風だより さん プロフィール

  •  
風だよりさん: 松原湖高原☆風だより
ハンドル名風だより さん
ブログタイトル松原湖高原☆風だより
ブログURLhttps://ameblo.jp/mbk-hilander/
サイト紹介文都内と八ヶ岳・松原湖高原を拠点。小海線沿線の風物、グルメ等各種情報。読書、短歌・俳句、囲碁、雑感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供338回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/06/03 06:21

風だより さんのブログ記事

  • 天狗岳2018.08.16
  • 午前7時10分頃に撮影。 天候  曇り。     八ヶ岳上空には晴れ間がほとんど無し。気温  23℃風    殆んどなし。 <参考>(八ヶ岳遠望) (硫黄岳以南) (稲子岳以北) (浅間山遠望) (イタヤカエデ) ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇午前4時に自宅を出発。中央道は、極めて順調だった。5時半過ぎに双葉SAに到着、少し早い朝食を取った。 ここの標高は、たかだか3〜400メートルだが、爽やかな朝だ。定点観 [続きを読む]
  • 松原湖2018.08.16
  • 午前7時に撮影。今朝から、八ヶ岳に来ている。先ほど小屋に到着したばかり。来る途中の模様は、「天狗岳定点観測」に記述した。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇天候  曇り。     ところどころに晴れ間。     秋めいた雲。気温  23℃風   殆んどなし。 ヘラブナ釣り?のボートが7艘ほど。<参考>(ヤマモミジ)葉が僅かに色づきだしている。                    <以上> [続きを読む]
  • 2018立秋の前後に詠める(俳句)
  • 今朝は、恒例となった「立★前後に詠める(俳句)」の立秋分を載せる。7月中旬前後から、少しずつ詠み溜めてきたもの。やはり義父の死去関連が多い。お粗末。なお、「短歌連作 義父を見送りて」の方は鋭意作成中。初回掲載は、1週間後くらいになりそうだ。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇(義父の葬儀とその後の雑事)夏堂や読経は袖を濡らさざる窓口混む嵐のまへにと思ひてか本籍を辿れば旱(ひでり)の長岡へ待つ人のをらぬ家裁や汗拭ふ [続きを読む]
  • 2年後の夏
  • 昨晩、記事ネタを思案したが、いいネタが浮かばなかったので、今朝は休載にする予定だった。ところが、朝4時過ぎ、「ほぼ日」投稿後、下記の内容が脳裏に浮かんできた。1時間ほどかけて、急きょ、記事にしつらえた。結果、定時に30分ほど遅れてしまった。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今年の夏は暑かった。過去形で言ってよいのかやや疑問だが、そうであって欲しい。さて、2年後は、東京オリンピック。会期は、7月24日から8月9日 [続きを読む]
  • 往年のテレビ映画「ROOTS」の如く
  • 既報のように、義父が7月に死去した。ある事情により、その出生から死亡までの本籍をトレースする必要が生じた。死亡届提出から10日ほど置いて、まず、現在の本籍のある都内某区の区民事務所に赴き、戸籍謄本、改製原戸籍等を入手した。それを元に、順次、本籍のあった自治体を辿った。半世紀以上前のことなので、謄本に記載の市町村は、現存していない自治体ばかり。現在の自治体名を確認し、予め電話で間違いのないことを確 [続きを読む]
  • 「孫と読みたい一冊」(「月刊文藝春秋」9月特別号)を読んで
  • 今や恒例となった「月刊文藝春秋」の拾い読みだが、今回は、表題の記事。副題に「夏休み特別企画」とある。安野光雅氏ら49人の著名な(後期?)高齢者の方たちが、「今後の日本を背負う孫たちに読ませたい一冊を挙げ、その本への思いを語る。」回答者は数えたところ、総勢49名。生まれた年代を整理してみた。1920年代生    8名1930年代生   28名1940年代生   13名1950年代生まれの方はいなかっ [続きを読む]
  • 【お知らせ】「短歌連作 義父を見送りて」を近く連載開始!
  • 近々、表題の連作を始めることにした。昨年12月の入院に始まり、今年7月の葬儀、8月の四十九日の法要に至るまでの、8か月に及ぶの一連のできごと、思いを歌う。現在鋭意作歌中だが、既に掲載済みのものを含めて、できれば30首〜40首程度にはしたいな、と考えている。掲載時期及び掲載回数は勿論未定だが、初回は、できれば旧盆前後を予定。2回目以降は、5首〜10首程度詠めた都度、掲載するつもり。掲載回数も、詠み進 [続きを読む]
  • 「群像」8月号を手にして
  • 昨日の記事で、義母の遺族年金の手続きを済ませたと書いた。その際、家内が義母から、「もう読んだから持って帰る?」と、表題の文芸誌を手渡されたようだ。自宅に戻ってから、「読む?」と家内が訊いてきた。「ブログ記事書きで、目がいつもしょぼしょぼだから読まない。」と答えたものの、何の気なしに、「どんなのがあるの、目次を読み上げてみて」と告げた。30秒後に返ってきたのが、「穂村 弘っていう人の、、、。」「ん [続きを読む]
  • 遺族厚生年金の手続を済ませて
  • 昨日は、台風13号が関東に近づく中、表題の手続きをするため、10時過ぎから外出。自宅へ戻ったのは、風が強くなりかけた16時過ぎ。結構大変な作業だった。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇先週末、日本年金機構に電話し、表題の手続きに必要な書類等を、教えてもらっていた。       (下記<参考>参照)昨日は空模様を眺めながら、今日にしようか、明日にしようかと一時迷ったが、決行することにした。9時過ぎになってから、年 [続きを読む]
  • 熱帯夜に目覚めて
  • 一昨日の記事で、「記事書きに費やす時間が一日分生まれた」と書いた。        (下記 <関連記事>参照。) しかしながら、実際のところ、四十九日の法要の準備やら、各種名義変更手続きやら、相続関係の作業やら、葬儀後に引き続くこまごまとした作業が。その合間を縫って記事ネタを漁るのだが、昨日はこれといったネタを思いつかなかった。よって、以下、書きなぐりだ。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今、午前3時20分。2時 [続きを読む]
  • Optimumな車を選ぼうとして
  • 今朝は、珍しいことに、車の話。筆者の車は、V6、2,500ccのセダン・タイプ。後輪駆動。実は、7年前に購入した中古車。4年落ち、走行距離2万数千キロだった。この6月、自身の4度目の車検を済ませたばかり。初度登録後13年を過ぎると、自動車税だったかが高くなる上、車検の都度、修理費が嵩んでくるので、そろそろ買い替え時かなと思っている。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇筆者は、中古車ばかりを乗り継いできた。というのも [続きを読む]
  • 【臨時】日経歌壇(2018.08.04)掲載!
  • 昨日(8月4日(土))の日経歌壇に拙歌が掲載された。今回は、三枝?之氏の選。6月2日以来だから2ヶ月ぶり。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇三枝?之氏選するならば謝罪は先ずは被害者にカメラに向かうはそのあとにせよ                                      樺風◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇当該歌は、6月16日に投稿したもの。既に記憶は薄れてしまったが、例の日大アメフト事件関連だった(筈)。 [続きを読む]
  • 近くの書店がまた閉店!
  • つい最近のことだが、自宅最寄駅前の書店が閉店した。来るべきその日がとうとう来てしまった。筆者の自宅の最寄り駅は東西にふたつ。それぞれの駅前に書店が一つずつあったのだが、うちひとつは2年ほど前に閉店し、残っていた最後のお店もついに。このお店のオーナーも、筆者よりご年配のようにおみかけしていたので、いずれはと思っていたが、意外に早かった。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇筆者は、ここ20年ほど、月刊文藝春秋を毎号買 [続きを読む]
  • ランチ@銀座楼蘭(銀座コア内)
  • 昨日は、ある用事で霞ヶ関にある東京家裁まで足を運んだ。せっかく都心まで出たのだからと、猛暑の中、銀座まで足を伸ばし、ランチをいただいて帰った。今朝はその模様について。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇行った先は、表題の広東料理のお店。銀座コア(銀座5丁目)の10階にある。存在は遥か昔から知ってはいたが、入ったことはなかった。それにしても、お店の名と広東料理とは合わない気がするのだが、筆者の思い過ごしか。さて、銀 [続きを読む]
  • NHK日曜美術館「縄文”美”の発見」を見て
  • 録画しておいた表題の番組を見た。過日記事で触れた、「特別展 『縄文ー1万年の美の鼓動』」(現在、東京国立博物館にて開催中)にちなむ内容だ。なお、放送されたのは、先月の22日(日))。本番組は、タイトルにあるとおり、縄文の「美」の発見に焦点を当てた内容。非常に興味深く拝見した。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇司会・進行役は、いつものとおり、★ お馴染み、高橋美鈴さん(NHK)と、★ 4月から登場の小野正嗣さん [続きを読む]
  • 2018年7月に詠める Vol.4<グルっぽ&その他>
  • 2018年7月に詠める Vol.5<グルっぽ&その他>(「やまとうた」のつづきです) 「返歌?もどき?」(「優しさが苦しめていると知らず肩を抱く」に返して)こんなにも痩せてしまってさりげなく離しぬ肩に置きし右手を(「瞳は何に拓きどんな詩歌を受け取るか」に返して)老妻(つま)の声耳に届かず瞳孔も開いたままに死を宣せらる(「歳をとり面影がなくなる」に返して)タレントの幼い頃の写真見てすぐ分かる人分からない [続きを読む]
  • 2018年7月に詠める Vol.3<グルっぽ>
  • 2018年7月に詠める Vol.3<グルっぽ><<短歌>> (「やまとうた」のつづきです)「ほぼ日」(つづき)(「海」関連)海よ海命の母よとこしへにプラスチックのストロー止めむ(「漫画/アニメ」関連)なぞへなき富士のすゑへの彩雲の狭間に覗く蒼き遠月(とおつき)(【光】)ぬばたまの長き夢路を抜け出でて光束の間また闇のなか(「ゼロ」関連)人間は無から生まれて無に戻る前後にゼロをスフィンクスの謎(「はさむ」 [続きを読む]
  • 2018年7月に詠める Vol.2<グルっぽ>
  • 2018年7月に詠める Vol.2<グルっぽ><<短歌>>◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇★★やまとうた★★注1:言葉遊びのつもりで気楽に詠んでいますので、   固いことは抜きで。注2:連歌の如く、承前の歌が結構ありますので、   その場合、流れが分からないと、面白み半減? かもしれません。   特に、「返歌?もどき?」と「相聞返歌」がこれに 該当します。   「頭指定」、「いろは」もその傾向あり。 注3 [続きを読む]
  • 2018年7月に詠める Vol.1<基本>
  • 2018年7月に詠める Vol.1<基本>ブログ記事に添えたものです。 ただし、次の記事で扱った歌は含みません。●【臨時】「NHK短歌」(2018年8月号)掲載結果◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇<<短歌>>飲み込んでふうっとひとつ溜息を今どうしてるビアフラの子ら首謀者ら七人処刑されたから七月六日はオ●ム記念日ゆっくりと休んで欲しい実の子に振り回されし日々ここに熄む葬儀済ませ三連休を過ごしをれば甦りくる引きの感触替 [続きを読む]
  • 台風12号接近の日を過ごして
  • 昨日は、朝から雨模様。一日中家に籠ることになろうかと思っていたところ、意外にも雨は、ときときは止んでくれた。午前中は、囲碁対局。4戦して2勝2敗。一日中PCの前に座っていると、目が疲れすぎるので、コーヒーを飲みに最寄り駅前の某チェーン店へ。これは、ほぼ毎日のこと。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今日持って出たのは、★ 「晶子とシャネル」(山田登世子著・勁草書房)という本。与謝野晶子とココ・シャネルを対比させなが [続きを読む]
  • 台風12号接近中!
  • 昨日は、この時期にしては、珍しいほどの凌ぎやすさ。「暑さは峠を越した」というNET情報が的中した感。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇さて、台風12号が、接近中。この台風は、この時期としては、大型でしかも異例のコースを辿りそうだ。今夕にも伊豆諸島に接近する模様。進路は、今のところ、北方向とあるが、北上するに連れ、急速に西にカーブする予想なので、関東上陸はなさそうだが、風雨は強まりそう。家内は、昨夜の就寝前に、既 [続きを読む]
  • ビールが旨い!
  • 夏真っ盛りのこの時期、仕事を終えたあとのビールは格別だった。仕事から離れた今は、朝の一杯となることもしばしば。現に、この記事を書いている今、午前2時20分。6時間ほど眠って起きたばかりだが、机上には中身が半分ほど減った缶ビールが。てなことで、夏の風物詩と言えば、一般的には盆踊りや花火だが(注:ここでは季語ではなく一般の人の認識による。)、今朝は、そんなビールをテーマにする。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ビー [続きを読む]
  • 今夏の猛暑について(東京と野辺山を比較して)
  • 異常な猛暑が続いている。先週の18日には岐阜県多治見市で40.7℃を記録、今週に入って23日には、熊谷で41.1℃と、国内最高気温を5年ぶりに更新したという。熱中症で搬送される人があとをたたないようだ。「命に危険を及ぼすほどの猛烈な暑さ」という表現が耳に馴染んだ。東京では、昨日の早朝、久しぶりのお湿りがあったが、昼になるとやはり結構な暑さ。真夏日にはならなかったが、それでも最高気温は、32.2℃。 [続きを読む]
  • 葬儀から10日余りが経過して
  • 先日の葬儀・初七日の法要から早くも10日間が過ぎた。少しだけ落ち着いた今は、葬儀の次にやってくる次のことについていろいろ検討したり、一部作業を始めたり、それなりに忙しい日々を送っている。★ 四十九日の法要 いつ、どこでするか。★ 香典返し どこに頼むか。品を何にするか。★ 遺族年金などの手続き 高齢の義母に代わって、区役所やら 年金機構やらへ電話照会したり、 赴いたり。★ 相続関係 関連の整理を [続きを読む]