介護職人 さん プロフィール

  •  
介護職人さん: 真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ハンドル名介護職人 さん
ブログタイトル真理を訪ねて30年〜介護に学ぶ人間関係学
ブログURLhttps://ameblo.jp/yuuto-tome/
サイト紹介文悩み多き少年だった私は、真理を知れば悩みから解放されるのではと考え、今も訪ね続けています(笑)
自由文 介護や看護の仕事は感情労働と言われています。
 利用者の方や患者さんと、信頼関係を構築しなければ、本人本位の介護や看護はできないからです。
 しかし、他者と信頼関係を構築するのは容易なことではありません。
 私は介護の仕事をつうじて、他者と意図的に信頼関係を構築する術やその他さまざまな法則的なことを学ぶことができました。
 そういった学びを多くの方々にお伝えしていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/06/05 23:31

介護職人 さんのブログ記事

  • 私の困りごとの原因ですけど・・・実は・・・
  • 4月3日(火)は、19時から20時まで、宮崎市内の住宅型有料老人ホーム平和台の杜さんにて、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→https://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/の勉強会を行いました。  毎月第1火曜日19時から20時からの開催で、毎回1枚のシートを活用した演習方式です。 各人、今関わっている利用者の方(対象者がいなければ身内でも可)を対象にします。今 [続きを読む]
  • 組織の仕組みが動くためには・・・
  • 7月17日(火)と26日(木)は、介護労働安定センターの委託事業で、宮崎県内の県央地区と県北地区にて、『人材育成の仕組みづくり』についてお話しました。 人材育成で失敗しやすい理由のひとつとして、職場の思い(他者期待)が強すぎることがあげられます。そもそも人材育成とは、職場を主語にしています。人材を人財と言い換えても、主語は変わりません。 職場の思い(他者期待)は重要ですが、職員の思い(自己期待)も [続きを読む]
  • 移乗リフトを目覚めさせよ
  • 7月13日(金)は、介護労働安定センターの委託事業で、宮崎県内の介護事業所さんにお伺いしました。 移乗リフトの導入支援というテーマです。移乗介助は、介護職員が腰を痛めやすい場面のひとつです。事業所さんは、職員の腰痛予防のため導入を図っています。 この事業所さんも、約10年前にリフトを導入されていました。10年前といえば、かなり早い段階です。ところが、現場では活用されなかったようです。 こういうケー [続きを読む]
  • 宮崎わくわく介護塾 
  • 7月19日(木)は、『宮崎わくわく介護塾』にて『「どうしてそんな行動とるの?」〜認知症高齢者にみられる行動・心理への理解および対応方法』というタイトルで、講義・演習を行いました。 『宮崎わくわく介護塾』は、平成20年度から29年度までは『アットホームケア宮崎ネットワーク』という団体名で活動していました。 対象は、宅老所や住宅型有料老人ホームと訪問介護、通所介護等を一体的に運営している事業者さんでし [続きを読む]
  • 認知症2つの予防
  • 7月18日(水)は、宮崎市内のオレンジカフェ小松台にて、『認知症2つの予防』というタイトルで、ミニ講話をさせていただきました。 認知症サポーター養成講座→http://www.caravanmate.com/ というものがあります。全国の地域に認知症の良き理解者を増やして、認知症になっても大丈夫な地域にしましょう!という取り組みで、2005年度から始まっています。私も講師役として、2008年度からいろんなところで講座を行って [続きを読む]
  • 介護の仕事とは
  • 7月13日(金)は、介護職員初任者研修の一コマで、職業人講話「介護の仕事とは」を行いました。 介護職員初任者研修は、介護の仕事を始まるさいの入口的な研修ですが、受講された方々全員が介護の仕事に就くわけではないようです。 私は、受講生ご自身のためにも、一度は介護の仕事を体験した方が良い理由を、私の体験を踏まえてお伝えし、・この研修を受けようと思った理由・研修で楽しかったこと/辛かったこと・今後の目標 [続きを読む]
  • 認知症ポジティブのススメinみやざき
  • 7月7日(金)は、認知症介護指導者東京ネットワーク(being)九州ブロック総会・研修会に参加しました。 凄まじい豪雨の中、九州内の認知症介護指導者さん等が、10時間以上かけて、来ていただきました。 来れなかった方々もいました。 いずれにせよ、全員無事で良かったです。  参加予定は約70名ほどでしたが、53名ものご参加をいただきました。  研修会は、『認知症ポジティブのススメinみやざき』〜前向きにとらえて [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座というつながり作り
  • 7月6日(金)は、小学5年の息子が通う小学校で、認知症サポーター養成講座を講義しました。 私の小学校でのプログラム(2年前に作成)は、①先生にめあてを伝えてもらう②講師によるテキスト講義③介護劇(悪い対応)④演習(良い対応)⑤まとめという流れを2時限使って行わせてもらいます。 今回は5年生が140名以上もいたので、私以外に・民生児童委員さん16名・キャラバンメイトさん等16名という大所帯で行きまし [続きを読む]
  • 宮崎市認知症ケアチームマネジメント推進研修会
  • 6月28日(木)は、宮崎市認知症ケアチームマネジメント推進研修会で、講義・演習をしてきました。 この研修会は、認知症介護について『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→http://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ を活用して実践する内容で、平成16年度から宮崎市が取り組んでいます。 センター方式は、認知症本人(以下、本人)の多面性を理解するために、16枚のシートがあ [続きを読む]
  • 服薬管理の主語は支援する人ではありません
  • 7月3日(火)は、19時から20時まで、宮崎市内の住宅型有料老人ホーム平和台の杜さんにて、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→http://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ の勉強会を行いました。  毎月第1火曜日19時から20時からの開催で、毎回1枚のシートを活用した演習方式です。 各人、今関わっている利用者の方(対象者がいなければ身内でも可)を対象にします。今 [続きを読む]
  • 認知症介護指導者東京ネットワーク(being)九州ブロックWEB世話人会
  • 6月18日(月)は、認知症介護指導者東京ネットワーク(being)九州ブロックWEB世話人会に参加しました。 ※認知症介護指導者とは→http://www.dcnet.gr.jp/study/training/  年間3〜4回世話人会を開催していますが、世話人会の会場は福岡や佐賀、熊本が多く、私などは片道3〜4時間かけて(平成22年度から)参加し続けています。 ですが、交通費や移動時間がばかにならないので、昨年度からWEBでの世話人会に取り組み始 [続きを読む]
  • 認知症介護実践者研修
  • 6月26日(火)は、認知症介護実践者研修の『地域資源の理解とケアへの活用』について、講義・演習をさせていただきました。 認知症介護実践者研修とは、介護の現場職員を対象とした、全国都道府県及び政令指定都市で開催されている研修です→http://www.dcnet.gr.jp/study/training/ 約1週間の講義・演習と、約1か月の自施設実習というハードなカリキュラムです。 私は、多分10年ほど『地域』の単元を担当しています。 当 [続きを読む]
  • 父の四十九日法要
  • 6月9日(土)は、父(享年75歳)の四十九日法要でした。 お寺に家族や親族一同が集まり、お経をあげていただき、ご焼香をあげました。さらに、ご法話をいただいた後、納骨を行いました。 お寺の納骨堂に行くと、伯母(享年19歳)と祖父(享年69歳)、祖母(享年86歳)のお骨が箱ごと納められており、そのままでは父のスペースがありませんでした。お坊さんと話して、骨壺だけを取り出し、箱は処分していただきました。 [続きを読む]
  • 認知症介護における長期的な視点
  • 6月5日(火)は、19時から20時まで、宮崎市内の住宅型有料老人ホーム平和台の杜さんにて、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→http://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ の勉強会を行いました。  毎月第1火曜日19時から20時からの開催で、毎回1枚のシートを活用した演習方式です。 各人、今関わっている利用者の方(対象者がいなければ身内でも可)を対象にします。今 [続きを読む]
  • 思考プロセスを視える化する
  • 5月31日(木)は、18時30分から19時30分まで、以前勤めていた介護事業所さんの職場内研修で講義をさせていただきました。 昨年11月から、だいたい毎月入らせていただき、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→http://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ を活用して、ひとつの事例をアセスメントしてきました。 今回は最終回で、集めた情報の整理の仕方について取り組んで [続きを読む]
  • 福祉の仕事って何だろう?
  • 5月23日(水)は、宮崎県福祉人材センターからの依頼で、宮崎市内の中学校にて、『福祉の仕事』出前講座を行いました。 私の福祉の原点は、じいちゃん子だったことだと思います。 とにかく可愛がられ、とにかく好きで、とにかく幸せでした(#^^#) この体験で人や高齢者が好きになったのだと思います。 福祉とは、“しあわせ”という意味です。憲法でも、“しあわせ”になる権利が謳われています。 でも社会にはいろんな人 [続きを読む]
  • 父の看取り
  • 4月23日(月)、父が往生しました。 昨年6月に癌末期で余命1年と宣告された父は「このまま自然に」と言いました。  往診してくれるお医者さんと、痛みが我慢できないときに入院できる病院を手配してから、自宅でそれまでと変わりなく暮らし続けました。 お盆には「来年は飲み食いしながら賑やかに迎えてくれ」と言いました。  12月と今年の1月、痛みが我慢できずに入院しましたが、いずれも1週間程で自宅に帰れました。  [続きを読む]
  • 認知症の中核症状は病名によってさまざま
  • 5月8日(火)は、19時から20時まで、宮崎市内の住宅型有料老人ホーム平和台の杜さんにて、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式(以下、センター方式)』→https://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ の勉強会を行いました。  毎月第1火曜日19時から20時からの開催で、毎回1枚のシートを活用した演習方式です。 各人、今関わっている利用者の方(対象者がいなければ身内でも可)を対象にします。 [続きを読む]
  • 福祉協力員になりませんか
  • 4月18日(水)は、福祉協力員委嘱式に出席しました。 なるべく後ろの席に着きたいと思い、早めに来たところ、席は決まっていました(笑) しかも一番前?(OωO; )   福祉協力員とは、地域の見守りボランティアとして社会福祉協議会が設置しています→http://www.my-shakyo.jp/town/protect.html  私は平成27年から福祉協力員として地域の見守り活動をしています。 民生児童委員と似てますが、福祉協力員の見守りは『地域 [続きを読む]
  • 認知症サポーター養成講座in日建学院
  • 4月17日(火)は、介護職員初任者研修を実施している日建学院さんにて、認知症サポーター養成講座を行いました。 初任者研修の最終日ということで、認知症に関しても『認知症サポーター養成講座 標準テキスト』に書かれてある以上のことは既に学ばれています。しかも、近々介護現場で働かれる予定の方々です。私は、専門職として講座を受けるのではなく、地域のいち住民として受けてくださいとお伝えしました。 2025年 [続きを読む]
  • 介護は考える仕事〜介護は知的労働です!
  • 4月14日(土)と5月12日(土)は、『認知症の人のためのケアマネジメント センター方式』→https://www.dcnet.gr.jp/study/centermethod/ の地域型基礎研修を行いました。 この研修は全国共通の入り口的な位置づけで、宮崎市では平成23年から毎年この時期に三者共催(宮崎市認知症ケア地域推進員連絡会&宮崎市&NPO法人地域生活サポートセンター)で行っています。私は平成16年からセンター方式を学び続けていま [続きを読む]
  • 老人クラブのお花見会
  • 3月29日(木)は、老人クラブのお花見会に参加しました。 天候にもお花にも仲間にも恵まれ、大変癒されました。  会長は85歳で半年前に脳卒中で倒れられたそうですが、後遺症も見当たらず…まぁ元気元気副会長からは、地域の昔話等をたくさん聞かせていただきました。 まさに生き字引! 入会して2年近く経ちますが、仕事のためなかなか行事に参加できませんでした。昨年運動会に参加し、今回のお花見会。ようやく顔と名 [続きを読む]
  • 2025年の高齢者介護
  • 3月15日(木)は、19時から20時30分まで、アットホームケア宮崎ネットワークの研修会で、『2025年の高齢者介護〜2025年までに事業所と介護職が取り組むべきこと』というタイトルで講義・演習をさせていただきました。 今から15年前(2003年)、『2015年の高齢者介護』という報告書→http://www.mhlw.go.jp/topics/kaigo/kentou/15kourei/3.htmlが提出されました。当時の私は、介護の仕事に就いて5年 [続きを読む]