のほほん さん プロフィール

  •  
のほほんさん: のほほんの目指せ健康!
ハンドル名のほほん さん
ブログタイトルのほほんの目指せ健康!
ブログURLhttp://nohohonkennko.seesaa.net/
サイト紹介文健康法・パチンコ・読書・・・うまくまとめられないブログです。向かう方向がわかりません・・・
自由文虚弱体質なので、健康な生活目指してます!
でも、実際は不健康な事ばかりしてます・・・・・やめられません・・・
職場にいるより、パチ屋にいる時間の方が多いような・・・当然ながら収入は減っていきます。
読書も趣味ですが、読んだ後、気が滅入るようなものを好んでよく読んでます。イヤミスというらしいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供171回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/06/07 22:27

のほほん さんのブログ記事

  • 「傷だらけのカミーユ」ピエール・ルメートル
  • 『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』のヴェルーヴェン警部シリーズ三部作の最終作。『その女アレックス』に続き、イギリス推理作家協会賞の2015年度インターナショナル・ダガー賞を受賞。 アンヌという女性が二人組の強盗に殴られ瀕死の重傷を負った。警察からカミーユに電話がかかってくる。アンヌの携帯の連絡先のトップにあったのがカミーユの電話番号だったからだ。カミーユは病院に駆けつけ、アンヌとの関係を誰にも明 [続きを読む]
  • ネタバレ大活躍!
  • 気になった映画、ドラマ、小説、読んだはずだけど忘れてしまったものなど、タイトルネタバレでググって、詳しいあらすじや、詳しい解説を読んで済ませる。どうしても読みたいもの見たいもの以外は、時間短縮で便利。しかも読んだ気分で満足感も得られる。自分にとって、映画も読書もこの程度の趣味なんだな・・・・・・にほんブログ村ミステリー小説 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 携帯カバーが届いたのだが・・・・・
  • 注文してから製作開始・・・・って事だったけど、機種に合わせた取り付けカバーくっつけたり、カメラやボタンの位置に合わせて穴開けるって事なんだろうな。問題なのは・・・・・生地が分厚いせいか、指紋認証ができない・・・・・直接指全体を当てることが出来ず・・・・・これは指紋以外の認証方法を選べば済むこと。そして、おまけでつけてくれた、保護フィルム!!!お待ちしておりました!ん〜???合わせてみると、端が足りな [続きを読む]
  • せっかく買ったのに出番がなくなるが、うれしいこと。
  • 携帯を買い替えてから。。。。。なんと、電池の持ちがよい!!!本来はこういうものなのか?変更前は、何回充電が必要だったことか。朝100%にしても、到着後は5〜60%。USBが見当たらない場合、充電器3台持参。実際は2台で足りるけど心配なので・・・・・今だと、朝100%なら帰りまで充電不要!素晴らしい!1台持ってけば安心安心。が、心配性なのでどうしても2台は持って行ってしまう・・・・・にほんブログ村ミステリー小説 ブ [続きを読む]
  • 携帯カバーがまだ来ない・・・・
  • 別に頼んだ、携帯カバーがまだ来ない。たぶん来週だな。保護フィルムもまだだから、購入時のフィルムそのままでいいか。せっかく新しく買ったのに、カバーがないと、傷つきそうだな。今まで使ってたカバー・・・・ちょっと短めだけど、頭の部分切って・・・・ちょっとはみ出てるなぁ。カメラ部分は隠れてないけど、サイドボタンは押しにくい。たぶん、ハズレて落として傷だらけ・・・・どころか故障したらヤダな。携帯カバー来てか [続きを読む]
  • 新機種の便利機能を調べてみるも・・・・
  • 何とか機種変更も終え、あとは自分が使いやすいようにするだけ。便利機能をググってみるものの、高度すぎて自分には早すぎる。初めての指紋認証。登録も済ませたし。画面表示の整理。いらないものを隠して、使うものだけ表示。ないものはアプリからさがして持ってくる。なければダウンロードして表示。今までの携帯と見比べながら、表示部分は完了。その後は、メールの確認。Gメールの設定確認。LINEの確認。ブラウザのブック [続きを読む]
  • 携帯はオンラインショップで買ってね!
  • 現在のスマホは、5年弱の利用。今時のスマホは進化のスピードが速すぎてこのスマホじゃ、もう追いつかなくなってしまったのか。全ての起動が遅い。遅すぎて、反応してなかったのかな?と、再度タップすると、また始めから・・・・・イライラマックス。電池もあっという間に減って行くし。新しい電池に変えてもすぐ劣化・・・・・新しいの買うにしても、決して安い買い物ではない。どうせ買うなら少しでもいいものを買おう!なんて [続きを読む]
  • 携帯代が怖いことに・・・・・
  • 夏休み・・・・・大人には関係ありませんが、突然連休になると無駄なことをしてしまう。おススメゲームアプリをググって、どんどんダウンロード。んで、ひとつづつインストールしていくと、思いのほか時間がかかってしまった・・・・・間もなく契約のパケット量を越えそうですとのメールが。その直後、越えました。速度解除希望の場合は申し込みしてね。早すぎる。まだゲームし始めたとこだし。解除申し込みしたものの、怖くなって [続きを読む]
  • 新しい携帯到着!
  • ついにやって来ました!休日の午前中指定で送ってもらったので、なんとか本日中に使えるようになりたいぞ!ドキドキしながら開封。説明書を一通り見つつ、手続き通りの作業。わかんない時はググりながら確認。いろいろな設定の中で、パスワードが違ったらしく、パスワードをお忘れの方・・・・コーナーのお世話になりつつ初期設定を済ませ、今まで使っていた携帯とのデータ移行。QRコードが読めず、アプリをダウンロードしてみたり [続きを読む]
  • 「インデックス」誉田哲也
  • 裏社会の人間が次々と惨殺された「ブルーマーダー事件」。その渦中で暴力団組長・皆藤が行方不明になっていた。組長の妻は、彼も巻き込まれたのではというのだが。(表題作)マンションの一室で男が合成麻薬による不審死を遂げた。近くでは、車と接触事故に遭った女性が、被害届も出さずにその場を去っていた―。(「女の敵」)ほか、姫川玲子が様々な貌を見せる全八編! そっかぁ。姫川班解散して所轄に移動してたんだっけ。所轄での事 [続きを読む]
  • 「殺意の対談」藤崎翔
  • 人気作家・山中怜子と、若手女優・井出夏希。  新作映画の原作者と主演女優の誌上対談は、表向きは和やかに行われたのだが、笑顔の裏には忌まわしい殺人の過去が…。同様に、ライバル同士のサッカー選手、男女混成の人気バンド、ホームドラマの出演俳優らが対談で「裏の顔」を暴露する時、恐るべき犯罪の全貌が明らかに!?ほぼ全編「対談記事+対談中の人物の心の声」という前代未聞の形式で送る、逆転連発の超絶変化球ミステリ! [続きを読む]
  • 「満願」米澤 穂信
  • 人を殺め、静かに刑期を終えた妻の本当の動機とは――。驚愕の結末で唸らせる表題作はじめ、交番勤務の警官や在外ビジネスマン、フリーライターなど、切実に生きる人々が遭遇する6つの奇妙な事件。入念に磨き上げられた流麗な文章と精緻なロジック。「日常の謎」の名手が描く、王道的ミステリの新たな傑作山本周五郎賞を受賞。「このミステリーがすごい!」「ミステリが読みたい!」「週刊文春ミステリーベスト10」の国内部門ラン [続きを読む]
  • 「放送禁止」長江俊和
  • 不幸な出来事の続く大家族のドキュメンタリー。ストーカー被害に遭っている女性への密着ルポ。自殺を思い止まらせる癒しの集団での体験取材。放送する予定で制作されたものの、諸般の事情から“お蔵入り”となった番組のテープ。それらは、半永久的に倉庫の片隅に眠り続けている。なぜ放送されなかったのか?そこには、どうしても放送できない恐るべき“真実”が隠されていた。あなたには隠された真実が見えるだろうか…。 深夜ドラ [続きを読む]
  • トイレを我慢して脂汗・・・・・
  • 室内が冷え冷えで、トイレ行きたい病が一層ひどくなっております。一番つらかった時期から比べれば・・・・・・比べたところで、つらいものはツラい。悩みどころは、トイレ行きたい病は2種類(自分だけの限定)。1 実際に尿がたまっていて下手すれば大惨事。2 尿はたまっていないが、感覚は同様にあり、ただツラいだけ。どっちもツラい。考えないようにと、自分を言い聞かせてみる。が、外部からのちょっとした刺激にハラハラ [続きを読む]
  • 寒がりすぎると、指摘される
  • この季節、エアコンの効き過ぎた場所で一日中過ごしているとツライ。場所によっては凍死レベル。膝掛け1枚では耐えられないので、自己防衛でどんどん厚着になっていく。Tシャツの中に長袖のカットソー。パーカーは常に持参。ジーパンの中にはレギンス2枚。これでも耐えられず、シーンズの中にレギンスと、ウインドブレーカーのパンツ。が、今日はそれでも冷えきってしまい、トイレに行ってばかり。しかも、トイレの中まで激冷え状 [続きを読む]
  • 年金督促
  • 不在着信が・・・・・・知らない番号から。フリーダイヤルなのでたぶん以前買ったサプリとかの会社でしょう。忘れた頃にかかってくるようなので、どこからかわかるように登録しておこうかな。と、調べていると、1件は年金の督促を依頼された会社らしい。ふむふむ、架電件数を稼ぐために、ワンギリ。留守電は残さない。しかしホッといてもいけない・・・・・・わけわからん。不在着信残ってるだけなら、どこからかかって来てるかわ [続きを読む]
  • こちらのお宅でもご近所トラブル
  • 知人のお宅でもご近所トラブル。なぜか、裏のお宅は、知人宅寄りの場所でゴミを燃やす。なぜわざわざその場所?自分の家に煙りが来ない位置なのか?そんなことはなさそう。もっといい場所がたくさんある。風の向きによっては、隣家に燃え移る可能性も考えられるようなリスクを犯してまでなぜそこ?そのドキドキ感がたまらないのか?燃え移る可能性もあるので・・・・・と話したところ、今度は、敷地の境ギリギリに、切り落とした枝 [続きを読む]
  • なんか癒される
  • 帰るが好きなわけではありません。触ることはできません。家の中にいたら、大騒ぎです。でも、外でじっとしていてくれれば、ずっと眺めていられます。にほんブログ村ミステリー小説 ブログランキングへ [続きを読む]
  • 駅でのトラブル
  • 帰りの乗り換えで、警察官の姿を見てなにごとだろうと、眺めていると、警察官数名。駅員数名。一般人数名。痴漢???が、一人の一般人、顔面血まみれ・・・・・・話している様子は穏やかなので、トラブルの相手は逃げ去ったのか、一人で転んで怪我をしたのか?どっちにしても、万が一のことがあったら大変なので、救急車を呼ぶなり、事務所に連れていくなりすればいいのに。なんでもなかったとして、「じゃあ、気を付けて!」って [続きを読む]
  • 膀胱に負担がかかっていたのは、座り続けることか?
  • 日雇い派遣をやってみてよかったこと。全ての仕事がそうだという訳ではなかったが、歩き回る仕事が多かったので、そこまで動かなくても、基本立ちっぱなし。トイレに行きたいな・・・・・と思うこともあったが、そこまでではない。やっぱ、座りっぱなしってのが、膀胱に負担がかかっていたらしい。身体を動かし続けたおかげで、その後、座りっぱなしの仕事をしていても、ツラいことは変わらないが、以前のツラさとはちょっと違って [続きを読む]
  • 「人喰いの家」塔山郁
  • 実家に戻ってきた美優は、近所の早瀬家が、女性向けのシェルターをしていることを知る。ただし、早瀬家に住む羽田ヨシエには霊能力があるらしく、クレームをつけてきた隣人を呪い殺したという噂も出回っていた。美優は家族から接触しないように注意されるが、ある日、ヨシエの息子・リョウに出会ってしまう。家族から理不尽な態度をとられ孤独を感じていた美優は、母子が頭から離れなくなり・・・・やはり、家庭や職場などに居心地 [続きを読む]
  • 日本人の色使い
  • 通勤電車の中。ほぼもみくちゃで、自分の身を守ることで精一杯。たま〜に座れて一息付けたとき。向かい側の座席を眺めて、ん?何やら不思議な感じ。8人ぐらい座っていて、基本、白と黒。たまにグレーと紺。周辺を見渡しても、ほぼ、白と黒。熱い季節なので、白が頑張ってるいるようです。白VS黒。そして両者の協力プレーモノトーン。休みの日以外は、無難な色彩を選んどけば安心。自分は、今日は少数派の紺系でした。にほんブログ [続きを読む]
  • 温かいミネラルウォーターって<br />
  • エアコンの効いた電車で凍えながら、降りたらあったかいものを飲もう!何を飲もう?カフェラテ?さんざん飲んでるけど、カフェイン入りは膀胱に良くないよなあ!やっぱ水?温かい水・・・・・・・お湯?そういえば、ホットドリンクコーナーに、水って置いてるのだろうか?意識してみたことないな。水やお茶の発売当初、誰もが、「誰が買うんだよ!!!」と、思っていたが、今では当たり前。ホットのミネラルウォーターもあるかも。 [続きを読む]
  • 日雇いは予定が立たず。
  • 日雇いは、登録した会社の求人を見て、入りたい仕事に申し込み、は入れれば前日夕方までに連絡が来る。入れなければ連絡なし。なので、今週何日働いて、いくら稼ごう!という計画は立てられず。ま、空いた時間に少しでも・・・・・ってこちらの勝手な希望もあるので、そこは我慢。入れないこともあるので、同じ日に複数の求人に申し込んだ方が、働ける確率が高くなるとは言われたのだが、どんな仕事かは、行って見なければわからな [続きを読む]