けやき館 Th. 佐藤美佐子 さん プロフィール

  •  
けやき館 Th. 佐藤美佐子さん: カウンセラーこころの日記
ハンドル名けやき館 Th. 佐藤美佐子 さん
ブログタイトルカウンセラーこころの日記
ブログURLhttp://comisasroom.blog.fc2.com/
サイト紹介文仙台市青葉区にあるカウンセリングルーム けやき館 カウンセラー日記 
自由文心理についてあれこれちょっと語ります。フォーカシングを中心にワークショップ開いてます。もちろん個人カウンセリング承ります。ちょっと聞いて!ちょっと話したい!方は「聴くカフェ」で傾聴します 
カウンセリングルームけやき館 北仙台にあります。 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 124日(平均3.5回/週) - 参加 2014/06/14 19:16

けやき館 Th. 佐藤美佐子 さんのブログ記事

  • 時間
  • 物理的な時間は概ね一定に流れるしかしながら・・・人生の時間は一定とは限らない油断しているとおいて行かれる先に行った時間を追いかけると自分らしくいられないそういう積み重ねをしていないか立ち止まってみる時間を止めると時間は戻ってくる [続きを読む]
  • 不安
  • こころは動く動かなけれなこころではないこころが動くと不安にする不安を錘にして足かせにする不安が悪いのだ不安が自分を進ませないのだと思うと自分は悪者にならなくて済むしかしながら・・・不安の時間軸は未来に向かっている準備が足りない気をつけろ用心して進めそれが不安の仕事キチンと仕事をさせていないのは不安の声を聴いていないアタマの方不安の仕事を理解してキチンと仕事をさせるそれがアタマの仕事 [続きを読む]
  • こころの声 たましいの声
  • 自分とツナガルそれは習慣である自分の内側の声を聴くそれは習慣であるたましい の声を聴くそれは拠り所である自分の拠り所がないからあっち こっち と探さなければならない自分の内側に常に自分がいる信じるか信じないか習慣にするか しないか単純にそれだけである [続きを読む]
  • 過去と他人
  • 言い尽くされているが過去と他人は変えられない自分がうまくいかない原因を過去と他人にすれば今の自分を変えなくていい変われないのはナニカのせいであって自分ではない過去と他人と自分は変えられないということになっていないか自分に確かめる必要がある変えられるのは自分変わると決めるのは自分例え 何に足を取られようとのたうちまわろうと自分の人生は自分で決めて良いいつまでも子供ではいられない事実を認識すべき時があ [続きを読む]
  • 言い訳
  • なんだかんだ言っても一番言い訳したい相手は自分自分が変われないから変わるのが怖いから今が悪いだけで必ず変われるからどこかへ逃げようと言い訳が必要あなたには今 ここ がない過去を原因にすれば自分は悪くない未来がこなければ自分は悪くない自分を生きるのは何時?今 ここ でしかない [続きを読む]
  • ひとり
  • 「私は人から嫌われたくない。」そういう気持ちが一歩踏み出せない最大の理由もうあなたは大人だから自分のことは自分で決めていいはずです [続きを読む]
  • ことだま
  • 私は幸せになってやる私は幸せになってみせる私は幸せになるべきだエゴのことば私は幸せになりつつある私は幸せに向っている私は幸せになってきているこころのことばそっと呟いてみるとわかるはず [続きを読む]
  • 病は気から 幸福も気から
  • 病気っぽいな・・・あの病気に似てるな・・・きっとそうだやっぱりそうだ病の無いところに病を作るあ〜あ ダメだないつもダメだなほ〜らダメだダメでないといけなくなる最初は無理やり「いいぞ〜!」両手を空に向けて開く「いいぞ〜!」ガッツポーズこころとからだは繋がっているワザワザ悩みを見つけるクセは止めよう [続きを読む]
  • 聞こえる
  • 言い尽くされているけれど始まれば必ず終わる誰が見ても分かるように終わることもあるが個人の物語は個人の内側で終わる誰かに気兼ねしないことだCall個人への呼びかけはその個人にしか聞こえない誰かに気兼ねするということは誰かの目で自分を見ること誰かの耳で聞こうとすること自分への呼びかけは誰かの耳では聞こえない [続きを読む]
  • 内側の言葉
  • いつの間にか親の口癖が自分の口癖になっているクスッ自分が失敗した時「なんだ!ダメなヤツだな!」と独り言がでるその言葉のオリジナルは誰だろう…誰かの言葉がいつの間にか自分の言葉になって自分の内側で響いている「内言」本当は自分のものではないいつの間にか自分の言葉のようになった言葉自分を自分で責めなくたっていい自分なりにやったじゃないか本当に自分に言いたいことは何だろう…かけて欲しい言葉は何だろう…見つ [続きを読む]
  • 言葉は鏡
  • 私あの人より上だ私はこの人より下だ自分の位置を確かめている私はあの人より上のハズなのに誰もわかってくれない私がうまくいかないのは周りが私を正しく認識できないからこの才能豊かな素晴らしい私を・・・そう思っている限りどの世界にも存在するのは難しいあの人はオカシイこの人は無能その人はダメなヤツあなたはあの人 と この人 と その人 に何をしただろう自分の言葉は自分の鏡いつか自分に返ってくる [続きを読む]
  • 楽しみ
  • 楽しい日ドキドキする日けじめをつける日確かめる日なんとなく・・・な日それぞれの今日という日今日楽しめた今日も生きたちょっとだけ気づいておこう今日も人生の一日 [続きを読む]
  • アタマを空っぽにする
  • 人のアタマは考えるようになっている考えるのがクセ考えていないと不安考えるても不安アタマが考えてパンパンになっていると疲れる疲れるから疲れたくないと考える堂々巡りアタマを空っぽにすればなにもないたまにアタマを空っぽにする努力が必要努力しないと考えることになっているアタマを空っぽにするアタマを空っぽにするとよく考えられるようになるぼーーーっとする時間をつくろう [続きを読む]
  • 深呼吸
  • はい深呼吸をしましょう!と言われて最初に何をしますか?はい深呼吸をしましょうと言われたらまず 息を吐く何故なら身体の中には既に空気が溜まっているから新鮮な空気を入れるために身体の空気を出すそうしたら新鮮な空気が身体に入ってくる新鮮な空気が入ってきて古い空気が出ていくのをイメージすることもお忘れなく [続きを読む]
  • 時間を止める
  • 自分らしくしたいと思ったら流れている時間を止めてみる日常のチャカチャカカチカチギスギスこころもチャカチャカ自分を見失っている敢えて時間を止めて自分の内側へ向かえ・・・流されようとずる流されなければならないと思う自分を敢えて止めて自分の内側の声を追え・・・誰も邪魔しない自分の内側の声を聴く時流れを止める時間を止める自分のこころの声はそうしないと聴こえない [続きを読む]
  • こころの声を聴いてみたい と思っても 思っただけで聴けるとは限らない いつもの自分の声は アタマから聴こえている 考えている時は こころの声は聴こえない 聴こう聴こうと思うと こころは遠くなる 考えないでこころの声を聴けるのは 夢 夢は自我が及ばない 自分の奥からメッセージを送ってくる ただし・・・ 一般的な 平均的な 統計的な 解釈は当てはまらないと思っておく 夢の本当の意味は 自分しかわからない [続きを読む]
  • オープンハート
  • うまくいかない時には上を向いて大きな息をしてみる空はきっと受け取ってくれるだろううつむいていると気持ちは内側に向かっていくうまくいかない時にうつむくとうまくいかないことを思い巡らす身体が閉じていれば考えも閉じる上を向いて考えることを止めて息をしていた方がこころにも身体にもいいオープンハート と呟いてうつむいてみても何も変わらない [続きを読む]
  • 仕組み
  • 耳が痛いならその言葉は自分に届いている腹が立つなら応えている何も聞こえない時こそ注意した方が良い聞こえないのか聞きたくないのか聞こえなったことにしているのかアタマの自分は分らない人のこころは自分を守ろうとして自分に分からないようにいろいろ仕組んでいる [続きを読む]
  • 誤解
  • 言葉の意味は100人いれば100通り日常的に相手を誤解釈していると思っていいレベルあなたの 熱い は何度から?私の 痛い はここからあなたの むかつく はどういう感じ?私の 寂しい はこんな風景思いやりは想像力がないと生まれない自分のモノサシがすべての基準ではない相手のモノサシを想像してそれも基準にしないと間違える誤解釈は想像力の無さあるいは想像の一方通行から起こる [続きを読む]
  • mission 3
  • mission魂の刻印を知りたいなら自分の歴史を遡っていく成人式・・・高校の頃…中学の頃…小学校・・・もっと・・・小さい頃は…一番最初に心を奪われたことは何だろう一番最初にハマったことは何だろう一番最初にどうしても欲しかったモノは何だろう小さいけど大人より分かっていたことは何だろうその エッセンス は何?大人になっていくと忘れてしまう理由なく どうしても譲れないパッション大人が分かってくれない自分にはどうしようも [続きを読む]
  • フランクル
  • そもそも 我々が人生の意味を問うてはいけません。我々は人生に問われている立場であり我々が人生の答えを出さなければならないのです。ヴィクトール・エミール・フランクルViktor Emil Frankl1905年3月26日-1997年9月2日『夜と霧』の著者第二次世界大戦中にユダヤ人である為にナチスによって強制収容所に送られた経験を元に書かれた [続きを読む]
  • こころが躍る方へ
  • 停滞は自分が作っているリスクを恐れる気持ちが強いと動け無くなる拳を作って胸の・・・心臓のあたりをトントン 叩いてみる自分の鼓動に合わせてトントン・・・トントン・・・ほんの少しだけワクワクが戻ってくるだろうワクワクは魂の声こころが躍る方へ向かえワクワクする方へ向かえ鼓動がする方へこころが躍る方へ本当に行きたい所へ行け魂はそう願っている [続きを読む]
  • 引き寄せる
  • 引き寄せると言って責任を逃れるのは良くない今まで気づかないことに目がいってわかったことではないか自分の周りには奇跡で溢れているあなたが見ず感じず気づかずそんな自分をやめたら奇跡はそこにあったこころの有り様は自分で決めている [続きを読む]