JWみやさん さん プロフィール

  •  
JWみやさんさん: 神の王国の良いたより
ハンドル名JWみやさん さん
ブログタイトル神の王国の良いたより
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jwjw18615hmiyajw47jw
サイト紹介文1.神の王国の良いたよりの真理・聖書の紹介 2.花々と風景写真 3.俳句 4.時代の変化
自由文 イエス・キリストの伝道の主要なテーマは「神の王国の良いたより」でした(ルカ4:43;8:1)。ですからイエスの真の追随者はいつでもどこでも神の王国の良いたよりの真理を徹底的に証しします(マタイ24:14;28:19,20.使徒28:23)。「神の王国の良いたより」に勝る良いたよりはどこにもありません。加えて聖書からの日々の生活に役立つ「目立った言葉」や趣味の花々、風景の写真、俳句を紹介致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供800回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2014/06/05 04:26

JWみやさん さんのブログ記事

  • 7月の俳句(その3)
  •  豪雨によって土砂崩れが起き、浄水場が土石流によって 埋没し、かつポンプが損壊した地域は、長期に亘って 断水が続きそうです。そうした中で懸命な援助が 差し伸べられていますが、「心身の疲労感」が伝わって来ます。 猛暑の中、辛抱強い援助が継続されることを願っています。 今日は7月11日〜15日までに詠んだ俳句をお伝え致します。        糸トンボ 豪雨はどこに 宿りしか        輝く目 ガク [続きを読む]
  • 山吹の花と赤の日日草
  •  山吹の花は春から初夏の花ですが、 猛暑の続くこの時期に再び咲いて来ました。 山吹の花の名前の由来は、しなやかな枝が風に 揺れる様子から「山振り」となり、転訛し「山吹」になったとのことです。 花言葉は「崇高」と紹介されています。 今日は山吹の花と赤の日日草を紹介致します。             デュウランタの葉の間から花を咲かせた「山吹」                       鉢植えの「日 [続きを読む]
  • アブラハムの息子イサクの嫁となったリベカはどんな人ですか?
  •  神エホバの約束の進展上、重要な人物のアブラハムの息子イサクの嫁となったリベカはどのような女性だったのでしょうか。聖書の創世記にその答えが記されています。 西暦前1878年、アブラハムは40歳になった息子イサクにふさわしい嫁を探すために家の僕の管理者を遠い親族のもとに送り出しました。このアブラハムの僕は、メソポタミアのナホルの都市に着いた時、夕刻に水をくむ女たちがいつも出て来る時刻に、その都市の外 [続きを読む]
  • 鬼百合と白の桔梗
  •  近くの道辺に、毎年鬼百合が咲きます。 鬼百合は花弁がそり返り、ほぼ下向きに咲いています。 花期は5月〜8月です。 用途は切り花、鉢植え、庭植へです。 今日は鬼百合と白の桔梗を紹介致します。                     道辺に咲いている「鬼百合」                      鉢植えの爽やかな「キキョウ」 [続きを読む]
  • 若者ヨセフが性の不道徳を退けることができたのは何故です?
  •  現在社会は、「肉の業」の性の不道徳・姦淫、淫行の蔓延する社会となっています(ガラテア5:19)。結婚関係にない男女の性の不道徳は高校生や中学生にまで及ぶと聞きます。あなたはどのように感じますか。性の不道徳を、きっぱりと退けていますか。神エホバは男性と女性を「神の像(かたち)に創造してくださり、結婚の取決め、家族制度を創始されました(創世記1:26,27.;2:24)。家族制度を創始された神エホバ [続きを読む]
  • 越後の夜霧に映す街灯りとハイビスカス
  •  越後の写真家が夜霧に街灯りが反映し 幻想的な美しさを描く作品を紹介されていました。 このような夜霧と街灯りの美しいコラボを 見たことがありませんでした。 今日は越後の夜霧に映す街灯りとハイビスカスを紹介致します。                越後の写真家の提供「夜霧に映す街灯り」                   花売り場の鉢植えの「ハイビスカス」 [続きを読む]
  • 使途パウロが世俗の経歴より価値あるものとしたものは何ですか?
  •  使徒パウロは、かっては、イエスの弟子たちを「脅しと殺害の息をなおもはずませ」ていた猛烈な迫害者の人でした(使徒9:1,2)。しかし、イエスの救いによって「選びの器」になりました(使徒9:3〜15)。使徒なったパウロは神の王国の良いたよりを徹底的に証ししました(使徒28:23)。かっては、高等教育を受け、世俗の立派な家系の出で、かつ反対者であった、その使徒パウロが世俗の経歴より価値あるものとしたも [続きを読む]
  • ランタナに黒アゲハ蝶とジャノメ蝶
  •  豪雨の後、梅雨も明け、真夏日ですが、 庭のランタナに朝から忙しく黒アゲハ蝶が飛来し 吸蜜していました。 蝶たちにとって花の時期は短く、花から花に 移動するため、ほとんどピンボケの写真になっていました。 今日はランタナに黒アゲハ蝶とジャノメ蝶を紹介致します。                    忙しく移動する「黒アゲハ蝶」                   庭で休む珍しい「ジャノメ蝶」 [続きを読む]
  • 白のエキナセアと道辺の花
  •  エキナセアの花はハーブの1種で、たいていはどこでも よく育ち、管理のしやすい花です。 花期は6月〜10月です。 用途は切り花、花壇、鉢植えです。 花言葉は「積極的」と紹介されています。 今日は白のエキナセアと道辺の花を紹介致します。                     鉢植えの「エキナセア」                   鬼北(きほく)地方の「道辺の花」                 [続きを読む]
  • 人間は公正を行なうべきなのはなぜですか?
  •  皆様方は、今の社会をどのような社会と感じていらっしゃるでしょうか。ご年配の方であれば、とても厳しい競争社会であり、不公正が蔓延している社会と感じておられる方も多いのではないでしょうか。進学に向かう学生たちは「偏差値」によって、進む学校が振り分けられ、就職も出身校によって選別されているかも知れません。さらに人種や国家や文化や性別によっても差別が見られるかも知れません。 現在社会は、不公正がはびこり [続きを読む]
  • 7月の俳句(その2)
  •  西日本にもたらした豪雨の恐ろしい映像が毎日伝えられ、 被害の大きさに心が痛みます。 被災地、被災者の方々の救助に当たられた方々の 流れる汗のご尽力に感謝を表したいと思います。 合わせて被災者の皆様方に心からお見舞いを申し上げ、 着実な復興をお祈り申し上げます。 今日は7月6日〜10日までに詠んだ俳句を紹介致します。       オウム主犯 刑執行 梅雨続く       熱帯夜 大雨ニュース 続き [続きを読む]
  • 八重咲き紫ムクゲと白色ムクゲ
  •  豪雨が去り、小雨の中で八重咲き紫ムクゲが ご近所の庭に次々と咲いて来ます。 ムクゲは1日花が次々と咲き溢れるのが特色です。 花期は、花図鑑では8月〜9月と紹介されています。 用途は切り花、鉢植え、庭木です。 花言葉は「強い精神力」と紹介されています。 今日は八重咲き紫ムクゲと白色ムクゲを紹介致します。                小雨の中で咲いている「八重咲き紫ムクゲ」             [続きを読む]
  • あなたは「愛」を説明できますか。その「愛」を培い適用していますか?
  •  多くの方々は「愛」という言葉をご存じあり、優しい愛情を表わされる方々もいらっしゃいます。一方、大変残念なことですが、「あなたは「愛」とは何かついて説明できますか?」と、お尋ねしますと、多くの方々は説明することが出来ません。「愛」は分っているようでもありますが、その意味について詳しく学び適用する方法の会得は、意外と少ないのかも知れません。あなたの場合は如何でしょうか。 広辞苑には「愛」を、①親兄弟 [続きを読む]
  • 姫ヒマワリに紅シジミ蝶と紅白のダリア
  •  豪雨が去り、陽射しが射して来ると、 どこからか蝶たちが花に吸蜜に来ます。 豪雨の間、蝶たちはどこで身を守っているのでしょうか。 紅シジミ蝶が姫ヒマワリに来て、吸蜜に夢中で カメラを近づけてもじっとしていました。 今日は姫ヒマワリに紅シジミ蝶と紅白のダリアを紹介致します。               豪雨の去った後の「姫ヒマワリに紅シジミ蝶」                     切り花の「紅白 [続きを読む]
  • 「肉の業」とは何か、その業を避けるべきなのはなぜですか?
  •  私たちの社会生活の中には、殺人、有害な企て、偽り、偽証など以外にも、様々なふさわしくない行為が多数見られ、しかも広く社会生活の中に深く浸透しています(箴言6:16〜19)。 聖書は、私たちが裂けなければならないふさわしくない行為を「肉の業」として警告しています。この「肉の業」とは何でしょうか。「肉の業」は、神エホバから出ない不完全な人間の考えに基づく業で、朽ちる業のことです。この「肉の業」は人を [続きを読む]
  • 白のデュランタと赤のダリア
  •  蒸し暑い梅雨時の白のディランタの花は 爽やかさを与えてくれます。 花期は7月〜9月です。 用途は切り花、鉢植え、庭植えです。 花言葉は「独り善がり」と紹介されています。 今日は白のデュランタと赤のダリアを紹介致します。                     庭の「デュランタ」                − 黒アゲハ蝶がピンボケになりました −                   道の駅の切 [続きを読む]
  • ノアが箱船を建造した理由と、その箱船の大きさをご存知ですか?
  •  聖書を学ばれたことのない方も、「ノアの箱船」(多くの方々は誤って「ノアの方舟」と教えられている)や「ノアの大洪水」という言葉をご存じでいらっしゃいます。しかし、ノアが箱船を建造した理由や、その箱船の大きさを必ずしもご存知ではありません。あなたの場合は如何ですか。 では、ノアが箱船を建造した理由を聖書はどのように教えているでしょうか。ノアが箱船を建造することになった理由を聖書は次のように教えていま [続きを読む]
  • タチアオイとダリア
  •  タチアオイの花はハイビスカスの花びらに似ています。 とても華やかで、名前の属名には入り者語で「治療する」と いう意味があるそうです。 花期は7月〜9月です。 用途は花壇です。 花言葉は「快適」と紹介されています。 今日はタチアオイとダリアを紹介致します。                 お訪ねした家の見事な「タチアオイ」                       切り花の「ダリア」 [続きを読む]
  • 人間のみがなぜ言葉を用いることができるのでしょうか?
  •  人間のみがなぜ言葉を用い文書を書き残し、言葉を語りコミュニケーションを図ることができるのでしょうか。人間は文章を書き「文学作品」や「学術書」を残します。私たちの文化には言葉は欠かせまん。では、なぜ人間のみが言葉を用いることができるのでしょうか。私はこの問いの答えを聖書を学び見いだすことができました。 聖書は世界中の人々が公正に神エホバのご意志を理解することができるように、神エホバの言葉が記されて [続きを読む]
  • ダリアと糸トンボ
  •  ダリアの切り花が道の駅に沢山出荷される時期になりました。 ダリアの花は子供の頃から馴染み深い花で、 百合の花と共に水彩画で描いたのを思い起こします。 花期は7月〜10月です。 用途は切り花、花壇、鉢植えです。 花言葉は「豊かな愛情」と紹介されています。 今日はダリアと糸トンボを紹介致します。                      切り花の「ダリア」                   個体数 [続きを読む]
  • あなたは、命の維持システムの備えを説明できますか♪
  •  家から家へ、イエスの手本に見倣って神の王国の良いたよりの福音を伝道していますと、時々「自分の力で生きているので、神など関係ない」とおっしゃる方に出合います(マタイ4:23;24:14.ルカ4:43;8:1.使徒28:23)。果たして私たちは、自分の力で自分の命を維持することができているのでしょうか。あなたは、備えられている命の維持システムをどのように説明することができますか。 聖書には、畏怖の念 [続きを読む]
  • 7月の俳句(その1)
  •  こちらは、台風7号の通過後も梅雨空で、 とても蒸し暑い日が続きます。 夏場を乗り切る雨量にも恵まれたのではないかと思います。 庭にはランタナが次々と咲き、蝶たちが梅雨の晴れ間に 忙しく吸蜜に来ています。 皆様方のお住いの地方は如何でしょうか。 今日は7月1日〜5日までに詠んだ俳句を紹介致します。       道の駅 出れば夕焼け 湾の上       台風の 北上進路 注視せリ       路地も [続きを読む]
  • 泰山木の花とギボウシ
  •  泰山木を庭に植えておられる方は少なく、 泰山木の花を見る機会は非常に少ないのではないかと思います。 我が家の近くに泰山木の花が咲き、 一度見ると、印象深く心に残ります。 この花は私の手持ちの花図鑑には紹介されていませんでした。 今日は泰山木の花とギボウシを紹介致します。                      近くの「泰山木の花」                      庭に咲いている「ギボ [続きを読む]
  • イエス・キリストの親切なサマリア人の例え話は何を教えていますか?
  •  イエス・キリストは多くの人々に真理を証しする時、聴き手の誰もが分かる例え話を用いられました(マタイ13:10,34)。そうしたイエスの教え方は、真理が忘れがたい内容で心に到達し、心を動かすものとなりました。イエス・キリストが教えた親切なサマリア人の例え話は何を教えているでしょうか。このイエスの教えは、多くの方々がご存知です。聖書の福音書、ルカによる書に次のように記されています。 「しかしその人( [続きを読む]