風だより さん プロフィール

  •  
風だよりさん: 松原湖高原☆風だより
ハンドル名風だより さん
ブログタイトル松原湖高原☆風だより
ブログURLhttps://ameblo.jp/mbk-hilander/
サイト紹介文都内と八ヶ岳・松原湖高原を拠点。小海線沿線の風物、グルメ等各種情報。読書、短歌・俳句、囲碁、雑感。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/06/03 06:21

風だより さんのブログ記事

  • 道の駅 ヘルシーテラス佐久南を訪れて
  • 昨日は、釣りはお休み。というのは、一昨日が絶不調だったから。代わりに、家族サービスのため、佐久市内へ出かけた。途中、佐久南インターで下り、表題の道の駅に。ここは、この3月だったか、中部横断自動車道の延長に合わせて開業。開業してからもう半年経つが、筆者は素通りばかり、今回が、初訪問だ。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇10時半ころ、到着。駐車場には、車がすでに20台くらい。週初めの月曜日にしては、混んでいる。(入 [続きを読む]
  • ワカサギ釣り2018(@立岩湖)Vol.4
  • 昨日のこと。小屋に着いて、荷ほどきもそこそこに立岩湖に向かった。10時半過ぎに到着。先客が、6、7人。<うわっ、多い。きっと釣れてるんだろうな。>顔に見覚えのある人がいたので、訊いてみた。「どうですか?」「今日は全然。朝からやっていて、まだ?匹」(「?」は2だったか3だったか。)「このところの様子は?」「先週はよかったようだよ。」「今日のトップはどのくらいですか?」「この人かな。」「明け方からやっ [続きを読む]
  • 天狗岳2018.10.20
  • 午前8時20頃撮影。天候 八ヶ岳方向は曇り、それ以外は   晴れ間多し。   気温  11℃くらい 風    殆んどなし。 (天狗岳)天狗岳は雲に隠れている。5分ほど待ったが、姿を現さず。<参考>(八ヶ岳遠望)(硫黄岳以南)(浅間山遠望)北方は雲が多い。                      <以上>なお、滞在中、きれいに撮影できたら、追加アップする。 [続きを読む]
  • 松原湖2018.10.20
  • 午前8時15分ころ撮影。天候   晴れ。八ヶ岳山頂方面は雲多し。気温   11℃くらい? 風   殆んどなし。     今朝もヘラ釣りのボートがいくつか。<参考>(ヤマツツジ) 良い感じに紅葉している。もう少しでピークか。                      <以上> [続きを読む]
  • シナノユキマスのムニエル
  • 八ヶ岳行きが近づいた。昨日、冷凍庫内に空きスペースをつくるため、冷凍庫で眠っているシナノユキマスの一部を処分した。その理由は、次のふたつ。★ 食品運搬用クーラーボックスの保冷材を冷凍庫で凍らせる必要があるが、そのスペースがない。★ 大量のワカサギを持ち帰る確率が大であること。正直なところ、後者は全くの「取らぬ狸・・・」となる可能性が大きいが、、、。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今回は、ムニエルをつくること [続きを読む]
  • 紅(黄)葉の時期イコール水抜きの時期
  • もうすぐ、10月下旬。松原湖高原(標高1,100m〜1,500m)は、今頃は恐らく、落葉松の紅(黄?)葉が、真っ盛りだろう。ということは、水抜きの時期が近づいたということ。高原の冬はあっという間にやって来る。いつも参考にしている野辺山の最低気温が、16日には1.5℃まで下がった。零下を記録するのももうすぐ。大陸からせり出してくる寒気がちょっと南へ下がると、10月中であっても、最低気温が零下4℃〜5℃ [続きを読む]
  • わらび屋本舗(@自由が丘)
  • 今日は、他に記事ネタがなかったので、書き溜めの「スイーツめぐり」記事。(前回から1週間しかたっていない。困ったときの何とやら、、、だ。)◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇先日、ある用事で自由が丘に出た。その帰りに駅へ戻る道筋、表題のお店に気づいた。<あれっ、こんなお店、ここにあった?>名前からして、わらび餅のお店のようだ。わらび餅は、家内の大好物。よし、お土産に買っていこうか。 お店に入った。◆◇◆◇◆◇◆◇◆ [続きを読む]
  • ぎっくり腰を患って
  • 10月の5日(金)のことだが、朝起きたら、背中の腰の辺りに微かな痛み。大したことはあるまいと、病院通いのあと、上野の藤田嗣治展へ向かった。          (下記<関連記事>参照)◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇翌朝、目覚めると腰が痛くて、寝返りが打てない。やっとのことで起き上がった。ぎっくり腰らしい。人生初めての経験だ。特に重いものを持ったとか、思い当たる節は全くない。NETで調べてみた。特にはっきりした [続きを読む]
  • 多摩川花火大会・・今年から秋に
  • 昨日は、いわゆる「多摩川花火大会」の日だった。例年どおり、世田谷区の「第40回世田谷区たまがわ花火大会」と川崎市の「第77回川崎市市制記念多摩川花火大会」との同時開催。だが、昨年の落雷事故を受けて、今年からは、天候が安定する秋の開催となった(ようだ)。(そういえば、思い出した。昨年は、花火大会の開始時刻頃からチョー猛烈な雷雨となった。確か即刻中止となった(筈)。逃げ惑う、親子連れ、カップルらの姿が [続きを読む]
  • 「”伝説の家政婦”考案 100%カラダにいいレシピ」を読んで
  • 今や恒例となった「月刊文藝春秋」の拾い読みだが、11月号は、表題の記事を選んだ。巻頭のグラビア・ページの一部だ。当然、きれいな料理の写真つき。タサン志麻さんという方が考案したレシピのようだ。タイトルに”伝説の家政婦”とある。筆者は、家政婦の世界には全く馴染みがない。だから、そのひとのことは、全く存じ上げない。以下、想像を逞しくした。「伝説」と称するからには、きっと、活躍した時代から数十年は経過して [続きを読む]
  • 「北八ヶ岳・小海 星と自然のフェスタ」について
  • 今日は、松原湖高原で開催されるあるイベントについての、臨時の「お知らせ」。筆者の小屋のある松原湖高原には、小海リエックスという、ホテル、ゴルフ場、スキー場などを備えた、リゾート施設がある。 (注:当ブログ右サイドにある「ブックマーク」の中の、 「小海リエックス」を参照のこと。)この小海リエックスを会場として、表題のフェスタが、本日から14日(日)までの三日間に亘り開催されるとのこと。高原の豊かな [続きを読む]
  • 短歌連作「義父を送りて」 Vol.2<転院・手術・再転院>
  • だいぶ遅くなったが、表題の連作の第二弾をお送りする。再掲ばかりで恐縮。 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇(転院)横揺れをしないやうにとゆるゆると九十九坂登る救急タクシー(手術)メスの入る痛み感じず眠りゐるか待合室の時計は遅し(既詠微修正)(再掲)(待合室にて)はらはらと銀杏散りゆく聖誕の昼を過ごせり命ぞ重き(再掲)此(こ)は夢か彼(あ)が夢なのか人減りし待合室に夕日眺めて(再掲)(面会帰路)「この信号いつも長 [続きを読む]
  • 寛永堂(@四谷)
  • 昨日、四谷駅近くまで車で出かけた。コインパーキングに駐車し、用事を済ませて、「さあ出発」と思ったが、千円札が財布になかった。何か買い物をして千円札を作ろうと、元の道を200メートルほど戻った。新宿通りに出た角に、表題の店があった。この店の名前はどこかで見た記憶が。よし、ここで土産を買おうと決め、店内に。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇最初に、店員さんに尋ねた。「済みません、こちらのお店の本店はどちらでしたっ [続きを読む]
  • 「藤田嗣治 手紙の森へ」を読んで
  • 実は、昨日の朝、「魔女の一撃」を食らったようだ。寝返りも打てない状況だった。やっと起き上がったものの、ゆっくりとフランケンシュタイン歩き。前かがみにもなれない。よって、今朝の記事は、全くの「手抜き」。ご容赦。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇今朝のテーマは、昨日に引き続いて藤田嗣治がらみ。実は、美術展の会期をあと数日に残すのみとなったので、下記の新書や録画を読む/見る前に先に美術展に行ってしまった。本来の順序 [続きを読む]
  • 藤田嗣治展(@上野・都美術館)を見て
  • 昨日は病院通いの日。それが済んでから、上野に繰り出した。表題の美術展を見に。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇本美術展は、藤田嗣治の没後50年を記念して開催された。会期は、10月8日(月・祝)まで。会期末ゆえ相当混んでいるだろうなと半ばあきらめの境地で出かけた。駅を出ると、上野公園は、相変わらず人、人、人。国立博物館に通ずる大きな通りでは、陶器市のテントが並んでいた。動物園へ向かう人らと分かれて、都美術館の方 [続きを読む]
  • 天狗岳2018.10.05(撮影は昨日)
  • 昨日(10/04)の午前11時50分頃撮影。(一昨日は、逆光のため撮影断念。)天候  曇り。  気温  18度程度。 風   殆んどなかった。 一面の雲の中。手前に紅葉したイタヤカエデ。<参考>(八ヶ岳遠望) 雲だけなので、硫黄岳以南、稲子岳以北は、撮影せず。 (浅間山遠望) こちらも同様に雲ばかり。 (イタヤカエデ) 紅葉(黄葉)の盛りをやや過ぎたか。                      <以上> [続きを読む]
  • ワカサギ釣り2018(@立岩湖)Vol.3
  • 昨日は立岩湖での釣りの日。3時半過ぎに目覚めた。ブログ記事の最終チェックと「ほぼ日」の投稿を済ませ、5時過ぎに小屋を出た。◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇6時少し前に立岩湖に到着。一番乗り。一昨日より水は引いていたが、通常よりは15〜20センチは高い。少し上流側に釣り座を設定、仕掛けの準備に取り掛かる。ところが、なんということ、コマセの準備を終えたところで、冷蔵庫の野菜室に入れておいたサシを忘れたことに気づい [続きを読む]
  • 小さな秋・・・赤城高原&松原湖高原
  • 昨日は、ふるさとへ。赤城高原SAにて朝食兼トイレ休憩。爽やかな秋晴れの空。今日も暑くなりそう。(赤城高原SAから谷川岳方向を望む) (同・武尊山方向)(同・子持山)(秋)◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇墓参の後、兄弟らとランチ。そのあと、再び関越道に乗って、一路八ヶ岳へ向かった。上州屋佐久店にて釣り餌等を購入してから、情報収集のため、立岩湖に寄った。 釣り人は二人おられた。 うち、おひとりは地元の顔馴染みの方。 も [続きを読む]
  • 台風24号が過ぎ去って
  • 台風が接近した一昨日の深夜(というか、昨日早朝)のこと。雨風の音に目覚めた。枕もとの時計を見ると、0時20分。電線がビュービューとうなりを上げている。ビシッという鋭い音もときどき。家が微かに震える。寝室のテレビを点けた。台風は、名古屋近辺を北東に進んでいる。このまま行くと、八ヶ岳上空やふるさとを通過するかも。激しい風雨の音でとても眠っておられず、1階の居間に下りてテレビに見入る。2時間ほど過ごし、 [続きを読む]
  • 2018年9月に詠める Vol.4<グルっぽ&その他>
  • 2018年9月に詠める Vol.4<グルっぽ&その他>(「やまとうた」のつづきです)「返歌?もどき?」(「自分の決断に後悔しない。ハンカチ貸して」に返して)鼻汁がネッチョリついててびびったよ西洋人から借りたハンカチ(「常春!青春!ヤング!」に返して)また一枚柏葉が落つ沈む陽をなぞへに受けて頬は秋色(「書きかけの手紙がいくつか抽斗に眠ったまま過ごす週末」に返して)半世紀実家の何処かに眠ってる上京までの想 [続きを読む]
  • 2018年9月に詠める Vol.3<グルっぽ>
  • 2018年9月に詠める Vol.3<グルっぽ> 「ほぼ日」(つづき)(【秋】)【別途】(「シニア」関連)手が痛くなるほど強く手拍子をシニアの曲が開く新年(「ぶどう」関連)置いといたぶどうひとふさ尻に敷き思わず手をやる湖畔の朝に(「糸」関連)原宿にひねもす立ちぬ糸魚川の翡翠漂石探すがごとく(「空」関連)【別途】(「ファッション」関連)サントノレも銀座もただただ歩くのみ縁なき衆生の目には映らず(「動物園」 [続きを読む]
  • 2018年9月に詠める Vol.2<グルっぽ>
  • 2018年9月に詠める Vol.2<グルっぽ><<短歌>>◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇★★やまとうた★★注1:言葉遊びのつもりで気楽に詠んでいますので、   固いことは抜きで。注2:連歌の如く、承前の歌が結構ありますので、   その場合、流れが分からないと、面白み半減? かもしれません。   特に、「返歌?もどき?」と「相聞返歌」がこれに 該当します。   「頭指定」、「いろは」もその傾向あり。 注3 [続きを読む]