anonymous さん プロフィール

  •  
anonymousさん: Not alone.
ハンドル名anonymous さん
ブログタイトルNot alone.
ブログURLhttp://notalone2014.jugem.jp/
サイト紹介文大切な人の薬物依存症に向き合う家族のブログ
自由文大切な人が、薬物問題で悩んでいる「あなた」へ
大丈夫です!一人じゃないから!解決策はある!
と、伝えたいと願う複数名の家族達です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/06/16 18:22

anonymous さんのブログ記事

  • 待つことが必要な時もあるのでしょう
  • 「寒くて頭がキンキンする〜」と、早朝の犬の散歩から帰ってきた夫、外の気温は2〜3度だったでしょうから、寒かったというより冷たい風が肌を刺したのでしょう。 この寒さに、ついつい「寒い、寒い、寒い〜」と口走ってしまいますが、自分の言葉で、いっそう寒さを引き寄せているようにも思います。無意識に出るので仕方がないかなぁとは思うのですが、聞く人によったらしつこく言われるはイヤでしょうね。 しつこく言うといえば [続きを読む]
  • まずい!
  • 前回からの続きです。 私って、すごくない?いい仕事したよねっ。やっぱプログラムのおかげだわ。神様と仲間たちの力ってすごいよね。 この変な高揚感は、困難に遭遇すると、アドレナリンが出てハイな状態になる共依存特有の症状かもしれません。立ち止まって自己憐憫に浸っているより、まず行動しよう!という回復のプログラムに沿った行動だけとは、言い切る自信はありません。なぜなら、そのあと激しい揺り戻しで、ガクンと精神 [続きを読む]
  • 道先案内人に尋ねて
  • ある夜のミーティングの帰りのことです。乗車した電車の遅れが、人と電車の接触事故の影響だとアナウンスで知りました。それをさほど気にもせずにすぐに再開するだろうと、いつもの私鉄に乗り換えようと先を急ぎました。 改札での混雑はありましたが、行先と時間表示を確認しホームに駆け上がりました。(後から思えばこの表示はあてにならなかったのです)車内アナウンスでは途中の○○駅行き止まりだと言っていました。乗り換え [続きを読む]
  • そうしなければ
  • 先週月曜日に病院に行って参りました。診断結果は予想通りのゴジュウガタ・・・ とにかく上がらない手を上げるため鎖骨付近にブチューーっと注射を一本。めっちゃくちゃ痛い注射でしばらく目をつむったままチ〜ンとなりました。 痛いし怖いし注射はいくつになっても嫌いです。 薬物依存症の中でも自分で自分に注射をするのは自傷行為の部分が色濃いと言われているのが納得です。自分で自分の身体に針を刺すんですからね・・・考 [続きを読む]
  • 目的があるので続けられています。
  • ここ数日の寒さに加え、風が強いので体感温度も下がり、体調を崩していませんでしょうか? 北向きの我が家は、日が当たらないので気温が下がると、一段と底冷えがします。コタツと他の暖房器具を使わないと温まりませんし、年々コタツの中でほっこりするのが好きになりました。 それでも12月も半ばに入っていくと、この寒さの中でも、多少気合いが入りますね。 スーパーや市場などの棚に積み上げられた、黒豆に栗、数の子に棒だら [続きを読む]
  • ある日、突然。
  • はぁ〜、人生ってわからないものです。。。 おひさしぶりです。みなさまお変わりございませんでしょうか?私ですか?はい、びっくりすることがありました。 10月の中旬のことです。なにやら長男の様子がおかしい。私のアンテナがよからぬ電波を受信。「ちょっと、家に来なさい!」と緊急呼び出しをいたしました。 夜遅くに、家にやって来た長男、開口一番「おれ、ギャンブル依存症やねん」はぁぁぁぁぁぁぁぁぁ?そ、そんなことっ [続きを読む]
  • 私にない権利
  • 赤とオレンジ色のグラデーションの夕焼けが遠くの空に沈みます。道路に敷きつめられた黄色い落ち葉があまりにもキレイで見とれました。この季節、自然は様々な彩りを運んでくれますね。本格的な冬の到来まで、もうあとしばらくでしょうが… 恐れで眠れなかったり、目を覚ますと同時に不安な気持ちに包まれることが随分少なくなりました。それでも時折自分のやるべきことを疎かにして、恐れていることに気づくことがあります [続きを読む]
  • あー痛い
  • ついに師走に突入しましたね。本当に早いですね〜〜 今年は夏以降体調を崩すことが多くてホント参ります。私としては夏より冬が好きなので本来なら活発になる時期なのですが先週から腰痛と腕の痛みに悩まされています。 これが五十肩というものなのか。。。ネット検索してみてはハァ〜〜〜〜っとため息ついています。なんだかなぁ。身体の変わり目なのかなぁ。 やっぱり健康第一です。 元気が一番!元気があれば何でもできる!  [続きを読む]
  • 孤立から解き放たれて
  • 街中のイルミネーションが美しく輝いています。この時期になると、仲間と見たイルミネーションの輝きに感動した4年前のことを、昨日のことのように思い出します。丁度、息子が初めて民間の回復施設に繋がり、私と夫が自助グループに繋がった頃のことです。 思い起こせば私たち家族は、 薬物の問題を誰にも知られずに自分たちで解決しょうと、あまりにも長い時間を費やし、いつの間にか孤立していきました。 [続きを読む]
  • 底力はあるのです
  • 夕方六時前なのにすっかり日が落ちてしまいます。空を見上げると凍っているかのような上弦の月がみえました。凛としていてとても美しいです。 時折、以前訪れた教会からお便りがきます。その中に私が楽しみにしている、とある牧師様の体験記事があります。その牧師様、どうもロックバンドをやっているようでちょっと型破りな感じに興味があります。記事の冒頭は、ほとんどがガシャンとかドガンッから始まります。 このような体験談 [続きを読む]
  • 弁慶の泣き所
  • お金を引き出すために依存症者というのは私たちの痛いところを突いてきます。これでもかこれでもかと突いてきます。 出してくれないならここから飛び降りて死んでやると言う。近所中に聞こえる大声を出して暴れる。親のせいで自分はこんな風になったと責めてくる。もう犯罪を犯すしかないと脅す。これ見よがしに自傷行為をする… 等々 見事に弁慶の泣き所を蹴りまくってきます。 うちの娘は深夜タクシーで帰宅してきてお金 [続きを読む]
  • 母の変化に思いを馳せて
  • 以前にも増して母との電話のやりとりは、同じ会話の繰り返しだったり、以前のことを今あったかのように話すので、なかなか話がかみ合いません。さらに週2回ほどかかってきていた電話も、ほとんどなくなりました。そんなことにも慣れてきたつもりでしたが、いつも子どもたち(孫)のことを気に掛けていた母が、ほとんど口にしなくなったことに、近頃の母の変化を感じてしまいます。 まだ父が生存中のこと、私の息子からの手紙で、 [続きを読む]
  • 謙虚になれますか
  • ある建築家の話を聞きました。その中に施主の要望を聞いて、それに沿って建てた家が必ずしも施主に気に入られた良い家になるとは限らないとより良い家を建てるためには、建築家が施主の要求を聞きながらもプラスαの提案をするのだそうです。経験者だからこそのアイディアがあるのですね。提案されたことを取り入れる施主は、自分の予想より遥かに高い価値あるモノを手に入れられます。 私はこの話を聞いてなるほどと思いまし [続きを読む]
  • 助けたければ
  • 昔から辛いことがあると洋服を買っていました。辛い時によくそんな気になれるね。と思う方も多いのかもしれません。ですが辛い時にしょんぼり沈んでいたら貧乏神が寄ってきそうでイヤだったんです。もっと悪い方へ引っ張られて行きそうで…。こんなことでへこたれないぞ!と自分を奮い立たせていました。 ですがそんな私もさすがに娘のことでは疲れ果て、病人みたいにやつれ、隠しきれない悲壮感を漂わせていました。あなた [続きを読む]
  • うっかり物忘れから
  • 「明日は健康診断で朝ご飯食べられない」と言っていた夫でしたが、翌日はいつものように朝食を済ませて出かけていきました。うっかり忘れたのでしょうが、聞いていた私も全く記憶に残っていませんでした。後で思い出したのですが万事休すです。バリウム検査が受けられなかったのが残念で、「自分のことなんだから〜気をつけてよ〜」と、嫌みを言うことは忘れませんでした。 その二日後の出来事です。いつも朝5時頃に一人でパンを [続きを読む]
  • 苦しまない選択
  • 季節は冬に向かっていますね。晴れた空に黄色い葉っぱが映えるのは、冷たくてシャキッとした空気の演出でしょうか。 依存症の娘を見守り、境界線を踏み越えて彼女の領域に土足で立ち入らないように注意を払っています。彼女の気持ちや考えの推測をして判断することもしないと決めました。彼女を通してどれ程自分が出来ることが少ないかも思い知りました。出来ることは自分を変えることしかないと知っています。 なのに、この展開は [続きを読む]
  • おやすみなさい
  • 気づけば今年も残す所一ヶ月半となりました。 年末まであっという間ですね。 あ〜〜〜〜〜 仕事が益々忙しくなりまーす。 引いた風邪がなかなかよくなりませーん。 ブログに書くことも浮かびませーん。 読者の方から聞きたいこととかリクエストいただけると嬉しいんですけどね〜。。。 今日は降参して寝るとします。 ひとりで悩まないで下さい。ご連絡は下記まで、プライバシーは守ります。1202notalone@gmail.comブログランキ [続きを読む]
  • いらないものは捨てたはずなのに。
  • あんなに沢山のものを捨てて引っ越ししたにも関わらず、3年の間に少しずつものが増え、それらを整理する、入れ物さえ必要になってきました。 さすがに大きい物は、部屋の間取りから増えることはないのですが、小さい物は、簡単に買えるからでしょうか、いつの間にか増えていくもののようです。 衣類に関しては、あまり買わないのでたまるはずもないのですが、「まだ着られる」とか「ちょっとしか着てない」などと思うと、着てもい [続きを読む]
  • 期待から解き放たれて
  • 朝の暖かさが逆転し小雨まじりの風が舞う昼下がり、寒っと感じるほどの天候の変化に驚きます。予測のつかないのは天気に限ったことではありません。準備していても予想外のことが起きて慌てるのは常なのに、どうしてこうも起こることに残念がったり抵抗したくなるのでしょうか… 断固としたこうであるはずは、こうであってほしいという気持ちが入っているからなのでしょうか。期待して人や物事に対して自分のルールを押しつ [続きを読む]
  • 自分の気持ちを話すこと
  • 自助グループのミーティングは言いっ放し聞きっぱなしと言うかたちで行われます。名前も本名を名乗る必要はありません。 自分がその時話したいことを話せばいいのですが私はなかなか話せませんでした。もともと人前で話す事が大の苦手と言うこともあり慣れるまでに時間がかかりました。上手く話さなくちゃ。と思う気持ちも、私の話なんて誰も聞きたくないだろうと思う気持ちもありました。しばらくは他の仲間の話を聞きたくて通っ [続きを読む]
  • 自分のからだに向き合う
  • 風邪をこじらせてしまい、一週間ほど寝込んでしまいました。久しぶりの高熱と続く咳に、自分でも驚いています。 喘息があるので、特に風邪の予防には注意をはらっていたのですが、今回は風邪を悪化させてしまい、ちょっと無理をしたかなぁと反省しました。 夫は料理ができる人なので、私が寝込んでも困ることがありませんし、部屋から出てきてウロウロされるより、逆に静かに寝てもらっている方が気楽なようです。 おかげで谷川俊 [続きを読む]
  • 及ばない力
  • 今日もまた雨、秋晴れの日がとても貴重に感じます。部屋の中、旅先で買ったアロマキャンドルを灯しました。どこか忘れましたが幸福度の高い北欧の国の人々の習慣の一つが部屋にキャンドルを置くことだそうで、マネをしてみました。たった一個ですが、ほのかな香りと揺らぐ小さな炎は、雨の日に温かさをくれます。 先日無数のキャンドルを前に分かち合う機会がありました。暗い部屋の中でキャンドルの灯りだけが、ほのかに仲間の顔 [続きを読む]
  • 母親なら愛を持って・・・
  • 娘を少年院から直接回復施設に繋げるためにかなりの骨を折りました。家に一度も帰らず回復施設に行くという事を娘に伝えた時、烈火のごとく怒りました。その後に来た手紙は二度と読み返せないくらいに私を罵倒し尽くしていました。 そしてもう一つ大変だったのは少年院の先生たちです。先生方は回復施設に行かすこと自体を反対で「お母さん、娘さんを愛を持って迎えてやってください」「家族なら愛をもって…」と何度も言わ [続きを読む]
  • 夢に向かう若者たちの始まり
  • プロ野球のドラフト会議、野球選手を夢見る若者は、どんな気持ちで”今日という日”を待っていたのでしょう。 テレビから流れる模様は、本人のみならず、見ている者さえドキドキさせます。 球団から指名を受けた人とそうでない人、それぞれのドラマが、これから始まるのでしょうね。みんな”へこたれるなよ〜”という思いです。 特に今年は一人の人に注目度が高く、その姿は喜びの強い所信表明とは裏腹に、プ [続きを読む]
  • 受け入れてみれば
  • 台風で雨が勢いよく降り続きます。ある雨の日の帰り道、開いたままのビニール傘が風にあおられて緩やかな坂道を転がっていくのを見ました。傘の持ち主がいるのかもと思い、辺りを見回しましたが誰もいません。道なりに、ふわふわと浮き上がりながらすごい速さで下っていきました。自転車を押していた私には追いかけることは無理でした。そして、そのことはすっかり忘れていました。今日出かけた帰り道、ふとその出来事を思い出しま [続きを読む]