いとう さん プロフィール

  •  
いとうさん: 湘南の星空
ハンドル名いとう さん
ブログタイトル湘南の星空
ブログURLhttp://shounanstar.blog.fc2.com/
サイト紹介文湘南から見える星空をテーマにした写真ブログ。星空だけではなく、湘南の風景も紹介します。
自由文最近は富士山周辺で星撮りに夢中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/07 14:35

いとう さんのブログ記事

  • オリオン座再処理
  • 皆さんこんばんは。今夜の鎌倉はとても良い天気。房総の天気も良さそうですが、明日は朝から出張なので出撃できません。今月は晴れ間に出かけられなく、タイミングが悪い日々を過ごしています。来月にかけるか・・・。星撮りに行けないので、画像処理の勉強がてら、過去の写真の再処理を行っています。☆ オリオン座昨年撮ったオリオン座を再処理しました。昨年の課題としてリゲルの透明感を上げていましたが、リゲル以外の青白い [続きを読む]
  • 分子雲の強調処理
  • 皆さんこんばんは。先月の投稿でカリフォルニア星雲やプレアデス星団周辺の分子雲をアップしました。その際に考え付いた分子雲の強調方法を紹介したいと思います。オリジナルですので、もっと良い方法があるよ! と言う方がいらっしゃいましたら是非ご教示ください。1.下地処理分子雲の強調で最も大事なのは、強調処理する前に「ライトフレームを如何に平坦にするか」です。この平坦化はフラット処理やダーク補正(特にセンサの [続きを読む]
  • 白鳥座からケフェウス座
  • 皆さんこんばんは。白鳥座からケフェウス座にかけてを50mmレンズで撮りました。☆ 白鳥座からケフェウス座仕上げた当初、天の川が赤くなり過ぎるのにも関わらず右上と左下の領域が青過ぎてしまう。色の偏りが激しい、なんかとても変な写真になっていました。不自然極まりないのでアップを諦めていたのですが、もう一度最初からやり直して、ちまちま魔法をかけながら処理しています。自分としては大分見やすくなったのですが、これ [続きを読む]
  • 網状星雲
  • 皆さんこんばんは。撮ろうとすると雲が沸いたり、撮ってもガイドが流れたりと、これまでなかなかまともに撮ることができなかった網状星雲です。やっと撮ることができました。2モザイクで撮っています。☆ 網状星雲形と言い、色と言い、正に宇宙の神秘ですね。神様の芸術は素晴らしいです。今でも秒速100kmの速度で広がっているとか。左側がNGC6992-5、右側がNGC6960で、NGC6960にくっついている星は4.2等星の白鳥座52番星です。距 [続きを読む]
  • ケフェウス座からカシオペア座にかけて
  • 皆さんこんばんは。パソコンで打ち込んでいる部屋から月が見えます。とても良い天気です。昨日は投稿後に曇ってしまったのですが、今夜はちょろっと雲が見えるものの、撮影ができなるほど曇りそうにありません。でも撮影はお休みです。ご紹介するのはケフェウス座からカシオペア座にかけての天の川です。☆ ケフェウス座からカシオペア座昨年も同じようなところを撮っていますが、もっと西よりのIC1396が入る構図でした。今回はNG [続きを読む]
  • カシオペア座ツィーとカラフルな星雲
  • 皆さんこんばんは。今晩は月が太いですが、とても天気がいいです。ただ風もありシーイングが悪いので、今夜はナロー撮影もせずに大人しくしています。☆ カシオペア座γ星(ツィー)カシオペア座のM字の真ん中の星のツィーとその周辺です。ツィーは巨星へと進化する段階の星で、時々ガスを放出しているそうです。放出されたガスが赤や青に光っています。ツィーの右側にも赤い星雲が広がっているのは知っていましたが、ツィーを真 [続きを読む]
  • 白鳥座付近の天の川
  • 皆さんこんばんは。昨年9月に撮った北アメリカ星雲からサドル付近を皮切りに、白鳥座の天の川付近の写真をSIGMA 135mm F1.8 DG Artで撮っていました。撮れたもののS/Nが上がらず撮り直しをしたり、撮影中に曇られてリベンジしたりといろいろありましたが、やっと4ヶ所を撮ることができました。その4ヶ所をモザイク処理しました。☆ 白鳥座付近の天の川個々の撮影日が異なるのでカブリなどが異なり、4ヶ所それぞれを単純に仕上げる [続きを読む]
  • 三角座とM33
  • 皆さんこんばんは。焦点距離135mmレンズによるフルサイズでの三角座とM33です。位置関係が判るように、三角座とM33の間を中心にしています。☆ 三角座とM33☆ 三角座とM33(ナンバー入り)M33は135mmでは小さいかと思ったのですが、意外にも大きく、しかも腕が明瞭に写りました。まぁ大きいはずですよね。銀河の長い方は、満月2個分より大きいのですから。それと、D810Aで撮ったのでフィルター無で小さいながらも散光星雲が写り [続きを読む]
  • 夜空に浮かぶ大銀河と彗星
  • 皆さんこんばんは。M31アンドロメダ大銀河を135mmで狙ってみました。☆ 夜空に浮かぶアンドロメダ大銀河アンドロメダ大銀河を真ん中にドーンと配置しただけの構図ですが、夜空に浮かぶ様子から宇宙の広さを感じさせてくれます。大銀河の色も綺麗に出すことができました。で、処理中に気が付きました。右下の端ギリギリに彗星があることを。スイフト-ゲーレルス彗星です。緑色のコマがきれいです。撮影時に気が付いていれば、もっ [続きを読む]
  • ペルセウス座からおうし座にかけて
  • 皆さんこんばんは。写真は9月の撮影に戻ります。☆ペルセウス座からおうし座にかけてカリフォルニア星雲と昴周辺です。50mmレンズで撮ったので結構広めです。おうし座のヒアデス星団も入っています。結構こってりさせました。豚骨ラーメンです。それと、この辺りは分子雲がモクモクとありますので、破たんしない程度に炙りだしました。ガッツリ強調するとボロが出るので(笑)。最近分子雲のあるところを撮っていますが、前にも書 [続きを読む]
  • 昴と分子雲
  • 皆さんこんばんは。前回のと撮影日は異なりますが、昴とその周辺の分子雲です。分子雲つながりと言うことで・・・。平日に休暇を使って富士山富士宮に行きました。平日だったこともあり、撮影中に横を通過する車は少なかったです。最初雲海となりましたがすぐに取れてしまい、南の空は明るかったです。時々雲が沸いたりしましたが、シーイングが良く総合的に良い空でした。☆ 昴と分子雲焦点距離135mmレンズで露光は2時間30分かけ [続きを読む]
  • カリフォルニア星雲と分子雲
  • 皆さんこんばんは。カリフォルニア星雲とその周辺の分子雲です。☆ カリフォルニア星雲と分子雲カリフォルニア星雲の色は綺麗に出せました。でも分子雲。本当に処理が難しいです。強調処理する前にきちんとムラを取らなと、色があっちにこっちに行ってしまいます。暴れて仕方が無いです。露光時間が足りないせいなのでしょうねぇ。美しく表現するのがまだまだです。【撮影データ】■撮影日 / 撮影場所 / 気温 2018年9月16日 / 富 [続きを読む]
  • 夏の大三角
  • 皆さんこんばんは。あれだけ暑かった夏が過ぎ、すっかり涼しくなりました。富士山での撮影も寒さが付きまとってきそうです。そういえば今日の富士山の標高の高いところは、ライブカメラで見るとすっかり雪化粧していました。前回の続きです。月明かりのある中で夏の大三角を撮ってみました。夏の大三角はここ数年撮っていないような。しかもAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDで撮りましたが、このレンズを星野写真に使うのも久しぶり [続きを読む]
  • ジャコビニー・チンナー彗星
  • 皆さんこんばんは。やっと撮りに行けました。朝まで撮ることができました。今年の5月から新月期の晴天と仕事の休みのタイミングが合わず、まともに撮影ができない状態が続いていましたが、先日友人の誘いもあり、10年以上ぶりに富士山新五合に出かけました。☆ 雲海この日は月が出ているものの22時過ぎに沈む予定だったので、深夜から明け方狙いでした。当日は雲海も出て街灯りをシャットアウト!!! しかも空気が澄んでいる。 [続きを読む]
  • NGC7000(北アメリカ星雲)再再処理
  • 皆さんこんばんは。仕事の休みと天気のタイミングが合わず、8月は遠征できませんでした。そこで過去に撮った写真を再処理しています。当時の処理方法等を見ながら、こんなことやっていたんだーと思う今日この頃。いやー、画像処理って本当に難しいです。過去に悩みに悩んで処理したのが北アメリカ星雲。今回も手を出して悩みの沼に落ちていきました。2年前に撮ったのですが、当時の完成形がこちら。☆ 北アメリカ星雲(2年前)ハ [続きを読む]
  • 新しいフラット手法その2
  • 前回の話の続きになります。半分備忘録です。ここでは、撮影時のスカイフラットをスカイフラット(暗)と呼ぶことにします。自分はこれまで薄明中に撮影するフラットをスカイフラットと呼んでいたので、区別をつけるためです。前回の処理の方法が判り難かったと思うので、撮影から処理までの流れを簡単に書きます。【撮影編】1.ライトフレームの撮影2.スカイフラット(暗)の撮影3.薄明開始後にダーク撮影上記すべては同じIS [続きを読む]
  • 新しいフラット手法
  • 皆さんこんばんは。暑い日が続きますね。フラットの重要性は皆様痛いほどお解りかと思います。しかし、頑張ってもフラットがなかなか合わなこともしばしばで、画像のフラット化に四苦八苦するのも常だと思います。また、フラット撮影もEL版を使ったり、薄明中の空を使ったりといろいろあります。私の場合は、これまで薄明中の空をセブンイレブンの袋をかぶせてフラット撮影をしてきました。撮影対象の方向に鏡筒を向け、ライトフレ [続きを読む]
  • M17
  • 皆さんこんばんは。暑い日が続きますね。夏バテはしていませんが、なかなか忙しくて・・・。4月に撮った写真を今頃アップです。☆ M17恒星の肥大も無く意外にきれいに撮れました。ちょっとRが強いでしょうか・・・。しかし、撮影時のデータを見ると、当時の涼しさがうらやましいです。【撮影データ】■撮影日 / 撮影場所 / 気温 2018年4月20日 / 大多喜町 / 9℃■カメラ / レンズ Nikon D810A / FS128+REDUCER(焦点距離:700mm [続きを読む]
  • ヒメボタルの舞
  • 皆様こんばんは。1ヶ月ぶりです。(^ ^;;;アップしようとは思っていましたが、忙しいのを理由にして放置していました。写真は仕上げていたのですがねぇ・・・。光るキノコはおまけみたいなもので、この日の目的はヒメボタルでした。ヒメボタルはヘッドライトなどのような光に非常に敏感で、ちょっとでも照らしてしまうと途端に発光を止めてしまいます。撮影時はカメラをセットし撮影し始めたらすぐにその場から撤退し、別の場所で待 [続きを読む]
  • 光るキノコ
  • 皆さんこんばんは。梅雨入り後の新月期、南関東は晴れません。直った赤道儀のテストも兼ねてバリバリ撮りたいものですが、来月まで撮影は持ち越しとなりそうです。そんな梅雨空の下、先日千葉県某所まで友人とヒメボタルの撮影に行きました。蛍の乱舞に出会えましたが、それ以上に驚いたものに出会いました。光るキノコです。ホタルを探していると木の洞があわ〜く光っていました。最初、動かないホタルかと思ったのですが、近づい [続きを読む]
  • やっと撮れたわし星雲
  • 皆さんこんばんは。関東も梅雨入りしてしまいました。やっと赤道儀も直ったのに、撮る機会が少なくなってしまいます。今夜紹介するのはM16、わし星雲です。これまで何度も挑戦してきましたが、その度に雲に阻まれ、なかなか満足には撮ることができませんでした。4月の遠征の時にやっと長時間撮ることができました。☆ わし星雲4月の原村への遠征でも結構撮れたのですが、2年ほど前に須走で撮った画像と合わせて処理しました。若干 [続きを読む]
  • 球状星団M13
  • 皆さんこんばんは。今回紹介するのはヘルクレス座の球状星団M13です。やはり大きいですね。昨年お試しで撮りましたが、中心部が飽和し満足に仕上げられませんでした。今回は短時間露光と併せて処理をしてみました。昨年撮った画像も組み合わせているため、露光時間がバラバラです(笑)。☆ M13短時間露光の画像との組み合わせで中心部の飽和は避けられました。でも、この調整が難しかった。今でもまだ改善の余地があるのではと思 [続きを読む]
  • 赤道儀の修理完了!
  • 皆さんこんばんは。問題となっていた赤経クランプの調整も無事にでき、アトラクス修理が完了しました。YOCCHANさんのご希望もあったので、アトラクスの赤経ギア修理の様子を紹介したいと思います。今回問題となったのは、減速ギアの軸受が緩んだことでした。緩まないようにしっかり固定する必要があり、FBで相談した結果ネジロックで止めることにしました。ネジロックはネジのゆるみを止める接着剤です。接着強度は低、中、強とあ [続きを読む]
  • 球状星団M3
  • 皆さんこんばんは。アトラクス赤道儀のギアは無事復活しました。組み立てる際にギアのかみ合わせの調整を念入りにしたので、望遠鏡を搭載してもガタもなくスムーズに回るようになりました。ただ、1年ほど前からあった問題なのですが、赤経クランプのしまりが悪く、この際直してしまおうとしましたがなかなかうまくいきません。それでも直す方向性が見えたので、これもじっくり時間をかけて直したいと思います。今夜はりょうけん座 [続きを読む]
  • M106銀河
  • 皆さんこんばんは。赤道儀のギアが届きました。早く直したいのですが、慌てると破損する可能性もあるので、平日はやらずに週末にじっくり時間をかけたいと思います。今夜紹介するのはりょうけん座のM106銀河です。自分にとっては北斗七星の柄杓と柄の付け根の星(前々回の写真の右下の星)から辿った方が判り易いので、導入の際は北斗七星を使っています(自動導入のシステムは持っていません)。ファインダーでもハッキリわかるく [続きを読む]