nerine さん プロフィール

  •  
nerineさん: 本の夢 夢の豆本
ハンドル名nerine さん
ブログタイトル本の夢 夢の豆本
ブログURLhttp://d.hatena.ne.jp/yt076543/
サイト紹介文トランプサイズの手製本を作っている装丁家の、忘れ得ぬ本、出会った人々、作品のエピソードなどを語る。
自由文 豆本 ミニチュアブック 手製本
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/06/17 08:51

nerine さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 2017年酉年の年賀状『WORPSWEDE』
  • 2017年酉年の年賀状。今年は新作が作れず、旧作の天地左右に開く四季の写真集『WORPSWEDE』を、外函とともに青磁色の鳥のお皿に載せてみる。北ドイツの高原の村ヴォルプスヴェーデには、20世紀初頭、画家ハイリッヒ・フォーゲラー、オットー・モーターゾーン、パウラ・ベッ [続きを読む]
  • 立原正秋「剣ヶ崎」の一族の愛の悲劇
  •  暗い主題を扱いながら清澄な文体に導かれたこの小説は、民族問題を抜きにしては語れないが、それと同時に、これは「血を分けた」者たちの愛と憎しみの物語である。物語の主要な展開において、「他人」というものがほとんど現れず、登場人物がすべてといっていいくらいに血 [続きを読む]
  • ルー・サロメ 善悪の彼岸
  • ?ルー・サロメ 善悪の彼岸? ――ニーチェ・リルケ・フロイトを生きた女  ルー・サロメの本名は、ルイーズ・フォン・サロメ。ロシア皇帝に仕えるグスタフ・フォン・サロメ将軍の第六子として、1861年にサンクトペテルブルグで生まれた。幼い頃から利発聡明で、 [続きを読む]
  • 若松賤子とセドリックの怜朗*
  •  世界各国のさまざまな本を、私たちがいつでも自由に読むことが出来るのは、ひとえに多くの翻訳家のおかげであるといっていい。あらゆる分野で翻訳書が出版されている中で、女性翻訳家の占める割合は、近年確実に高くなっているように思われる。  若松賤子(しずこ)は、 [続きを読む]
  • 過去の記事 …