涼 さん プロフィール

  •  
涼さん: 道草の向こうに
ハンドル名涼 さん
ブログタイトル道草の向こうに
ブログURLhttp://mitikusanomukou.blog62.fc2.com/
サイト紹介文散歩で見つけた光景など、撮影写真からイメージした言の葉を載せています。四季折々の自然風景を・・・
自由文四季折々の風景(主に鳥海山麓)、野の花、街角スナップなど、撮影した写真からイメージする言葉を綴ります。
「暮色 仙台駅にて」「春になれば」「あるがままで」ブログ出版局で自分だけの小さな本を作りました。2冊目も考えています。かさばらなくて残せるもの。私だけの想いを。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供72回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/06/08 22:48

涼 さんのブログ記事

  • 心残り
  • 往く秋に別れを告げて・・・季節の移ろいを閉じ込めておくことなんてできないけど心は いっぱいいっぱい広いから拾い集めて仕舞っておけるわね外はこの時季、この地特有のちょっと気持ちも憂鬱気分になるような時雨日。だけど・・・ラジオは一日中小田和正さん特集のいい日。昨年盛岡でのコンサートに勇んで行った。いつかまた何処かでお会いしたい、願いが叶う日来るかなぁー [続きを読む]
  • 風が見ていた
  • 季節に流されながら 当たり前のように過ぎてゆく愛しい日々それは贅沢なことなのか・・・と不穏な社会を目にして思う“地上イージス新屋に”先日の新聞見出しにあった。先の選挙で「秋田から日本を変える」と訴えて当選した議員がいたけれど・・・。具体的なことは何ら語らずに、それはこんなことなのか・・・。ここは私の散歩コース、目の前に不気味な足音が近づいてきたのかな。真が聴こえない主義主張を押し切ろうとする宰相の [続きを読む]
  • 秋爽
  • あぁ〜きれい自然はなんて美しい光景を見せてくれるのでしょう今ちょこっとお家を直している今やって置かねば・・・そんなことを意識してそんな気持ちも自然かな・・・限りある人生なんだもの [続きを読む]
  • 黄昏ゆく
  • 入り日に包まれ暮れゆく里一日の終わりに私はこれから そこへ 帰路につく今、欲しいものはそれほどない。年齢が増えたから・・・? 哀しいこと・・・?それでいいんじゃない・・・。欲しいものは健康かなぁー外に出て自然を愛でる。それはたっぷりの幸せ感。 [続きを読む]
  • のどか
  • 意思など持たずともこの世は動いてゆくのかなしゃかりきになって、安心、安全、平和、守る守ると言うけれど、それが逆に不安を駆り立てられる。この時とばかりに、取り繕ろうわべだけの声が虚しく響く。すーすー何処かに流れてゆくだけ。権利の行使、ゆく当てがあるのかなぁーと思い巡らす。 [続きを読む]
  • 夢見るころ
  • あなたを好きになったころのように夢見た明日へときめく心ずーっと持っていたいね [続きを読む]
  • 陽は落ちて
  • どことなく人恋しさと 寂しさと 交差する秋の日の夕暮れ寒さに我慢しきれず、とうとう暖房を使うことになりました。いつも散策する秋の野辺には毎日のように熊出没。本当に身近なところに、二の足を踏んでしまう。冬眠までお腹いっぱいを探しているのかな・・・。 [続きを読む]
  • 凪ぐ
  • 海は穏やか 漁に励む姿があったそこには生きることの尊さが 垣間見える一つに繋がる海。海の向こうにある 彼の国。当地では彼の国の驚異を想定して、訓練を行ったとニュースが伝えた。「国難突破解散」と。せめぎ合いなんてなくす努力が懸命だろうに・・・。国民を翻弄させて、信を問うと言う。正義があると言う。おかしな、おかしなこと。 [続きを読む]
  • 羽を休める場所
  • こころリセットしながら移ろいゆく季節を抱きしめてゆこう23日は徳永英明さんのコンサートへ、たったひとり幸せ気分に浸った日。24日はブログで10年前に知り合い、何度かご一緒する機会がある☆☆さんが徳永さんのコンサートに。酒田からで宿泊、今日はカメラを持って二人でガラス工房へ、若い感性が嬉しいわたしのお師匠さん。そんな秋の日の陽だまりでした。 [続きを読む]
  • 里の秋
  • 点在する小さな集落それぞれの生活の営みを置かれた立場で懸命に生きる姿がここにはある今なら私たちに票が集まると、だから解散、選挙とか・・・勝手なものです。国民を置き去りにして、上滑りな政、ほとほと愛想が尽きるけど・・・。 [続きを読む]
  • 夏の記憶 5.
  • 急ぐ旅などないからのんびり ゆっくり行けばいいヒルガオヒメジョオン砂利道しかなかった遠い日、砂埃を巻き上げ走った道、それで十分だった。地球にも優しいのに、残してほしいこんな道。映画「関ケ原」を観た。石田三成の墓が近くにあることをずっと以前案内してもらったことがある。特別関心もなく、どうしてここに・・・と思っていただけだった。でもこの度検索したブログの中に“石田三成は佐竹義信の助力を得て大阪から脱出 [続きを読む]