mokkousan さん プロフィール

  •  
mokkousanさん: もっこうさんリターンズ
ハンドル名mokkousan さん
ブログタイトルもっこうさんリターンズ
ブログURLhttp://mokkousan.blog.fc2.com/
サイト紹介文菅原木工という工務店のこれまでの施工例や建築に関する情報。その他歴史など趣味の情報をお届けします
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/06/09 18:06

mokkousan さんのブログ記事

  • 【Panasonic】アラウーノを2台以上設置する場合の設定
  •  Panasonicのアラウーノは、トイレブース等の簡易的な間仕切りで仕切られている場所では、初期設定のままだと、1ヶ所のリモコンで他のアラウーノが同じ動作をするようになります。  そのため、2台以上併設する場合はリモコンのチャンネル変更が必要となります。  今回紹介するアラウーノSⅡ設定方法は下記の通りです。 1 リモコンの乾電池(単三)3個を取り外してください。  (内部回路を完全 [続きを読む]
  • 【石巻市】 殿入沢跡を見てきました。
  •  JR石巻線佳景山駅近く、東浜街道と呼ばれた県道257号線沿いにある小高い山が須江山と呼ばれるところです。須江山の周辺は「深谷」と呼ばれ周囲が茅で湿地帯となっていた場所です。 須江山の東浜街道沿いには「殿入沢(とのいりさわ)跡」の標柱と、「大槻但馬守殞命の地」と彫られた石碑が建っています。    「殿入沢」は豊臣秀吉による奥州仕置きによって、葛西氏・大崎氏の没落ののちにおこった、葛西・大崎の一揆が終息し [続きを読む]
  • 【陸前高田市】 天照御祖神社(外館跡)を見てきました。
  •  国道4号線(奥州街道)と高田街道(国道340号線)を結ぶ今泉街道(国道343号線)沿い、陸前高田市矢作地区、JR大船渡線BRT陸前矢作バス停隣に、天照御祖神社の鳥居を見ることができます。  正和五(1216)年、葛西氏の家臣千葉大蔵大輔廣胤が矢作村を賜り、鶴崎城内館(矢作町島部)、外館(神明前)の二城建築したのち、神社を勧請し古刀一振、兜一頭を奉納し天長地久、武運栄耀、住民の繁栄を祈願しました。 [続きを読む]
  • 【大船渡市】 猪川城跡(天照御祖神社)を見てきました。
  •  大船渡市猪川町、国道45号線から岩手県大船渡地区合同庁舎沿岸広域振興局脇の山が猪川城跡とされています。  城跡へは、天照御祖神社の参道を5分ほど登ることで、神社拝殿・本殿のある山の頂部にたどり着くことができます。  この城跡は、中世葛西氏の家臣新沼氏の居城と云われています。  頂部にある天照御祖神社は、永正元(1504)年に新沼長門が奉祀したとされています。  神社本殿裏には、土塁跡や空堀跡 [続きを読む]
  • 【一関市】 中館(曽慶館)跡を見てきました。
  •   一関市大東町曽慶字佐之平、国道343号線より市道を曽慶地区に入り、伊東運送より坂を登っていくと、中館跡の看板を見ることができます。  葛西清重の次男清成が文治五(1189)年、源頼朝が奥州藤原氏征討に従軍し、その功として曽慶を拝領したとされています。   母は藤原景公の女であったので岩淵と改姓し中館を築き以後代々の居館として、この地を治めていました。  天正十八(1592)岩淵兵庫守元 [続きを読む]
  • 【遠野市】 安倍屋敷跡を見てきました。
  •  遠野市内、曹洞宗の寺院常堅寺脇のカッパ淵に安倍屋敷跡の看板を見ることができます。  平安時代後期に威勢を誇った安倍氏の一族(貞任の弟、北浦六郎重任)が屋敷を構えたと伝えられています。  屯館とも云われている屋敷跡は、現在でも堀跡などの遺構が残り、近隣の阿部氏は安倍氏が転じたものと云われています。 【安倍屋敷跡MAP】 岩手県遠野市土淵町土淵 【遠野市関連商品】 ジンギスカン用バケ [続きを読む]
  • 【多賀城市】 多賀城を散策してきました。
  •  仙台駅から東北本線下り普通列車に乗って十数分ほど陸前山王駅を過ぎた左側の小高い丘陵が見てきます。これが多賀城跡です。多賀城跡は江戸時代から注目され、大正年間に調査・研究がされていましたが、本格的には昭和三十八年の調査が最初でした。それ以来現在も発掘調査は行われています。  【立地と規模】 多賀城は、仙台平野の東北部に位置し、松島丘陵から突き出した支丘の西端に位置し、丘陵の高さは52メートルでこの丘 [続きを読む]
  • 【富谷市】 小谷館跡を見てきました
  •  富谷市成田から大亀山森林公園へ向かう市道沿いに「小谷館跡」の標柱を見ることができます。  この館跡は、江戸時代の文献「石積村御用書出」によると、小谷豊後という武将が天正年間(1572〜1592)まで居城したとされていますが、城の規模等は詳細がなく不明です。 山中には切りたった崖があり、また、頂部には建物があったと思われる平場を見ることができます。 (標柱より) 【小谷館跡MAP】 宮城県富谷市石積道栗 【富 [続きを読む]
  • 【奥州市江刺区】鶴脛柵擬定地をみてみました。
  •  奥州市江刺区稲瀬地区、県道14号線より市道に入ると道路沿いに「鶴脛柵跡」の石柱を見ることができます。  山の神神社の脇の丘が柵跡としてされています。  柵は安倍氏の柵の一つで、安倍頼時の七男鳥海弥三郎家任がこの柵を守ったとされています。 柵跡は、東館・西館の呼称もあり空堀や土塁を見ることができます。 【鶴脛柵擬定地MAP】 奥州市江刺区稲瀬下台 【奥州市関連商品】 池永鉄工 南部鉄瓶  [続きを読む]
  • 【パソコン】 NEC Mate MJ18EL-E CPUの交換をしてみました。
  •  NECの法人用デスクトップPCを購入したので、今回もCPUを交換してみようと思います。  今回の購入品は Mate MJ18EL-E です。 搭載されているCPUはインテル  Celeron G460(1.80 GHz 1コア、2スレッド)というちょっと非力なCPUとなっています。   (CPU交換前 BIOS)  NECのデスクトップのPCは背面のツマミをスライドさせることでカバーを外すことができます。    ファンの電源を外し、(+) [続きを読む]
  • 【花巻市】 同心屋敷を散策してきました。
  • (同心屋敷)  花巻市内、県道286号線より、外れた市道に2棟の茅葺屋根の建物を見ることができます。  天正19年(1591)九戸の乱のとき鳥谷崎城(花巻城)の守備にあたった一族の浅野重吉は、配下の一隊30人を残して引き上げ、花巻同心組となり、城内二の丸馬場口御門の下馬場(現鳥谷崎神社南下辺)に住居を与えられて住みました。  延宝8年(1680)御同心30人は、かつての奥州街道向小路(桜町)の延長100間の東側に15軒 [続きを読む]
  • 【北上市】 樺山遺跡を散策してみました。
  •  桜の名所展勝地から北上川に沿った県道14号線を南へ8?ほど行き、下門岡ひじり塚入口からやや南下すると、樺山遺跡の案内板があります。  そこから1?ほど東側に入った緩やかな丘が樺山遺跡です。  樺山遺跡は1950(昭和25)年に発見された縄文時代中期を中心とする集落遺跡で、配石遺構や竪穴住居跡が発掘されています。 (樺山遺跡 配石遺構)  配石遺構は、立石の周囲に円形状に石を敷き並べたものや、立石がなく円形状 [続きを読む]
  • 【花巻市】十二丁目城跡を見てきました。
  •  田園と畑に周囲を囲まれた農家の敷地の一角に「十二丁目城跡」と書かれた標柱を見ることができます。  獅子ヶ鼻城とも呼ばれるこの城です。  中世、この地を治めていたのは、稗貫氏の重臣である十二丁目氏でした。  十二丁目氏は永享の頃(1429〜1440)に十二丁目の上館に居住した伊藤右市之助裕光が十二丁目を名乗ったのが始まりと云われています。 永禄年間(1558〜1569)には主家に反乱を起こした大 [続きを読む]
  • 【北上市】 八天遺跡を見てきました。
  • 北上市更木、県道26号線、八天の里特別養護老人ホーム隣の北上川沿いに突き出た台地が遺跡になります。  昭和五十一(1976)〜五十二(1977)年の発掘調査により、主に縄文時代中期末から後期末(およそ4500〜3200年前)の拠点的な集落跡であることが明らかになりました。   八天遺跡を特徴づけるのは縄文時代後期の大型建物跡です。この建物跡は同心円状に幾重にも柱穴が廻っており、改築による10回分の建物が重複して [続きを読む]
  • 【一関市藤沢町】 大木沢館跡を見てきました。
  •    一関市藤沢町黄海辻山地区、藤沢町と花泉町を結ぶ県道21号線道路沿いの畑地に「大木沢館跡」の標柱を見ることができます。  「黄海村史」によると中世、昆野河内守が居住したところ」と記されていいます。 屋敷跡を河内畑、北方の高台に河内守の供養塔があります。 (出典 藤沢町史) 【 大木沢館跡MAP】 岩手県一関市藤沢町黄海辻山 【一関市関連商品】 黒格ハンバーグ10個セット・黒毛和牛+純天 [続きを読む]
  • 【一関市藤沢町】 深堀館跡を散策してきました。
  •  一関市藤沢町黄海地区、県道から黄海公民館背後の小高い山が館跡です。  黄海城とも云われるこの館跡は中世深堀氏の居館でした。  本丸は東西二十五間、南北四十八間、二の丸は東西二十九間、南北五十間あり、本丸の中心部の丘に杉の大木を見ることができます。 このスギの木は「深掘りのスギ」として一関市の天然記念物に指定されています。 現在、館跡は畑地や山林となっていますが、本丸までの道のりは「深掘スギ保存会」 [続きを読む]
  • 【菅原木工寺院施工例】 白馬山 陽山寺 山門
  • 宮城県大崎市田尻町沼部地区に曹洞宗の寺院「白馬山 陽山寺」はあります。  陽山寺はかつて栗原郡小野村花嶋にあった大崎義隆が建てた真言宗の寺院花嶋山龍谷寺の末寺で、 天正年間の大崎氏滅亡後、龍谷寺も退転したので末寺が無くなり、延宝二(1674)年、田尻村東渓寺の末寺になったと云われています。 龍谷寺の末寺時代の寺名は不明ですが、伊達領となった天正十八年、長谷景重は沼部に館を [続きを読む]
  • 【PS3】 PS3を修理してみました。
  • いつものヤフオクで今回はPS3を購入しました。 PS3初期型である。「CECHB00 20GB」と同じく「CECHH00 40GB」です。 ジャンク品での購入で、1台は「CECHB00 20GB」はタイトル画面から動作しないという症状で、もう1台の「CECHH00 40GB」はYLODの症状がでるということでした。 ということで、「CECHB00 20GB」はソフトに問題があるとのコントローラーからのセーフモードでの起動で、本体の初期化で無事使 [続きを読む]
  • 【パソコン】 TOSHIBA dynabook EX/34JKS CPUを交換してみました。
  •  東芝から2009年に発売されたノートパソコン「dynabook EX/34JKS」のCPUを交換してみました。 交換前のCPUはCeleron® Processor 900(1M Cache, 2.20 GHz, 800 MHz FSB)のシングルコアです。  今回は「一方、ふうえんさんちでは…の「dynabookのCPU交換」の記事を参考に分解、交換してみました。  このパソコンはこれまで交換してきたNEC製のPCと違いある程度分解しなければ、CPUが交換できませんでした。  バッテリー、メモ [続きを読む]
  • 【一関市千厩町】 仏坂城跡を散策してきました。
  •  一関市千厩町磐清水地区、曹洞宗の寺院「鷲嶺庵」近くの小高い丘が城跡です。  「兵庫館」・「愛宕館」とも呼ばれるこの城跡ですが、城主であった仏坂兵庫からとったものです。  「仙台領古城書上」によると、城の大きさは縦二十間、横三十間と記されています。  城主は亀掛川兵庫、仏坂加賀、加賀弥右衛門・彦五郎・彦左衛門などとなっています。  仏坂兵庫以降は伊達藩に仕えました。 築城年代は不明で天正年中に [続きを読む]
  • 【北上市】 下門岡ひじり塚を散策してきました。
  • 北上市中心部より県道14号線を南下し、「ひじり塚」の標識から2kmほど進むと、ブドウ畑の中にひじり塚を見ることができます。   ひじり塚は時宗の開祖一遍の祖父河野通信の墓と伝えられています。  河野氏は現在の愛媛県松山市北条を拠点とする伊予国の豪族で、源平合戦では源氏方につき、水軍を率いて兵士討伐に活躍しました。  「吾妻鏡」によると奥州合戦の陣中で源頼朝の食事には通信がつねに近習したことが記され [続きを読む]