シマちゃん さん プロフィール

  •  
シマちゃんさん: シマちゃんの気になるネタ!
ハンドル名シマちゃん さん
ブログタイトルシマちゃんの気になるネタ!
ブログURLhttp://kininaruneta.com/
サイト紹介文♪海外ニュースより英単語抽出、英語の学びに。 健康や美白美容のポイント紹介&ダイアリー。
自由文かなりいい年のシマちゃんですが、増えてきたシミが気になるので徹底調査します、女性の美白のためにも。温暖化問題や現代哲学の深層部をも、えぐってみたい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供396回 / 365日(平均7.6回/週) - 参加 2014/07/01 18:37

シマちゃん さんのブログ記事

  • トランプの貼り絵 ④
  • 抑圧された怒りは、制御不能となって、極地域の堆積物を、融解へと導く。人間の直感は、正し
    かった。支配された自然は、その循環スピードを加速し、密集する至上主義を、消滅させる。The s
    uppressed anger became uncontrollable,Direct sediments in polar regions to melting.Human intuition was right.Ruled nature,Accelera
    te its circulation speed,Destroy the supremacist, disappear. [続きを読む]
  • 経団連会長が“原発撤退”発言!? ①
  • 日刊ゲンダイDIGITAL / 2019年1月6日「お客さまが利益を上げられない商売でベンダー(提供企業)が利益を上げるのは難しい。どうするか真剣に一般公開の討論をするべきだと思う。全員が反対するものをエネルギー業者やベンダーが無理やりつくるということは、民主国家ではない」“It is difficult for vendors (providers) to make profits in businesses where customers can not make profits. I think that we should seriously [続きを読む]
  • NASA「月の極付近に氷の存在を確認」と発表。
  • MSN ニュースNASAが、月の極地域に水が氷の状態で存在することを確認したと発表しました。本当に氷が存在するなら、将来の月面基地における重要な資源となるかもしれません。月の極地域には以前より氷が存在すると目されていました。氷の存在を確認したのは、インド宇宙研究機関のチャンドラヤーン1号に搭載していたNASAの月面鉱物マッピングセンサー(M3)が取得したデータから。NASA announced that it confirmed that water exist [続きを読む]
  • 健康のための「鼻うがい」と水道水の危険な関係 (完)
  • 「水」に注意この女性の命を奪った感染症は、原発性アメーバ性髄膜脳炎(PAM)と呼ばれ、非常にまれな病気だ。だが、PAMを発症することが非常に少ないとしても決して、鼻腔の洗浄に殺菌していない水・食塩水を使用してはいけない。Attention to “water”This woman’s life-deprived infection is called primary amebocyte meningoencephalitis (PAM) and it is a very rare disease. However, even if PAM is very few to devel [続きを読む]
  • 健康のための「鼻うがい」と水道水の危険な関係 ①
  • Bruce Y. Lee , CONTRIBUTORForbes JAPAN水道水が飲用に適しているからといって、鼻の中を洗浄するためにも使用していいというわけではない。「鼻うがい」に水道水を使用してはいけない。Just because tap water is suitable for drinking is not to be used to wash the nose. Do not use tap water for “nose-over“.それは、水道水には鼻腔、副鼻腔とその周辺、さらには脳にも影響を及ぼす危険性があるさまざまな微生物が含ま [続きを読む]
  • 夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ (完)
  • 未熟な子どもに本気で夢を語らせようとするならば、時間をかけてじっくりと本人が自分の内面に向き合うプロセスが必要になる。加えて、周囲もそれなりのサポートをしなければならないはずだ。だが、突然授業の一環で出た問いの背景には、そこまでの環境も大人たちの覚悟も感じられなかった。If you try to make an immature child seriously tell a dream, you will need the process of taking your time to face your inner face [続きを読む]
  • トランプの貼り絵 ③
  • 不気味な動画は、ブクブクと泡立ちながら、我々の危険な道筋を指摘する。緩和と適応へ向けて、舵をきれ。生態系の保存、氷河の融解。暴走を続ける、消費文明。モノカネの神格化。それでも、舞台の最前線で戦局を左右する、ポイントゲッターを捜さなくては。時間との闘い。ピンポイントの熾烈な戦場。 [続きを読む]
  • 夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ ②
  • キャリア論の世界では昔から「Planned happenstance theory(計画的偶発性理論/計画された偶発性理論、スタンフォード大学のクランボルツ教授らによる)」が提唱されてきた。「個人のキャリアの方向性を決める要因として、偶発的な出来事が大半を占め、その偶然を引き寄せる計画が重要になる」というこの理論が、今再び脚光を浴びている。In the world of career theory has long been advocated “Planned happenstance theory ( [続きを読む]
  • 夢を持たずに働く「万華鏡型キャリア」のすすめ ①
  • Forbes JAPAN中竹 竜二 , OFFICIAL COLUMNIST「5年後の目標はある?」上司との定期面談でそう聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるだろうか? もし、同じ質問をされたら、正直、私はうまく答えられない。“Are there goals in five years?”How many people can be answered soon when asked at regular interviews with their boss? If I ask the same question, honestly, I can not answer well.おそらく、この手の [続きを読む]
  • 金融株の「ブラックスワン」、マネロン200兆円の闇 (完)
  • さらに厄介なのは、言語の違いだ。日本では、外国人も口座をカタカナ表記で作成できる。アルファベットが正式名称であれば、いわゆる「仮名」口座の作成は簡単だ。世界の「ブラックリスト」に掲載されている名前は当然アルファベット表記であるため、二重三重にチェックをしても、他国に比べて検知するための難易度が高い。Even more troubling is the language difference. In Japan, foreigners can also create accounts in kat [続きを読む]
  • 金融株の「ブラックスワン」、マネロン200兆円の闇 ②
  • <対策の遅れが目立つ邦銀、来年が試金石>日本はどうだろうか。「疑わしい取引」の報告件数は年間40万件、実際に摘発された事例も350件と、過去10年で倍増した。しかしいずれも規模が小さく、金融機関の関与はまれだ。とはいえ、邦銀ではマネロン対策が進んでいる、と素直に受け取ることは難しい。How about Japan? There are 400,000 reports of “suspicious transactions” per year, 350 cases actually caught, doubl [続きを読む]
  • 「絶対諦めるな」は間違い 仕事で見切りをつけるべき時 (完)
  • もしあなたが企業側から無関心な扱いを受けていて、会社は自分が今日完了したことにしか興味がなく、自分の仕事がいつ他の都市や国に移ってもおかしくないことに気づいたら、今こそこれ以上の損失を防ぐ時だ。つるはしとショベルを置いて、転職活動を始めよう。今の会社に留まれば大きな成功を収められる可能性も確かにあるが、その見込みはゼロに近い。新たな職場では、昇進の可能性があるかどうかを探る価値がある。If you are t [続きを読む]
  • トランプの貼り絵 ②
  • 世界規模の危険推移は、人類の大切なものを・・・。その価値の暴落は、分析不可能な正当化の
    要因を打ち砕いてゆく。宇宙の謎は、仮想現実の中で更に深まる。存在しないという時間の幻想
    は、放たれた重力波の野望を巻き込んで、くるくると旋回し続ける。Global danger transition is the import
    ant thing of mankind.The collapse of that value breaks down the factors of unjustifiable justification.The mystery of the univer [続きを読む]