
若い方の参考にしていただければ幸いです。
一押しは、フライフィッシング、バンブーロッドでしょう。
二押しは、アウトリガーセーリングカヌーの製作・・・かな・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/05/30 15:46

マックスジイ さんのブログ記事

  • 2019 事始め
  • 今年の、工作はじめ、は未だ考え付きません。けど、事始めは・・・白内障の手術を受けること・・・に決定。早速行ってきました、近隣で評判の良い眼科医に。出がけにちょっとした事件・・・電話でタクシーを呼んで、家の前で待っていたら、1台のタクシーが目の前に止まった。  てっきり電話で読んだものが来たのだと思って乗り込んで行先を告げた。xx眼科ですか・・・どのあたりですか・・・よくわからないんですよ・・・この [続きを読む]
  • 終わりの始まり
  • 目、耳、鼻、頭、体・・・だんだん弱ってきているのを感じる。  今年を終わりの始まりにしよう・・・ということで、すこしづつ終活を進めることにいたしました。先ず手始めに・・・年賀状仕舞い。これまで年賀状の交換をしていた方々すべてに、今年の年賀状が私の最後の年賀状となることをお知らせすることにいたしました。  年賀状・・・いただく分には何の支障もありませんが、当方からはお出ししないということです。  ま [続きを読む]
  • 2台目の高台 − 斜めボッチの汽車完成
  • 汽車を40個作った・・・二人分・・・ワシの高台では1台分が20個としている。  ふつうは16個かな・・・余った分は内腕と外腕の駒の位置を調整するための空汽車としても使える。20個の汽車今回の汽車は、プロが使うと言われるダボ(棒)が斜めになっているもの・・・これだ!ななめボッチの汽車40個の汽車だから・・・ダボは240本・・・汽車1個に6本のダボだから・・・丸棒を同じ長さに切り出し・・・先端を丸く削り・・・台に斜 [続きを読む]
  • 2台目の高台 − 完成
  • 2台目の高台が完成しました。大きさは、小高台と中高台の間くらいです。  H=72?、W=88?、D=84?高台ですちょっと上から今回は角材を40x35 mmに製材したことから、かなりしっかりした骨組となりました。また、従来、汽車の幅を腕木の外側に出していた方法を変え、汽車の幅は腕木の内側に来るようにし、駒糸が汽車のダボを経由し腕木の彎曲を経由して下に下がるように加工しました。そのため腕木の側面外側は丸く削って磨いてあ [続きを読む]
  • トランペット これで悩み解決?
  • 何気なくTVを見ていた・・・ん・・・サイレントピアノ・・・???なんとピアノを家で弾いても音が外に聞こえない・・・???・・・だって・・・???  そんなことができるのなら家にあるピアノも弾けるかな〜、と興味をもった。  うちのピアノにも弱音ペダルってのがついてた筈だが・・・なんでそんなことができるん? とメカニズムを聞いてみると、こういうことらしい。メカの部分に工夫をしてピアノのハンマーがピアノの [続きを読む]
  • 2台目の高台 その1 木材
  • 先週綾竹台の3台目が完成した。つづいて今度は高台の製作を依頼された。  妹に作ってあげたのを聞きつけて、お友達が、私にも是非、ということで・・・お引き受けした。高台は、幅88?、高さ72?、奥行84?という大きさで、いわゆる小高台と中高台の中間くらいの大きさ、それなりに長い材木が必要になる。先の綾竹台はハードメープルという無垢材を使って非常に良い出来だったので、今回も・・・と探したが、長さ、幅、厚み、本 [続きを読む]
  • 3台目の綾竹台 完成
  • 3台目の綾竹台は、2段羽根12枚と3段羽根8枚の製作に移っている。木固めエースをたっぷり2度塗りして乾燥させた。 気温が下がったせいか、半日では乾かないので、裸電球を装備した漆風呂に入れておいたら2〜3時間で完全に乾燥した。木固め中木固めエースの2度塗りは必要ないことが判明した。 表面に残る樹脂を1000番の耐水ペーパーでこするのだが、2度塗りすると表面に樹脂が多く残りサンディングが大変だ。 1度 [続きを読む]
  • 3台目の綾竹台
  • ある方から製作を依頼され、3台目の綾竹台を作っています。今回は、2段12枚羽根と3段8枚羽根の製作も一緒に依頼されています。現在、構造体まで完成しています。3台目の綾竹台この綾竹台は組み込み式になっており、ホゾとホゾ穴で組み立てます。難しいところは、ホゾとホゾ穴が、スムーズに出し入れができるように加工することと、組み合わせた後はカッチリと動かないようにすること。  互いに矛盾するような要求ですが、そうし [続きを読む]
  • 俳句の作りよう と 俳句
  • 8月から俳句を作り始めて、いろいろな投句会に投句してきた。  結果、約1か月でやっと佳作、並み、程度の句と評価されるようになった。  プレバトなら「凡人」くらいのレベルかな? 投句したのはインターネットで投句を受付けてくれる投句サイト各種。  NHK俳句とか日本伝統俳句協会とか、その他多数。最初に投句した会は、ネットで投句したものを他のネット会員が、「いいね」して、「いいね」の数でレベル(名人とか)を [続きを読む]
  • ジャバ・ザ・ハット 
  • ジャバザハットと言っても帽子のことではありません。スターウォーズに出てきた・・・あの・・・レイヤ姫を縛り上げていたカエルとナメクジの化け物・・・のこと・・・醜いよね〜これだよ、これ、誰かに似てね?長い間権力の座に君臨すると、だれでもジャバザハットになるのかな、と思った次第です。スポーツ界に限らず、xx協会とか理事会とかいったものの理事、理事長、といった役職は、当初はよくても長く続くと、さび付いて [続きを読む]
  • 俳句はじめた
  • TVでプレバトを見ていたら、俳句の部で夏井いつきさんの辛口と添削が面白くて、これならワシにもできそう・・・と感じて・・・まず、俳句の本を読んでみようということになった。女房が本は買わないで借りた方がいいよ、というので市の図書館で借りた。まず読んだのは、俳句の作りよう         高浜虚子俳句とはどんなものか    高浜虚子俳句はかく解しかく味わう  高浜虚子の3冊、薄い単行本なので一気に読んだ。  [続きを読む]
  • クラッシャボー・ハット
  • Crushable・・・クラッシャボーと読んでね大昔、オーストラリアで買った皮革製のハット・・・クラッシャボー(帽 w)・・・押しつぶしてバッグに入れても、すぐ元通りの形になる・・・というのがうたい文句・・・今は亡きメーリングリストのBFRFのステッカーがまだそのまま・・・みんなどうしてえるかなぁ〜しょぼくなったのでベルトの更新・・・亀甲紋がえ〜か、矢羽がえ〜か、はたまた笹波か・・・色柄合わせループ組紐技法で1 [続きを読む]
  • 組紐 綾取りでミサンガ があっという間に作れる
  • みなさん、組紐(くみひも)と聞くと「君の名は」というアニメを思い出すでしょう。異なる時空に引き裂かれた二人が組紐によって時空を超えて再び行き会う・・・というお話だったよね。この映画で一気に組紐、ミサンガ、などが脚光を浴び、組紐教室には申し込みが殺到したようだ。だが、組紐を習うというと、丸台、角台、綾竹台、高台、組玉・・・などといった道具を買わされる。  バカにならない金額を取られる。 躊躇する・・ [続きを読む]
  • 日大フェニックスの再生について考えてみた
  • いちばん心に残ったのは、宮川選手の、”正しいことを正しいと判断できなかった自分の弱さ”が原因だと。若々しいスポーツマンらしい謙虚な考えだと思う。今、日大を取り巻く環境は厳しいが、日大選手たちが、”自分たちも声をあげたい”と言い出したことに一抹の希望を感じた次第である。ワシが期待するのは、”声をあげる”というのが、元監督やコーチを弾劾するような”声”というよりは、自分たち選手が、二度とこのような事態 [続きを読む]
  • アメリカンフットボールの事件
  • ワシの母校は関西学院(くわんせいがくいん)大学と言う・・・そう、日大の選手に、QB(くおーたーばっく)がプレーのブレーク後に後ろからタックルを受けた・・・あの大学だ。関学(かんがく・・・くわんせい学院のことをそういう)・・・在籍中から、アメリカンフットボール・・・当時はアメフトとはいわずにアメラグとかアメカン、あるいは単にフットボールと呼んでいたかな・・・が好きで主だった試合はほとんど見にいった。高 [続きを読む]
  • コーン糸立て ー 組紐用組玉作り 
  • 今回は、巨大トンボで使う糸立てを作りました。巨大トンボは、羽根の長さが長いので、ゆっくりした回転でも、かなりの速さで糸を巻きます。そうすると、糸を出す側もうまく工夫しておかないと、スムーズに糸を巻けません。今回作ったのは、コーンに巻いてある原糸を格納し、巨大トンボでもスムーズに糸を出せる装置です。糸立てから巨大トンボで糸を巻き取っています。コーンが太いので床あげしてますベアリングを使っています。  [続きを読む]
  • 巨大トンボ - 組紐用 組糸 経尺 装置
  • 巨大トンボといっても古生代石炭紀に生息していた70?以上の・・・あの節足類のとんぼ、メガネウラのことではありません。この2か月かかりっきりで作っていたものが完成した・・・巨大トンボ・・・ということなんです。巨大トンボ巨大トンボとは・・・組紐用の整経器(せいけいき)・経尺器(へじゃくき)のことなんです。組紐をする人は、xx本xx玉 の糸を使って紐を組む・・・というように、絹糸を所定の本数に束ねたものをおも [続きを読む]
  • 久しぶりの館山港だが・・・なんじゃ こりゃ〜
  • 孫が、釣れる釣りがしたい、というので館山港に行ってみた。連休も後半、まず土曜日の午後に買い物帰りに寄ってみた・・・例の砂揚場だ。なんじゃ〜! この混雑はっ!  まるで混雑したスーパーの駐車場状態。これが通常の週末。 今日はこの倍、2列横隊に車が並んでいる。なんでも、風が強いというので、周辺の釣り場から釣り師が、風裏にあたる館山港に集結したとのこと。  1m間隔で家族連れが連なっていて、間に入り込む [続きを読む]
  • ミニ旋盤の故障を直す FL260Eの電気回路
  • 組紐用の組糸を作るための整経用特大トンボを作っている最中に旋盤が止まってしまった。  ああああああああ・・・もう20年以上使っていて、いつもそばにあって、何でも作れるというワシの自信を支えてくれていた旋盤FL260E・・・いつも使えている道具が使えなくなると、いろいろな面で自信を失ってしまうのだ。今回も3日ほど元気がなくなり、どうすれば旋盤を元に戻せるか、という思案に明け暮れした。  部品を取り換えれば動 [続きを読む]
  • 緑色に赤い螺旋模様のフライライン
  • お客様のご注文で、下の写真のようなシルクフライラインが今日編みあがりました。DT#4 フルライン 模様入りです。現在Max Rod Craftのショップでは模様入りはハーフライン(45フィート長)しか載せていませんが、ご注文があれば、フルラインも編めます。シルクの染色では緑色はターコワーズに近い色に見えますが、液体に入れると深い緑色に変わります。 [続きを読む]
  • 土俵に女性
  • 女性は土俵から降りてください、というのは相撲の伝統だと言うが・・・よく考えられた伝統だとは思えないね。 単なる女性蔑視の伝統である。女は不浄、という考え方(あえておんなと言わせていただいています)は、女性の生理に無知であった時代の男の身勝手なルール決めに他ならない。  男も女も、みな女性である母親から生まれてきたのにね。そもそも、土俵や相撲における神事は神道に基づいていると思われる。  相撲のはじ [続きを読む]
  • シットオン カヤックをもらった
  • 義理の弟に当たる人からシットオンカヤックをあげます、と言われてから数年が経過していた。最近義母の葬儀で何かと会う機会も増え、会うたびにカヤックどうしようか? という話が度々あった。ワシは自分でProaを作っていることもあって、どうにもならんと思ったのか、ついにはワシの倅に、カヤック差し上げますよ、という話になった。  倅は喜んでいただきます! と、誰かににて調子がいい。そして納骨の時に、義理の妹から倅 [続きを読む]
  • ヘッドライトカバーを磨いてみた
  • ほぼ9歳になるワシの愛車、RAV4・・・東向向きの駐車場にやや北東向きに駐車していることから、右前のヘッドライトカバーの汚れが目立ってきた。中古車っぽいイメージが出てきたので、いっちょ磨いてみることにした。磨く前の写真がこれ、やや黄ばんでいる。右のヘッドライト左、上から撮ってるまず、キッチンにあった汚れ落としキューブ、どうやら強アルカリ性の薬剤が仕込んであるらしい。ヘッドライトカバーは、ポリカーボネー [続きを読む]
  • 2台目の綾竹台を作る 5 完成で〜す
  • 依頼されて作っていた綾竹台が完成しました。  約1か月とちょっとかかりました。細かい作業が多いので1日で終わると思っていた作業が、何日もかかってしまった。最後の羽根は、一見するとただの羽根だが・・・そうだよね〜・・・実はかなりの手がかかるんです。まず、羽根枠に穴を掘り、その穴にぴったり合うように羽根の下部を削るんです。 1個1個丁寧に削りながら穴に合わせていきます。  また羽根は高さがぴったり揃っ [続きを読む]