p さん プロフィール

  •  
pさん: ノンアルコールライフ!
ハンドル名p さん
ブログタイトルノンアルコールライフ!
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/ppp2014/
サイト紹介文お酒を飲まない幸せな人生を目指して
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/06/15 21:53

p さんのブログ記事

  • どこが
  • 順調なようで順調でない。全く意識していなかった飲酒欲求に苦しんでいる。ラーメンを食べたり、スイーツを食べたり、旅行に行って気の向くままに食べまくり、怪しげな店に行ったり、そんなことで気が紛れて、お酒から完全に離れたと思っていた。飲酒欲求の偽装工作だった。お金を貯めていれば安心が増すかと思ったら、マイナス思考の性格は何も治らない。会社を辞めたら生活できない、別の仕事をする自信もない。70まで働くなんて [続きを読む]
  • 旅行
  • 2泊3日で旅行に行ってきた。旅行は、食べる機会が多くなり、必然、飲む危険も多くなる。今回は、ノンアルコールビール4本で済んだ。1日目のお昼に、市場で買った刺身をつまみに、ホテルの共有スペースで2本。2日目に行ったイベント会場にて、屋台で買った海鮮バーベキューをつまみに1本。夜に、ホテルの共有スペースで、1本。それほど、我慢をしたわけでもない。昔は、行きも帰りも飲みまくっていたが・・・。外食時も、飲み物を [続きを読む]
  • クラフト
  • クラフトジンが流行っている、とまた付け火的な流言を聞いた。クラフトジンとは、地ビールならぬ「地ジン」。クラフトと付くだけて、美味そうに聞こえる。20代前半の頃、「ジン」を飲むことがカッコいいと思っていた。今思えば、何が美味いのか。店で飲めば、バカ高いし。まず顔と体と性格を変えないと、カッコよくならないと気付いたのは、ずっと後だ。事実を認識するという諦めとして。ビールやチューハイが、覚せい剤の鼻吸入だ [続きを読む]
  • 会話
  • 他人と会話をすることが悪いとは思わないが、他人と会話をしないと不幸であるかのように言われるのは苦痛だ。1年以上、買い物以外で他人と会話をすることがなかった、ということがなぜ不幸なエピソードなのか?長年、他人と会話をする中で、好ましくない事象が生まれた経験が積み重なり、あまり他人と関わらないことが不幸を最小限化すると認識し、生きている人もいるのだ。気を抜いて余計な会話をすると失敗し、今までの悲しい経 [続きを読む]
  • 断酒1700日
  • 台風や地震の被害の情報が飛び交う断酒1700日目。自分の住んでいる場所に影響はなかったが、今が永遠でないことを再度確信する。お酒を飲んでいないから、何でも冷静に考えられる。嫌なことがあっても、感情的に怒る前に、「一歩離れる」心の余裕が出る。某銀行の「利益至上主義の不正融資とパワハラ風土」が話題になっているが、企業に勤める人は、誰も笑えない。市場環境と人の配置によっては、どの企業にもありえること。自分が [続きを読む]
  • 断酒1600日
  • 断酒1600日目は、とっくに過ぎていた。良い傾向だ。断酒5年目に突入していることは、憶えているが、何日目というのは、気にしなくなっている。断酒初期の頃、ブログのネタが全て100日目毎の「断酒○日目」という記事になれば、断酒が定着していることになると思っていたが、意外に当たっている。それでも酒屋の店頭に出ている「日本酒pop」を見ると飲みたくなる。今度飲むときは、死ぬ時と思っているが、できれば飲まずに死にたい [続きを読む]
  • 慰安婦像は日本人へのジェノサイド宣言
  • フィリピンの慰安婦像は何とか撤去されたものの、世界中でこの怪しげな像を立てる動きは続くだろう。これは女性の人権を守るための像ではない。日本人へのジェノサイド(大量虐殺・民族浄化)を宣言する像である。もし女性の人権を守るための像であれば、チャイナやコリア自身が行った(行なっている)女性への性的迫害行為を反省するであろう。しかしそれらの事実への関心を持たない。また「(どの国でもあった)戦時下の買春制度のひと [続きを読む]
  • 断酒1500日
  • 断酒1500日。また一つ過去と決別する行動に出た。正直、苦しい。残りの人生を生きなければならないこと、その過去をこれ以上考えても何も先がないこと、それらを踏まえると、行動するしかなかった。断捨離の道を歩む中で、自然と生まれたことなのだろう。思えば断酒も、断捨離のひとつなのかもしれない。意味も分からず飲んで、不幸ばかりを招く酒という存在も、断って、捨てて、離れてみれば、新しいものが見えてくる。また100日 [続きを読む]
  • どこまで上がる%
  • ガツンと9%チューハイコクのある8%ビール昔、スーパードライが、5%で発売された頃、従来のビールよりアルコール度数が高いということで、強いビールと言われたが、その時代と比べて、日本は、確実に「薬物」が蔓延してきているなと思う。適正飲酒の目安、お酒の1単位(純アルコール20g)の事例として、ビール500ml(5%)と紹介されているのも、ビール350ml(8%)に変更しないといけない。それでも微妙にアルコール摂取量が多い。今後も [続きを読む]
  • 久しぶり飲み会
  • 久しぶりに、大人数の職場の飲み会に参加した。従来、あまり参加していなかったが、輪番の幹事にあたったため、役目として引き受けた。スケジュール調整、店の手配、会費の徴収、当日の進行など、もう1人の同僚がかなりの部分をやってくれたので、楽だったものの、未だに「イッキ」もやって、進行の邪魔になるし、個人的に話すこともないし、相手を喜ばせるような話もないので、やはり飲み会は苦痛だ、と感じた。ノンアルコールビ [続きを読む]
  • フリージャーナリスト
  • 沖縄の基地やら原発やら人権やらをテーマとする左派系フリージャーナリストと称する人の記事を見た。不思議に思ったのは、日本政府やアメリカのことを声高に批判する一方で、チャイナ・韓国・北朝鮮の行動への批判は、一切行わない。フリーを称する割には、言論対象が極端に狭い。アル中が居酒屋で、「俺はいつか成功する」と叫んでいるのと一緒だ。そうしたフリージャーナリストのフリーとは、批判対象の日本やアメリカがいかにフ [続きを読む]
  • 携帯ショップ
  • 今月、携帯を変えた。今、使っているものが国産メーカーだが、ストレージに余裕がなく、ほとんどアプリが入らない。最初安かった料金も、1年も経つと、まー高い。契約時に、そんな説明してたっけ?かなり不満を持っていた。今の料金に比べて、安い。iphone7携帯本体実質無料。今使っている携帯の残債もキャッシュバック。そんな触れ込みで、インターネットのプロバイダーから、電話営業。普通はすぐ切るが、今回は話を聞いてみた。 [続きを読む]
  • 無駄2
  • インスタ映え、SNSにリア充、勝ち組負け組(古いな)、そうした流れに身を任せ、幸せを探すのも良いだろうが、そうした流れから離れると、幸せが見えてくる人もいる。日本を大切に、コツコツと生活する人々を応援し、私は、ひっそりと生きていく。世のほとんどの商品は、詐欺商材。なくてもいいものばかりだ。インターネットは、便利なものだけど、溢れる情報を判別する能力は、自分にしかない。不思議に、海の見える家が思い出され [続きを読む]
  • 無駄
  • アル中にとって酒は無駄なものであり、良い関係の持ち方は、離れることである。そして、酒だけでなく、同じようなものは多いと思う。パンダは、可愛らしい存在であるが、チャイナの政治取引材料として利用される限り、離れていたいと思う。どこかにナマケモノでも見に行こう。北朝鮮の核ミサイルに対しては、好きにすれば、という姿勢が良いと思う。残念だけど、また日本に核が落とされるかもしれない、しょうがないじゃん。平和を [続きを読む]
  • 漁船
  • チャイナの意向を受けた、北朝鮮の大量の偽装漁船が、漁業資源の略奪を入り口にした侵略をしているにもかかわらず、平和ボケという病にかかった島国の人々は、「嫌だね」とグチり、「誰かが守ってくれるだろう。」と傍観し、今まで通りの生活が続くと思っている。どうして日本の漁船が、日本の排他的経済水域での操業を遠慮しないといけないのか?レイプを憎むのであれば、偽装漁船を憎まなければならない。アル中には、断酒しかな [続きを読む]
  • 海が見える家
  • 海がいつも見える家に住めたらと昔から思っていた。ホテルではなく、普通の家。いやマンションでいい。そこで食事を自分で作って、散歩して、海を眺めて過ごす。会社を辞めたら・・・それが幸せなはずだと。冷静に考えれば、二泊三日でやったっていい。そういえば、コンドミニアムがあるじゃないか。イメージではなく、実行だ。で、今、沖縄にいる。天気は悪いが・・・。ブルーオーシャン。素晴らしいね。窓を開けて、リビングから [続きを読む]
  • 断酒1400日
  • いつか静かな場所でひっそりと暮らしたい。その夢を抱きながら、日々を過ごしている。せめて死ぬ前の数年間は、気持ちの揺らぎが少ない空間で、過ごしたい。寂しさへの恐れよりも静けさへの希望が強い。「孤独が人生の最大の恐怖」というフレーズを鵜呑みにし、人とコミュニケーションをしなければいけないという、強迫観念に苛まれることの方が最大の恐怖だ。社会のルールを守る、仕事をして生活費を稼ぐことは必要だけれども、人 [続きを読む]
  • 清廉潔白
  • この言葉が嫌いだ。ナチスを生んだのは、清廉潔白を求めたがる大衆心理をうまく利用したことによるものという話がある。ヒトラー自身も清廉潔白であることを売りにしていたようだが、これはプロパガンダで、実際とは違うようだ。そんなことから連想されることは、ナチスに近いのは、安倍さんではなく、共産党や立憲民主党だろう。ちなみにカンボジアに平等の理想の追求のもとに、虐殺を繰り広げることになったポルポトも本人は至っ [続きを読む]
  • 清貧争いは自滅する
  • 自民党の男女各種若手議員の不倫が騒がれたと思えば、民進党の女性幹事長予定者がダブル不倫騒ぎで見送り。自民党の地方議員の架空請求が話題になると思えば、自衛隊員を目の敵にすることで有名な宮古島の女性市議会議員が、所得制限を超えて、県営住宅に入居していたことが話題になる。政治の場で、清貧を求める国民の声が強いのか、そんなことしか報道しないマスコミにうんざりしている国民が多いかどうかは分からないが 、不完 [続きを読む]
  • ミサイル
  • アル中が、自らをアル中であることを中々認められないのと同じように、平和ボケは、自らを平和ボケであることを中々認められない。そして、ミサイルを打たれるのは、自らが悪いからと思うほど、ボケている。一方で、米国がミサイルを打てば、米国が悪いとなるのだから、そのボケ方は、どこか恣意的だ。日本の領土を超えて、ミサイルが飛んでいけば、それは、日本への侵略行為だと思うが、自称、平和主義者は、何も叫ばず、何十年も [続きを読む]
  • 訃報
  • 会社のOBや先輩の訃報が続く。60歳代の人の訃報も珍しくなく、全てお酒に強い人、お酒好きな人として、知られる人だ。入社の頃から、「酒好きな会社として有名です」と聞くことが多かった。社風だとか、企業文化とか思い込んでいたことも多かった。そんなことを兼ね合わせて、亡くなった人の印象に思いを馳せると、会社の社風がお酒を忌避するものがあれば、もう少し違った人生だったろうにと思う。そして断酒を選んだ自分の道は、 [続きを読む]
  • 断酒1300日
  • 大きな人生の転換があったが、ここには書かない。ただそんなことがあっても、お酒を飲まないことをここに書く。不完全な存在である人間が、どれだけ何かを求めても、満足や真実には、決して届かないだろう。自分の不完全さを自覚し、ありのままを受け入れ、他人を責めず、羨まず、日常生活を誠実に過ごし、自分の残りの時間を意識し、どう行動するかを決める。生の可能性は、そこにしかない。治らない歯が痛くなる、ひどい便秘に悩 [続きを読む]
  • 法則
  • 社会現象を表現する「法則」と言われるものが、自分のモヤモヤした気持ちを整理するのに役立って、おもしろい。ゴドウィンの法則>インターネット上の議論が長引くと、ヒトラーやナチスを引き合いに出すことが多くなる。議論が長引かなくても、自分が敵と設定したものに対しては、全てヒトラーやナチスとする人たちがいるなー。ラブジョイの法則>「子供達のことを考えろ」を、何かを正当化する理由として用い、結論を感情的に帰結さ [続きを読む]
  • 忖度(そんたく)
  • 「忖度(そんたく)」とは、他人の気持ちを推し量ることだそうで、今、問題になっているのは、官僚が、偉い人の意向を汲んだ対応をしたことにより、他の人が不公平に感じるようなできごとらしい。どこの会社や組織でもあるような話で何が問題かが分からない。ていうか、そうじゃない組織は、壊れるだろう。私からみれば、民主党も、政権時代は、官僚の「忖度」を受けているだろう。(加計学園の話題も、民主党政権時代に話が進んだ・ [続きを読む]
  • 自由を分ける
  • ニュース女子を見ていたら、「物の流れの自由と人の流れの自由は、分けるべき。」という発言があった。本当にそうだと思う。これが欲しいという人の気持ちは、止められない。危険物でない限り、手に入れる機会が増える方向になる。それが生きる原動力であり、社会の進化の源だ。私の好きなミニマリズムも、無駄に物が多く、大して幸せは生まれない社会から、生まれる考えだ。一方で、人の動きの自由は、どうかと思う。貧しい、迫害 [続きを読む]