うずら さん プロフィール

  •  
うずらさん: アオイトリ
ハンドル名うずら さん
ブログタイトルアオイトリ
ブログURLhttp://sakihaetamae.blog.fc2.com/
サイト紹介文箪笥の中の古着物、もう絶対に着ない服、家にあふれる古布をハンドメイドで大人服、子供服にリメイク。
自由文ネクタイ、スーツにワンピース、たまに発掘される昭和レトロなお洋服。てんぷら鍋用掃除布が最後の仕事の古布たちにリメイクでなんとかもう一度日の目をみせてみる。
加えて、古箪笥に眠りっぱなしの着物たち。
仕付け糸をつけたままだったり、反物だったり、明治・大正物もたまに発掘。
我が家にあふれる古布たちで色々リメイクしているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供75回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/06/07 21:22

うずら さんのブログ記事

  • 着古した綿シャツをショート丈に直す 【完成】
  • ただの綿シャツの丈を詰めて、前身頃の幅を少し開いて、完成。使用ボタン、大体同じ大きさの白ボタンを一斉処分。四つ穴だったり2つ穴だったり、胸ポケットにもカフスにも押し付ける。使い切った。うしろ身頃少し眺めの裾。こんな感じで詰めて、脇の縫い合わせを少し解いてスリット兼用。次ぎは色違いにとりかかる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 着古した綿シャツをショート丈に直す 【丈を詰める】
  • 次ぎはMサイズを直します。青っぽいのと灰色っぽい色違い.真ん中の灰色っぽいのを直します。台襟を残して襟を外して、うしろ身頃長めに裾を切りました。外した襟で前立て延長。白ボタン配置。コレで左開きが右開きかよく分らなくなり、婦人モノ化した紳士モノかあやふやになります。あと、身幅が少し広がります。ボタンが付いていてもチュニックのように被って着られます。じゃぁなんでボタン付けるのかって?いらないボタンがた [続きを読む]
  • 着古した綿シャツをまだ使いまわすリメイク
  • 広告出ててビックリした!!2週間くらい更新してないなぁと思っていたら1ヶ月未更新だった!!梅雨明けたら猛烈に夏なんだから暑苦しくなる前に古着なんて窓ガラス拭いて捨てればいいのにと思いつつ、思いつつもリメイクしちゃってる今日この頃です。というワケで、綿シャツ3枚です。紳士モノ、Mサイズ2枚と、Lサイズ1枚。Mは色違い。紳士モノにしては小さめサイズ。Lはメーカーが違い、真面目に紳士モノの大きさ。おっか [続きを読む]
  • 格子柄シャツをダブダブシャツにする 【実装】
  • というわけで、綿100%に比べてもたっと感のある化繊混じり古シャツをもさっと感のあるパジャマ風にリメイクしたんでしたっけ。もた×もさ で今風のゆるさに仕上がったと言えなくもない。どれ、着てみるか。あ〜、まぁ〜、ありだな。うしろ長め。もうちょっと、前を詰めると良いのかもしれない。「うずらさん、コレを量産すればいいんだよ。ほら、ここに綿シャツがあるじゃない」そうそう、古シャツを洗って干しとたらおっかさ [続きを読む]
  • 格子柄シャツをダブダブシャツにする 【完成】
  • 完成。襟があるとそれなりに見える。前合わせがそれなりだと、それっぽく見える。それなりで、それっぽい仕上がり。「うづらさん、コレも同じにしなよ」おっかさんがシャツを数枚持ってきました。これは・・・古Yシャツをあさって洗濯して干しておいたやつだ。先に回収されちゃった。まぁ、着る人がいるってことは処分できるってことだから、いっか。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 格子柄シャツをダブダブシャツにする 【チュニック化】
  • 外したカフスを前立てにして、前中心がずれて前身頃の身幅が少し広がります。裏側に、こんな感じでカフス前立てが仕込んであります。下部分を開き止まり処理してチュニック化。片方の襟にもボタンホールを付ける。飾りの意味と、右開き左開きの意味を薄れさせときます。飾りボタンの隣が、実用ボタン。何のためかって?いらないボタンを処分するためですよ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 格子柄シャツをダブダブシャツにする 【解体】
  • 最後の格子シャツは、化繊混じり生地。ボタンは玉虫発色でなかなかステキ。コレ、別の生地に使おう。襟を外して、袖を剣先開きごと削る。前身頃のシャツカーブを削る。削った前裾端切れ。揃ってないところがメイドイン例の国の特徴ですなぁ。剣先開きごと切り取った袖からカフスを外す。Yシャツではなのでカラーにもカフスにも硬い芯は入っていません。この特徴を今回のリメイクに活かしてみたいな。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紳士モノシャツをダーツで婦人モノ化する 【装着】
  • ダーツの確認がてら、着てみる。脇のつまみ。紳士モノだからか肩幅の広さを胴だけではたたみきれない。胸があるわけじゃないので上部がだぶつきますなぁ。しっかりダーツを決めようと思うと解体するしかないか。婦人モノ化するならコレくらいの丈が程良いかもしれません。これくらい詰めるなら袖の長さも検討した方が良いな。肩幅をタックでたたんでもう少し身頃の詰めを直そうと思っていたら「買い物に着て行けそうだね」とおっか [続きを読む]
  • 紳士モノシャツをダーツで婦人モノ化する
  • 次ぎは、2のチェック柄シャツを直そうと思います。硬いゴワついた生地です。洋服というよりインテリア小物っぽい生地です。とりあえず、解体。前身頃を削ってシャツカーブをなくします。ダーツで身幅を狭めようと思うので、ポケットも外しておきます。前身頃に2本ダーツ。うしろも左右2本ずつ。ダーツなので先細りです。ここでちょっと着てみる。もうちょっと絞るのに脇をつまむ。ここら辺がつままれてます。こんな感じで身頃調 [続きを読む]
  • 紳士モノ柄シャツを婦人モノっぽく直す
  • 紳士モノYシャツ類のなかから、ただのシャツを見つけました。6月くらいまで着ていられそうな厚さの生地です。夏になると着られないのでとっとと直そうと思います。1から、汚れたような柄シャツです。綿100%らしいですが、なぁ〜んか混じってそうな感じです。サクッと解体します。襟を取る。カフスを取る。そして、裾を削る。前身頃は短め、後ろ長め。襟、袖口、裾を処理して、完成。もうちょっと前後差があっても良かったな [続きを読む]
  • ネル風の羽織モノ 【実装】
  • ネル風シャツをなんか羽織る感じのものにしてみました。着てみました。ウエストが出来て、幅広の袖ぐりが着物スリーブ風です。脇からの図。前身頃真ん中あたりと、後ろ身頃を引張り気味にたたんで脇で留めています。脇の留め位置が上過ぎると肩の動きが悪くなります。脇の下にシワがたまってますね。ショートジャケットにあるように背肩ぐり部分にタックをたたむには・・・解体するしかないのかなぁ。うしろ身頃も中心線から両脇に [続きを読む]
  • ネル風シャツを羽織れるやつに直す
  • 最後の一枚は、3のネル風シャツです。ヨレヨレながらも某大手衣料店の新品よりも生地が頑張ってます。昭和の生地は真面目です。なかなか良いボタンも付いている。外しとこう。襟なんてもうレロレロなので、深くV字にえぐります。袖カフスを外して、折り返してジグザグミシン一回こっきり処理。名のあるビンテージでもないただのヨレヨレ生地なのでぺらぺら羽織るよりも多少ピタッとさせるといいかなと思って絞ってみます。だいだ [続きを読む]
  • 長袖ニットを長袖のままにしておく
  • ニット地用針がついたままなので、5のニット地長袖シャツを直そうと思います。芯が入った硬い襟と、硬いカフスがポロシャツ地とは違った仕上がりです。邪魔っつーことで、襟を取って、キワを縫い閉じる。カフスを取って、表からジグザグミシン。ジャージーっぽいのかな、ほつれにくい生地だった。さっくり完成。紳士モノだからか、カフス分を削ってもまだ長袖です。まだ一枚で着られるような陽気じゃないなと 前作5 と6を脇に置 [続きを読む]
  • ニットシャツを半袖にした
  • 次ぎは6いってみよー。ニット地です。とりあえず、襟とカフスが邪魔ですな。でかい、とがった襟が開襟してます。裾広がったGパン穿かなきゃいけなきゃいけないくらいの開襟っぷりです。全盛期の爆破シーンがハリウッド越えしてたらしい刑事モノでこんなん着てたら殉職コースまっしぐらってくらいの古さです。襟とカフスは袖ごと省略しました。襟の名残が開襟ハイネックなしあがりです。開いてみても、控えめな開襟になりました。 [続きを読む]
  • すけシャツリメイク
  • そんじゃま、4の薄地クレープ生地シャツをさっくり直してみようと思います。襟とって、袖切って、終わり。剣先の名残が残ってます。コレを切り取るくらい詰めると半袖になりすぎるかなと。ほつれる感じのしない生地だったので、襟を外した襟ぐりと切りっぱなしを折り返した袖口は表からジグザグミシンをかけただけ。かなり古いシャツの仕立てられ方でした。なにぶんボタンが立派だった。クリアーボタンに白マーブル模様と気泡が涼 [続きを読む]
  • 古Yシャツ類の中からとりあえず6枚選んでリメイク
  • とりあえず、シャツ形式の古着を集合させました。衣装ケース2つ分くらい。こいつをやっつければ家から着ない古シャツ類が消える。どんくらいあるんだろう。30枚を超えたところで、数えるのをやめました。こんなことしてても減らねぇし。とりあえず、選別。もうだめだろ、この黄ばみ。重く、湿った感じのする化繊生地。それ等は捨てました。雑巾になることもなく捨てた。よし、減ったかな?数えなおして、30枚を超えたところで [続きを読む]
  • 発掘 お仕立てパンツ 【実装】
  • 昭和の日本男子体形に合わせて作られたパンツをウエスト調整だけして完成。ハイウエスト化して穿いているからか股下が婦人サイズです。うしろがよりハイウエスト。前に戻って、ベルト通しの位置と半月カッティングのポケットがえぇですのん。なかなかフツーに見えるので、フツーに穿いてます。合わせている白シャツはいつかのYシャツリメイクブラウス。ユニQロとは合わぬが、そんなシャツとはよく合います。古Yシャツを着潰すチ [続きを読む]
  • 発掘 お仕立てパンツ 【ボタン付け替えてサイズ調整】
  • すっかりご無沙汰しました。それもこれも寒かった。そろそろミシンも踏めそうな気候になってきました。とはいえ、撮り溜めたとりとめもない画像をアップしてゆきます。古箪笥の整理をしていてたまに面白いこともあります。親戚の故人に数人、洋裁、仕立て屋関係についていた人たちがいます。その人たちが作ったと思われる洋服をみつけると、けっこう楽しい気分になるんです。今回発掘できたのが、コレ。神戸にいたという仕立て屋さ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【完成】
  • どってことなく完成。袖口の仕上がりっぷり。これくらいの幅に縮めてやるとボタンしたままでも手を通せます。ボタンの縫い付けをギチギチにせず、長めに取ればより余裕が出来ます。低めのスタンドカラーになった襟。ウエストを絞ってみてもよかったかもしれません。いつか作ったマッチーパターンの 12本ダーツブラウス みたいにするのもいいかもな。裾布に余分があれば襟にフリルなんてあしらってもいいかもしれない。袖をキャップ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【修正】
  • 縫い目を解いて襟を取ったら、キワを縫い直して、襟の処理は終わり。低めのスタンドカラーになっただけ。しっかり跡が付いているので縫い直しは楽だと思います。喉もとのボタンを外して付け直すのが手間だったかな。縫い直しが面倒で、切れ味の良いハサミを持っている人は襟を切り落とすのが楽だと思います。わたしが持っているのは小学校の家庭科で買わされる裁縫箱装備のステンハサミ。キワを切り込んだつもりも、切り残しのケバ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【発掘】
  • スラックスばっかり直していたら飽きたので、シャツ等を発掘。家にはびこるシャツ系古着の10分の1ってとこですかね。この、3倍くらい、袋に入って値札つけたまま黄ばんでるシャツ類があります。総計1割くらいがそのまま着れそうな新品シャツってかんじです。・・・もっと少ないか。着古された古着のみなさんでして、着尽くしたネルシャツや保温効果の怪しげなコーデュロイなんぞがあります。が、どこかのファストファッション [続きを読む]