うずら さん プロフィール

  •  
うずらさん: アオイトリ
ハンドル名うずら さん
ブログタイトルアオイトリ
ブログURLhttp://sakihaetamae.blog.fc2.com/
サイト紹介文箪笥の中の古着物、もう絶対に着ない服、家にあふれる古布をハンドメイドで大人服、子供服にリメイク。
自由文ネクタイ、スーツにワンピース、たまに発掘される昭和レトロなお洋服。てんぷら鍋用掃除布が最後の仕事の古布たちにリメイクでなんとかもう一度日の目をみせてみる。
加えて、古箪笥に眠りっぱなしの着物たち。
仕付け糸をつけたままだったり、反物だったり、明治・大正物もたまに発掘。
我が家にあふれる古布たちで色々リメイクしているブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/06/07 21:22

うずら さんのブログ記事

  • ネル風の羽織モノ 【実装】
  • ネル風シャツをなんか羽織る感じのものにしてみました。着てみました。ウエストが出来て、幅広の袖ぐりが着物スリーブ風です。脇からの図。前身頃真ん中あたりと、後ろ身頃を引張り気味にたたんで脇で留めています。脇の留め位置が上過ぎると肩の動きが悪くなります。脇の下にシワがたまってますね。ショートジャケットにあるように背肩ぐり部分にタックをたたむには・・・解体するしかないのかなぁ。うしろ身頃も中心線から両脇に [続きを読む]
  • ネル風シャツを羽織れるやつに直す
  • 最後の一枚は、3のネル風シャツです。ヨレヨレながらも某大手衣料店の新品よりも生地が頑張ってます。昭和の生地は真面目です。なかなか良いボタンも付いている。外しとこう。襟なんてもうレロレロなので、深くV字にえぐります。袖カフスを外して、折り返してジグザグミシン一回こっきり処理。名のあるビンテージでもないただのヨレヨレ生地なのでぺらぺら羽織るよりも多少ピタッとさせるといいかなと思って絞ってみます。だいだ [続きを読む]
  • 長袖ニットを長袖のままにしておく
  • ニット地用針がついたままなので、5のニット地長袖シャツを直そうと思います。芯が入った硬い襟と、硬いカフスがポロシャツ地とは違った仕上がりです。邪魔っつーことで、襟を取って、キワを縫い閉じる。カフスを取って、表からジグザグミシン。ジャージーっぽいのかな、ほつれにくい生地だった。さっくり完成。紳士モノだからか、カフス分を削ってもまだ長袖です。まだ一枚で着られるような陽気じゃないなと 前作5 と6を脇に置 [続きを読む]
  • ニットシャツを半袖にした
  • 次ぎは6いってみよー。ニット地です。とりあえず、襟とカフスが邪魔ですな。でかい、とがった襟が開襟してます。裾広がったGパン穿かなきゃいけなきゃいけないくらいの開襟っぷりです。全盛期の爆破シーンがハリウッド越えしてたらしい刑事モノでこんなん着てたら殉職コースまっしぐらってくらいの古さです。襟とカフスは袖ごと省略しました。襟の名残が開襟ハイネックなしあがりです。開いてみても、控えめな開襟になりました。 [続きを読む]
  • すけシャツリメイク
  • そんじゃま、4の薄地クレープ生地シャツをさっくり直してみようと思います。襟とって、袖切って、終わり。剣先の名残が残ってます。コレを切り取るくらい詰めると半袖になりすぎるかなと。ほつれる感じのしない生地だったので、襟を外した襟ぐりと切りっぱなしを折り返した袖口は表からジグザグミシンをかけただけ。かなり古いシャツの仕立てられ方でした。なにぶんボタンが立派だった。クリアーボタンに白マーブル模様と気泡が涼 [続きを読む]
  • 古Yシャツ類の中からとりあえず6枚選んでリメイク
  • とりあえず、シャツ形式の古着を集合させました。衣装ケース2つ分くらい。こいつをやっつければ家から着ない古シャツ類が消える。どんくらいあるんだろう。30枚を超えたところで、数えるのをやめました。こんなことしてても減らねぇし。とりあえず、選別。もうだめだろ、この黄ばみ。重く、湿った感じのする化繊生地。それ等は捨てました。雑巾になることもなく捨てた。よし、減ったかな?数えなおして、30枚を超えたところで [続きを読む]
  • 発掘 お仕立てパンツ 【実装】
  • 昭和の日本男子体形に合わせて作られたパンツをウエスト調整だけして完成。ハイウエスト化して穿いているからか股下が婦人サイズです。うしろがよりハイウエスト。前に戻って、ベルト通しの位置と半月カッティングのポケットがえぇですのん。なかなかフツーに見えるので、フツーに穿いてます。合わせている白シャツはいつかのYシャツリメイクブラウス。ユニQロとは合わぬが、そんなシャツとはよく合います。古Yシャツを着潰すチ [続きを読む]
  • 発掘 お仕立てパンツ 【ボタン付け替えてサイズ調整】
  • すっかりご無沙汰しました。それもこれも寒かった。そろそろミシンも踏めそうな気候になってきました。とはいえ、撮り溜めたとりとめもない画像をアップしてゆきます。古箪笥の整理をしていてたまに面白いこともあります。親戚の故人に数人、洋裁、仕立て屋関係についていた人たちがいます。その人たちが作ったと思われる洋服をみつけると、けっこう楽しい気分になるんです。今回発掘できたのが、コレ。神戸にいたという仕立て屋さ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【完成】
  • どってことなく完成。袖口の仕上がりっぷり。これくらいの幅に縮めてやるとボタンしたままでも手を通せます。ボタンの縫い付けをギチギチにせず、長めに取ればより余裕が出来ます。低めのスタンドカラーになった襟。ウエストを絞ってみてもよかったかもしれません。いつか作ったマッチーパターンの 12本ダーツブラウス みたいにするのもいいかもな。裾布に余分があれば襟にフリルなんてあしらってもいいかもしれない。袖をキャップ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【修正】
  • 縫い目を解いて襟を取ったら、キワを縫い直して、襟の処理は終わり。低めのスタンドカラーになっただけ。しっかり跡が付いているので縫い直しは楽だと思います。喉もとのボタンを外して付け直すのが手間だったかな。縫い直しが面倒で、切れ味の良いハサミを持っている人は襟を切り落とすのが楽だと思います。わたしが持っているのは小学校の家庭科で買わされる裁縫箱装備のステンハサミ。キワを切り込んだつもりも、切り残しのケバ [続きを読む]
  • ただのYシャツをフツーに直す 【発掘】
  • スラックスばっかり直していたら飽きたので、シャツ等を発掘。家にはびこるシャツ系古着の10分の1ってとこですかね。この、3倍くらい、袋に入って値札つけたまま黄ばんでるシャツ類があります。総計1割くらいがそのまま着れそうな新品シャツってかんじです。・・・もっと少ないか。着古された古着のみなさんでして、着尽くしたネルシャツや保温効果の怪しげなコーデュロイなんぞがあります。が、どこかのファストファッション [続きを読む]
  • 紳士用スラックス 量産型リメイク 【実着】
  • そんで穿いてみる。ふむ。紳士用にしては細めのストレートって感じなんだろうか。しかしまだ婦人用には太さがあるかなぁ。まぁ、冬用防寒衣類に分類だし、なんならスキニーの上からさらに穿ける幅ってことでいいんだろうな。いらねーなと思ったら、丈を調整して叔母とか大叔母に押し付ければよし。それで、よし。万事、よし。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紳士用スラックス 量産型リメイク
  • 今度は、紳士用スラックスのベルト位置にゴムを通して婦人サイズにするってだけのリメイクです。いつかも作ったけど、全部、叔母だの大叔母に渡しあげたので、自分用に作り直し。母は、ボロは捨ておいて良さそうな服から直して着ればいいと言いますが、ボロから直して改良点を取り置いた自分用に直すってのがわたしのやり方です。セコイ!!このセコさが我が家の古着リメイクに相応しいと小揺るぎも無し。さてと、ストレートパンツ [続きを読む]
  • 化繊100%スラックスをリメイク 【穿いてみた】
  • 穿いてみた。ゴムを通したのでフィット感があります。ストレート風に仕上げたはずですが、化繊+センタープレスが効い細身に見えてます。横から見れば本来のストレート幅が確保されてます。選んでストレート幅にしてみましたが、やっぱ、もったり感がいなめませんな。化繊だし、若干のストレッチも効いていたのでもっとガッツリ削ってサブリナ風に裾窄まりに仕上げたほうが婦人モノっぽくなっていい気がします。ストレート幅を保つ [続きを読む]
  • 化繊100%スラックスをリメイク 【ゴムを通して完成】
  • 開いて削ったんですが、尻の縫い合わせを詰めてないのでウエストは締まっていません。今回は、見返しを使ってゴムを通し、ゴムでウエストを締めようと思います。ゴムを通しました。前中心から数えて1番目のベルト通しに隠しゴムをミシン留め。完成。限りなく一周近くゴムが通ってますが、前中心はゴムでボコボコしないって配置になってます。まぁ、どうせ冬用パンツ。ウエスト回りが嵩張るとかどうってことない季節ですけどね。に [続きを読む]
  • 化繊100%スラックスをリメイク 【開いて削る】
  • 股下を開きます。前回、うっかりファスナーまで解こうとしてしまいましたが、ファスナーからうしろ身頃との縫い合わせまでには余裕があるものです。前身頃の詰め分をこの範囲内に収めれば、サイズ調整が出来て、ファスナーも使いまわせます。あんまりファスナー部分ギリギリまで詰めると、ミシンがけが大変になる場合があります。開きました。余分を削ります。今回は、ストレートパンツでいってみようと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 化繊100%スラックスをリメイク 【下調べ】
  • 祖父のスラックスは累計50本超え。スケスケの夏用ウールもあるものの、冬場に直す必要もないので、春からの手仕事にまわす。その他、化繊混や化繊100パーもちらほら。化繊100パーモノがどんなもんか直してみようと思います。暗いチェック柄の化繊100パー。ポケットのカッティングが少し凝ってる。いつか真似してみよう。作り自体は、かなり簡素。これを直してみようと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【微調整のち完成】
  • 試着したところ、思いがけないくらいウエストが詰まってた。ボタンを斜めがけする必要がなくなったので、元の位置に付け直す。冬物の上着を飲み込むゆとりをもたせたウエスト回りに仕上がりました。太もも周りの横幅を削ることができず、ゆったりテーパードって感じですかね。脇を解けば・・・しかし、それをするとポケットが犠牲になる。昭和的細工がされているらしく、ポケット周りの生地がかたい。切るのも縫うのも大変そう。そ [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【縫い上げる】
  • 今年は初日の出も拝めず、年始のスーパームーンで月光浴することもなく始りました。で、事始が去年の遣り残し更新。早々、しくじった感満載です。年末年始の越し方にしくじった場合は、節分を切り替えにつかって冬至・夏至やらの二十四節気を体感しながら過ごすことで取り返せるそうです。(願望)さてと、何事もなく続けていきます。股下、主に尻の方を縫い直します。前はファスナーの合わせを狂わせないよう、できるだけ触らないよ [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【削る】
  • 股下を解きました。前後の股上部分はそのままです。前はファスナーが付いたまんま。脇を削れないので後部分を削るのですが、後股上も縫合されたまんまです。こんな感じで、削ります。余分を切り取る前に、後股上部分を出来上がりに仮縫いしておきます。それから切り離します。前後の股下の長さがまぁまぁ同じなら、なんとかなります。厚地で、長距離を縫う場合は、ミシン縫いで下になる布(だいたい後ろ身頃をあてるようですが)に [続きを読む]
  • 紳士用スラックスを冬用パンツにリメイク・再 【改造箇所拡大】
  • 今年ももう終わりますね。今年ときたら更新をサボりまくって今年作った分を載せきれませんでした。これは去年にリメイクを施した紳士用スーツパンツです。発掘史上最大サイズだったような気がします。脛から裾幅をすぼめただけの簡易リメイクで、腰周りはゆるゆる。中心線をズラして、ボタンを付け替えても、ゆるゆる。このたっぷり感とゆるゆる感で、スリムGパンの上から更に穿けて、暴風雨警報中でも穿いて出ると暖かかった。す [続きを読む]