taipa さん プロフィール

  •  
taipaさん: GO DOWN GAMBLIN'
ハンドル名taipa さん
ブログタイトルGO DOWN GAMBLIN'
ブログURLhttp://godowngamblin.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文ついに待望のリタイア。私taipaが趣味や日々思うことを述べていきます。広告ないので軽いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/06/05 13:15

taipa さんのブログ記事

  • 大雨の中片坂峠を越えこぶしの里へ 番外霊場真念庵(その2)
  • 雨がまた激しくなり、木立の間を進むと真っ暗になったように感じる。へんろ道と書いてあるので間違いないのだが、前にも後ろにも人がいない。山道を10分ほど歩くと国道のトンネルの上に出た。このあたりが片坂峠のようである。ちょうど9時だから、お大師様の分岐から30分かかったということである。ここから先は下り坂である。ところどころ岩肌の見える油断できない登山道だが、ストックを出さなければ危ないというほどではない。 [続きを読む]
  • 2017NFL Week11展望
  • 先週のサーズデイナイト、シーホークス@アリゾナを見ていて思ったことがある。ゲーム自体はカーディナルスが勝っておかしくなかった。決勝点のきっかけとなったウィルソンからボールドウィンのパスが通ったのはたまたまみたいなものだし、シャーマンの負傷離脱(アキレス腱断裂)で終盤のシーホークスディフェンスは不安定だった。カーディナルスも余計なギャンブルを何回かしていた。でも、それ以上に印象的だったのは、カーディ [続きを読む]
  • 新聞をとるのをやめた
  • 先月一杯で契約が切れるのを機に、新聞をとるのをやめた。社会人になってからずっと続けて来た新聞の宅配だけれども、このところ紙面の半分以上が広告だし、記事もほとんど読まなくなっていた。奥さんからも、「○○さんも△△さんも新聞やめたよ。その分食費に回してくれたらうれしいな」ということだったので、半年前から解約は既定方針だった。もちろん、やめたからといってすぐに困ることはない。最近までとっていたのは読売新 [続きを読む]
  • 大雨の中、窪川から長い登り坂を進む 番外霊場真念庵(その1)
  • 翌朝起きた時にはまだ傘なしでも外に出ることができたが、朝のお勤めが終わって宿坊に戻る頃には雨が降り出していた。岩本寺の本堂は、何年か前に建て替えた際に天井画を公募し、その中にマリリン・モンローを描いた絵があることで有名である。本堂入ってすぐの頭の上にある。午前6時にお勤めが始まって間もなく、すぐ横の土手を走り過ぎる列車の音が聞こえた。お勤めは、もともとの札所である五社のご本尊それぞれにお経をあげる [続きを読む]
  • 2017NFL Week10展望
  • テキサンズのルーキーQBワトソン故障のニュースは衝撃的だった。今年のルーキーQBの中では抜群の存在感だっただけに新人王争いにも当然加わったし、A南地区の優勝争いを左右したはずである。これでA南は2チームがエースQB不在で、タイタンズとジャガーズという見たことのない優勝争いになった。G+はサーズデイナイトとサンデーナイトしかやらないしGamepassは何万円もするので大変困っていたが、先週からDAZNを契約して、やっ [続きを読む]
  • 船橋年金事務所へ 〜年金手続き編(1)
  • 8月に最後の失業保険受給があり、本当の無収入になった。いよいよ年金生活の本番である。年金をいただくには、年金事務所に行って手続きをしなければならない。私の住んでいる千葉ニュータウンの管轄は船橋の年金事務所である。9月に入ったら行こうと思っていたら、予定していた4日火曜日に電気工事士の申請も入ってしまった。そちらは成田、年金は船橋。もちろん一般道でも行けるのだが、どのくらい待つか分からないので早い方 [続きを読む]
  • ネリのドーピング騒ぎと帝拳の将来
  • ネリのドーピング検査陽性について、ようやく一応の結論が出た。B検体もクロで、ネリのドーピング違反は確定。これを受けてリングマガジンが山中をチャンピオンに復活させたものの、本家本元のWBCはお咎めなし。ネリは先週末、世界チャンピオンとして凱旋試合をこなし、一方の帝拳はネリvs山中再戦に向けて動きだしたようである。ドーピング検査のあらましやB検体とは何かについては過去記事を見ていただくとして、やはりVA [続きを読む]
  • とてもお値打ち岩本寺宿坊 三十七番岩本寺(その5)
  • この日の泊まりは岩本寺である。宿坊に泊まるのは、十楽寺、鯖大師、金剛頂寺に次いで4寺目になる。通りを曲って奥まったところにある山門はそれほど大きいものではないが、山門をくぐった境内の懐は広い。入ってすぐ右手に鐘楼と大師堂、左手に納経所がある。奥に進んで右の本堂は白・赤・黄・緑・青五色の幔幕で囲われており、左奥が宿坊である。突き当たりは土手になっていて、その上を線路が走っている。JR土讃線は窪川まで [続きを読む]
  • 2017NFL Week9展望
  • 今シーズンのNFLもWeek 9、あっという間に折り返し点である。今年の特徴は多くの地区で混戦となっていることで、ビルズ、ジャガーズ、ラムズなどここ数年低迷を続けて来たチームが上位争いに加わっている。連敗を続けているのはブラウンズと49ナース。星勘定の厳しいのはこの両チームとNYジャイアンツくらいで、あとはどのチームにも地区優勝の目は残されている。裁判の結果、とうとうエゼキエル・エリオットの出場停止が認めら [続きを読む]
  • 五社のご朱印をいただいて岩本寺へ 三十七番岩本寺(その4)
  • さて、中ノ宮まで戻ったものの、依然として社務所には人の気配がない。ベンチとトイレがあるのはありがたいものの、自販機が置かれていないのでペットボトルを補充できない。有名な五社だから売店か自販機くらいあるだろうと考えていたのだが、迂闊なことであった。よく探すと、社務所の窓の横に「ご朱印は○○様宅でお受けします」と書いてあり、地図も描かれている。せっかくだからお伺いすることにした。いったん鳥居をくぐって [続きを読む]
  • 苦闘の第7次四国札所歩き遍路 〜せいうち日記106
  • ギリヤーク尼ヶ崎師匠の新宿公園を観戦した後、7回目となる四国札所歩き遍路に挑戦した。今回の区切り打ちは当初は13泊の予定だったのだけれど、これまでとは全く違って本当に苦しいお遍路歩きとなったのでした。スタートは前回歩いた土佐清水まで飛行機・電車・バスを乗り継いで行って、そこから歩く。とにかく暑い。10月半ばだというのに30度を超える暑さで、じりじりと照りつける日差しは半端でない。暑いのには慣れているはず [続きを読む]
  • かつての札所、仁井田五社へ 三十七番岩本寺(その3)
  • 仁井田五社は江戸時代の札所である。岩本寺からは四万十川を渡った山側にあり、霊場記の絵図を見ると五つの嶺がご神体だったようで、それぞれに鳥居がある。この仁井田五社、もともとは古墳だったともいわれ、 社伝によると伊予の豪族・越智玉澄の創建という。越智氏は後に河野水軍となる一族であるが、例の「遍路の元祖」右衛門三郎も河野氏ゆかりとされるように、四国遍路との関わりが深い。五十五番札所三嶋宮(南光坊)も河野 [続きを読む]
  • 2017NFL Week8展望
  • 先週のサンデーナイトはスーパーボウルの再戦。拮抗した好ゲームを期待したのだが、序盤からペイトリオッツの一方的な展開で、ファルコンズは大差に開いてからフリオ・ジョーンズが一本決めただけにとどまった。濃霧の中のゲームという地元有利な要素はあったにせよ、どうやらファルコンズにはカイル・シャナハンの抜けた影響が大きいようで、攻撃がワンパターンなのは気になる。N西の同地区対決ARZ at LARでは、カーソン・パーマ [続きを読む]
  • 今年は螺旋階段まで登れず ギリヤーク2017新宿公演(後編)
  • 「念仏じょんがら」が始まった。以前ギリヤーク師は、「体が動かなかったら顔で踊る」と言っていたが、まさにこの日は顔で踊っていた。体の方も、以前のような大暴れという訳にはいかないものの、きちんとステップも踏めていたし、リズムも取れていた。数珠を手繰りながら、一生懸命に肩を揺らし、体を屈伸させ、顔を伸ばしたり縮めたりしている。中盤に入ると数珠を振り回し、頭巾もよだれかけも脱ぎ捨てる。まさか階段まで行くつ [続きを読む]
  • 人里に下りる途中にポツンと一軒家 浅間嶺(その3)
  • 結局、浅間嶺で小一時間ゆっくりして、先に進む。浅間嶺から関東のみちは上川乗に下りて行くが、今回選んだのは人里峠から人里へのルートである。 人里と書いて「へんぼり」と読む。立地的には人里というよりは山里といった方がしっくりくる山の中の集落である。浅間嶺から人里峠への尾根道は、まさにこれがなだらかな尾根道という感じであった。急傾斜もなく、右手には御前山に続く雄大な山並みを望み、こういう尾根道ならいつま [続きを読む]
  • 七子峠からはびっくりするほど平坦 三十七番岩本寺(その2)
  • 七子峠まで登ってしまえば、あと岩本寺までの道にはそれほどの起伏はない。関東に住んでいると、峠の先には登ると同じくらいの下りがあるはずと思うのだが、七子峠は峠まできつい登りなのに、その先は平坦なのである。室戸の金剛頂寺もそうだったが、四国特有の地形ではないかと思う。峠まで登山道そのものの険しい道が数十分続いたのに、峠から先は水田の続く平坦な道というのは、すごく違和感がある。JRの線路もこの間トンネル [続きを読む]
  • 2017NFL Week7展望
  • 四国お遍路をしている間に、アーロン・ロジャースが大ケガを負ってしまった。おそらくシーズンアウトのようで、今期絶好調だっただけにスーパーボウルまで左右する大事件である。ネット環境が整わないので、今週は簡単に。なぜか全部Underdogになってしまった。アウェイ5連勝中Oアリゾナ・カーディナルス(3-3) ロサンゼルス・ラムズ(4-2) - 3.5同地区対決なので1シーズン2度の直接対決があるが、現在アウェイチームが5 [続きを読む]
  • 大岳山・御前山の展望は最高 浅間嶺(その2)
  • 後から1/25000図を見てみると、尾根に出たのは750mの等高線のあたりのようだ。標高650mくらいまでは川の表示はないものの結構な水流があって、蛇やみみずの出現する危険地帯となっていたのである。こわかったからとはいえ、時坂峠550mくらいから休みなしに200mの標高差を登ったのだから大したものである。ここからは浅間尾根の尾根道なのだが、実際は中腹のトラバース道である。谷から登ってきて次第に進路を西から南に変えるので [続きを読む]
  • 四国札所歩き遍路 三十七番岩本寺(その1)
  • 第六次お遍路2日目の朝になった。移動翌日の朝は、これから一日中歩きになるため、若干の緊張感がある。そして、この日の行程は岩本寺までで、大坂遍路道が工事中で通れないという情報もあったのでそれも気になっていた。そもそも真念「道指南」による久礼から床鍋までのルートは「そえみみず坂」である。久礼から少し戻り、北を流れている長沢川を遡る。ただ、現在ではあまり使われないルートで、道がやや荒れているとの情報もあ [続きを読む]
  • 2017NFL Week6展望
  • 序盤5週間を経過して、シーズン前とは状況が相当変わってきている。カー、マリオタの負傷でレイダース、タイタンズが失速しており、復帰してもすぐに完調とはいかないだろうから、追い上げは厳しいかもしれない。そしてオデル・ベッカムとJ.J.ワットが大ケガで、ジャイアンツとテキサンズは大変である。QBワトソンが大活躍のテキサンズはともかく、今現在5連敗中のジャイアンツは今シーズンがほぼ終了ということになってしまった [続きを読む]
  • 1年振りの首都公演 〜ギリヤーク2017新宿公演(前編)
  • 今年も体育の日がやってきた。体育の日といえば、ギリヤーク尼ヶ崎師匠の新宿公演である。4、5年前に「50周年目指してがんばります」と言っていた時には、80過ぎてそんなにできないだろうと思っていたものだが、気がついてみるとあと1年である。NHKの番組以来観客が増えてしまったのは見る側にとってあまりありがたいことではないが、ギリヤーク師にとっては当然うれしいことであろう。ともかくも、お遍路の日程を遅らせて新 [続きを読む]
  • 中高年の山歩き 〜浅間嶺(その1)
  • 55歳を過ぎて山歩きを再開しました。安全第一を心がけ、静かな山行を楽しんでいます。たまに奥さんを連れて行きますが、基本は単独行です。ガイドブックほど早く歩けないという方は、参考になさってください。-------------------------------------------------------------------------------------------------さて、この秋2度目の山である。お遍路の13泊14日が控えているので日帰り圏で考えたいところだが、前回の本仁田山 [続きを読む]
  • 「土佐の一本釣り」の町、久礼に到着 番外霊場大善寺(その4)
  • 民宿安和の里から久礼八幡宮まで8kmちょっとだから、約2時間の見当である。安和の里を過ぎたのは午後1時半だから、4時前には着くはずである。宿の場所がいまひとつよく分からないので、暗くなる前には久礼の街に入りたい。 四国のみちルートは海岸線をたどるルートで景色はたいへんよろしいが、砂利を満載して飛ばして行くトラックと、右は切り立った崖、左は海までさえぎるもののない崖で、神経を使う道である。それと、せっ [続きを読む]