南側用水路清流プロジェクト さん プロフィール

  •  
南側用水路清流プロジェクトさん: 里川のある街/南側用水路清流プロジェクト
ハンドル名南側用水路清流プロジェクト さん
ブログタイトル里川のある街/南側用水路清流プロジェクト
ブログURLhttp://mokudosui.blog.fc2.com/
サイト紹介文埼玉県杉戸町の歴史ある南側用水路を世界一の里川に育て上げたいとの思いで清掃活動等をやっています
自由文人の身体の6割以上は水だそうですが、世界的に見ても日本ほど水のきれいな国はありません。海の無い埼玉県の川でさえ、かつてはあちこちの川で漁業が営まれていました。日本中のあらゆる場所は「淡水漁村」と言えるほど豊かな川辺に文化を育みました。40万キロ以上もあると言われる日本の用水路と水田文明こそ、最も偉大な日本の財産ではないでしょうか?杉戸町を流れる南側用水路もその魅力は絶大です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/06/12 21:55

南側用水路清流プロジェクト さんのブログ記事

  • ホタル放流 2018.7/1(日)
  • 松伏町のホタル観賞イベントに行ってまいりました。終了後、主催者でありますNPO法人・松伏公園都市づくり協会の高岡武氏より蛍の成虫を頂きました。ピンクの洗面器に入っている茶色の細かいものが孵化したばかりの蛍の赤ちゃんです。幼虫なのに目が光っています。早速、南側用水路に持ち帰り蛍の放流を致しました。何十年かぶり久し振りに見ました…。蛍がピカピカ飛んでいきます!夜の木道も素敵でした。お月さまもご覧の通り… [続きを読む]
  • 2018.6.18 木道磨き+蛍の放流会
  • 桜プランニングの茂田さんのお世話により、NPO法人・松伏公園都市づくり協会様より蛍の幼虫をお分け頂けることとなりました。お客様をお迎えするにあたり早起きをして木道磨きをしました。本日はNPO法人・松伏公園都市づくり協会の高岡武様・桜プランニングの茂田勝美様・杉立町長古谷松雄様をお迎えしとても盛り上がりました。高野台小学校の校長先生を始め大勢の生徒さんが参加してくれました。果たして来月には夜空に蛍が飛び交 [続きを読む]
  • 6月12日  蛍の棲み処計画
  • 6月16日(土)に蛍の幼虫を放流することになりましたので梅雨空の下急きょ坂本さんの指導により「蛍の養殖場」を設置しました。流速が遅く蛍が流されない様にして蛍が卵を産み付ける場所を作りました。終了後アイスクリームを頂いておりますと雨がザザーっと降ってまいりました。トンネル木道は寒くて水が奇麗です。坂本さんは色々なことを知ってます。教えて頂きませんとイケません。。。杉戸町の為に! [続きを読む]
  • 杉戸町広報6月
  • 杉戸町広報にて大々的にとり上げて頂きました!表紙は、この度埼玉県の天然記念物に指定された「高野砂丘」です。2年前の「日本遺産・埼玉県東部地域の水路と水田文化」申請を通じて「高野砂丘」と「旧南側用水路」が貴重な文化財であるとの報告をさせて頂きましたがこの度の杉戸町広報は日本遺産申請エリアとピタリと一致しております。1度目の日本遺産の申請は残念ながら落選となりましたが将来的には確実に日本遺産に指定され [続きを読む]
  • 6月2日 オソージ会
  • 本日は定例の活動日です。階段の手摺やゲート作りなどの作業をしました。野の花の生け花の先生高橋さんは黙々と彼岸花を植えています。埼玉県から300個の球根を頂きました。はじめてトンネル木道を見学に来られたご近所の方…「奇麗な水ですねぇ」「涼しいですねぇ」などとおっしゃっていただきました。これからどんどん見学にお越しになる方が増えると思います。普段はここは入れませんので第1と第3土曜日の午前中にお越し頂 [続きを読む]
  • 5月19日 階段完成!
  • 宮ノ下区長の折原さんが木道の見学に来られました。昔は南側用水路でよく泳いだそうです。宮ノ下地区は昨年まで地区内の水路の浚渫などを地区行事として行っていたそうですが参加者の高齢化には勝てず今年から取りやめたとのことです。階段が完成しました。次回は、手すりを作成いたします。蛍の放流を行うことになりました。蛍は人寄せパンダであるとか、環境保護ではなく逆に環境破壊であるなどと言われることもありますがこの地 [続きを読む]
  • 5月5日
  • 定例のオソージ会です。良い天気になり小さなお客様も木道を歩いて楽しそうでした。「三島市の源兵衛川」の様になると良いですね」誰かが言いました。源兵衛川が今日の様に素晴らしい水辺となるまでには大変な苦労と時間が必要でした。南側用水路の再生事業はまだ始まったばかりです。将来的には源兵衛川を凌ぐ水辺空間となるものと思われます。皆様の協力があれば可能です。日陰が気持ちいいですね…来る5月27日は、「杉戸町ア [続きを読む]
  • 4月21日
  • 定例のオソージ会です。水が来たり止まったり。用水路の宿命ですが魚たちにとっては死活問題です。この日も背ビレを出して泳いでいる鯉がおりました。水を堰き止め深みを作り漸く背ビレが水に隠れるようになり少しホッとしましたがワンドの様な深みを早急に作る必要が有ります。相変わらず誰かがゴミを放り投げて行ったようです。誰も見ていないからと言ってこんなことをしても「お天道様が見ているよ」って、昔、おばあちゃんが教 [続きを読む]
  • 3月13日
  • サイサン環境保全基金様もこの度の「彩の国環境大賞」の特別功労賞を受賞されましたが本基金の埼玉県の環境保全に於ける功績は高く評価されるべきものだと思います。南側用水路清流プロジェクトの活動は様々な支援により成り立っています。支援者各位様には改めて御礼申し上げます。後日きちんとした形で現地に表示を致します。 [続きを読む]
  • トウジュロ
  • 父の植えたトウジュロが枯れた。八十四で逝った父と共に寄り添うように…。南側用水路の再生をとても喜んでくれた父は最晩年、南側用水路を詠んだ沢山の俳句を残してくれました。「トンネル木道」という言葉は、この俳句の中で生まれた呼び名です。父の愛した南側用水路を大切にしていきたいと思います。 [続きを読む]
  • 2017.12/16 本年最後の活動
  • 2017年最後の活動日です。日頃の行いが良い為に本日も良いお天気です!本日も、木道エリアと宮ノ下溜井方向…約700mのオソージです。当会の女性陣の動きには本当に頭が下がります。黙して語らず…粛々と手が動き川底のゴミ達を回収します。本当に立派です。どんなに素敵なお家に住んでいても自分達の住む町の川がこれではとても格好悪くて、他の町からお客さんを呼ぶことも出来ませんよ!がまの穂が破裂して飛んでいきます。こ [続きを読む]
  • 2017.12/2の記録
  • 12月の良いお天気の中こじんまりと活動を致します。12月にもなりますと皆さんお忙しいようでオソージ会の参加者も隙間風が吹き抜けて参ります〜しかし100年計画でスタートした「南側用水路清流プロジェクト」ですので背筋を伸ばし武士の如く気高く凛としてすべき事を粛々と行うまでです。今日は二人の槍使いの名人をお招きしました!水色槍会のコンバヤシ先生とキンムララ先生です。水色槍会のコンバヤシ先生とキンムララ先 [続きを読む]
  • 宮ノ下溜井へ 2017.11/18
  • 川は縦に長いですから待ち合わせをしたりするのは結構大変です。本日も木道の終点地点のいつもの橋で集合後木道上流の清掃活動と下流の宮ノ下溜井方向の清掃活動と二手に分かれ結構な距離を移動しました。運動不足の折とても良いカロリー燃焼が出来たと思います。土だまりを見つめるメンバー木道から宮ノ下溜井まで約500m中浚渫が必要と思われる距離は約300m〜400mざっくり3地域に分かれる土だまりエリアをなんとかすれ [続きを読む]
  • 測量 2017.11/16
  • 杉戸町役場・都市施設整備課による測量が行われました。この度の測量エリアは…木道の終点のいつもの橋のところから(仮称)宮ノ下溜井までのエリアです。我々が次に通水を目論むエリアです。この測量は、過去の測量データを基に行われました。測量によって齎されたデータにより新しい発見が有るものと期待しております。杉戸町役場×南側用水路清流プロジェクトの成果にご期待ください。杉戸町役場の職員の方による測量の様子役場 [続きを読む]
  • 11月11日 臨時オソージ下見
  • 木村さんと軽く打ち合わせをすることになりました。ついに始まる第二弾の「宮ノ下溜井復活計画」に向けての下見を兼ね軽くオソージをしました。お天気も良く、とても気持ちが良かったです。木道のいたるところにカワセミのフンが見られます。本日の水質は活動始まって以来の素晴らしいものでした。杉戸町による南側用水路最上流域の護岸流路整備工事も今期で完了します。来年からはいよいよ通年を通しての通水が見込まれます。何も [続きを読む]
  • 11月4日のオソージ会とお客様
  • 下久保ダムの貯水量は100%という事で南側用水路の流量も多くとても気持ちの良い水辺となっております。雨が多く台風まで来ましたので水路沿いの木道の上にも沢山の落ち葉が降り積もっておりました。木道の中央付近の胡桃の木も木道に倒れておりました。胡桃の木の枝を切ろうとしたところ根元から倒れてしまいました。その時に私は水中に右足を滑らせてしまい結構擦りむきました。イタタタ…恥ずかしいので他のメンバーには気付 [続きを読む]