秋月蓮城 さん プロフィール

  •  
秋月蓮城さん: 秋月蓮城のプログレッシブ精神世界ブログ
ハンドル名秋月蓮城 さん
ブログタイトル秋月蓮城のプログレッシブ精神世界ブログ
ブログURLhttp://renjyoakizuki.hatenablog.com/
サイト紹介文気功、ヨーガ、禅など瞑想の経験をもとに、哲学、宗教哲学、スピリチュアルをテーマにしています。
自由文哲学、宗教哲学、東洋的宗教の瞑想法を研究しています。

ジャンルは、哲学、思想、宗教、宗教学、神秘主義、、トランス・パーソナル、スピリチュアリティ、瞑想、坐禅、気功、ヨーガ、タントラ、大周天、チャクラ、クンダリーニ、などです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/06/24 19:50

秋月蓮城 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「不昧因果」
  • 今日の記事は「不昧因果」についてです。「不昧因果」は「不落因果」と対になって使われることが多い禅の言葉です。「大悟した人でも因果の制約から自由になれないのですか?」(因果に落ちてしまうのですか?)と問われて、ある人は、「大悟した人は因果の制約から自由になる!」(因果には落ちない!不落因果!)と言いました。そのためその人は野狐の身におとされてしまいました。しかし、その人(野狐になった人)は百丈和尚の、「不 [続きを読む]
  • 「何も成し遂げるものはない」 求道日記 その2
  • 昨年、私は瞑想などの修行を一時やめていました。その理由はいくつかあるのですが、その一つは自分の瞑想の意味に迷いを感じていたからです。いくら瞑想しても確かなものを得られない。根本的なところで自分も自分の人生も変わりませんでした。前々からうっすらと感じていました。大周天を達したり、クンダリーニやチャクラが目覚めたり、サマディ(三昧)に入れるようになったり、と瞑想で様々な体験をし成果をあげてきましたが、だ [続きを読む]
  • 「一本道」 詩
  • 「一本道」人生は生から死への一本道大道を歩めど、脇道を歩めど過去も未来も一本道雨が降ろうが槍が降ろうが今、歩むのは一本道のみ信心は穢土から浄土への一本道日向を歩めど、日陰を歩めど一本道過去は捨て落ち、未来必定の一本道風が吹こうが、嵐が荒れようが今、歩むのは一本道のみ人はみな一本道を歩むのみ [続きを読む]
  • 「何も成し遂げてはいない」 求道日記 その1
  • これから記事をテーマ別にまとめることにします。記事にするほどでもないことや、いたって個人的なことは日記として別に簡単に記したいと思います。今日は「求道日記」です。修行全般のことで思うところのものをテーマとします。さて求道です。なぜ人は求道するのでしょう?なぜ私は求道するのでしょう?一つの答えは真理を知りたい、ということがあるでしょう。また、一つの答えは救われたい、ということがあるでしょう。前者はあ [続きを読む]
  • 「宗教体験と回心と悟りについて」
  • 今日の記事のテーマは宗教体験と回心と悟りについてです。一口に宗教体験といっても様々です。シャーマンのトランス状態(脱魂)、「合一」の神秘体験、瞑想によるサマディ(三昧)など色々と報告されています。「宗教体験とは何か?」ですがここでは簡単に「物事」や「自己」、「世界」の理解が根底から変わり、生き方が根本的に変わること、とします。一言でいうと「人生が変わる」ことです。たとえば私は、仙道や内丹術でいう大周天 [続きを読む]
  • 「ブログ再開のお知らせについて」
  • たいへん久しぶりの更新になってしまいました。申し訳ありません。昨年は持病の調子が良くなくて、入院したり静養したりの日々でした。ぼちぼちと仕事にも復帰し、現在は通常の生活に戻りそれなりに元気に暮らしています。入院や静養をしなければいけないと決まってから、私はあることを決行することにしました。それは瞑想修行を断ってみることです。前々から考えていたのですがもはや習慣であり、日々の日常に溶け込んでしまって [続きを読む]
  • ブログ名の変更について
  • またでございますがブログ名を変更することにしました。新しいブログ名は「秋月蓮城のプログレッシブ瞑想探求ブログ 〜 宗教性について 〜」です。最初の「秋月蓮城のプログレッシブ精神世界ブログ」では瞑想や宗教性に様々な角度からアプローチし、なにかリアリティの根拠を提示することを試みたいと思っていました。しかし、困ったことにこのジャンルは、いつでも、どこでも、誰にでも確かである、という普遍的な根拠は示しえ [続きを読む]
  • 回心について
  • ここしばらく根本的に大きな変化がありました。それを今はうまく言葉にできません。一言でいうと「回心」したということだと思います。ここでの「回心」とは「信じていなかった、信じることができなかったものを、信じるようになった」ぐらいの意味です。「あるがまま」になろうとして「あるがまま」になることはできない。「〜になろう」「〜しよう」というはからいがないところのものが「あるがまま」だからです。同じように「信 [続きを読む]
  • 過去の記事 …