オニール大佐 さん プロフィール

  •  
オニール大佐さん: あくまで個人的意見
ハンドル名オニール大佐 さん
ブログタイトルあくまで個人的意見
ブログURLhttp://kankede.blog78.fc2.com/
サイト紹介文もろもろの個人的意見
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/06/04 21:56

オニール大佐 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おっさんホイホイFE208-Solが発売されていた。
  • いつの間にやら限定生産で発売されていて、もうすでに増産決定して予約待ちだそうだ。相変わらず凄まじいパラメーターで、巨大なバックロードホーン以外に使い道はないだろう。いったい日本の家庭で、まともに鳴らす環境を持っている方は、いるのだろうか?一本三万円を超えるこの扱いずらいユニットが売れるのだから、日本のおっさんたちの当時の洗脳がいかにすごかったのか、よくわかる。 [続きを読む]
  • 楕円ボイスコイル Scan-Speak Ellipticor
  • 見ての通りボイスコイルが楕円です。スピーカーの場合元々ほとんどのパーツが、非対称形の方が良いことがわかってはいるのですが、製造上いろいろやっかいなことがあるので、やってないのです。コーンの形状が楕円とか、オブリコーンなんてのもありますが、ボイスコイルが楕円とは、、、、よくぞこんな量産製造上困難なものを商品化したと思います。計測上は40%近く歪みが減っているそうです。さすがは、Scan-Speakですが、Elli [続きを読む]
  • Bluetooth スピーカー Anypro q1を分解
  • anyproをばらしてみた、上部に基盤,中央にパッシブラジエターという、この手のもののオーソドックスなつくり。ユニットのメーカーはHi-fidというところのもの、調べてみると実はこのHi-fidがAnyproにこのBluetooth スピーカー を、OEM供給していることが判明。Anyproは事実上メーカーではなく商社みたいなもんである。さらに、興味深いことに、他にもどこかで見たような、製品もこのHi-fidの製品の中にあり、評価の高い中華Bluetoo [続きを読む]
  • FE88-Sol 2月中旬発売予定
  • またもや、おっさんホイホイの登場です。もともとSolってなん十周年記念とかにつけてるもんじゃなかったのか?なんだかよくわかりません?Q値やパラメーターを見る限りでは、バックロードにしか使えなさそうなうえに、一本1万三千円程もするぼったくり!?です。しかも購買意欲を誘うため数量限定3,000台お得意の限定品(笑)です。どうせ追加販売するのでしょうが、またそのころには、これまた限定のお高い高級バックロードエン [続きを読む]
  • Scan-SpeakのエンジニアBirger Jorgensenさんが亡くなっていた
  • Scan-Speakのファンの方からすればなにを今さらでしょうが。夏ごろ急死されたそうです。私は写真のLimited Editionをみて、なんで特別仕様を出すのだろう?と思って調べていたらついさっき知りました。そのうち独立して、Markaudio社のような会社を立ち上げて、面白い製品を安く作って販売しくれるのでは、と思っていただけに残念です。写真のミッドウーファーの15W/4524T02と、ソフトドーム・ツィーターのD2604/832002は彼の遺作 [続きを読む]
  • Bluetooth スピーカー Anypro q1を購入
  • お風呂で音楽を聞くのに購入。結構いろんなこの手の商品を試聴できたので、総評から書こう。この手の商品は人気があり、変な商品は淘汰されるせいか、概ね良い商品が多い。特に最近発売された新モデルは、新興メーカーであっても6000円近辺モデルであれば、有名メーカー数万円のものと比べても、大差はないのには驚かされる。基本的に小口径フルレンジの良さが生かされており。なかなかどの製品も魅力的である。スピーカークラ [続きを読む]
  • FE83sol発売中
  • 【限定モデル】FOSTEX FE83sol(1本) 8cmコーン型フルレンジユニット フォステックス価格:6048円(税込、送料別) (2016/8/30時点)商魂たくましいというかなんというか、、しかし、この値段でなんか変な色のついた、プレスフレームとかやめて欲しいですね。今や海外勢のユニットもあるので、素直にこの値段払うなら、自分はそっち買いますね、FOSブランドおっさんホイホイで今回も、商業的には成功するのでしょう。なんだかこ [続きを読む]
  • 付録商法も限界か、、、、
  • それにしても興味のわくニュースもなく、盛り上がりにかけるオーディオ業界であります。ましてや自作SP関連などは、風前の灯火のような気も、多少は盛り上がっていた付録商法も最近はネタ切れで、あまり盛り上がらなくなってきました。今回の付録はメタル振動版の3インチフルレンジだそうで、まあまあ面白そうな企画ではあります。最近はスマホにイヤホンさして聞くスタイルが音楽を聴く主流だそうで、昔からのオーマニなぞは、そ [続きを読む]
  • YAMAHA NS-5000
  • 7月発売予定というのに、やたら前宣伝の多いせいか、やたら目に付く存在だ。見るからにNS−1000系を現代版にアレンジした感じだが、あまりにもオーソドックス(古)すぎるのではないか?まあ実際に聞いたわけではないのでなんともいえないが、振動版はじめ、内部の共鳴管など、新しい要素はあるにせよ、いくらなんでもという感じはする。とはいえ、NS−1000Mに憧れをもった世代というのは、今一番金を持っている世代 [続きを読む]
  • 凹んだセンターキャップ
  • 写真はマークオーディオ新シリーズPLUVIA SEVENのセンターキャップだが、真ん中が凹んでいる。tangbandの新作フルレンジW3-2141は、真ん中の凹んだフェーズプラグを採用している。これからは、中央が凹んでいるのがトレンドになるのかもしれない。自作にしろメーカー製にしろスピーカー好きなら、たくさんのスピーカーと出会うなかで、一度はセンターキャップを事故等で凹ましたことはあるだろう。もちろん自分もあるのだが、その [続きを読む]
  • Pluvia シリーズ発売
  • マークオーディオからついに新シリーズの発売です。特徴はグラファイト製のフレームです。さすがに作りはよさそうですが。4インチ(PLUVIA SEVEN)で一万5千円前後はするので、そうそう気楽には使えそうにはないですが、個人的にはフォステクスの限定ユニットに高額な金を使うなら、こちらのほうが良いような気がします。 [続きを読む]
  • あまり気になる情報は最近無い
  • 真空管フェアもとっくに終了しましたが、あまりおっと思うようなものも無く、目新しさにかけた日々が続いております、強いて言えば写真のtangbandの新作フルレンジが、気になったぐらいでしょうか、写真はW3-2141で、真ん中の凹んだフェーズプラグと、独特のパターンのエッジが特徴的です。エッジはともかくフェーズプラグが砲丸形でないので、ちょっと手がでませんね。まあ、極端に変な形ではないので、期待はもてますが、ある程 [続きを読む]
  • 過去の記事 …