TOMOZO さん プロフィール

  •  
TOMOZOさん: FX手法を探求するブログ@FXワークス
ハンドル名TOMOZO さん
ブログタイトルFX手法を探求するブログ@FXワークス
ブログURLhttp://fx-works.jp/
サイト紹介文現在500種類のFX手法を掲載中!日々の更新によりその数は増え続けています。是非ご覧ください!
自由文FX手法確立に悩んでいませんか?当FXブログは、FX初心者の方には勝つ喜びを。FX勝ち組の方には継続する喜びを差し上げる事を目的とし、毎日FXブログ更新に励んでおります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/06/23 18:30

TOMOZO さんのブログ記事

  • 練行足FX手法@Forex Factory
  • 今回は、Forex Factoryのスレッドで65%の方が「利益を上げられた」と回答している「Renko Ashi Trading System 2」(日本語訳: 練行足トレーディングシステム)をご紹介します。⇒ https://www.forexfactory.com/showthread.php?t=237979このシステムの作者はインドにお住まいの「nimmu1982」さんですが、「練行足」とは... [続きを読む]
  • ヒストグラムで相場の波を捉えるFX手法
  • FXで利益を残すには余計なノイズに掛からないことと、トレンドの方向性をしっかり把握することが大事です。30分足以上の大きな時間足チャートでトレンドの方向性を確定しておけば、その方向のみスキャルピングで数pipsを抜くこともできますし、ある程度ホールドしてもトレンドに順張りで対応し常に利益が出せるFXトレー... [続きを読む]
  • レンジ相場で小さい利益を積み重ねるFX手法
  • FX取引は経験がものをいうと言われています。巷には数多くのFX手法が紹介されています。スキャルピングやデイトレード、あるいはスイングトレードといった時間軸によるFX手法。また、順張り逆張りなどエントリーポイントによるFX手法。トレンド系指標やオシレーター指標を使ったテクニカル分析によるFX手法。どれも参考... [続きを読む]
  • ポンド円のラウンドナンバー簡単FX手法
  • ポンド円をメインのラウンドナンバーでのFX取引になります。経済情勢を知らなくても、大きなイベントだけ把握してれいれば大丈夫です。指標発表はDMMFXを使って、★が全塗りされている時間帯はノーエントリーです。100万に対して約10万通貨〜12通貨で取引します。DMMFXラウンドナンバーFX手法概要 [続きを読む]
  • ゴトー日FX@朝イチにドル円ロングで勝てる
  • 今回私が紹介するFX手法はとっても簡単。チャートに複雑な指標を表示させたり、何時間もPCの前に張り付いている必要はありません。FX初心者の方でも明日からすぐに始めることができる簡単な手法です。このFX手法の性質上使えるタイミングが毎月多くて5回程度しかありませんが、タイミングがあった日の「朝9時〜10時まで... [続きを読む]
  • 自分に合ったFX手法を見つけることが第一
  • 今回はFXのメンタル面の記事を書いてみます。具体的なFX手法ではないので悪しからず。世の中にはFXのやり方がたくさんあり、その中で「どれを選べば良いのか、どれが勝てるのか?」とても迷いますよね。そこで、自分に合ったストラテジーの選び方をまとめてみました。手法概要 [続きを読む]
  • 30分足を使ったダブルフェイク手法
  • 何故FXで勝てないかと言ったら、やはりだましがあるからでしょう。チャートを見ると、トレンド通りの動きと同じくらいの時間調整していることが少なくありません。調整している間にトレンド通りに仕掛けても大抵損切りするハメになりますし、多めに損失を見るとトレンド転換した時に大打撃を受けてしまいます。かといっ... [続きを読む]
  • 移動平均線を使った順張りスキャル
  • 私はFXをハジメて5年くらいになります。初めは勝ち続けることができずに手法探しの旅に出ました。手法探しの旅に出て手法の商材を10個以上は買ったでしょうか?10個以上の商材を試しても勝ち続けることができません。勝ち続けることができず3年くらい経った頃でしょうか?このまま手法探しの旅を続けていても勝ち続ける... [続きを読む]
  • 00-RVIとMACD+を使ったトレード
  • 今まで色々な手法を試して来ました。そこで勝てても色々と複雑に考えて負けたら、負のスパイラルに陥り、悪循環を繰り返していました。「もう、いい、数少ないインジケーターでトレードをやって行こう」と思い、この手法をバックテストしてみました。すると勝率がかなりよく直観的に出来る方法でした。手法概要 [続きを読む]