涼 さん プロフィール

  •  
涼さん: 道草の向こうに
ハンドル名涼 さん
ブログタイトル道草の向こうに
ブログURLhttp://mitikusanomukou.blog62.fc2.com/
サイト紹介文散歩で見つけた光景など、撮影写真からイメージした言の葉を載せています。四季折々の自然風景を・・・
自由文四季折々の風景(主に鳥海山麓)、野の花、街角スナップなど、撮影した写真からイメージする言葉を綴ります。
「暮色 仙台駅にて」「春になれば」「あるがままで」ブログ出版局で自分だけの小さな本を作りました。2冊目も考えています。かさばらなくて残せるもの。私だけの想いを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/06/08 22:48

涼 さんのブログ記事

  • 往く冬に寄せて
  • ある晴れた冬日の昼下がり雪面には陽光が優しい影を誘っていました寒い寒いと愚痴ってもいたけれど過ぎてしまえば愛おしい冬晴れの光景何故、権力はこれほどまでに、自らの欲で罪深いことをするのでしょうか。シレッと責任を転嫁する。それは余りにも哀しく、いたたまれない。いつまでも無くならない権力の闇、「国民の安心、安全、平和、財産、守る守る」と・・・そのために政治はあるように、しきりにおっしゃるけど、私たちのた [続きを読む]
  • 過ぎ去りし 冬の日に
  • 吹雪いた日もあったけど弥生三月そこかしこに春は生まれている卒業・進学と、新しい門出をおめでとう!!しばらく会っていなかった孫娘。すっかり大人びて「saraなの」(笑)。お友達と一緒に駅前に来るからと。つかの間の時間を共有。欲しいものは、ここには無かったと言う。都会に出て行くんだもの、これからね。親たちも転勤と、住み慣れた街をいつかは離れてゆく。巣立ちと門出を繰り返しながら、人生はあるのかと・・・そっと見 [続きを読む]
  • ♪はよ咲きた〜いと待っている〜〜
  • まだまだ寒いッ雪も降り積もり今日もまた雪花が咲いているけれど耳を澄ませば ほらほんのり春めく音も聴こえてくる戦争を体験し、その愚かさ、罪深さに警鐘を鳴らしてこられた方たちがお亡くなりになっていく。寂しくもあり、不安も過ぎる昨今、この社会の行く末が案じられる。遠く過ぎた戦後なのに、時代はまた戻りつつあることを、ひしひしと感じられてならない。 [続きを読む]
  • 小さな足跡
  • クロスした小さな足跡その姿に 出遇うことはないけれど近くで遊んでいるのかも私のこと 何処かで見てるかな・・・小さきものたちの息づかい感じられた冬の日民主主義イコール民意、けど、そこに至るプロセス・・・どうなっているんだろう。名護市へ交付金再開とか・・・アメとムチですか。権力とは市井の人々に寄り添うことではないのかもしれない。長い物には巻かれろ・・・それがいいのか分からない。日米軍事同盟、日本の未来 [続きを読む]
  • 楽しく生きよ と・・・
  • 僧侶として 音楽家として それらを融合させた道を切り開いています渡邊英心さん「ありがとうございました」つい先日、たまたまの街角散策で、ライブがあるからと声をかけられて、心地よい時間を過ごすことができました。目的なんてなくても、思いがけないことに出逢える・・・それも楽しく生きてゆける原動力かな・・・。今日の新聞折り込み「郷 きょう」の記事が英心さんだったのでUPしました。 [続きを読む]
  • ハーデンベルギア
  • 凍える日は温室の中で花と遊ぶのもいいね「米アメリカ軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」映画を観ました。瀬長亀次郎さんのことを知らなかった。沖縄の現実もうわべだけのことしか知らなかった自分。無知と無関心の怖さを知ることに・・・過去の過ちを改むることもなく、100%米国と共にある。との詭弁にはほとほと愛想が尽きるけど。大衆から支持されるような魅力のあるリーダー、出てきてほしいな。当地に、もたらされる [続きを読む]
  • 冬枯れの街に咲く
  • 冬枯れの街の素枯れ紫陽花素通りするのは もったいなくて足を止めて シャッターを切る儚げに美しい姿それもまた好きセンター試験終了、saraお疲れ様。ムーミンに係わるような出題もあったとか・・・、分かったのかな。これって、問題としてどうなのかな?大人になる第一歩、また踏み出すんだね♪ [続きを読む]
  • 明日へ
  • どんな明日になるか分からないけれどわたしはわたしの想いを 伝えて行こう社会に 耳を澄ませ関心を持って行こう 戦争準備に、余念がないように映ることを ・・・絶対にあってはならないことを・・・ [続きを読む]
  • ラクウショウ
  • ミステリアスな植物不思議な佇まいは異空間へいざなわれているように感じた新宿御苑で降って湧いた“イージス・アショア”どれだけ危険極まりないものであることを、見たり聞いたりしている。国民の生命、安心、安全、守るなんてとんでもないこと。日々つつがなく暮らすことさえ脅かされることが国策とは・・・。米国とは「一致した、一致した」と、毎日のように流される報道。持ち上げている一部の報道機関。また、その軍事基地が [続きを読む]
  • 心残り
  • 往く秋に別れを告げて・・・季節の移ろいを閉じ込めておくことなんてできないけど心は いっぱいいっぱい広いから拾い集めて仕舞っておけるわね外はこの時季、この地特有のちょっと気持ちも憂鬱気分になるような時雨日。だけど・・・ラジオは一日中小田和正さん特集のいい日。昨年盛岡でのコンサートに勇んで行った。いつかまた何処かでお会いしたい、願いが叶う日来るかなぁー [続きを読む]
  • 風が見ていた
  • 季節に流されながら 当たり前のように過ぎてゆく愛しい日々それは贅沢なことなのか・・・と不穏な社会を目にして思う“地上イージス新屋に”先日の新聞見出しにあった。先の選挙で「秋田から日本を変える」と訴えて当選した議員がいたけれど・・・。具体的なことは何ら語らずに、それはこんなことなのか・・・。ここは私の散歩コース、目の前に不気味な足音が近づいてきたのかな。真が聴こえない主義主張を押し切ろうとする宰相の [続きを読む]