コレッテ さん プロフィール

  •  
コレッテさん: ビートルズにまつわる雑文日記
ハンドル名コレッテ さん
ブログタイトルビートルズにまつわる雑文日記
ブログURLhttp://collette.blog.jp/
サイト紹介文ザ・ビートルズもしくはその辺りにまつわる雑文を不定期に書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/19 16:34

コレッテ さんのブログ記事

  • 週末は、映画「Let It Be」をみる
  • 今から遡ること2週間ぐらい前アマゾンを見ていたらこの怪しげなDVDを発見!でも即購入。とにかくもう一度「Let It Be」をみて見たかったわけで、それなのに、数日後に届くとずーっと机の横の山積みの本や雑誌の上に置きっ放し先週末に、ようやく見れました。なんかうちのDVDでは見れなくて、なんだよーとか思いながら結局パソコンで見たんだけど、画像はいまいち、でも実際、映画館で見たときもよくなかったし、そしてもう何度も [続きを読む]
  • ポール・マッカートニー「Driving Rain」
  • アマゾンのストリーミングサービス「Amazon Music Unlimited」の30日間無料体験も残りわずかというわけで、これからどーしようかなと思っているのです。というのも、思っていた以上に使ったのです。基本、車で移動するときには、Bluetoothで利用しているので、以前のようにCDが必要ありません。4000万曲以上の楽曲数は、そんなの絶対聞けるわけないけど、検索するとかなりレアなアルバムも聞くことができます。例えば、車の [続きを読む]
  • ポール・マッカートニーが今秋やって来る!
  •  ポール・マッカートニーが今秋、日本ツアーを行うことが7日、分かった。10月31日、11月1日に東京ドーム、同8日にナゴヤドームで開催する。昨年4月以来、1年6カ月ぶりの来日公演で、前回の最終公演で「また必ず日本に帰って来るからね」と約5万人の観客に約束したことを守った。詳しくは、SANSPO.COMの記事で追記)ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ・ジャパンツアー2018公式サイトもオープン >> http:// [続きを読む]
  • 村上春樹が選んだ ジョージ・ハリスン「Between The Devil & The Deep Blue Sea」
  • 昨夜なんだけどTOKYO・FMで「村上RADIO〜RUN&SONGS〜」と題した番組がありました。村上春樹がずっと続けてきたこと。それは、音楽のように小説を書き、小説を書くために身体を鍛えること・・・この番組は、村上春樹史上初、自らがディレクターとなりテーマに合わせて選曲し、語ります! 以前、何かの記事で読んで、ビートルズがらみもあるしー聞こうかなーと思いつつ完全スルーでした 笑そんなわけで番組のHPを見てみると、8月07 [続きを読む]
  • George Harrison 「Absolutely Sweet Marie」
  • 久しぶりにジョージ・ハリスンなのです。このところの猛暑で、あーこれは「Gone Troppo」の出番だね。とか思ってCDを探しているとこれが全く見当たらず、BOXに入っていたと思うけど、それもなく、さらに年をとると目が悪くなって、キャビネのCDのタイトルが見えにくく、探していると立てかけたCDのタイトルが、いい加減に見えてしまう。。本当に困ったもんだと思っていたところ、そーいえば、Amazonでジョージのアルバムがストリー [続きを読む]
  • 「I'm Happy Just To Dance With You」ザ・サークル
  • それにしても今年は暑い!でも去年も同じことを言っていたかもしれない。しかも今朝は寝過ごして、3時から見るはずのワールドカップも目がさめると4時!テレビをつけると後半で、あっという間に2ゴール!人生ワールドカップ(単に年をとっているだけ)の僕には、ちょっとでも想像すらできなかったベルギーからの2点に衝撃を受ける。気がつくと喉がかなり渇いていて、冷蔵庫から麦茶を出して大きめのグラスに氷と麦茶を入れて [続きを読む]
  • 「 Life Begins at 40」 ジョン・レノン
  • 「 Life Begins at 40」は1980年11月15日にリンゴがダコタ・ハウスを訪れた時、ジョンがリンゴに贈った4曲のうちの1曲で1月にリンゴのセッションにジョンも加わる予定だったらしい。それまで、ジョンがリンゴにプレゼントし発表された曲は3曲I'm The GreatestOnly YouGoodnight Vienna※Only Youはカバー(プラターズの曲をジョン・レノンアレンジ)どの曲も、ジョンのデモはカッコよすぎです。「Ringo」(1973年)John Lennon [続きを読む]
  • レイ・コールマンの「ジョン・レノン」
  • 結局何が真実なのか?ではなくて。。。そんなわけでこのところいまだにジョンのアンソロジーDisc4をヘビロテしています。ジョンはヨーコからバースディプレゼントに40時間以上の「グーン・ショウ」のテープをもらったそーです。自分でパロディーしちゃうんだからほんと好きなんだよね。ということで久しぶりに読み返してみた元メロディメーカーの編集長だったレイ・コールマンによるジョンの伝記本(上・下巻)ジョンの死後に出 [続きを読む]
  • 「Nobody Told Me」John Lennon
  • ジョンの死後初めての新曲として1984年にリリースされた曲が「Nobody Told Me」チャートでは、イギリスで4位、アメリカで5位を記録しています。このところ久しぶりに「アンソロジー」を出してきて、そーいえばライナーとかほとんど読んでいなかったよーな気がして、ちまちま読んでいたわけです。ジョンレノンの「アンソロジー」は4枚のCD(それぞれDisc1が「アスコット」Disc2が「ニューヨーク・シティ」Disc3が「失われた週末 [続きを読む]
  • 「Cry Baby Cry」The Beatles
  • 最近出版されたジョンレノンのインタビュー集「ジョン・レノン 音楽と思想を語る 精選インタビュー1964-1980」これまで活字化されなかったラジオやテレビ、記者会見などで語ったジョン・レノンのインタビュー19本が収録されています。内容も解散後に初めて出演したアメリカのテレビ「ディック・キャベット・ショー」での長時間のインタビューの完全版など興味深いものばかり。ちなみに出版社は、ポールの「告白」を出版したDU BO [続きを読む]
  • The Beatles「There's A Place」とTodd Rundgren「I Saw the Light」の関係とは
  • ある程度の年齢を過ぎると4月が特別な月ではなくなります。桜は昨日近くの公園が満開ということで散歩しちゃったので、普通の日曜日は普通の一日になったのです。そんなわけで、この前あっというまに読み終わってしまった「ビートルズは音楽を超える」でちょっと気になったことがあって、ジョン・レノンレターズをひっぱり出してきてパラパラとめくっていたわけです。この書簡コレクションはとても面白いです。もっとまともな表現 [続きを読む]
  • Paul McCartney & Wings「My Love」
  • 週2回、朝のゴミ捨ては僕の仕事です。近くにある小さなゴミ置場の古屋?に袋に入ったゴミを持って行くのですが、だいたい6時半に家を出て30分程度その辺りをぶらぶらするわけです。今はまさに桜も満開で気温も上がってとても気持ちの良い朝です。そんなわけで、例によってipodをシャッフルしながら歩いたりしているのですが、僕のipod(正確にはipodがわりに下取りせずに使っているiPhone 4s)には多分5000曲程度が残っていて、 [続きを読む]
  • ビートルズ本「ビートルズは音楽を超える」
  • このところ熱い流れがジョン・レノンというわけで、しっかりこれも読もうと「ザ・ビートルズ史 上<誕生>」を時間があるときにちょぼちょぼ読んでいたのですが、一向に先に進む気配がない。。。ていうか本が厚すぎる、しかもマーク・ルイソンのビートルズに対する思いも熱すぎる、やっと半分読み終えたという現状なわけです。でも今まで放っておいたこの本を半分読んだということは、僕にとっては大きな進歩と言えそうです。読ん [続きを読む]
  • ボブ・ディラン「 Fourth Time Around」
  • 最近読み出した「忘れがたき日々 ジョン・レノン、オノ・ヨーコと過ごして」とても丁寧な作りとエピソード満載で、どんどん読める本です。著者が初めてジョンにインタビューした1968年9月から亡くなる三日前のジョンの貴重なインタビューも収録されています。なぜか岩波書店発行。僕の世代だと岩波書店と聞いただけでスルーしました (^-^)そんな中からこのエピソード著者ジョナサン・コット(ローリングストーンのライター)「ずっ [続きを読む]
  • ジョン・レノン「Imagine」
  • このところ久しぶりにジョン・レノン・ローテーションがやってきています。なので当分、ジョン・レノンにまつわる雑文日記になりそーです。というわけで3連休の最後は部屋にこもってMマガジンの増刊「ジョン・レノンを抱きしめて」を引っ張り出して読んでいたわけです。このムックは2種類あって、ジョンがなくなって3ヶ月後に出版された「ジョン・レノンを抱きしめて」と2000年にメモリアル出版された復刻版の2冊です。メイン [続きを読む]
  • ビートルズのインド訪問から50年、ドキュメンタリー映画が制作決定
  • The Beatles in India - Photo: Paul Saltzmanビートルズ(The Beatles)がインドのリシュケシュを訪問してから50年を迎えたことにあわせ、新たなドキュメンタリー映画『The Beatles in India』が制作決定。今秋にリリースされる予定です。映画では、レアな写真や映像、そしてインドや英国、米国で撮影されたインタビューなどをフィーチャー。このインド旅行がビートルズのクリエイティブな部分にどのような影響を与えたのかが描 [続きを読む]