viajedecubas さん プロフィール

  •  
viajedecubasさん: Cuba・Guatemalaの旅とスペイン語
ハンドル名viajedecubas さん
ブログタイトルCuba・Guatemalaの旅とスペイン語
ブログURLhttp://viajedecubas.blog.fc2.com/
サイト紹介文GuatemalaとCuba旅で実際に訪れた場所や体験したことを、写真やスケッチ絵などで綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/31 20:33

viajedecubas さんのブログ記事

  • コスタリカCosta Ricaへの旅 準備 (1)
  • 2人の孫の誕生で2年ほど海外旅はしばらくお預けだったけれど来年2019年にはまた旅にでれそう。2014年と2016年に行ったグアテマラGuatemalaでは下痢と痒い虫に悩まされた。そこで次回の行き先は・・・コスタリカに決定。2008年に一度行ったことがあるがそれ以来だから11年ぶりになる。いつもの旅では帰国してからブログを書いていたが今回は準備の段階から記録することにした。 [続きを読む]
  • 時事スペイン語 タイタニック 8
  • タイタニックを引き上げる。(1980年)冷戦の間沈没船を引き上げる経験のあるアメリカのグループは太平洋の底から有名な輸送船を引き上げるため、アメリカ政府によって契約された。また甲板の珍しい鉱物はアメリカの区域でのミサイル攻撃を避けるために利用できる。reflotar(V)再び浮き上がらせるcontratar(V)契約するmisil(S)ミサイルmineral(S)鉱物タイタニック(1997年アメリカ)このロマンチックな叙事詩は歴史で最も高価な映画 [続きを読む]
  • 時事スペイン語 タイタニック 7
  • 現在も行われているアメリカの合法化の力によって移民は分けられ世話を受けるだけの人(寄食者)にならなければならなかった。vigente(A)法律が効力のあるlegislación(S)合法化en virtud de ・・・の力によってmantenido(S)寄食者その方法は、船をマンハッタンに接岸させる前に、タイタニックはエリス島で停泊しなければならなかった。これらは移民のコントロールと衛生のコントロールに従わせるためだった。とホーエルは言う。a [続きを読む]
  • 時事スペイン語  タイタニック6
  • タイタニックでの彼の乱れた行動は、彼を取り巻く混乱が原因に違いなかった:desconcertante(A)乱れた、慌てさせたcomportamiento(S)ふるまい、行動普通の乗客だったか?断言していたように、あるいは調査隊が示す素晴らしい船長のようにだったか?船の側面の人達は身分に従って行動した。そしてイスマイは彼自身についての考えを何も持っていなかった。deberse a ・・・に従ってbordo(S)船の側面rango(S)地位 身分第3階級の人達 [続きを読む]
  • 時事スペイン語  タイタニック5
  • イスマイはアメリカで殆ど普遍的に放棄された。そしてハーストは「野蛮だ」と彼を非難し、彼に対する大々的なキャンペーンを行った。死んだ人達のリストを公表し、そして生存者についての記事の中でイスマイと名前だけが読まれた。universalmente(ad)普遍的にorquestar(V)派手に宣伝するtildar(V)・・・だと避難するbruto(S)野蛮 粗野何人かの生存者はイスマイは最初の救命ボートに乗ったと言った。他の人達は、彼は一緒に連れて [続きを読む]
  • 時事スペイン語 タイタニック4
  • スミス船長は、船を放棄するという総括的な命令を出さなかった。それはタイタニックが差し迫った危険な状態にあることを乗客達が気づかなかった事を意味する。順序だった避難の為の計画も何も持っていなかったし、前もって緊急の演習もしていなかった。emitir(V)放出するabandonar(V)放棄するdarse cuenta que de ・・・に気づくinminente(A)差し迫ったevacuación(S)避難simulacros(S)演習con antelación前もってロンドンの国立 [続きを読む]
  • 時事スペイン語  タイタニック3
  • 火事あるいは氷山?タイタニックの沈没をより誇張した学説を疑問視する、新しい資料に基づく記録。documental(A)資料に基づく記録タイタニックを沈めた氷山はこれですか?これがタイタニックが沈没する前までは大きなニュースではなかった理由。双子の船、オリンピックは1911年サウスハンプトンからニューヨークまでの処女航海の主役をタイタニックに奪われた。gemelo(A)双子のrobarse(V)・・を盗まれるprotagonismo(S)主役オリン [続きを読む]
  • 時事スペイン語  タイタニック-2
  • 4月14日BBCニュース から106年前、巨大な船は全速力で氷山と衝突した。そして2時間半以上のち、大西洋の底に沈んだ。その結果男性女性子供1500人以上が亡くなった。colosal(A) 巨大なchocar contra 〜とぶつかるa toda velocidad 〜に全速力でその悲劇は映画のシリーズやドキュメンタリー陰謀説を結果として生じさせた。versión(S) 解釈 ・・版conspirar(V) 幾つかの要因が・・の結果を生む何故タイタニックの残骸は、大海の [続きを読む]
  • 時事スペイン語 タイタニック-1
  • 4月14日のBBCニュースから。今から106年前に処女航海で沈んだ船「タイタニック」についての話。映画化されたタイタニックには5つの神話が創り出されたという。タイタニックの事故では、男性女性子供全部合せ1500人が亡くなった。これは世界中が結末を知っている悲劇の物語だ。彼らの最後の時間は、その物語についての映画の異なった解釈によって増やされた、ある神話を創る為の素材に変った。mito(S):神話legendario(A):伝説的 [続きを読む]
  • 時事スペイン語 アイルランドのおばあちゃん
  • 2018/03/25時事スペイン語の練習になるかと、それに内容の面白さにひかれ時々BBCニュースの翻訳を自分なりにしている。正確に訳せているかどうか?は不明だがおおまかには合ってると思う。たぶん。-----------------------------3月3日付けのニュース86歳になるアイルランドの活発なおばあちゃんエイリーン・マグワイアさんの話。このおばあちゃんが雪の中をソリに乗って全速力で滑る写真や活発な様子を孫がSNSに投稿すると瞬く間 [続きを読む]
  • 問題集 問い5
  • 23:11 2018/02/10マリアナからアナ(友達関係)に宛てたe-mail。この文章での空欄に適した単語をabcの中から選ぶ問題。親愛なるアナへ。以前にメイルを書かなくてごめんなさい。コンピューターに問題が発生して2週間もインターネットに接続できなかったの。あちらの方は皆うまくいってます。超新しいこともなく。先週 25(A) estuve haciendo un curso de formacion de dos dias en Buenos Aires.( la semana pasada) 先週ブエ [続きを読む]
  • 問題集 問い4
  • @(アロバ)についての文章が書かれていて文章中に空欄が6つあり、それに適する(欠けた部分)を8つの中から選ぶ問題。当然2つは余る。fragmento(かけら)------------------------アロバ@についての物語。アロバはインターネット自身の発明だと、考えることもできる。それは電子メイル(e-mail)のアドレスにフォームを与える為作られた記号だ。しかしながら、その基になるものはとてもなじみのある昔からのもので、19 (F) [続きを読む]
  • 問題集 問い3
  • 3人のお父さん、お母さんが子供の誕生日パーティーをそれぞれの形で開いている。13-18について述べているのは誰か?を答える問題。答えのヒントになる部分を書き出してみた。13 屋外でパーティーを祝ったと言っているのは誰?(C)Nicolascelebramos el cumpleanos en la zona comunitaria ajardinada de la urbanizacion.14 パーティーでパフォーマンスを持ったと言ってるのは誰?(C)Nicolascontraté a unos payasos15 誕生日祝 [続きを読む]
  • 問題集 問い1 問い2
  • で、実際に回答して答え合わせをしてみると、みごとなくらいに間違っている。ひっかけ問題?いや私のレベルが低いだけか。とにかく解答を基に自分なりにどの部分をキーにすればいいか考えてみた。6人がテレビ番組について話をしているのだけれどそれぞれが見ている番組の内容はどれか?を選ぶ問題。ところが6人なのに、番組内容は9つあるので、3つは除外しなくてはいけない。1 イサベルは ”宇宙”に関する番組に興味がある。 [続きを読む]
  • スペイン語 問題集
  • 今までに出題された問題集がDLできるサイトがある。https://examenes.cervantes.es/es/dele/preparar-pruebaこれも「りょうさん」のサイトでの情報。至れり尽くせりで助かる〜。合格の際はお礼のメイルをしようと思う。まだ試験の申込さえもしてないけど(笑)では実際のところ問題をどんな風に答えていくといいのかまとめてみた。★2012年度版は全部で46ページ。大量になるので両面印刷でいらないページをカットし19ページにまと [続きを読む]
  • スペイン語 単語
  • DELE対策をたててみた。とはいうものの、何から始めたらいいのかわからないので、合格した人のブログを参考にさせてもらうことにした。現在スペイン在住のりょうさんhttp://spain.hatenadiary.jp/覚えるべきは・・・1に単語。2に単語。サルサではなくてタンゴかどうかはともかく・・・・何の単語を覚えたらいい?初級の段階で必須なのは500語。そこで「ボキャブライダー」というラジオ番組の英単語をスペイン語に翻訳して覚える [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 帰国
  • グアテマラシティ発のインタージェット便は15:55。メキシコへは18:00到着。メキシコシティで一泊し翌朝のサンフランシスコ行きのフライトは早朝am5:40。空港にはam2:30頃に到着しておかないといけません。(メキシコのフアレス空港は国際便では3時間前とアナウンスされてます)なのでメキシコシティでのホテルはラマダ・アエロ・プエルトホテルを予約していました。以前のグアテマラ旅でも利用したのですが、空港ホテル間のシャト [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅  シェラからシティへ
  • いろんな道具を売っているお店。グラフィッティの壁看板がかわいい建築関係の会社かな・・・デザインと車の絵がいい!学校の授業は24日(木)で終了し、出発の日までは街を散歩したり、バスで買い物へ出かけ、料理を作ってカサのファミリアにステイのお礼をしました。2時間ちかくかかって作ったのは8人分の牛肉コロッケ魚の切り身のカツ、ポテトフルーツサラダ。できあがった頃にはもうお腹ぺこぺこ。写真撮影をすっかり忘れて完食 [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラ・カフェテリア
  • ★バビエラ2014年の時によく行った、好きなカフェ。店内はアンティクなインテリアで落ち着いた雰囲気です。今回も訪ねると・・・すでに建物が半分ほど壊されていてびっくり!閉店したのか・・・とがっかりしていたら2017年リニューアルして営業している写真をヨシザワカイさんのブログで発見!https://dot-dots.com/archives/175よかった〜また行こっと!★ルナオーナーが集めた「ルナ=月」に関わる物が店内中に展示されてます。 [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラ・セマナサンタ
  • キリスト教徒にとって大事な日の一つ。それがセマナサンタ(スペイン語で聖週間)英語圏で言うところの復活祭です。パルケセントラルをぐるっと囲む屋台店。ここシェラでも一週間前になるとプロセシオン(行進)や食事や催し物、劇などの準備で街全体が活気を帯びてきます。学校のスタッフと先生がグアテマラ料理を用意してくれました。もちろん私達学生もお手伝いします。グアテマラの文化や宗教行事を実際に見れるいい機会でもあ [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラ・銭湯
  • そしてもう一つは「銭湯スタイルの温泉」バーニョス・バルカルセル。パルケ・セントラルの南東アベニ-ダ8へ進み道幅の広い通りにでると「バーニョス・バルカルセル」と壁に描かれた建物が見えて来ます。建物の中には浴槽付きの小部屋がたくさん並んでいて(シャワー付きだけの部屋も)受付で料金(Q21=約280円1時間制限)を支払うと入浴できます。支払いを済ませると、おじさんが日本語で「ちいさいおけ?」と聞いてきたのでビッ [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラ・露天風呂。
  • シェラはグアテマラで2番目に大きい街。シティより治安が良く、アンティグアより物価も安くまたスペイン語学校の数も多い。また近郊の村へはバスが頻繁に出ていて便利。たとえば・・自然の中で温泉に入れる ロス・フエンテス・ヘオルヒナスへは、シェラからバスで45分ほどの距離にあります。。2014年の旅では、ステイ先が同じだった、カナダ人のおじさんがシャトルバスを手配してくれて、おじさんとカサのオーナーの孫ダニエルと [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラのカサ
  • 学校とカサの中間にあるコンクリート製の橋。いつでも民族衣装を着ているニコ。グアテマラの女性は刺繍が得意。彼女は料理教室の先生もしています。彼の誕生日には得意のギターを聞かせてくれました。学校から紹介してもらった(ステイ先の家)カサはニコ・ファミリア。メンバーはパパ:ニック ママ:ニコ 4男15歳のマルティンそれに92歳のおじいちゃんです。おじいちゃんは足腰がかなり悪くて、私が帰国する頃には入退院を繰り [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 シェラのスペイン語学校
  • シェラ校は本校なので、サン・ペドロより規模もかなり大きくてシステム化が進んでいます。一週間ごとに授業やステイ先、先生への評価や要望を配布された書類に記入し、提出します。また学校が選んだ担当の先生を変えてもらう事もできます。(これらはサン・ペドロでも同じ内容でした)私は朝AM8:00-12:00まで(10:30-11:00休憩)の20時間コースを選択。料金はホームステイ込みで(月〜金)5日間X(1日)4時間=20時間 でQ1778 [続きを読む]
  • 2016年グアテマラの旅 ケツァルティナンゴ(=シェラ)へ。
  • サン・ペドロには一ヶ月と10日ほど滞在したので2年前に行った街シェラへ向うことに。シェラにもサンペドロで通っていたスペイン語学校のセラス・マヤの本校があります。そして、私が引き続き同校でスムーズに学べるようにと、バイロンが紹介の書類を書いてくれました。公園中にある白い教会。公園中に立つペドロ像。何故か鶏を連れています。土曜日その書類を持ってマーケットの公園前に来たバス(ヴェロス・ペダラナ)に乗り込み [続きを読む]