ハッシー さん プロフィール

  •  
ハッシーさん: 中小企業のうつ病対策。人、資金、時間に余裕がない
ハンドル名ハッシー さん
ブログタイトル中小企業のうつ病対策。人、資金、時間に余裕がない
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/hashi1092
サイト紹介文企業の労働安全衛生、特にメンタルヘルス問題に取り組んでいます。 。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供253回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2014/06/07 11:11

ハッシー さんのブログ記事

  • 元請けが新たな健康管理対策
  • 対策が「作文」に終わらないようになることを願っています。新国立建設で過労自殺 元請けが新たな健康管理対策11月14日 NHK新国立競技場の建設工事をめぐって過労による自殺が起きた問題を受け、元請けの大手建設会社の大成建設は東京都内で会見し、新たな健康管理の対策として、現場への医師の配置や、作業員のストレスチェックを下請け業者に促すことなどを実施すると発表しました。ことし3月、新国立競技場の建設現場で働いて [続きを読む]
  • 医師の仕事は、過酷です(続編)
  • 医師の労働時間「把握を」 新潟の研修医自殺、実態と食い違い 遺族らシンポ2017年9月10日 朝日長時間労働が問題となっている医師の働き方について考えるシンポジウムが9日、東京都内で開かれた。過労自殺した医師の遺族や代理人弁護士らが医療機関の労務管理の問題点を指摘し、働き方の改善を訴えた。過労死弁護団全国連絡会議など3団体が主催した。長時間労働が原因でうつ病を発症して過労自殺し、5月に労災ログイン前の続 [続きを読む]
  • 医師の仕事は、過酷です
  • 「医師は忙しくて当たり前」という先入観を、考え直さなくてはならないですね。年2258時間残業 3病院67人が月80時間超え毎日新聞2017年11月7日県立病院 専門家「労働基準法違反の疑いも」香川県立病院で2016年度の1年間に計2258時間の時間外労働をした勤務医がいたことが6日、毎日新聞の情報公開請求で分かった。3病院の医師計207人のうち67人の残業時間が「過労死ライン」とされる月80時間を超えて [続きを読む]
  • 職員の机に「役立たず」書き置き(パワハラ⑤)
  • <山形大パワハラ>職員の机に「役立たず」書き置き センター長筆跡か河北新報 11/9(木)山形大xEV飯豊研究センター(山形県飯豊町)の職員3人が今年3〜5月、センター長の男性教授からパワーハラスメント(パワハラ)を受けたとして相次いで退職した問題で、河北新報社は8日、センター長が職員1人の机に残したとされる書き置きの画像を入手した。職員は学内のハラスメント防止規程で定められた窓口に相談した後、雇い止めに遭った [続きを読む]
  • 母が労災申請(パワハラ④)
  • 20歳男性自殺「過労パワハラで鬱」母が労災申請11/6(月) 神戸新聞神戸市内の製菓会社に勤務し、昨年6月に自殺した男性=当時(20)=の母親が今年9月、「長時間労働に加え、パワーハラスメントで鬱(うつ)を発症していた」として、兵庫県西宮市の西宮労働基準監督署に労災補償を申請していたことが5日、分かった。母親は「親として企業の責任を問いたい。若い社員が使い捨てにされるような社会であってはならない」と訴え [続きを読む]
  • 部下から「逆パワハラ」(パワハラ③)
  • 「なぜ逆パワハラが起きるのか」。それよりも「なぜ、パワハラは起きるのか?」「なぜ、人はパワハラをするのか?」。識者、研究者の答えが欲しいものです。しかし、未だに、納得できる回答を得ることができません。因みに、パワハラ議論の出発点である、「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」(座長:堀田力さわやか福祉財団理事長)の提言にも、明解な回答はありません。http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000 [続きを読む]
  • 育休で「パタハラ」(パワハラ②)
  • 育休で「パタハラ」 三菱UFJモルガン社員が仮処分申請2017/10/26 日経三菱UFJモルガン・スタンレー証券のカナダ国籍の男性社員が26日、正当な理由なく休職命令を受けたとして、地位保全や賃金の仮払いを求める仮処分を東京地裁に申し立てた。職場で育児休業の取得を機に仕事を減らされるなどの嫌がらせ「パタニティ(父性)ハラスメント」(パタハラ)でうつ病を発症し、復職可能と診断を受けた後に休職命令を受けたとい [続きを読む]
  • 教授からのパワハラでうつに(パワハラ①)
  • 教授からのパワハラでうつに 准教授が徳島大を提訴三上元2017年11月3日 朝日徳島大学薬学部の准教授が、教授からのパワーハラスメントが原因でうつ病になったのに、大学が適切に対応しなかったとして、大学に慰謝料など330万円を求める訴訟を起こしたことが、2日わかった。訴状によると、准教授は2012年2月以降、希望していない別の講座への異動を申請するよう求められ、推薦状を渡された。異動を申請しなかったところ [続きを読む]
  • 障害者が主役の生産施設を見学
  • 去る11月2日(ブログの休載日)、障害者が主役の生産施設、「ココ・ファーム・ワイナリー」とその母体施設の「こころみ学園」を見学しました。栃木県の足利市にあります「こころみ学園」は、昭和33年(1958年)に、中学の特殊学級の教員だった川田昇氏によって、設立されました。川田氏は私財を投じて、足利市田島町の急斜面3ヘクタールを買い取り、開墾しました。昭和44年(1969年)に成人対象の知的障害者更生施設として認可が下り [続きを読む]
  • 労基法第36条(続編)
  • いわゆる「さぶろく協定」というのは、労働基準法第36条を根拠にして、労使協定を締結することから、一般的な通称として使われてきた経緯があります。具体的には、この「36協定」を労使間で締結し、労働基準監督署に届出て、労基署の認印がないと、一切の残業ができないというものです。皆さまの企業では、労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、労基署に届出ていますか?労働基準法第36条とは「使用者は、当該事業場 [続きを読む]
  • 労基法第36条
  • 労基法第36条に根拠にする、いわゆる「さぶろく協定」が、有名無実化している実態が、電通の報道をはじめとして、次々に明らかになっています。ただし、以下の報道でもそうなのですが、「男性は長時間労働が原因でうつ病を発症し、」としています。長時間労働のみが原因のようになっていますが、小職は、パワハラ等のその他の要因が複雑に絡み合っているように推測します。大和ハウス、違法残業で労基署から是正勧告米谷陽一2017年 [続きを読む]
  • 労災申請から違法残業が発覚
  • 会社は、私傷病として処理したかったのですね。ところが、遺族が労災申請したことにより、次々と事実が明らかになり、ついには、会社側が民事損害賠償責任を問われることになりました。「過労などで息子が自殺」 両親、信州名鉄運輸を提訴2017年10月4日 中日2015年2月に自殺した信州名鉄運輸(長野県松本市)の元社員の男性=当時(28)=の原因は長時間労働による過労やパワハラだったとして、この男性の両親が4日、同 [続きを読む]
  • 復職後、部長からヒラに
  • 「復職後、部長からヒラに」久光製薬社員が提訴産経新聞 17.10.26約1年の休職後、3回にわたり降格、減給されたのは違法として、久光製薬(東京都千代田区)の男性社員(58)が、部長職の地位確認と未払い賃金約965万円の支払いを求め東京地裁に提訴したことが26日、分かった。弁護人によると、男性は子会社の副社長を務めるなど20年以上にわたり主に広告分野で活躍。しかし、通販健康部の部長だった平成21年、会社の [続きを読む]
  • 「再発防止チーム」って
  • 「再発防止チーム」を立ちあげたと、2年近く前の報道がありました。今回の事案とどのように関連付ければよいのか、悩みますね。兵庫県警の機動隊員自殺「パワハラが原因」 遺族が提訴10/20(金) 朝日兵庫県警機動隊の巡査だった木戸大地さん(当時24)が2015年10月に自殺したのは警察内部のパワーハラスメントが原因だったとして、広島市在住の両親が19日、兵庫県に計約8千万円の損害賠償を求める訴えを広島地裁に起こ [続きを読む]
  • 是正せず対応を放置
  • ところが、良い流れに逆らって、反省しない事業場もあるようです。御社は、対応策を講じていらっしゃいますか?新潟市民病院自殺 遺族が刑事告発へ 「是正せず対応を放置」17.10.25新潟日報新潟市民病院が今年1〜6月に、延べ90人の医師に労使協定を違反する長時間労働をさせていたとして、2016年に過労自殺した同病院の医師、木元文さん=当時(37)=の夫が、新潟市と篠田昭市長、市民病院の片柳憲雄院長を新潟労働基 [続きを読む]
  • 過労自殺で和解(続編)
  • 昨日「今後は、このような流れが定着することを期待します。ということは、企業の人事労務管理が大切な経営計画に組み込まれることになります。」と記しました。そのような流れになっているので、まあ良しとしましょう。しかし、鵜sべ手の企業・事業場には、そもそもの問題解決に繋がるような対策を講じてほしいと、切に願っています。過労自殺認め遺族に謝罪 大阪地裁、訴訟が和解2017/10/16 日経会社員の夫(当時57)が単身 [続きを読む]
  • 過労自殺で和解
  • 弁護士の地道な努力が、和解を勝ち取りました。今後は、このような流れが定着することを期待します。ということは、企業の人事労務管理が大切な経営計画に組み込まれることになります。過労自殺で建設コンサル会社と和解 時間外月200時間磯部征紀2017年10月14日 朝日札幌市の建設コンサル会社の新入社員の男性(当時28)が自殺したのは、過労によるうつ病が原因だったなどとして、男性の両親が会社を相手取り約9700万円 [続きを読む]
  • 11月は「過労死等防止啓発月間」です
  • 厚労省HPより報道関係者各位  平成29年9月14日 労働基準局 総務課、監督課11月は「過労死等防止啓発月間」です〜過労死等防止対策推進シンポジウムや過重労働解消キャンペーンなどを実施〜厚生労働省では、11月を「過労死等防止啓発月間」と定め、過労死等をなくすためにシンポジウムやキャンペーンなどの取組を行います。この月間は「過労死等防止対策推進法」に基づくもので、過労死等を防止することの重要性について国民 [続きを読む]
  • 自殺リスクは高い
  • 日本医療機能評価機構(東京)が発表した元データが見つかりませんが、深刻なデータですので、以下に紹介します。一般病院の2割、入院患者自殺…半数はがん2017年10月14日 読売精神科病床がない一般病院の約2割で入院患者が過去3年間に自殺していたことが、日本医療機能評価機構(東京)の調査でわかった。一般病院でも自殺が少なくない実態が浮き彫りになったことから、同機構は精神面の不調のチェックやケア、自殺が起きやす [続きを読む]
  • パワハラでうつ病
  • 働く人々が、精神疾患、特にうつ病を発症する原因は、長時間労働だけではありません。マスコミ報道が、「長時間労働」に偏り過ぎているので、あえて強調します。原因は、①長時間労働、②昇進・昇格、③異動・転勤、④ハラスメント、この4つに集約されます。この4つのなかから、単独で発症する場合もありますし、いくつかが複雑に絡み合って発症に至ることもあります。「王将」社員、「パワハラでうつ病」労災申請 酸化サラダ油 [続きを読む]
  • 上司が退職強要
  • 「訴状などによると、男性は2011年7月ごろから」と、事件の発端から、もう6年以上が経過しています。それでも解決に至りません。パワハラ問題の深刻さが、垣間見える事件です。今回の消防署をはじめ、「上下関係に厳しい」警察署、自衛隊等では、同様な事案が続いています。抜本的な対策を講じることができないのでしょうか?1時間以上「辞めろ」…上司が退職強要、うつ病に 消防士、行田市を提訴 PCの上にペン置くだけで始末書1 [続きを読む]
  • (参考)働き方改革実践ノウハウ獲得セミナーのご案内
  • 働き方改革実践ノウハウ獲得セミナーのご案内平成28年度厚生労働省委託事業として「働き方改革実践ノウハウ獲得セミナー」が全国8か所で開催されます。業績向上を目指す企業にとって不可欠な、従業員の心身の健康維持と能力の発揮、生産性の向上や成果の確保、組織内コミュニケーションの改善等を実践するための知識や方策をお伝えいたします。中小企業の経営者、人事労務部門の責任者や担当者におかれましては、是非本セミナーへ [続きを読む]