JWみやさん さん プロフィール

  •  
JWみやさんさん: 神の王国の良いたより
ハンドル名JWみやさん さん
ブログタイトル神の王国の良いたより
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/jwjw18615hmiyajw47jw
サイト紹介文1.神の王国の良いたよりの真理・聖書の紹介 2.花々と風景写真 3.俳句 4.時代の変化
自由文 イエス・キリストの伝道の主要なテーマは「神の王国の良いたより」でした(ルカ4:43;8:1)。ですからイエスの真の追随者はいつでもどこでも神の王国の良いたよりの真理を徹底的に証しします(マタイ24:14;28:19,20.使徒28:23)。「神の王国の良いたより」に勝る良いたよりはどこにもありません。加えて聖書からの日々の生活に役立つ「目立った言葉」や趣味の花々、風景の写真、俳句を紹介致します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供799回 / 365日(平均15.3回/週) - 参加 2014/06/05 04:26

JWみやさん さんのブログ記事

  • ピンクと白の花ミズキ
  •  私の記憶では、約25年ほど前から花ミズキは 庭木として親しまれ、あちこちで見ることが できるようになったと思います。特に洋風の建物の 庭木として調和します。 近くの県営住宅の庭の花ミズキが盛りを過ぎようとしていました。 花期は4月〜5月です。 用途は鉢植え、庭木です。 花言葉は「恋から愛に変わる瞬間」と紹介されています。 今日はピンクと白の花ミズキを紹介致します。                 [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛に含まれない事柄(その1)♪
  •  聖書が予告していた通り、現在の社会は「終わりの日の対処しにくい危機の時代」に私たちは生活しています(テモテ第二3:1)。人々は自己中心的で、「利己的」という言葉はご存知ですが、「利他的」という言葉を多くの方々が忘れている時代になっています。多くの方々は愛に含まれない事柄を抱く傾向が強くなっています。それでも、イエスの残された手本に見倣って、家から家に神の王国の良いたよりの真理を伝道に行き、話し合 [続きを読む]
  • 赤オンツツジと紫オンツツジ
  •  お訪ねした家の庭に真っ赤なオンツツジが咲いていました。 春の日差しの中で赤が鮮やかなツツジです。 花期は4月〜6月です。 用途は鉢植え、庭植え、垣根、盆栽です。 花言葉は「節制」と紹介されています。 今日は赤オンツツジと紫オンツツジを紹介致します。                     鮮やかな「赤オンツツジ」                    生垣の「紫オンツツジ」  [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛に含まれる事柄(その3)♪
  •  私たち男性も女性も神の像(かたち)に創造してくださった偉大な創造者エホバ神は、私たちに「神(エホバ)に見倣う者となりなさい。そして、・・・愛のうちに歩んでゆきなさい」と命じておられます(創世記1:26,27.エフェソス5:1,2)。加えて、不完全な私たちに愛とは何か、その愛に含まれている事柄は何かを聖書に記し、私たちが永続する幸福の道、光の道を歩むことができるように導きを与え続けてくださっていま [続きを読む]
  • アイリスと淡いピンクのオンツツジ
  •  暖かい日が続き、近くの畑にアイリスの花が咲いています。 「アイリス」という名前はギリシャ語の「虹」に由来しています。 花図鑑では花期は5月〜6月と紹介されています。 用途は切り花、花壇です。 花言葉は「恋のメロディー」と紹介されています。 今日はアイリスと淡いピンクのオンツツジを紹介致します。                   近くの畑に咲いている「アイリス」                  [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛に含まれる事柄(その2)♪
  •  何度もお伝えしていますが、偉大な創造者エホバ神は、私たちに「愛がなければ、何の価値もない」と警告されています(コリント第一13:2)。ですから、愛とは何かを理解し、かつ聖書に記されている、愛に含まれる事柄を正しく理解し、私たちの生活に反映することは肝要な事柄です。今日も引き続き愛に含まれる事柄を聖書から次の通りお伝え致します。4.「愛はすべての事に耐える」(コリント第一13:7):この言葉の表現 [続きを読む]
  • 4月の俳句(その3)
  •  暖かい日が続き、裏の畑のサクランボの実も 次第に大きくなっています。 さらにあちこちのお庭でツツジの花も満開です。 皆様方の地方では如何でしょうか。 今日は4月11日〜15日までに詠んだ俳句を紹介致します。      残雪の 越後の春の 桜かな      ー 越後の写真家の作品を見て −      大輪の 美しきこと ぼたんかな      並び咲く 堀辺の桜 二重奏      ー 越後の写真家の [続きを読む]
  • 生垣の紅白の「モチツツジ」とオオデマリの花
  •  ご近所の生垣のモチツツジが紅白の花を 見事に咲かせ、春の心地よさを醸しだしています。 花期は4月〜6月です。 用途は鉢植え、庭植へ、垣根、盆栽です。 花言葉は「節制」と紹介されています。 今日は生垣の紅白の「モチツツジ」とオオデマリの花を紹介致します。                      ご近所の生垣の「モチツツジ」                  切り花で売られている「オオデマリ」 [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛に含まれる事柄(その1)♪
  •  愛の神エホバは、私たち人間を「神の像(かたち)」に創造してくださいました(創世記1:26,27)。それゆえ、偉大な創造者エホバ神は、ご自分の比類のない特質の愛を、私たちが反映した生き方をすることを願っておられます。お父さんエホバ神は、み言葉聖書を通して、私たちに「愛がなければ、何の価値もない」と、警告されています(コリント第一13:2)。使途パウロは、私たちが互いに愛をどのように示すべきかについ [続きを読む]
  • 赤の花桃と94歳のお世話のビオラ
  •  宇和島市の隣町の比較的高地の鬼北(きほく)の お家をお訪ねしましたら、庭にまだ赤の花桃が 咲いていました。 花桃は花が終わっても桃の実を結ぶことはありません。 今日は赤の花桃と94歳のお世話のビオラを紹介致します。                     鬼北地方の家の「花桃」                  94歳の方のお世話の「ビオラ」 [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」:愛が肝要である理由♪
  •  現在社会は、聖書が予告していた通り、特に1914年以降は「終わりの日の対処しにくい危機の時代」です(テモテ第二3:1)。そのため多くの人々は神エホバの教えを無視し、自己中心で金銭第一主義であり、かつごう慢な者となり、粗暴で自然の情愛を持たず、愛を軽視した生き方を露骨に表しています(テモテ第二3:2、3)。 一方、聖書は「愛のうちに歩んでゆきなさい」と私たちに命じています(エフェソス5:2)。私た [続きを読む]
  • 壁掛け鉢のビオラとピンクの八重桜
  •  市内の整形外科医院の駐車場のフェンスに壁掛け鉢に 植えられたビオラが美しく咲いていました。 春の日差しを浴びて温かな雰囲気を放っていました。 花期は2月〜5月です。 用途は鉢植え、花壇です。 花言葉は「空想の羽」と紹介されています。 今日は壁掛け鉢のビオラとピンクの八重桜を紹介いたします。                市内整形外科医院の駐車場の「ビオラ」             比較的高地の鬼 [続きを読む]
  • 「愛のうちに歩んでゆきなさい」♪(エフェソス5:2)
  •  何度もお伝えしていますが、私たち人間は男性も女性も神の像(かたち)に創造されています(創世記1:26,27)。ですから、私たちは偉大な創造者エホバ神の比類のない属性の愛、公正(義)、知恵、力を反映する能力が備えられています。もし、私たちの言動に愛が反映されないとすれば、「神の像(かたち)」が損なわれ、人間失格になることは明らかです。神エホバは愛の神であられ、私たちは「愛のうちに歩んでゆく」ことを [続きを読む]
  • ピンクのボタンと真珠店の生け花
  •  連日初夏のような好天に恵まれ、 あちこちのお庭で満開のボタンの花を見るようになりました。 ボタンの花は、美しく気品に溢れる女性に例えられ、 「立てばシャクヤク、座ればボタン」と、言われています。 ボタンの花は、夜は花弁を閉じ、朝再び花びらを開きます。 花期は4月〜5月です。 用途は切り花、鉢植え、庭木です。 花言葉は「姉妹愛、壮麗」と紹介されています。 今日はピンクのボタンと真珠店の生け花を紹介 [続きを読む]
  • クリスマスローズと雪国越後の桜並木
  •  比較的高地のお隣の町、鬼北(きほく)町のお宅の庭に ヘレボルスの「クリスマスローズ」が咲いていました。 この花は下向きに咲いているので写真を撮るのに カメラを地面に置いての作業になります。 花期は12月〜3月です。 用途は切り花、花壇、鉢植えです。 花言葉は「慰め」と紹介されています。 今日はクリスマスローズと雪国越後の桜並木を紹介致します。                  お訪ねした家の「ク [続きを読む]
  • 4月の俳句(その2)
  •  暖かい日が続き、裏庭のリンゴの花もほとんど散りました。 この時期はツツジやアヤメの花や藤の花をあちこちで見かけます。 名前の分からない山野草の花も沢山咲いて、花々の美しい時期です。 皆様方のお住いの地方は如何でしょうか。 今日は4月6日〜10日までに詠んだ俳句をお伝え致します。      目の覚める おとめ椿の 美しさ      青麦の 切り花となり 道の駅      タンポポや 逞しきこと 道 [続きを読む]
  • 珍しい雪餅草と白桃の花
  •  市内の整形外科医院の玄関に、珍しい山野草の 鉢植えの「雪餅草」が置いてありました。 私の手持ちの山野草図鑑には紹介されていませんでした。 今日は珍しい雪餅草と白桃の花を紹介致します。                 市内整形外科医院の「珍しい雪餅草」                   まだ残っていた裏庭の「白桃の花」 [続きを読む]
  • 黄色のアヤメと暖かい地のリンゴの花
  •  暖かい日が続き、日本人には馴染み深いアヤメの花が咲いています。 アヤメの花は北海道から九州まで広く分布しているようです。 花期は5月〜6月と花図鑑には紹介されています。 用途は切り花、花壇です。 花言葉は「恋のメロディ」と紹介されています。 今日は黄色のアヤメと暖かい地のリンゴの花を紹介致します。                      道辺に咲いている「アヤメ」                [続きを読む]
  • イエス・キリストの愛を知る:「哀れに思われた」(その2)♪
  •  イエス・キリストは、ご自分に付いて来る大群衆をご覧になり「哀れに思われた」深い愛について学ぶと、私たちも見倣う点で大きな益を受けます。引き続き人々の「苦しみを和らげるように動かされた」イエスの愛についてお伝え致します。 様々な疾患や病を抱える人々は、イエスが同情心に富む方であることを感じ、イエスに引き付けられました。その点が顕著になったのは、大群衆がイエスの後について来ているところに、「体じゅう [続きを読む]
  • 鬼北(きほく)町の八重桜と道辺のピンクの芝桜
  •  宇和島市の隣の鬼北(きほく)町は、高地のため 外気温度は、宇和島市より2℃ほど低いため 八重桜がまだ咲いていました。 八重桜の花は塩漬けにし、桜のお茶を楽しまれる方もいます。 今日は鬼北(きほく)町の八重桜と道辺のピンクの芝桜を紹介致します。                   鬼北(きほく)町の「八重桜」                    鬼北町の道辺の「芝桜」 [続きを読む]
  • イエス・キリストの愛を知る:「哀れに思われた」(その1)♪
  •  私の知人に、見知らぬ人が道辺に座り込み、困っている人を見かけると、ご自宅に案内し食事を恵み、当面の必要を顧みられる方がいます。また、駅の待合室で寒い夜を過ごされている人を見かけると、ご自宅に案内し、食事と宿泊を提供される、実に憐み深い方で、今時なかなか見かけることの出来ない人です。このご家庭はご両親、ご本人夫婦、その息子さん共々に憐れみ深い人たちですが、ご両親は亡くなられました。 今日は人々をご [続きを読む]
  • そら豆の花と青のパンジー
  •  今日の7日は昼間の気温が10℃以上も下がり 2月の気温に逆戻りをしましたが、暖かい初夏のような気温が続き 裏の畑のそら豆の花が一斉に咲いています。 都会暮らしの方はそら豆の花を見る機会は少ないと思いますが 比較的地味な花です。美味しく大粒の実を結びます。 今日はそら豆の花と青のパンジーを紹介致します。                      裏の畑に咲いている「そら豆の花」           [続きを読む]