柚子 さん プロフィール

  •  
柚子さん: living in silence
ハンドル名柚子 さん
ブログタイトルliving in silence
ブログURLhttp://shallop.blog78.fc2.com/
サイト紹介文自然が大好き。カメラは初心者同様ですが私だけの視線を捉えたいと思い写真を撮ってます。
自由文主に近所のお散歩風景、時々遠出したりしてます。
四季折々の二度ない風景を追いかけていたいです。
料理も好きなので時々料理の写真も載せます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供19回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/06/12 20:01

柚子 さんのブログ記事

  • THIS IS US
  • 空が青い両の手を広げ大きく呼吸するそれは昔からの私の癖空を仰ぎ風を受け止め雨を被るそれが心地よい時それが孤独の時明日の私は微笑んで空を仰ぐだろうかそれとも・・・私がどうであれ空はそのチャンスすら与えない明日かもしれないTHIS IS US・・・何を見ようあなた以外THIS IS US・・・ [続きを読む]
  • 伝言
  • 貴女の綴りは 幾度となく 私を揺らす忘れかけた望郷を再び追いながら失った時間を急ぎ足で取り戻したいもったいなくてもったいなくて・・・私はあのころ愚か者だったのかもしれないそれでも どんな時代も 人はやり直せるだから今、私と貴女のスタートラインおいでよもっと私の腕のなかに [続きを読む]
  • Dear
  • どれくらいぶりに書いただろう・・Dear・・あえて今日はタイトルにしてみた。貴女の言葉を読んだ貴女と出会ったころの私の印象最近の男性には見えないかっこよさがあった。そして潔さ。思わず頼りたくなっちゃうような・・貴女を知っていく過程で貴女が誰よりも女らしく誰よりも、か細いことを認識していった、言葉遊びだけいえば、あの頃はネットも私たちには良い時代だった。今、インスタ、フェイス、etc みんなどこへ行ったん [続きを読む]
  • 今日の一品
  • 私の家の方は暑いの。今年の冬は野菜が高くて困りましたよね。冬野菜の白菜も大根も高くて。これから夏野菜はどんどん安く出てきます。野菜好きの私のは嬉しい限りです。今日はレンジですぐできて合計時間も10分以内男性でも簡単にできるし、これから暑くなってきたらとってもいい一品になると思いますナスのカルパッチョです、お皿はニトリで大好きなやすーーーいお皿です美味しいーー [続きを読む]
  • 流れのままに
  • どれくらいぶりだろうか良く久々にあった学友とは、お話しだしたら、当時のまま、何年経ってももどれるといいます。きっとそんな感情。たくさんのことがあって、ありすぎて、でも、どれもひとつづつ貴女とのことは鮮明に記憶してる。互いに時を経て何か変わったのだろうかそれとも何も変わっていないのだろうかとりまくもの、風景はずいぶん変化したけどきっと私と貴女の間では何も変わっていないのかもしれない。貴女の心打つ言葉 [続きを読む]
  • 気が付けば、冬を超え 桜は散り 私は何を急いでいるのかと思う。生き急ぐかのようにあれこれと今更 成し遂げようとしてる諦めてた何かだったかもしれない皆様お元気ですか [続きを読む]
  • 新年明けましておめでとうございます
  • 皆様新年明けましておめでとうございます。久しく更新できなかったけれど、以前のお約束通り、このブログは辞めません。どなたも訪れることがなくなったとしても継続します。私はいつでもここに存在しています。今年ものんびり更新していきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとってより良い年になりますよう新しい希望の道が開けますようこの場所からそっと願っています。 [続きを読む]
  • 夕暮れ
  • 皆様新年明けましておめでとうございます。久しく更新できなかったけれど、以前のお約束通り、このブログは辞めません。どなたも訪れることがなくなったとしても継続します。私はいつでもここに存在しています。今年ものんびり更新していきたいと思っていますのでどうぞよろしくお願いいたします。皆様にとってより良い年になりますよう新しい希望の道が開けますようこの場所からそっと願っています。 [続きを読む]
  • 彼岸花(曼珠沙華)
  • たくさんの花ことばがある彼岸花まず花が咲き、後から葉っぱが伸びるという通常の花とは違うその葉と花を一緒に見ることがない性質から「葉見ず花見ず」と呼ばれ、昔の人は恐れをなして、死人花(しびとばな)や地獄花(じごくばな)などと呼ぶこともあったそうです、色は赤がやはり一番多く目にします。他に白、黄色とありますが、私は黄色は一度しかみたことがないです。皆さんはどうですか?赤色の花ことばは、情熱/独立/再開 [続きを読む]
  • 夏の終わり
  • たくさんの花ことばがある彼岸花まず花が咲き、後から葉っぱが伸びるという通常の花とは違うその葉と花を一緒に見ることがない性質から「葉見ず花見ず」と呼ばれ、昔の人は恐れをなして、死人花(しびとばな)や地獄花(じごくばな)などと呼ぶこともあったそうです、色は赤がやはり一番多く目にします。他に白、黄色とありますが、私は黄色は一度しかみたことがないです。皆さんはどうですか?赤色の花ことばは、情熱/独立/再開 [続きを読む]
  • 絵画の池
  • どうしても自分の目で見たかった場所へ行ってきました。多分実際は違うのだろうと半分期待せずに;・でもそのままだったのです。あの有名な絵画のような素晴らしい風景で一瞬どこに迷い込んだのかしらと思うようなそんな不思議な場所できたら秋に今一度訪れたい [続きを読む]
  • お盆休みも終わりましたね、長いお休みだった方は今日からの出勤はちょっと辛いかもしれない。私はといえば今日からお休みです。今年の夏は梅雨のようです。過ごしやすいといえばそうですが作物にはだいぶ影響があるようです。でも、お外で働く人はうだるような暑さから解放されていいのかもしれません。明日からどこかお出かけする予定ですが北に行こうか南に行こうか気ままに悩み中。 [続きを読む]
  • その日
  • いくつもの記憶を積み重ね憂いあり刹那ありいつの日かこの記憶も雪のように溶けて流れ出すだろう最後の願いがあるとしたらきみの腕の中で流れて逝きたい [続きを読む]
  • 沈む夕日を見たかった暫くひとりの時間を泳ぎながらこの時期には珍しい富士の山を眺めながら富士より右方向に沈むであろう陽を見ていた後ろには筑波山 そしてスカイツリーがうっすらと見える上に浮かぶ白い月に時折目をやる長い時間だったか 短い時間だったか記憶にはないけれど陽の沈むその時はあっという間だった私の一日もこれで終わりか [続きを読む]
  • 何度でも
  • 時々思う賑わいの時時々懐かしむ泣きじゃくった夜時々深呼吸する生きてる実感の中で時々知りたくなるあとどれくらい時々恋しい今別れたばかりなのに時々笑ってしまう寂しいから時々そう時々私は希望を失いかける時々それはほんのわずかな時間晴天の中雪の衣をゆっくり捨ててどこから見ても雄大な姿に泣きそうになる何度でも  何度でも [続きを読む]
  • 初夏
  • ちょっと写真は良くないけれど我慢ね昨日から明日にかけてずいぶん気温が高いようで急な暑さに体調崩さないようにしないと。ここに来てくださる方々は長い年月を私と共に歩いてきて知り合ったころよりみんな年を重ねてきたものねそろそろアジサイや、ショウブの花が美しさを競い合うのかなぁ [続きを読む]
  • お久しぶりです
  • すっかりご無沙汰しています。春になって桜の季節も終わりましたね。皆様はお元気でお過ごしでしょうか私は体調があまり芳しくなくブログ更新も怠っていました。日常生活は今のところさほど支障なく暮らしています。写真もなかなか撮れず終わりまじかに2,3枚撮ったものの1枚です、一眼レフを持ち歩く気力はなくデジカメで撮りました。こんなに長く放置せずもう少し更新できればいいと思います [続きを読む]
  • お返事
  • コメントくれてありがとう、ずいぶん日が経ってしまったね。ごめんね。私、今、お返事が書けないの。ごめん。もう少し待って気長にね。ここにコメントくれる方は私を理解してくれてる方だと思ってるからわがままだけど少しまってね [続きを読む]
  • 止まない雨
  • 止まない雨はないというけれど・・・それは知ってるけれど・・・でも、止まない気がするのは私の考えすぎなのだろうか何を直して何にすがれば楽になれる [続きを読む]
  • ゆらりと流れて
  • 止まりそうな時に足踏みを空の青さも機嫌も忘れそうそれでも今再びの流れにまかせゆらり ゆらりそのままゆらり [続きを読む]