思索家・さるとる さん プロフィール

  •  
思索家・さるとるさん: 日本列島言語A級札付国家に集団自衛権と原発は不要
ハンドル名思索家・さるとる さん
ブログタイトル日本列島言語A級札付国家に集団自衛権と原発は不要
ブログURLhttp://j-p-sartre.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文日本語は自然界が想定してない重度複合障害言語・カタカナ語は人類最大の愚行だから原爆が唯一日本に落ちた
自由文アインシュタインとサルトルは言語(英語と日本語を通して)関連している。『日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用で文字を必要としてない土〔着〕人用の開音声専用言語であったのであり、唐の昔に閉音節言語になっている英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史人用で悟性を培う言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象 - 「正円現象」または「一円現象」と言う)を見つけた!』
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/06/10 23:53

思索家・さるとる さんのブログ記事

  • 急いては事を仕損じる/ 実践 私の実存主義講座 第225回
  • 急(せ)いては事を仕損じる。越南国・どっかの半島の国々は漢字を返納し、アルファベットの機能を持った表音文字に統一してしまった。何も漢字が悪いとは言ってない。日本語は人類前期未開用・先史用・即自存在用の音声専用の開音節言語の時に、既に開音節言語から閉音節言語になっていた(3000年程前のこと)中国語の視覚面であるほぼ完成された文字体系・漢字を採用してしまった(4?5世紀頃)ので、音声的に上位の人類後期成熟用・有 [続きを読む]
  • 国家を形成している意味はない筈である/ 実践 私の実存主義講座 第223回
  • 本来なら、日本語は無くすべきである。日本語がその特殊性故に日本の国だけで話されるものであり、尚かつ外国語の習得を非常に難しいものにしているものであるならば(例えば、日本語の売文業が他の言語でメシが喰えないなど)、日本の国が国家を形成している意味は無い筈であり、これ程の自己撞着はこの宇宙で他にない筈である。だから、日本の国にだけ人類の可能性でもあった新型爆弾(核兵器)が一つならず二つも落ちた。言語のな [続きを読む]
  • 因果と時間とはどっちが根源的だろうか?/ 頭脳の老化を遅らせる思考実験
  • 「時間」と「因果」とはどちらが根源的なのだろうか。「時間」は無くとも「因果関係」は起こる筈である。「因果」は「時間」が無くとも事象する筈である。「因果」は「時間」より必要性が高い、「存在」が濃い、強い筈である。「時間」は「因果」に制限を掛けたり、コントロールするものではない。「時間が百歩譲って、時間が因果の事象以前から、或いは因果の事象と同時に、もしくは因果の事象以後に生まれたとしても、「時間」と [続きを読む]
  • 開音節言語は処女・童貞用の言語/ 実践 私の実存主義講座第217回
  • 人類の言語には次の二つしかない。開音節言語と閉音節言語の二つ。開音節言語は人類の前期用で先史時代用の言語であり、閉音節言語は開音節言語から自然発生的に出来て来る有史用の言語なのです。ですから開音節言語は人類の処女期・童貞期の言語に喩えることが出来、閉音節言語は人類の成人期の言語に喩えることが出来ると思います。ですから戦前の政治家・軍人にもA級戦犯に宣告されたような、威張り散らし、傲慢チキチキバンバ [続きを読む]
  • 母音は人間の粘着性を生む 実践 私の実存主義講座 第211回
  • 「母音」は人間の「粘着性」の原因・発露であり「子音」はそう言う「母音」の「蔓延」を抑え防ぐ役割がある筈である。いまだに各音節が母音で終わる先史時代用の開音節言語を使っている日本の国の真珠湾奇襲攻撃・朝鮮半島侵攻・中国大陸侵攻・東南アジア侵攻・ミクロネシア侵攻・ポリネシア侵攻はこの一連の「母音の蔓延」現象でありインパール作戦・ガダルカナル作戦・ミッドウェイ海戦・硫黄島玉砕・沖縄玉砕・二度の原爆投下は [続きを読む]
  • 生命の世界の敗北者・誰々さん捧ぐ言葉 実践 私の実存主義講座 第210回
  • どんなに偉そうなことを言いどんなに立派なこと(本人はそう思っているらしい)を成し遂げても生命を繋げなかったことはどんな理由があるにせよ生命の世界に於いては半人前の敗北者ではないだろうか。言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類即自存在用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・紙々の住む国日本!天皇陛下万歳!いまだに先史時代用の開音節言語を [続きを読む]