イエスは勝利者 さん プロフィール

  •  
イエスは勝利者さん: 御言葉をください2
ハンドル名イエスは勝利者 さん
ブログタイトル御言葉をください2
ブログURLhttp://kyurios.exblog.jp/
サイト紹介文平和を願うキリスト者として、政治的な発言もしています。日本基督教団の戦争責任告白を大事にしています。
自由文宗教改革者たちに連なり、現代ではバルト・ボンへッファーの線に立ち、ブルームハルトの影響も受けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2370回 / 365日(平均45.5回/週) - 参加 2014/06/05 00:11

イエスは勝利者 さんのブログ記事

  • 野党の敵失で自民圧勝でも不安に怯える安倍首相(日刊ゲンダイ)
  • 今日の「日刊ゲンダイ」の5面にあるジャーナリスト高野孟氏の記事、興味深いので写させていただく。 まれに見るほどアップダウンの激しい、目の回るような選挙情勢の変転である。希望の党が彗星のごとく登場した直後には「自民、単独過半数割れか?」との観測が広がったが、その希望への民進党の解党的合流のゴタゴタが災いして、たちまち失速。今週月曜日の毎日新聞では「自民、最大300超も」という驚愕の予想まで飛び出した。  [続きを読む]
  • 安倍首相のどこが「愚直」か
  • 公明党の山口代表も「愚直」という言葉をよく使う。お二人に言いたい。これ以上、わたしたちを愚弄するな! と。「黒を白と言う」ような狡猾な人たちが「愚直」と自らのことを言うのだから、世の中はひっくり返っている。災いだ、悪を善と言い、善を悪と言う者は。彼ら闇を光とし、光を闇とし苦いものを甘いとし、甘いものを苦いとする。……これらの者は賄賂を取って悪人を弁護し正しい人の正しさを退ける。それゆえ、火が舌のよう [続きを読む]
  • 立憲民主、社民、共産党に票を入れよう!
  • これまで、政党名をあげたことはなかったが、あげよう。牧師なので、特に一党をあげて、呼びかけるのは遠慮してきた。しかし、今回の選挙の重大さを思うなら、躊躇している場合ではないと考えた。間違っても、自民、公明、希望、維新、こころ などには入れるべきではない。その理由は、憲法違反の明白な「戦争法」可決に賛成したからである。その時は、こころはいなかったけれども。これはは個人的意見として書いている。公職選挙 [続きを読む]
  • 安倍晋三氏が勤めていた頃から「改ざん」はされていたらしい。
  • 今首相をしている安倍晋三氏が神戸製鋼に勤め始めたのは、1979年であることは、野上忠興氏の『安倍晋三 沈黙の仮面』に書かれている。その頃は、神戸製鋼はデータの改ざんをしていなかっただろうと、私は思っていた。ところが、毎日新聞の記事によると、「40年以上まえ」から改ざんはされていたと元社員らが証言しているという。もちろん、安倍晋三氏は、当時は、そのことに直接かかわっていないと考えられる。しかし、神戸製鋼は [続きを読む]
  • 大阪9区の皆さん、服部良一さんに清き一票を!
  • ブログの読者は不特定多数だから、候補者名を出して、応援することはゆるされています。ただ、メール・アドレスを書くことが求められているようです。それで私のメルアドを書きますと、souhachi48@clock.ocn.ne.jpです。服部良一さんには、大阪教区の集会に一度来ていただいてからの知り合いです。驚いたことに、同じ日本基督教団の信徒であることを後で、知りました。信頼できる方です。大阪9区の方、ぜひ、服部良一さんに一票を [続きを読む]
  • 安倍首相不支持なら、自民党に票をいれてはいけない。
  • 安倍首相はイヤだけれども、他の政党に票を入れる気にはなれないから、自民党に票を入れるという方たちもいらっしゃるだろう。しかし、そこでとまらずに、もう一歩先を見て、投票してほしい。自民党に票を入れたら、自民党を支持しています、安倍首相を支持しています、という結論になってしまうのである。それがわかっていて、自民党に票をいれる人は説得しようもないが、少しは考えてみようと思う人たちには、ぜひそこのところを [続きを読む]
  • 安倍晋三首相に「外交力」がある、というのは本当か?
  • 私は、「ない」とほぼ断言できる、と思う。安倍首相は、自分には外交力があると、選挙で誇っているらしいが。端的に言って、「いくら日米地位協定がある」からといって、事故を起こして民間地に不時着し、炎上した同機種のヘリコプターを、大した日数もたたないうちに、また飛ばせ始めるというのはひどい話ではないか。そして、事故原因について日本は説明を受けていないと、小野寺防衛大臣は言っていた。明治時代の「治外法権」よ [続きを読む]
  • 『安倍政権 総括』という本が出たそうだ
  • 牧歌舎 東京本部、という知らない書店から出された本だが、重版されている。高橋 彬著。1000円(税込)朝日新聞の広告欄にあったので、手帳にメモしておこうかと考えたが、読者の方にも関心ある方がいらっしゃるかもしれない。自分が読んでもない本のことを書くのは無責任ともとられかねないが、以下の宣伝文句どおりなら、一読の価値はあろう。モヤモヤ吹き飛ばす迫真の歴史書侵略と他国占領で躍進した明治→昭和をどう総括するか [続きを読む]
  • 安倍政権は完全に米軍になめられている。
  • ヘリコプター事故が起きてから、何日がたっているというのだ。安倍晋三氏の屈従外交が、米軍の強気を産み出しているのである。ヘリコプターCH53Eをもう飛ばすというのである。これはあまりにひどい話である。安倍政権の外交が「売国的」であることが端的に現れている。米軍は決して、日本を守っているのではない。明瞭ではないか。国民は、こんな安倍自民党に票を入れてはいけない。人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • 10月18日(水)
  • 神が据えられた堅固な基礎は揺るぎません。そこには、「主は御自分の者たちを死っておられる」と、また「主の名を呼ぶ者は皆、不義から身を引くべきである」と刻まれています。(テモテ第二2.19)人気ブログランキングにほんブログ村 [続きを読む]
  • キリストは、絶望的な叫びを上げて、十字架の上で死なれた。
  • 昼の十二時になると、全地は暗くなり、それが三時まで続いた。三時にイエスは大声で叫ばれた。「エロイ、エロイ、レマ、サバクタニ。」これは、「わが神、わが神、なぜわたしをお見捨てになったのですか」という意味である。そばに居合わせた人々のうちには、これを聞いて、そら「エリヤを呼んでいる」と言う者がいた。ある者が走り寄り、海綿に酸いぶどう酒を含ませて葦の棒に付け、「待て、エリヤが彼を降ろしに来るかどうか、見 [続きを読む]
  • 創世記16章20〜33節
  • 主は言われた。「ソドムとゴモラの罪は非常に重い、と訴える叫びが実に大きい。わたしは降って行き、彼らの行跡が、果たして、わたしに届いた叫びのとおりかどうか見て確かめよう。」 その人たちは、更にソドムの方へ向かったが、アブラハムはなお、主の御前にいた。アブラハムは進み出て言った。「まことにあなたは、正しい者を悪い者と一緒に滅ぼされるのですか。あの町に正しい者が五十人いるとしても、それでも滅ぼし、その五 [続きを読む]
  • 日本もソドムとゴモラのように滅ぼされてしまうのかもしれない。
  • 自民党が単独で過半数の議席を獲得するかもしれない、というニュースを知り、胸蓋がれる思いになる。そして、ここ2,3日、「ソドムとゴモラ」のことを思い浮かべるようになった。ソドムとゴモラとは、創世記に出て来る、神の怒りにあって、滅んだ町である。そして、わたしははじめて、考えたことがある。広島、長崎、沖縄に起きたことは、ソドムとゴモラに起きたことに比べてもまさるともおとらないことではなかったか、と。広島や [続きを読む]
  • 1951年6月23日、与那城勇の祈り
  • 朝鮮戦争は1950年6月から始まっていたが、その1年後、沖縄のクリスチャンの祈りである。『日本基督教団史資料集第3巻』345頁。与那城勇氏の世界平和運動促進大会における開会祈祷平和の祈り天に在します我らの父ょ、願わくばみ名を崇めさせ給へ。み国を来らせ給へ。み心の天に成る如く地にもなさせ給へ。我らに日用の糧を今日も与へ給へ。我らに罪を犯せる者を我らが赦す如く我らの罪をも赦し給へ。我らをこころみに遭わせず悪よ [続きを読む]
  • 若い人たち、安倍さんに首相を続けさせてよいのか
  • ここは、思案のしどころである。あなたたちの将来がかかっているのである。わたしたち年を取っている者たちはやがて去って行く。しかし、あなたたちは、これからなのである。自民党に今、票を入れることを考えているとしたら、よく考えてほしい。それで本当によいのか、と。にほんブログ村人気ブログランキング [続きを読む]
  • 安倍続投「よいとは思わない」47%(毎日調査)
  • 「日刊ゲンダイ」3面から。 22日投開票の衆院選で、自民党は単独で300議席を超える可能性もある一方、安倍首相の続投には反対の有権者が多いー。 毎日新聞が13〜15日に実施した世論調査で、こんな結果が出た。 自民党は公示前の284議席を上回ることがほぼ確実で、最大303議席を獲得する可能性があるという。自民優勢の理由は「小選挙区で野党が候補を一本化できず、分裂している『敵失だ』と分析している。 一方、「衆院選の [続きを読む]
  • 解散後「モリカケ」に触れない大マスコミ(日刊ゲンダイ)
  • 10月17日付の「日刊ゲンダイ」2面の記事から。 実際、自民党は公示前の284議席から、50以上議席を減らしてもおかしくない。逆転可能の選挙区が50近くあるからだ。時事通信の情勢調査でも「当選圏内」は150に過ぎない。もし、50以上減らしたら、たとえ自公が過半数を確保しても、選挙後、安倍首相は退陣に追い込まれる可能性がある。  それにしても、大手メディアの選挙報道はどうかしている。 もともと10・22総選挙の争点は、 [続きを読む]