この国の正義を伝える会 さん プロフィール

  •  
この国の正義を伝える会さん: この国の正義
ハンドル名この国の正義を伝える会 さん
ブログタイトルこの国の正義
ブログURLhttps://ameblo.jp/daitoaseinenkai21/
サイト紹介文本当の日本の歴史の発信と、障がい者福祉、社会問題の啓発活動
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3498回 / 365日(平均67.1回/週) - 参加 2014/06/08 22:41

この国の正義を伝える会 さんのブログ記事

  • 扇千景さん「新しいことへの挑戦が生きる糧」
  • 「新しいことへの挑戦が生きる糧」 そう語る扇さんの歩みには、「100歳時代」を健康に楽しく生きるヒントが詰まっている。老後の人生を元気に、豊かに過ごす上で大事なことは、体を動かすことと、外に出かけていくことだと思います。 趣味は持った方がいいですね。私は引退後、パソコンを買って楽しもうと思っていたらのめり込みすぎて、主人に取り上げられてしまいましたけれど。何でもやり出したら止まらないんです。 産経新 [続きを読む]
  • 辺真一氏「日本は戦争の危機意識低い」
  • 朝鮮半島情勢についてテレビなどで解説している辺真一さんが、鹿児島県霧島市で講演し、北朝鮮とアメリカが戦争に突入することもあり得るという危機意識が日本は低いとして、警鐘を鳴らしました。 (コリア・レポート編集長 辺真一さん)「今の平昌五輪をめぐる南北対話、あれどういうふうに分析するのか、ずばり申し上げます、ほんのつかの間の休戦ということ」 辺真一さんは、霧島市商工会の新春講演会でこのように述べた上で [続きを読む]
  • 高英起氏が北朝鮮貧困問題に言及
  • 北朝鮮の人々が、当局による「非社会主義的現象」の摘発強化に戦々恐々としている。非社会主義的現象とは、文字通り北朝鮮が標榜する社会主義の気風を乱すあらゆる行為を指す。 たとえば賭博、性的びん乱(売買春)、違法薬物の密売や乱用、韓国など外国のドラマ・映画・音楽の視聴、ヤミ金融、宗教を含む迷信などなどだ。金正恩党委員長は昨年12月23日の朝鮮労働党第5回細胞委員長大会で行った演説で、非社会主義的現象を「 [続きを読む]
  • ヒーチョリズム
  • 韓国人ユーチューバーが発信している「ヒーチョリズム」 彼の動画は、日本と韓国、世界と韓国、黒人問題、在日問題、LGBT問題など、人権について多くの発信をしており、見る価値があります。 今回は、トランスジェンダーに関する動画をご紹介します。 トランスジェンダーの仲間たち【電子書籍】[ 虎井まさ衛 ] [続きを読む]
  • 命のまもりびと 秋田の自殺を半減させた男
  • 事業の失敗を、なぜ社長が命で償わねばならないのか。心血注いだ会社の倒産と深刻なうつ病を乗り越えた佐藤久男は、NPO法人を立ち上げた。 自殺率ワーストの地で、民・学・官の連携により自殺者数を半減させた活動は秋田モデルと呼ばれ全国に影響を与える。絶望し、駆け込んでくる人の心に笑顔と言葉で灯をともす男を描く「生きる支援」のルポルタージュ。 楽天版、「この国の正義」では、特に、人権、社会問題を啓発してい [続きを読む]
  • 文大統領が李明博氏に激怒
  • 韓国大統領府は18日、李明博元大統領が自らの周辺者への捜査は2009年に盧武鉉元大統領が自殺したことへの「政治報復だ」と主張し捜査をけん制する声明を17日に発表したことに対し、文在寅大統領が「沸き上がる怒りを禁じ得ない」と厳しく批判したと明らかにした。 文氏は、現在の大統領府が検察に李氏捜査を命じているかのように李氏が主張したとし「現政権への侮辱で、韓国大統領経験者として口にしてはならない司法秩序 [続きを読む]
  • マティス米国防長官「戦争計画ある」対北朝鮮
  • マティス米国防長官がカナダ・バンクーバーで開かれた北朝鮮問題に関する20カ国外相会合に先立つ夕食会で、核・ミサイル開発を進める北朝鮮への対応に関し「(米国は)準備はしている。戦争計画もある」と発言していたことが分かった。 同時に、外交努力による平和的な解決を優先するとの従来の立場も示した。日米外交筋が17日、明らかにした。米国主導による対北朝鮮軍事行動の可能性を示唆した発言。16日の外相会合を前に [続きを読む]
  • 麻生太郎氏「次の総裁選で必ず河野太郎を立ててやる」
  • 「安倍3選は確実」と見られている9月の自民党総裁選が、にわかに風雲急を告げている。「次の総裁選で必ず河野太郎を立ててやる」麻生太郎・副総理がそんな不穏な言葉を口にしたのは半年ほど前だったという。  安倍晋三首相が内閣改造(昨年8月)で麻生派の大臣枠を減らし、自民党3役からも外したときだ。首相にすれば、モリカケ疑惑で支持率が急落する隙を突くように麻生氏が派閥合併路線に乗りだし、麻生派を党内第2派閥に [続きを読む]
  • アメリカ人より働いていない現代日本
  • 中国メディア・騰訊(テンセント)によると、労働環境や休暇、労働者の心理状態、出勤時間などは国によって千差万別だと伝える記事を米誌フォーブスが掲載した。 経済協力開発機構(OECD)の統計では、労働時間が最も長い国はメキシコで、年平均2246時間働いている。2番目に長いのは韓国で、年平均2113時間だ。韓国政府は労働時間短縮に力を入れているが、雇用の不安定さや残業の常態化などを原因に、OECD加盟国 [続きを読む]
  • 小林よしのり「無知は恥である」
  • 無知を擁護する奴らがやっぱり出てきた。30代後半で憲法9条も知らないとなると、小学生以下である。 それなら議論の進行を妨げてはならない。謙虚に聞きながら、議論の流れで把握すればいいし、最後まで分からなければ帰宅して、すぐ勉強すればいい。わしは「朝ナマ」に出るときはそうしてきた。無知は恥である。 無知を誇ってはいけないし、無知のまま尊大に話す態度を勇気などと褒めてはいけない。今は本当にダメだ。わしが厳 [続きを読む]
  • ICAN事務局長「日本は国際社会の仲間外れになる」
  • ノーベル平和省を受賞したICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)の事務局長が会見し、「日本は国際社会の仲間外れになり得る」と核兵器禁止条約の批准を日本政府に改めて訴えました。  ICAN、フィン事務局長:「政党の代表者たちに、日本は国際社会の仲間外れになる危険があると伝えることができてよかった」来日中のベアトリス・フィン事務局長は16日夕方、国会議員との会談後に会見し、核兵器禁止条約に日本が参加して [続きを読む]
  • 出川哲朗「海が見えないのに横浜なんて言っちゃダメ」
  • 横浜市神奈川区出身のタレント・出川哲朗が日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」に出演し、「海が見えないのに横浜なんて言っちゃダメ」などと、横浜論を展開した。  番組では神奈川県、埼玉県、千葉県の「首都圏三県大激突SP!!」と銘打って3県の出身者をそろえ、横浜市青葉区出身のトレンディエンジェル・斎藤司、同港南区出身のフリーアナウンサー・神田愛花が出川と並んで着席した。 横浜の最北端で海がない青葉区出身 [続きを読む]
  • 世界中で反響を呼んだ「Me too」運動が韓国で広がらない理由
  • 昨年からハリウッドを中心に大々的に広がっているセクシャルハラスメント被害告発運動「me too」キャンペーン。「私も」という意味の「me too」というハッシュタグを付けてSNSに投稿するというキャンペーンで、世界中で大きな反響を呼んでいる。 実は韓国でも最近、性犯罪の被害女性たちが同様の運動を起こしているが、全く拡散されていないという。その原因について、韓国・MBCが報じている。その理由について、MBC [続きを読む]
  • 西崎文子教授「考えが相いれない団体にも耳を傾ける」
  • 昨年のノーベル平和賞を受賞した国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)事務局長で来日中のベアトリス・フィン氏が、安倍晋三首相との面会を政府に求めたが、日程を理由に断られた。 ICANの尽力で実現した核兵器禁止条約に日本は参加していない。それでも、唯一の戦争被爆国トップとして会って話をすべきでは、との声が上がっている。 東京大の西崎文子教授(外交史)は「日本政府も最終目標は核兵器廃絶と主 [続きを読む]
  • 米国務省「北朝鮮に行くなら遺言状を書いてから行け」
  • 米国政府が自国民に向け、北朝鮮を訪問する場合は遺言を準備し、葬儀の計画も立てておくよう警告した。 米国務省は今月10日(現地時間)、海外旅行の行き先国別に現地の危険状況を伝える新たなシステムを立ち上げ、ホームページに公開した。その中で北朝鮮については「最悪の状況に備えるべき」と警告した。米国のラジオ放送「ボイス・オブ・アメリカ」などが15日に報じた。 国務省が北朝鮮訪問の承認を得るために取っておく [続きを読む]
  • 県警ツイッターに3万超リツイート
  • 「『改めて告知』って、これ、はじめての告知じゃねえの?」「法務省管轄支局?法務省にそんな部署はねぇよ!」 山梨県警が発信するツイッターの「架空請求ハガキにツッコミ入れてみた」と題した投稿が軽妙な言葉で役に立つと話題になり、リツイート(転載)は3万件を超えた。担当者は「一人でも多くの人に見てもらって、詐欺への『抵抗力』をつけてほしい」と話している。 ツイートは昨年12月27日に投稿された。県内の家庭 [続きを読む]
  • 小島瑠璃子「埼玉に行かないで人生を終えられる」
  • タレント・小島瑠璃子(24)が16日放送の日本テレビ系「踊る!さんま御殿!!」であふれる“千葉愛”を語り、暴走した。 首都圏3県の大激突SPとして、神奈川・千葉・埼玉出身のタレントが勢ぞろい。千葉・市原市出身の“こじるり”は「神奈川からはバカにされ、埼玉には勝っていると思うけど、“東京”の名前を使っていると言われて…」と話すと明石家さんま(62)は「東京ドイツ村にはビックリしたわ」と同調した。 小 [続きを読む]