はるママ さん プロフィール

  •  
はるママさん: 無痛分娩・出産体験談ブログ
ハンドル名はるママ さん
ブログタイトル無痛分娩・出産体験談ブログ
ブログURLhttp://www.mutu-watu.net
サイト紹介文無痛分娩やソフロロジー式、ラマーズ法、帝王切開、フリースタイルなど様々な出産法の出産体験談を紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/06/20 20:16

はるママ さんのブログ記事

  • 桜町病院(東京都小金井市)で出産した体験談
  • 病院名:桜町病院住所:東京都小金井市桜町1丁目2番20号電話番号:042-383-4111サイト:http://www.seiyohanekai.or.jp/sakuramachi-hp/初めての出産でした。初期、中期は特に大きな問題もなく旅行をしたり、穏やかに過ごしていました。ところが、後期に入ると妊娠糖尿病になってしまい検査入院をすることになりました。入院をする覚悟を決めるまで、精神的に不安定になりましたが、主人や家族が沢山支えてくれました。割り切って [続きを読む]
  • 菅原病院(埼玉県越谷市)で出産した体験談
  • 病院名:菅原病院住所:埼玉県越谷市越谷1-15-2   電話番号:0489643321サイト:http://www.sugawara-hp.jp/sp/初めての妊娠でした。仕事上、力仕事があるのと、残業なども当たり前にある環境でした。また、私の部署では私の前に妊娠していた同僚が妊娠を機に全く働かなくなり、自分の権利を主張するタイプの方でかなり部署内の空気も悪く、妊婦に対する嫌悪感が高まった後での私の妊娠でした。午後から来て、同僚と同じ休憩時 [続きを読む]
  • ラミナリアと促進剤でも本陣痛にならず総合病院に転院して出産
  • 病院名:府立急性期医療センター住所:大阪市住吉区万代東3丁目1番56号 電話番号:電話番号 06-6692-1201(代表サイト:http://www.gh.opho.jp/予定日を過ぎても出産の兆候が特になく計画分娩を勧められ、入院することになりました。子宮口は入院前のの診察で3センチ開いてると言われていました。入院1日目、まず入院する前に内診されました。子宮口まさの1.5センチとのこと、ラミナリアという器具でで子宮口を開くことに。これを [続きを読む]
  • 公立昭和病院(東京都小平市)で出産した体験談
  • 病院名:公立昭和病院住所:  東京都小平市花小金井八丁目1-1 電話番号:042-461-0052(代)サイト:http://www.kouritu-showa.jp/index.html第一子の息子を出産するときにお世話になりました。第一子ということもあり、なにかあったらということを考えて、総合病院だし、こちらの病院はNICUもあるので、何かと安心なのではないかと思ってこちらでお世話になることにしました。私は9ヶ月まで仕事をしていたので、土日でもやって [続きを読む]
  • あさぎり病院(兵庫県明石市)で里帰り出産した体験談
  • 病院名:あさぎり病院住所: 兵庫県明石市朝霧台1120-2 電話番号:078-912-7575サイト:http://www.asagiri-hp.or.jp/about/s_gaiyo/index.html私は、里帰り出産であさぎり病院で産みました。周りの出産した友人やネットで調べたりして、良い病院だと聞き早期に分娩予約しました。妊娠中はトラブルなどもなく、悪阻も酷くなかったので楽しくマタニティ生活をすごすことができました。妊娠9ヶ月終わりに里帰りしました。そして、 [続きを読む]
  • 産院いしがせの森(愛知県大府市)の妊婦健診と出産体験談
  • 病院名:産院いしがせの森住所: 愛知県大府市森岡町1-193  電話番号:0562-44-4131サイト:計画的に出産したかったため、妊娠したいと思っていた時期の2〜3ヶ月前より基礎体温を付け始めました。毎朝決まった時間にアラームがなり、口に数分加えるだけで体温を記憶しグラフを勝手につけてくれる基礎体温計を薬局で購入しました。なぜ2〜3ヶ月前から使用してたかについては、その基礎体温計は数ヶ月分の体温を記録しユーザ [続きを読む]
  • 藤田保健衛生大学病院で初産した体験談
  • 病院名:藤田保健衛生大学病院住所: 愛知県豊明市沓掛町田楽々窪1-98  電話番号:0562-93-2111サイト:http://www.fujita-hu.ac.jp/HOSPITAL1/上の子の出産の時です。私はフルタイムで仕事をしていて、11月が出産予定だったのですが、9月まで働いていました。本当は9月いっぱいまで働くつもりだったのですが、つわりがひどく、46キロあった体重が40キロまで落ちてしまいました。40キロ切ったら、入院してくださいね。 [続きを読む]
  • 食べ悪阻,におい悪阻,唾液悪阻で苦しんだ妊娠期間
  • 病院名:鈴木病院住所: 愛知県豊田市月見町1-10-8  電話番号:0565-33-8051サイト:http://suzuki-hp.jp私にとって妊娠して出産するまでの期間,何より辛かったのは悪阻です。食べ悪阻,におい悪阻,唾液悪阻と3種類の悪阻と戦いました。朝起きた時はさほど症状は無いのですが,夜に近づくにつれて段々と悪化していきました。特に酷かった1ヶ月間は朝食のみ口にすることができる程度で,あとは何を食べても何を飲んでも嘔吐の [続きを読む]
  • 大聖病院で分娩台にあがり2時間でやっと出産
  • 病院名:大聖病院住所: 〒197-0011 東京都福生市福生871番地電話番号:042-551-1311(代表)サイト:http://www.taisei-hospital.jp” 数週間前に陣痛が来て入院したのに遠のいてしまい、翌日退院して以降前駆陣痛も特になく過ごしていましたが、当日は朝から体調が悪く、出かける予定をキャンセルして一日中家で横になって過ごしていました。体調が悪いとはいえ気持ち悪いと言うわけでもなくずっとゴロゴロして寝てみたりしなが [続きを読む]
  • フランスで緊急帝王切開をした体験談
  • 病院名:H?pital Louis-Mourier(フランス)住所:178 Rue des Renouillers, 92700 Colombes電話番号:+33 1 47 60 61 62サイト:http://hupnvs.aphp.fr/maternites/” 私は現在フランスに住んでいます。こちらで妊娠をして、初期に流産となり、エコー検査で調べて貰うと、子宮奇形であると診断されました。子宮の真ん中に壁があり、このために流産した可能性があると言われ、この産院のある総合病院Louis-Mourierでその壁を取り除 [続きを読む]
  • 藤沢市富山産婦人科医院で出産した体験談
  • 病院名:富山産婦人科医院住所: 神奈川県藤沢市南藤沢18-3電話:0466-22-1103 (代表)私は第一子主産の時は臨月の少し前まで仕事をしていました。それまで見てもらっていた産婦人科から、里帰りで出産をするにあたって実家の藤沢にある「富山産婦人科医院」に引き継いでもらいました。私がお世話になった時は中国人の先生でした。富山産婦人科の先生は体重のコントロールについて割と厳しかったのを覚えています。臨月になって [続きを読む]
  • 東広島市の松田医院で出産した口コミ
  • 病院名:松田医院住所:広島県東広島市八本松町飯田101    電話番号:082-428-0019サイト:http://nttbj.itp.ne.jp/0824280019/index.html出産予定日の前日、主人が里帰り中の広島県まで来てくれました。普段からカラオケによく行っていたので、出産の兆候もなかったのでカラオケに行きました。2・3時間歌った後、自宅に帰り、近所の散歩コースを主人と2人で歩いていたのですが、いつもよりもおなかがすぐに張ってしまい10 [続きを読む]
  • 新潟市の本多レディースクリニックで出産した口コミ
  • 病院名:本多レディースクリニック住所: 〒950-0841 新潟県新潟市東区中野山891-1 電話番号:025-256-5561サイト:http://www.honda-lc.com/” “私は2回出産経験があり、2回とも同じクリニックにお世話になりました。上が6歳。下が1歳4ヶ月。上の子の時の事がもぅ忘れててる事が多いので思い出しながら(笑)。1人目も2人目もつわりが食べ悪阻で、飲食店で働いてたので何か食べながらとかもできなくて辛かったです。体重もとて [続きを読む]
  • 仙台市立病院で出産した口コミ
  • “病院名:仙台市立病院住所:宮城県仙台市太白区あすと長町一丁目1番1号電話番号:022-308-7111サイト:https://hospital.city.sendai.jp/” “初産で、毎回妊婦検診を楽しみにしていました。つわりで苦しんだ妊婦初期は、一ヶ月で6キロも体重が落ちて、食べ物のニオイ以外にも柔軟剤や洗剤などのニオイ、すべてのニオイがきつく感じました。そのため、常にマスクを装備。ミントやユーカリなど、スッキリする香りのアロマオイル [続きを読む]
  • 関西医大枚方病院で出産した口コミ
  • 病院名:関西医大枚方病院住所:枚方市新町2丁目3番1号   電話番号:872-804-0101サイト:http://www.kmu.ac.jp/hirakata/” “まずは妊娠中のことからです。妊娠中にしていたことは、一つ目に身体を冷やさないようにすることです。出産が12月だったこともあり、ハイソックスとレッグウォーマーで足の冷え対策をしていました。また、お腹を冷やさないように腹巻きと腹ベルトを着用していました。二つ目は、食べ物に気をつけて [続きを読む]
  • 杉並区の河北総合病院で出産した口コミ
  • 病院名:河北総合病院住所:東京都杉並区阿佐谷北1−7−3電話番号:0333392121サイト:http://www.kawakita.or.jp/妊娠中に東京都内の他市から杉並区に引っ越しをしました。私は持病があるため、出産時に万が一のことがあったらと思い、河北総合病院に転院することにしました。前の病院では男性の産科医だったのですが、ここでは女医さんが多く、担当してくれたのも出産経験のある女医さんだったので安心しました。また、看護師さ [続きを読む]
  • 浦添市赤嶺レディースクリニックで出産した口コミ
  • 病院名:赤嶺レディースクリニック住所:   浦添市城間4-18-2電話番号:098-877−8839サイト:http://www.uraishi.or.jp/akamine/” 1人目妊娠で妊娠も出産も初めてで妊娠に気づいた時には余り実感がなく、運動や食生活にも気にする事もありませんでした。まだ若かった事もあり、家族に喜んでもらえるか、授かり婚になってしまうので怒られてしまうなどの不安が立ちはだかりました。友達には喜んでくれる人もいれば、早すぎる [続きを読む]
  • 八尾市の正木産婦人科で出産した口コミ
  • “病院名:正木産婦人科住所: 大阪府八尾市山本町北1-1-22  電話番号:072-922-4103サイト:妊娠が分かったときにまず考えたのは、この先はどのようにしていくのだろうということでした。周りに出産した友人もいましたが、出産までの流れを聞いたことももちろんありません。とりあえず病院にいくのが先決だと思いました。少しインターネットで調べてみると、最近は産婦人科が不足しているので早めに行かないと出産する病院が見 [続きを読む]
  • 済生会新潟第二病院で2人目を出産した体験談
  • 病院名:済生会新潟第二病院住所:新潟県新潟市西区寺地280-7   電話番号:025-233-6161サイト:http://ngt.saiseikai.or.jp/2人の子どもを出産し、それぞれに忘れられない出来事がありますが、何といっても二番目の子どもの出産時には、さまざまなトラブルがありました。一人目が帝王切開だったこともあり、二番目も大事を取って帝王切開での出産となりました。順調にし予定日に出産をしましたが、一人目とは違い二人目の時に [続きを読む]
  • 千葉県銚子市島田総合病院で出産した口コミ
  • “病院名:島田総合病院住所: 千葉県銚子市東町5−3  電話番号:0479−22−5401サイト:http://www.shimada-hsp.or.jp/私が初めて妊娠をしたのは、高校を卒業し就職してから2年目の19歳の時でした。当時の私は妊娠や避妊の知識が乏しく、まだ未婚でしたし、予想外の妊娠だったのです。もともと生理不順でしたので少し遅れる位の事はよくあったのですが、私の場合つわりが始まるのが早くて体調が悪い日が続いた [続きを読む]
  • 札幌みらいクリニックで安産だった体験談
  • 病院名:札幌みらいクリニック住所:北海道札幌市清田区平岡1条5丁目3-8   電話番号:011-885-1100サイト:http://sapporo-mirai.jp/” 出産予定日よりも5日ほど早い日の夕方、トイレに行ったら突然の出血。きれいな血が結構な量出ました。「これは!とうとう来たか!」とわくわくするような怖いような、不思議な気持ちになりながらも病院に連絡してみたところ、「診察するので、とりあえず準備をして来てください」と言われた [続きを読む]
  • 千葉県銚子市島田総合病院で2人目を出産した体験談
  • 島田総合病院住所:千葉県銚子市東町5−3   電話番号:0479−22−5401サイト:http://www.shimada-hsp.or.jp/” “私には可愛い息子が二人います。長男は20歳の時、次男は22歳の時に出産しました。これは私が次男を妊娠、出産した時の体験談です。次男の妊娠がわかった時、長男はまだ1歳を少し過ぎたところでした。初めての子育てに奮闘する中、運よく二人目もすぐ授かる事ができて、私はラッキーでした。長 [続きを読む]
  • NTT東日本病院で2人目を安産で産みました
  • 病院名:NTT東日本病院住所:札幌市中央区南1条西15丁目  電話番号:011-623-7000サイト:https://www.ntt-east.co.jp/smc/” “10年前、次男を出産しました。二人目の陣痛はさすがに慣れたもので、まだ病院に連絡するのは早いなぁなどと時計を見ながら余裕がありました。一人目と違ったのは、主人がそばにいなかったことと、3歳の長男を連れて病院に向かわなければいけなかったことです。タクシーで向かう予定だった [続きを読む]