celloseino さん プロフィール

  •  
celloseinoさん: チェロと歩む
ハンドル名celloseino さん
ブログタイトルチェロと歩む
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/celloseino/
サイト紹介文チェロ弾きの日々の気付きと学びの記録〜心と体を知ってもっと楽しく!アレクサンダーテクニ?クを学ぶ〜
自由文チェロと毎日をもっと楽しむために。楽器の練習・演奏で楽しく、ステージでもっと自由にもっと生き生きと表現したい!アレクサンダーテクニ―クを学び、こころとからだの実際のしくみを良く知ることで、どんどん自分をアップデートしよう!

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/06/08 13:00

celloseino さんのブログ記事

  • 音を重ねる
  • 和音を弾くときには、2つ以上の弦に触れていくのですけれど、どうも、難しいなぁ。。。と思ったら、なんだか、興味深いなぁと言い換えてみてね高い音が弱いなぁ。真ん中の音が鳴らないなぁ。。同時に同じように鳴らしたい?それぞれの響の違いをどんなふうに認識しているかしら?重音の連続するときなど、力んでしまうなぁと思ったら。「すぐ弾かないと!」急いで次に行こうとするとき、力が入ってしまう。「しっかり押さえないと [続きを読む]
  • 楽器を弾くまでの動きの中にも、弾きやすさのヒントがある
  • 座ってから、演奏するために足をどんなふうに起きなおそうか?と考えることがあるのではないかしら。座る前からの動きが、チェロを演奏するときはもちろん、それ以外も、その後の楽さや、動きやすさに関わっています。***************今日の実験です。座る前に、スタンス(足の間の幅)を取ります。股関節の幅くらいに足を開いてみたらどうでしょう?あまりに普通のことですが、その時の動きに意識を向けます。** [続きを読む]
  • 音を大きくしたい
  • 実習レッスンの中で。今回はご趣味のバイオリン演奏についても何回かみていきました。お悩みは、練習もほとんどできないくらい、演奏の終わるころとても手が痛くなること。何気なく普段やっていること、または必要だと思って一生懸命やろうとしていることの中で、何を選んでいけるのかを自分で見つけられるようになることは、レッスンの中で大きなポイントになると思います。実際にやりたいことについての考えを整理していきます。 [続きを読む]
  • 指先につながる 2
  • 腕の始まりは、胸鎖関節からです。手の指先が胴体から伸びていく。このことを思っていると、いろいろ役に立つのは間違いない〜(笑)指先を伸ばすことについて意識を持つと、私は呼吸が変わることがとても興味深いと思いました。。そのために、考えていたことがあります。やりたいことをやるために、まずは頭が動けるようにと思い、そうすることで自分全体がついてきて、空間の広がりの中で、床に支えられ、上向きのサポートがある。 [続きを読む]
  • 座るときの考え
  • グレッグ先生に、レッスンを受けているところの様子です。 (2018年4月末) 演奏しやすい動きやすいやり方を提案されています。すごーく真剣そうですねグレッグ先生の手は股関節のところを示しながら、肋骨に触れています。自分がどんな風に座っているかを、動きの中で体験しています。座ることを意識していくことができたら、どんな変化があるでしょうか。私はもう腰痛もなく、背中が痛い時には氣が付いて変えられるようになり [続きを読む]
  • 「あなたが待っているのは何ですか?」
  • 先月、きみこさんのGAP(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス)ワークショップ基礎編に参加しました。私の体験から少し書いてみます。問いかけによって、今何に注意を向けていくかを選びます。1今自分の周りにあるどんなことに氣が付いていますか?2今自分の皮膚の内側のどんな感覚に氣が付いていますか?3今自分の頭の中にどんな考えがありますか?2人ペアになって、それぞれに3分間づつかけて意識的に言葉にしてい [続きを読む]
  • 肩の力を抜く
  • ふと腑に落ち、今の私に役に立ったことがありました。まず、その人それぞれの状態があり、十分な理由があってそうしている。そして、動きにくさや、痛みがでたりしているのは、それはちょっと、違うようにやって頂戴〜って、身体が教えてくれている。身体は完璧にやってくれている・・・***************チェロを弾いていて、響について考えていた時、胸鎖関節を思い出していたら、腕が少しだけ高いところに来たので [続きを読む]
  • 自分全体で動くこと
  • ご報告が遅くなりました。あっという間に1週間たってしまいましたが、おかげさまで無事に2/12のコンサートを終えることができました。素敵な共演者の皆さま、ご来場くださった方々、応援くださった皆さま、本当に心より感謝申し上げます。素晴らしい響きのホールで、とても素敵な体験ができたことは、なんと幸せなことでしょうか。*******音が豊かになる動きやすさ、やりやすさは・・・やはり、頭と脊椎の軸のバランスが関 [続きを読む]
  • トリル
  • 生徒さんとのレッスンにて。トリルの連続する課題で、だんだん手が疲れてやりにくい、とのことでした。弾いていただくと、音程の組み合わせ、指使いも毎回変わっていくのですが、どれも同じように動かそうとしているように、見えます。均等にやろうとしていることが、必要な動きを制限していることがあります。指の長さは少しづつ違い、向きもあります。指をどれも同じように動くことを思うよりも、それぞれの指が行きたいところへ [続きを読む]
  • 問いかける
  • もうすこし上手くできるようになりたい。という思いを応援できるやり方がある。それは、質問力。なんで?どうして?という疑問には、可能性の種がいっぱい!何か氣になる引っ掛かることを見つけたことが、その種を持っていることのお知らせ。子供みたいな好奇心。それってどうやってるの?探偵になる。その時見えていることについて、自分が考えていることがあるけれど、そこには自分の知っていることは違う考え方もあるのだなと、 [続きを読む]
  • どきどきと、わくわくに向かって
  • 新年あけましておめでとうございます。みなさまにとって、笑顔いっぱいの一年となりますように今年もどうぞよろしくお願いいたします。写真は戌年にちなんで、ピアノの上で耳を澄ましているビクターのわんちゃん達に登場してもらいました♪前回の記事ではご心配をおかけしたようですが、今年はまた少しずつ運動も再開したり、活動を増やしていきたいと思います。これまで5年ほど学んできたアレクサンダーテクニークは、教師養成課 [続きを読む]
  • 動きからやってくる情報 立ち上がること
  • 動かないように、動かさないようにそんな風に思うことはあるでしょうか。何か動きを制限しているようなことはあるでしょうか?出来ないと思って、やらないでいることもありますね。今日の話はちょっと長くなります。実は…夏からしばらく運動が出来ませんでした。もともとは膝を痛めていたことから、たびたび炎症を起こしてしまったので、その時はお休みする選択をせざるをえませんでした。それまで、膝と付き合いながら、3月に合 [続きを読む]
  • 触れることの繊細さ
  • 私たちの手は、たくさんの情報を受け取ることができますね。温度や質感、動きや振動。それは、本当に繊細で、なんと驚くべき精巧な仕組みでしょうか。日常生活のためのみならず、生存や保護にもかかわるし、コミュニケーションでは大切な役割をになっています。情報を発信もしている。何かを動かし、生みだしている、手です。手はその人の考えを表すことができる。あらためて、手だけで働いているわけではないなぁと思います。皮膚 [続きを読む]
  • 音を出すまでの動きを、準備していく
  • 先日チェロを始めたばかりで、とってもワクワク?しているYさんに、プチレッスンする機会がありました。どうですか〜?とお尋ねすると、「C線が鳴らせない」ということでした。音をだしやすくするために、何をしたらいいかな?さまざまなことが、その都度、新鮮な体験です。そのときの弦の様子、弓の様子はどんな?C線は、どんなかな?他の弦と同じように鳴らそうと思っていると、上手くいかないかもね!C線は太いし、角度など [続きを読む]
  • 雨に包まれて
  • 先日の日曜は、江古田の砂時計さんでコンサートでした。あいにく台風の大雨でお足もとの悪い中でしたが、おかげさまで無事開催できました。ありがとうございました。こんな日は、ご自身の安全を確保することができる選択が何より大切です?おいでになられなずとも、気にかけてくださった皆様に感謝いたします。右は当日リハの模様。こちら砂時計さんのツィートには本番の様子の写真があります。↓https://twitter.com/ekodasunadok [続きを読む]
  • Pon Pon Tune リハーサル
  • 今月、開催される江古田音楽祭。江古田で鍼灸院を開設している洋介さんが、スタッフとして関わっています。https://www.btune-hariq.com/洋介さんは、アレクサンダーテクニ―ク(以下AT)の学校のクラスメートで、すでにAT見習い先生として教えていらっしゃいます。そして音楽祭の期間に、やはりともにATを学ぶお二人にお誘いを受け、一緒にコンサートをすることになりました。昨日はお店の休業日でしたが、リハーサルをさせ [続きを読む]
  • 指先の向き
  • 先日のレッスンで、手の様子についてご指摘いだだいて、探求中〜♪さて、今日のポイントは、まず、何もしていないようなときにしていること!!普段の手は、何をしてる?今、指は伸ばしている?曲げているかな? 膝の上においた手の指、チェロの肩の上に休めた手、指が離れるとき(指板から、弦から)、力を抜いたとき、力を使っていないと思うとき・・・いつ曲げようとしてる?どんなふうに伸ばしている?(写真は先月の、五十嵐酒 [続きを読む]
  • 過去記事より 音は届いている
  • 先日、お教室の発表会がありました。毎年チャレンジしている方も、初めての方もありました。人前で演奏すると、手が震えるようなことが起きたりします。予測しないことも起きるのは、誰でもきっと経験したことがあると思います。ステージで意識したいことについては、何度も練習しました。ピアノとリハーサルは、1回だけ30分しかありません。当日はステージでリハーサルもありませんでした。1回1回を大切に、そこでやりたいこ [続きを読む]
  • 同じ音や形を繰り返すとき
  • 生徒さんとのレッスンを振り返って、書いてみます。楽譜には、 繰り返し現れる音や楽句を見つけると思います。同じように並べて弾こうとしていないかしら?とっとこ、さっさと通り過ぎてしまってはいないかしら?「どう歌っていいかわからないなぁ。」と思う時は、前の音からどのように、次の音へ受け渡していけるか考えてみましょう。今の音から、次の音が生まれ、育っていく。そんな風に思えるとどうかしら。同じ音が並んでいた [続きを読む]
  • 方向性 3 音を生み出す動きのために
  • 何かを学び、体験していくほどに、その意味は、また少し深まって・・・そして、時に目が醒めるような思いがします。どうやったらいいのかな。自分全体を動かしていくためのどんな意図があるのか、何が、どのように、どこへ向かうか、段階を踏んで少しづつ練習しながら、小さな体験を重ね、理解しようとしております?演奏では、音楽を表現するために、楽器を扱う自分全体のことを考え、音を生み出すための、弓や指先の動きを思いま [続きを読む]
  • 生活のなかでのこと 2 梅干しをつくる 
  • 食いしん坊ブログ 梅干し作りは、2年ぶりで2回目。2年前は、きれいな青色の大きめの梅で作ったところ、出来上がりの皮がとっても固かったです。初めての梅干し→2015年08月05日新しさでもとてもおいしかったので、また作ることにしました!今年は張り切ってたくさん作ろうと、2週間ほど間をあけ、2回仕込みました。***1回目、届いたのはきれいな小梅1キロ。おにぎり用に良さそうなかわいい大きさ♪とてもいい香りがします〜 [続きを読む]
  • 好奇心に向かう
  • 演奏するときの、思いを拾い上げる。レッスンで弾いてくださって、おーたくさん練習されたんだな、と分かります。違った!と思ったとき、これじゃない!とまた弾き直したくなる気持ちは良くわかります。違うと思ったところから取りなおし、すぐさま弾きなしてしまうとき、今やったことを、そこでなかったことにしていませんか?出した音だけ直そうとするのは、結果にとらわれてしまっています。結局、余計な緊張や動きを足してしま [続きを読む]