wisteria2014 さん プロフィール

  •  
wisteria2014さん: フランスでアンティークに囲まれた暮らし
ハンドル名wisteria2014 さん
ブログタイトルフランスでアンティークに囲まれた暮らし
ブログURLhttps://ameblo.jp/wisteria2014/
サイト紹介文18世紀、19世紀のアンティークに囲まれた暮らしを綴っております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供214回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2014/05/30 21:26

wisteria2014 さんのブログ記事

  • フランスで一番高さのある、ボーヴェのサン・ピエール大聖堂。
  • オワーズ県立美術館の中庭からカテドラルを撮りました。こちらは、パーキングのある道から撮りました。天井の高さはフランスで一番とのことです。見上げますと、たいへん迫力があります。サン・ピエール像。木の支えも見られます。過去に何度か崩れておりますのでね。午後からのアンティークオークションで、セーヴル磁器のセルヴィスを落札できますように…セーヴルのために、寒いピカルディー地方までやって来ましたので、よろし [続きを読む]
  • ボーヴェ観光、オワーズ県立美術館へ。
  • アンティークオークションは午後から開始でしたので、午前中は観光をしました。オワーズ県立美術館の建物はルネサンス様式。館内は無料、フラッシュ禁止で撮影可能でした。素敵な額でしたのでパチリ。こちらの家具は19世紀ナポレオン3世様式のマルケトリ ブール(ブールの金属・象牙・大理石などの截嵌細工)。ブールとは…ルイ14世の家具師、象嵌細工で有名なアンドレ・シャルル・ブールのお名前から来ており、パリにエコール ブ [続きを読む]
  • 19世紀製セーヴル磁器のブークティエール & コスメ。
  • セーヴル磁器のセルヴィスと共にお嫁入りしましたのは、ブークティエール。ブーケ(花束)から来ている単語ですので、お花を生けるためのオブジェです。ブークティエールは、花売り娘の意味もありますよ。中までお花が描かれており、とても繊細です。先日のボーヴェのアンティークオークションで、セーヴル磁器のオークション開始は、セルヴィスから始まりブークティエールは最後でした。始めは皆さんの目が覚めていなかった、最後 [続きを読む]
  • マルシェ ドゥ ノエルの季節です。
  • 先週末はシュリーシュルロワールのマルシェ ドゥ ノエルに行きました。こじんまりとした可愛らしいマルシェでしたよ。動物もいました。アルパカはシュリーお近くの町・ブリアールから来たのかも?アルパカはプシューッと唾を吐くこともあるので、あまり近寄らない方が良いと言われました…ラクダもいて、子供達が乗っていました。可愛かったです〜?もう少しマルシェのフォトを撮りたかったですが、手袋をしておりますとiPadのカメ [続きを読む]
  • ジロールの山羊小屋さんの可愛い動物 & ビオ。
  • サパン ドゥノエルのお買いものの後は、動物にボンジュール♪トロー(雄牛)です。体はたいへん重く、性格は穏やか。周囲は何もありませんので本当に寒いのですが、トローに適したお天気なのですよ。以前はトローのヴィアンド アシェをよく買いに行っていましたが、ポークに力を入れ始めヴィアンドアシェを売らなくなりましてからは、すっかり足が遠いてしまいました。でも、イヴェントでお見かけする時は、フロマージュは買うよう [続きを読む]
  • サパン ドゥ ノエル(クリスマスツリー)を買いに行きました。
  • 今日はジロールのラ シェーヴルリ(山羊小屋さん)に、サパン ドゥ ノエルを買いに行きました。寒そうでしょう?寒さ対策はブルーフォレのウール&コットンタイツとハンロのウール&シルクのインナーですが、本当に暖かく、購入して良かったです。今年は私の身長と同じくらいの高さ、160?のサパン。食堂はサパンの良い香りに包まれておりますよ。デコレーションが終わりましたら、アップいたしますね〜山羊小屋さんの商品は、すべて [続きを読む]
  • シェフィールド社のサルロン(塩入れ)のスプーン。
  • 探しものをしていた夫が見つけましたのは、こちら↓イギリス・シェフィールド社のスターリングシルバー(純銀)→ ☆私はタンスを整頓中に、空き箱の中から付属のスプーンを発見しました。スプーンがないことを不思議に思っていなかったのですね…そして、蜜蠟の蝋燭も見つけましたが、1本しかないのですね…以前、キッチンに飾っておりました蝋燭は、リフォームの時に仕舞い込んだままになっておりました。いずれも、数年前の蜂蜜 [続きを読む]
  • ブラックフライデー。
  • 数年前からちらほら見かけておりましたが、今年は避けて通れないくらいあらゆるところでお見かけし、ついに乗ってしまいましたよ(笑)パルフュムリーで、クラランスのコンフォートリップオイルが40%オフでした。最近はオイル美容を楽しんでおりますから、タイムリー?02ラズベリー・06ミント・07ハニーグラムをお買い上げ。01ハニーと04キャンディーを持っておりましたが、使いやすさから虜になりました?キャンディーはチップが [続きを読む]
  • 暮らしの色々・・・冬支度、フード&コスメ日記。
  • 朝晩はかなり冷えますが、週末からはお昼間も10℃以下の日々が続き、もっと冷え込むとのこと…ブルーフォレの黒とチャコールのウールタイツを購入して、冬支度に入りました。コンポジションはウール67%・コットン30%・ライクラ3%、ちなみにコットンタイツはコットン97%・ライクラ3%です。ウール53%・コットン28%・シルク17%・ライクラ2%のウールシルクタイツもありますが、なかなかのお値段ですね。ウールタイツを履いてみてから考 [続きを読む]
  • 最近のフード&コスメ日記。
  • 週1、2回うかがうブーシュリーですが、トレトゥールも購入できます。じゃがいも・ねぎ・ラルドン・チーズのグラタン。飾りはお庭のパセリ。切って冷凍しておきます。お馴染みのサラミ、ジャンボンはセラーノ。ポーピエット ドゥ ヴォー(仔牛のポーピエット)は、実は初めて調理しました。 ちょっとメモ書き(笑)ブーシュリーのムッシューに教わった調味料は、オリーヴオイル・白ワイン・小麦粉。それに加え、私のアレンジは、ブ [続きを読む]
  • インペリアル ショコラ。
  • ただいまフォンテーヌブロー宮殿で開催されておりますインペリアル ショコラのイヴェントへ、今年も初日の金曜日にうかがいました。 昨年の初日はものすごく混んでおりましたのに、今年はガラガラ。どうしたのかしら?と思っておりましたら…昨年は第一次世界大戦休戦記念日の祝日で3連休でしたね〜宮殿内を見学しながらイヴェント会場に進みますが、宮殿内の暗いこと…よって、フォトも暗いですね。いつ拝見しても素敵な、アンヌ [続きを読む]
  • 暮らしの色々・・・フード、コスメ、ファブリック。
  • お久しぶりに水曜マルシェのフードを撮ってみました。マーシュの季節になりました。洗うのに時間が掛かりますが、美味しいので苦になりません。クルヴェット グリーズの殻剥き、ランチにいただくムール貝の準備などで、あっという間に午前中は時間が過ぎます。マルシェで購入したじゃがいもはシャルロット。ライオンズクラブ主催のグルメサロンで購入しましたマグレ ドゥ カナールといただきました。とても美味しかったです〜〜不 [続きを読む]
  • セーヴル磁器、Toi et moi (あなたと私)をアジュジェ(落札)。
  • トゥサンのヴァカンスが終わりました。ヴァカンス最後の土曜日は、ボワコマンで開催されましたアンティーク&ヴィンテージ オークションへ。セーヴル磁器のティーセット、トワ エ モワ(あなたと私)がお嫁入り〜全て揃っております上に、欠けもなく、完璧な状態です。7月のオークションで、誰も欲しい人がいなかったのに躊躇い、挙手をしなかったのです。その後、動産公売官の先生がおみ足の手術をされたので、オークションが開催 [続きを読む]
  • フォンテーヌブローのオークションハウス・オセナへ。
  • 冬時間初日はオセナのアンティーク オークションへ。小規模オークションでしたので、建物は同じ通りですが、いつもの場所ではなく。こちらのセーヴル磁器のセルヴィス ア カフェとお揃いのお皿1枚と、高級家具師ジャコブ作と見なされた椅子2脚がお目当てでしたが、結果、落札以前に手を挙げませんでした。お皿は評価額を超えたところで上がりそうな気がしましたので、止めておこうとなりました。一瞬で決めることなので、判断を間 [続きを読む]
  • ライオンズクラブ主催のサロン デ グルメへ。
  • 毎年恒例、シュリーシュルロワールでライオンズクラブにより開催されるグルメサロンに出掛けてまいりました。少しずつノエル(クリスマス)の準備開始〜毎年お世話になっております、ペリゴール地方のフォアグラ農家さんから。マダムが私達を覚えてくださっています。同じペリゴール地方でもハズレがあると、以前経験した私達。こちらのフォアグラはとても美味しいのですよ。フォアグラの始まりって、フランスではなく、エジプトな [続きを読む]
  • ビオ日記 & オルレアンのフード。
  • 私はビオが好きで色々お世話になっておりますが、先日は愛用のヘアケア製品「ジョンマスターオーガニック」のリコールにショックを受けました。地元のパルフュムリー(香水・化粧品専門店)でいつも購入していますが、日本のように裏側にラベルも付いていないのですね。しかも、フランスでは話題になっていないのですよ。言われてみれば、フランスの硬水&ビオなのに泡立ちが良いかな?と思いましたが…私は日本から戻ってから、夫 [続きを読む]
  • 日本滞在記 15(都内編いろいろ&フード)
  • 秋田から帰宅して翌日は、大切な用事があり広尾へ。六本木から歩きました。広尾プラザの中は、お蕎麦屋さんができたりして変わりましたね。日本に来るまで知らなくて、初めていただきました、ジュヴォーのガトー。夫が生ショコラのムラングを絶賛していました。私は抹茶のマドレーヌをいただきましたが、もう少し買えば良かったかなと…六本木へ戻り、日本橋へ。三越の金魚が涼を誘います。テイクアウェイしたメロンのドリンク、美 [続きを読む]
  • シャムロール城のパルファンのイヴェントへ ②
  • 昨日の続きです〜シャトーの塔の部分から香水瓶のコレクションが始まります。ネセセール ドゥ ダム デュ シャトー ドゥ シャムロール(シャムロール城の女性の必需品)のコーナーです。お茶道具からお化粧道具まで、わかりやすく綺麗に展示されています。移動の際にに持ち運んだものですね。女の子がウットリしてしまう優雅な空間です。塔の中からお庭も拝見でき、居心地がとても良いです。塔の階段を登って行きますと、屋根裏へ。 [続きを読む]