anonymous さん プロフィール

  •  
anonymousさん: Not alone.
ハンドル名anonymous さん
ブログタイトルNot alone.
ブログURLhttp://notalone2014.jugem.jp/
サイト紹介文大切な人の薬物依存症に向き合う家族のブログ
自由文大切な人が、薬物問題で悩んでいる「あなた」へ
大丈夫です!一人じゃないから!解決策はある!
と、伝えたいと願う複数名の家族達です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2014/06/16 18:22

anonymous さんのブログ記事

  • 経験にしたい
  • 秋晴れの日は用事もないのに散歩がてらふらっと出かけたくなります。朝夕めっきり涼しくなり日暮れが早くなってきましたね。私は冬までの間の季節が幼い時から好きです。 さて集合住宅に住んでいると月に一度、理事会からのお知らせが紙面できます。その中に夜間の生活音の相談が管理事務所に届いたというのがありました。夜間に掃除機の音がして睡眠が妨げられるというもの各々で直接話し合えるといいのにと思いました。 理事会ニ [続きを読む]
  • 思えば遠くへ・・・
  • 先日、自助グループに初めて参加されたご家族とお話をしました。 まだ本当に愛する家族が本当に依存症という病気であるのかどうかも半信半疑の状態です。 無理もありません。 兎にも角にも自助グループの扉を叩かれた勇気に拍手です。 お話を聞けば聞くほど手放すことの重要性を感じました。 娘を手放した私自身の経験を話しているうちに一瞬胸がつまりました。 日々言い争い、説教をし、取っ組み合いをし、世話を焼き、それが [続きを読む]
  • 祈り
  • 子どもの依存症が深刻な問題になった時、信仰がない私でしたが藁にもすがる思いで、近くの教会に聖書を頂きに行きました。何かそこに助けてくれるものがあるのではないかと思い・・・・・ いくら読んで理解しようとしたところで、理解するものでもありませんし、もともと信仰がうすいのですから入ってくるはずもありません。その時だけ「助けてください」と祈るだけの、本当に苦しいときの神頼みだったのです。 それでも回復のプロ [続きを読む]
  • シンプルに。
  • いや、あ〜、うぅ、そうじゃないのよ、そういうことじゃないの。私の言いたいことは、そういうことじゃない!なんでわからないかなあ。 そんなもどかしい思いをしました。言葉通りに受け取らず、受け取った人が自分の思うように変換しちゃったようです。どうして変換なんてややこしいことせずに、シンプルに受け取ってくれないんだろ?内心めんどくさいなあ、と思いながら、再度詳しく、わかりやすく言い直して伝えました。今回は [続きを読む]
  • 待たないとね。
  • 暑い日が戻って、半袖を着ました。衣替えをしたばかりでしたのに…この前から気になっていた、雨のとびはねで汚れた窓をせっせと拭いていましたらどこからともなくキンモクセイの香りが漂ってきました。とてもお得な気分でした。 私は思い立ったら吉日ということで、自分にとってナイスだと思うコトがひらめいたら直ぐにでもやりたいタイプ。待つことが出来ない、今すぐにでも取りかかりたいと思うのです。 さっさとやり終え [続きを読む]
  • 考えていてもです。
  • コスモスの花を地植えにと思い買ってきたのですが、あいにくの天候不順でしばらく植え替えることができませんでした。 ベランダに置き水やりはしていたのですが、買ったままの小さいポットの中だったからでしょうか、しばらくすると数本の茎がしおれて、慌てて鉢植えにしたのですが後の祭りでした。 「まだ大丈夫、まだいける」って思い見ていたのですが、たった一日でのことで手遅れになっちゃいました。 次の日次の日と先延ばし [続きを読む]
  • どうすればいいか?
  • まず、これを読んでみてください。小林エリコさんという方が連載している「わたしはなにも悪くない」の第10回「当事者の家族」です。当事者の家族 なんだか、昔の自分を見ているようです。息子が薬を使用している真っ最中の時期に、なんとか助けてほしい、助かる道はないか?と足繫く回復施設のフォーラムに通っていました。そこで体験談を話す当事者の方々の話を聞きました。想像を絶する環境の中で育った人たちもいらして、お話 [続きを読む]
  • 同じという感覚
  • せっかく秋らしくなったのに…台風が日本列島を縦断すると…昨夜から雨風が酷くて、またもや脅威です。自然の暴威をこんなに立て続けに感じたことがあったかしらと…容赦がないから余計に怖くなり、じっとしてようと諦めるしか手立てがなく…被害から身を守ることに積極的になりますね。「どうか大きな被害が出ませんように」 ある依存症の回復施設から何ヶ月か毎にお便りが送られてきます。その中には援 [続きを読む]
  • ほんとうに必要なもの
  • 今日で九月も終わりですがまたもや台風の到来ですね。私のまちの現在の空模様は嵐の前の静けさという感じで不気味です。被害が大きくならないことを祈るのみです。 今日は先日ある場所で朗読されていた文章がとても私の心に響いたので是非ご紹介したいと思い書き写します。 〜ほんとうに必要なもの〜 デパートで子どもが「あれが欲しい、これも欲しい」と駄々をこねたとき、すべてを買い与える親はいないでしょう。子どもにとっ [続きを読む]
  • 辛いときは、辛いと言えばいいのでしょうね。
  • 「嘆き悲しむ人は健全である。 悲嘆を否定するのは、自然な人間の機能を否定することであり、 そうした否定はときとして恐ろしい結果を生み出すことがある。  心の底からの感情であればどれも同じだが、 とくに悲嘆にはある種の肉体的変化や精神 的エネルギーの解放が見受けられる。 そのエネルギーが悲嘆に拡散しなければ、その人の内部で破壊的なものになる 可能性がある。  喪失感をもたらす出来事や意識に対しては、わ [続きを読む]
  • マジですか?
  • 連休明けの火曜日の午後に、仕事を中抜けして、母と次男と3人でお寺でのお彼岸の法要とお墓参りに出かけました。薬物の問題でかつては、いろいろな迷惑をかけた次男ですが、祖母である私の母にはとても優しい。お参りの後に、遅めのランチに出かけました。このところ老いが目立つ母は、耳が遠くなって会話がかみ合わないことが多くなってきて、話しだすと止まらなくなります。そんなおばあちゃんの止まらない思い出話に、嫌な顔を [続きを読む]
  • 失くす未来なんてない
  • この一ヶ月というもの、職場のバックヤードのレイアウトを大幅に変えることに専念していました。実際は専念したいけれど通常業務が無いわけではなく、細切れの時間を捻出してやっているのが現状です。 ベテランの異動のため、その人の担当していた業務を引き継いでいるのですが…思っていた以上に在庫が多いことに気づき、処分したりセール品に分けたりと手間取っています。 異動するその人はモノをストックするタイプで、い [続きを読む]
  • 地方の方へ
  • 所用があってJRに乗って西へ向かいました。新快速で止まる駅を二つ三つ過ぎれば外の景色はのどかなものです。街というのは日本の中のほんの一部分なのだなと感じます。 地方に行けば行くほど自助グループも少ないしご近所付き合いも濃密だったりして出かけるにも他人の目が気になりますよね。近所に知られないよう家族の中で何とかしようと頑張ってしまいますよね。都会で他人の生活には干渉しません、ってのとは全然違うのでし [続きを読む]
  • 移り行く景色
  • 休日の午前中、畑で野菜作りに時間を費やしました。夏の日差しが残る中での、慣れない作業に少々疲れはしましたが、自然の中で物を作る喜びに時間が経つのも忘れていました。 田んぼや畑のそばには、秋を感じさせる白と赤の彼岸花が咲いていました。何かしら田舎を連想させる懐かしい花・・・夏から秋への季節の移り変わりを敏感に感じさせてくれます。 暑い暑い夏から、どこかもの哀しいような秋への移り変わりですが、それもまた [続きを読む]
  • 今日、私は祈ります
  • 日頃の怠け癖のせいで、この連休は自宅で仕事をする羽目に。進まぬ作業にため息をつきながら、息抜きにググっていると、まさか、そんなことが。。。と目を疑うニュースが飛び込んできました。ある女優さんが亡くなられたという一報に、自分でも驚くほどの衝撃を受けました。一方的に私が知っているだけで、友人、知人でもありません。それでも、なんだか体の一部を失ったような気持ちになりました。 このところ元気だった友人たち [続きを読む]
  • 幸せなフリ
  • 久々のよいお天気…ちょっと暑いわ〜と思っても、それほどでもないと感じますね。一度涼しくなったけれど、このまま秋になるはずないと疑り深くもなって…それ程、この夏は堪えました。 さて、共依存症の症状の一つである妄想は、実に厄介で簡単には抜け出せないなと感じます。私もそうでしたね。 過去に経験した辛さが身にしみている分、起こる事象が異なっていても同じ結果になるに違いないと決めつけていました。そ [続きを読む]
  • SUNNY
  • ニュースもワイドショーもついに今日で引退の安室ちゃんの話題でもちきりですね。全くアムラー世代ではありませんが一つの時代を築いた人の引退というのは感慨深いものがあります。 ちょっと前に観たSUNNYという映画の中では安室ちゃんの歌がバンバン流れ、安室ちゃんを真似た女子高校生、いわゆるコギャルがバンバン出てきます。彼女はまさに90年代の象徴ですね。 映画は一人で観に行くことが多いのですがこの映画はそれこそ高 [続きを読む]
  • 揺れ動く感情と脳
  • ちょっとしたことで揺れ動く自分のやっかいな感情!この感情どうも脳の中の「扁桃体」というところが関わっているようですよ。 扁桃体は、脳の左右にある神経細胞の固まりで、アーモンドのような形をしているので、扁桃(アーモンドの和名)という名前がついたという。何かを見たり聞いたりしたとき、それが生存に関わる重大なものであるかを一瞬のうちに”評価”する働きがある。 扁桃体の評価により、例えば好ましいと [続きを読む]
  • ひとりでは気づかない
  • 一気に気温が下がりましたね。あれだけ暑い、暑いと言っていたのが嘘のようです。 先週末までとても忙しくしていたので、なんだか気が抜けてしまって、放心状態です。いつもいつも忙しくしている人たちが、それでもなお日々頑張っている姿を見て、気持ちは焦るけれど如何せんカラダがついていきません。そういうお年頃なんでしょうか。 あまりに忙しいと、ついつい被害妄想、自己憐憫という罠に捕まってしまいがちです。なんで、私 [続きを読む]
  • すごかった〜
  • 日曜の朝から全米オープンテニスで大坂なおみ選手が優勝を飾ったというので、試合のVTRを観ました。 勝敗が決まっているので、落ち着いて観られましたが…な、なんという波乱でしょう。24回目の優勝を目指すセリーナ選手は、ベテラン。 なのに、主審への抗議を何度も繰り返して、ワンポイントどころかワンゲームを献上する展開に…ベンチからのコーチングで警告を受けて苛立ちラケットを破壊したり、主審への猛抗議で [続きを読む]
  • Good Doctor
  • 最近体調を崩している母がめまいの症状を訴えたので総合病院で検査を受けました。脳外科でCTを撮ってもらいましたが特に異常は認めらませんでした。不安がる母にとても丁寧に明るく説明してくださる医師の姿に好感を持ちました。 と、その時です。 母   あのぉ 眠れないのでお薬お願いできますか? 私   ( エエッ(((((((???)))))) そんなこと聞いてないし!) 先生 「睡眠薬はあかんよ、睡眠薬は一回飲んだらその [続きを読む]
  • どんな時も
  • テレビ画面から流れる北海道地震の大変な状況と、いまだ安否が分からない方のことを思うと、自然の猛威に対してどうしようもない無力感を覚えてしまいます。 こうやって立て続けに災害が起こると、この地球上に一体何が起こっているのだろうかなどと考えてしまうのは、今までになく不安と恐怖があるからなのでしょうか? 6月の地震の時は暫く立ち上がれないほど怖かったです。この前の台風はマンションだからと高をくくっていたの [続きを読む]
  • ほんとに来た!
  • ちょっと油断してました、私。いつもいつも、来るっていっても来ないから。大きいから注意した方がいいよ、って言われてても、「な〜んだ、たいしたことなかいじゃん」と肩透かし。だから、今回も大丈夫だと思っていました。しかし、予報通りの凄まじさでした。 そう、台風21号、Jebi(チェービー)というなんだか可愛い名前の台風。つばめという意味だそうです。月曜日の午後には、JRが火曜日の午前10時以降は運休すると発 [続きを読む]
  • 引き継ぎ
  • 台風が近づいているようですね。そのせいか夕べから涼しい風が吹いていましたが、昼間の体感温度は30℃やれやれ、暑い時期が長いと疲れのピークさえ曖昧に感じますね。自分の体調と、それこそ相談しつつ…です。 さて職場で一ヶ月前に辞めた人がいて、次に入ってきた人がいて…また異動する人がいて…ともかく変化しています。 去る人来る人が、二ヶ月間で二人ずつ入れ替わっています。同時期に二人の交代は経験 [続きを読む]
  • ダブルレインボー
  • 夕立がザーッときた後、虹が出ました。 虹がでて周りの人みんなが笑顔で写真を撮り出しました。 しばらくしたらうっすらと虹の上に虹がかかりました。 生まれてはじめてダブルレインボーを見ました。 虹には雨はやがて過ぎ、光が待っているのです。ネガティブな感情の一切を手放し、勇気をもって前へ進んでいきましょう。というスピリチュアルなメッセージがあるそうです。 私からみなさんへダブルレインボーのプレゼントです。 [続きを読む]