tomy さん プロフィール

  •  
tomyさん: 札幌の設計事務所 富谷洋介建築設計のブログ
ハンドル名tomy さん
ブログタイトル札幌の設計事務所 富谷洋介建築設計のブログ
ブログURLhttps://tomiya-a.com/news.html
サイト紹介文北海道札幌市の一級建築士事務所、富谷洋介建築設計のブログです。
自由文建物づくりの参考になる情報や、設計監理中のプロジェクトの進捗・オープンハウスなどのイベント情報、設計の日々雑感などを更新しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 363日(平均1.1回/週) - 参加 2014/06/24 17:20

tomy さんのブログ記事

  • T字路の家 一年検査立ち合いを行いました。
  • 昨年竣工した「T字路の家」が竣工から丸一年経ち、建築会社様の行う1年検査への立ち合いを行いました。 1年検査とは、建物は乾湿の状況や木材のひずみなど、竣工時には出きらない調整などが時間が経つことで発生する場合があります。竣工後、寒暖や積雪を超え四季を過ごし、丸1年ほど経つとそういった調整などが発生する場合があり、建築会社様が主体として行い、人為的でなく自然に起こった調整などをチェックし、基本的には無償 [続きを読む]
  • 竣工、そしてお引き渡し…【札幌市北区の住宅】
  • ブログでも記事にさせて頂いておりました、設計・監理を進めておりました、札幌市北区の住宅は無事竣工、そしてお引き渡しが完了しました。 この住宅の計画は、遡ると2016年7月頭に初めてホームページからお問い合わせを頂きました。完成が2018年9月末、延べで2年3か月に渡り家づくりを共にさせて頂いたことになります。 まず最初の段階では漠然とした夢のお住まいの夢のイメージ、土地もこれから探すという状態でした。土地の情報 [続きを読む]
  • オープンハウスを終了しました【札幌市北区の住宅】
  • 9/24(月・祝)に行わせて頂きました札幌市北区の住宅のオープンハウスは終了いたしました。沢山の方にご予約、来訪いただきありがとうございました。キッチン空間から目線の広がりある空間や、趣味室と居住諸室の対比、スキップフロア空間の空間など興味を持って見学して頂きました。実際に空間に包まれ五感で体感頂くと写真を見るのとは全く違うと驚き喜んで頂けるので、ご案内、ご説明するのは設計者としても楽しい時間です。 [続きを読む]
  • 内装塗装、仕上げ材工程が進んでいます【札幌市北区の住宅】
  • 札幌市北区の住宅は竣工を間近に控え、最終仕上げ工程が進んでいます。 玄関アプローチ空間はアイストップに来訪者から見えすぎないよう木ルーバーでリビングの大窓を目隠しします。ガルバリウムと木部塗装・軒天のEP塗装は違う素材ですが色を合わせて統一しています。内装木部は白く染色し、木目を出しつつ明るい印象に。まだ養生で見えませんが床に属する素材はダークブラウンやブラックなどで引き締めます。2階空間は吹き抜け空 [続きを読む]
  • 9/24 オープンハウスのお知らせ【札幌市北区の住宅】
  • この度クライアント様のご好意により札幌市北区にて住宅のオープンハウスを行う事となりました。 多趣味な若いクライアントご家族様のお住まい、いくつかの趣味スペースを住まいの動線の中に組み入れ、ご家族が楽しく心豊かに暮らす住宅空間です。スキップフロアのLDKから大きな吹き抜け空間を巡り上るスケルトン階段の動線に付帯し多様な用途が配されており、家全体を歩き・動く中で質感豊かな生活空間が連続して現れる楽しさを [続きを読む]
  • 業務再開のご報告 
  • 今回の地震により被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。 また、昼夜を徹し復旧へと進めて下さっている警察・自衛隊・水道関係を始め公共勤務の皆さま、電力各社・エネルギー業界の皆様、運送・交通機関各社の皆さま、病院関係者様、社会を裏から支えて下さっている全ての皆様に心より感謝を致します。民間にありながら地震の朝から普段着姿で暗い店を稼働させて下さったコンビニ店主、懐中電灯で照らしながら暗い店内商 [続きを読む]
  • DIYおもちゃ箱、その他…
  • お盆休みを数日頂き、墓参りなど先祖への報告、家族の行事を済ませ空いた時間に少しだけDIYをしました。これは子供のおもちゃ箱。宮の沢の家のリビングベンチ下のオープンスペースにハマるように…。キャスター付きでどこにでも動かせ、重ねればスタッキングもできます。材はパインの集成材を組みオスモカラーの拭き取り塗装で周辺内装と合わせました。図面を描くのは得意ですが、造るのは造作家具には遠く及ばない素人作業の自己 [続きを読む]
  • ファイナンシャルプランナーと相談する家づくり
  • 雑誌「O.tone(オトン) Vol.117」対談記事でご一緒した、「札幌住まいのFP相談窓口」新松さんのホームページで、共に携わらせて頂いた弊所設計事例(集光の家)にも触れつつ「設計事務所で家を建てる」ことに関するブログが書かれています。住宅資金計画に関するプロである「ファイナンシャルプランナー」(以下FP)目線での「設計事務所との家づくり」への考え、住まいづくりをお考えの方はご一読下さいませ。 ●リンク「設計事 [続きを読む]
  • 8/13〜8/15 お盆休業日のお知らせ
  • 平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。お盆休みは、下記の通り休業とさせて戴きますので、宜しくお願いします。8月13日(月)〜8月15日(水)の3日間をお休みさせていただきます。8月16日(木)からは通常通り営業となります。休み期間中のお問合せに関してはホームページの「お問合せフォーム」、もしくはEメールにてお願いいたします。期間中はご返信が遅くなる場合がある場合がございます。大変ご不便おかけい [続きを読む]
  • 「北区の住宅」階段施工中…
  • 例年にないほどの昼夜暑さを過ごした真夏の日々も数週間で過ぎ、ふと感じると、夕刻からは涼しさが戻ってきた札幌の気候、暑いエリアの方から見ると羨ましいでしょうか。とはいえお盆くらいまではまだまだ夏を感じられそうな日々です。 北区の住宅は大工さんが階段を施工中…完成時の光を想像させる吹き抜けの印象的な光の中で階段を作る二人の大工さんの姿。何やら荘厳でもあります。。。階段形状は以前中二階がつなぐ家で施工い [続きを読む]
  • Photolog 006 集光の家 各所から光が降り注ぐ空間
  • 【Photolog 006  集光の家 各所から光が降り注ぐ空間】この写真は、集光の家、エントランスからリビングに入った瞬間の目線の先、見上げた先にある吹き抜けです。この写真は光を各所から取り込み、柔らかく豊かな光の空間を作るという設計時の想定が確かに実現した瞬間を写真化していただけました。このお住まいの計画時に1Fリビング案となった時から、集密した都市の中に住まうにあたり、どのように生物にとり必要な自然光を心 [続きを読む]
  • 「北区の住宅」外壁・内装工程へ
  • 暑い日が続きます、北国のはずの札幌でも昔はこんなだっただろうかという気候の日々が続いていますね。 さて、「北区の住宅」現場では汗を流しながら工事を進めて頂いています。外装がおよそ張られ、外観の色と素材が現れてきました。今回はクライアント様と色検討の結果、淀川製鋼のカラーガルバリウム鋼板を採用。ライトグレー系の色とブラウン系、細部でブラック系を使い、3色で構成します。ガルバリウム鋼板もメーカー等により [続きを読む]
  • 「Four Decks」を設計実績に追加しました。
  • 2018年2月に竣工しました住宅設計「Four Decks」をホームページ内設計実績に追加しました。高台の傾斜のある敷地に建てられた住まい、吹き抜けを中心としたスキップフロアが4層のフロアを繋ぎます。 竣工時が雪深い時期でしたので、お施主様のご協力を得、お住まいの所を季節の良い初夏に撮影をさせて頂き、生活の気配を感じられる写真を撮らせて頂くことができました。リンクよりご覧くださいませ。「Four Decks」 設計監理 富谷 [続きを読む]
  • O.tone(オトン) Vol.117に対談記事が掲載されています。
  • 2018/07/15発売号 O.tone(オトン) Vol.117(あるた出版)対談記事+記事内に「集光の家」が掲載されています。「集光の家」で初めて一緒にお仕事させて頂きました、施工会社の新栄工建株式会社の工藤孝史社長と、札幌住まいのFP相談窓口のファイナンシャルプランナー新松尊英さんとご縁を頂き、3者の対談記事を掲載頂きました。記事内に挿入されています集光の家写真は水上ゴロウさんの写真を使用させていただいています。記事 [続きを読む]
  • 「北区の住宅」躯体工程
  • 北区の住宅は順調に進行中。外壁の構造用合板が張られ、建物のヴォリュームが現れます。合間に工程に合わせ隠れてしまう構造金物などのチェックをします。今建物は一面の壁面に窓が連なるため筋交いが入らないのでステンレスブレースシステムで壁倍率を確保します。何とかこの一連の雨天を避け屋根防水が完了、北海道も梅雨の様な天候がある年が増え、気候も変わってきましたね。屋根は塩ビシート防水。溶着で一体化した防水面を造 [続きを読む]
  • 「北区の住宅」建方工程
  • 札幌も暑かったり寒かったりが繰り返しますが、段々と夏が春に押し勝って季節が夏へと差し掛かります。「北区の住宅」は順調に進んでいます。 先日のブログからの続き、基礎の立ち上がり型枠が脱型され、土間コンクリート床、防湿コンクリートの水平部分床が打設されました。基礎断熱材がしっかりとコンクリート下にも施工されているかチェック。これは竣工後には見えなくなる部分ですね。そして養生後、足場が立ち上げられます。 [続きを読む]
  • 「北区の住宅」基礎コンクリート工事
  • 「北区の住宅」は基礎コンクリート工事へ。基礎業者との事前打ち合わせを行い、細部を確認。一部内部でコンクリート打ち放しが出てくるところがあるので、打ち放し用の型枠位置や細かい納まり、基礎断熱と屋外コンクリートが繋がる部分の断熱熱橋の考え方などを事前に共通認識します。先日の鉄筋の状態から、ベース型枠が付けられ打設。その上に立ち上がり型枠が付けられ…基礎断熱厚みや位置が設計通りとなっているかの確認。押出 [続きを読む]
  • パンフレットを更新しました。
  • 弊所パンフレットに最新設計事例(集光の家)を追加しました。 今まで設計監理させていたプロジェクトの写真やコンセプト、設計の流れ、弊所の設計の考え、その他ホームページに載り切れない内容なども資料化しまとめた資料となっております。ご興味ある方に無料でお送りさせて頂いております、コンタクトページよりご請求くださいませ。コンタクトページ [続きを読む]
  • インテリア設計の流れ
  • (以前別ブログで書かせて頂いていたもの転載となりますが、ホームページ内ブログに移しておりませんでしたので。) インテリア設計による、店舗、クリニック等の設計監理の流れです。 設計監理させて頂いたスイーツショップ・カフェの「レークヒル・ファーム」さんを実例に。(こちらは店舗設計ですが、流れはクリニック等のテナントなども内部を改修するという所では同様です。)まずは既存の状態を見せて頂きます。こちらでは [続きを読む]
  • 「北区の住宅」基礎配筋工事
  • 「札幌市北区の住宅」は杭工事後の根掘り工事が完了し、基礎下の捨てコン打設の確認、また基礎配筋検査を行いました。基礎下の捨てコンは構造的には関係ないので一般の工事では省略されることもありますが、基礎下が砕石だとどうしても底面に不陸が生じてしまい配筋とコンクリートの被り厚さが保ているか担保しづらいので、より安定した品質を確保するため標準仕様化しています。瑕疵担保保障の検査にも立ち会いし、配筋のピッチ・ [続きを読む]
  • 札幌市北区の住宅が着工しました。
  • 4月も終盤、段々と春めいて、今日は打ち合わせ帰りにふと見上げると3分咲の街路樹の桜、この間までコートを羽織っていたのにいつの間に咲いたのかとじっと立ち止まり見上げてしまいました。今月より札幌市北区の住宅が着工しています。新川皇大神社にて4月の快晴の中つつがなく地鎮祭が行われました。ホームページよりお問い合わせを頂いて、ご相談頂き一緒に土地探しを始め、冬を挟んで土地探しが少し留まったりもしつつ土地が決 [続きを読む]