デージー さん プロフィール

  •  
デージーさん: 小鳥と歌おう
ハンドル名デージー さん
ブログタイトル小鳥と歌おう
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/daisymay/
サイト紹介文獣医さんの正しい知識とフィールドマナーをひろめたい。そして、時々、趣味の音楽のお話も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/06/24 22:59

デージー さんのブログ記事

  • 喜ばれた贈り物 お中元
  • みんなの集まりで、お中元の話が出ました。義理の贈り物と言われますが、まったく意味のないことかというと、みんなの話を聞いていると、そうでもないようにも思えました。もしかしたら、昔の話もまざってるかもしれませんが・・1.喜ばれた話ひとり暮らしのシニアに、おかずの缶詰めセットひとり暮らしだと、食事のしたくは面倒に感じるものです。つい、1回くらいインスタントラーメンでいいわ、なんてのが、2日ぶっつづけにな [続きを読む]
  • 民泊
  • 前の記事を書きながら、行徳野鳥観察舎の虫観察会を、房総半島のほうに住んでいる知り合いのAさんにすすめてみようと思いました。が、これは、夜の行事なので、泊まるところを確保しないとね。今月は都合がつかないそうなので、来月誘おうと思っています。うちに泊まっていただきたいのはやまやまなのですが、残念ながらうちは狭いし、私も仕事を持っているので、じゅうぶんなおもてなしができません。そんなことを考えていて、ふ [続きを読む]
  • 小鳥にごはんをあげたいとき
  • 鳥にえさをあげて、喜ばせて、そのかわいい姿を見るのはうれしいものです。でも、あまりそれをすると、かえって、天敵をよびよせたり、鳥の健康を害したり、寿命を縮めることになってしまうから、しないほうがいいというのが、専門家の意見みたいです。すずめや、かわいらしい鳥にごはんをあげて、食べるようすを見るのが楽しみ、という人は少なくありません。いいことだと思ってしているようですけど、これも、専門家のアドバイス [続きを読む]
  • 反戦歌
  • 8月の歌というと、やはり反戦歌でしょう 反戦歌というと、たくさんありますが、私がまっさきに思い出すのは、森山良子さんのそれです。 森山良子さんというと、今の若い人にはなじみがないかもしれないけど、私などは、しっくりきます。森山良子さん 従兄の父は戦死しました。 もはや戦後ではない、と言われるようになってから生まれた私には、従兄のことをかわいそうだと聞かされても、 もうひとつピンとこない、でも、森山さん [続きを読む]
  • 平田オリザさん
  • 平田オリザさんは、豊岡市を、ご自身の子育ての場に選ばれました。これは、豊岡が、ほんとうに民主的なセンスのある街だと言うことの証拠だと、私は思っています。平田さんは東京生まれでいらっしゃいますが、ご自身のお子様には、偏差値のいい学校にはいることより、心の豊かな人間らしい人間になってほしいと望まれるのでしょう。私は、豊岡小学校で、人の思いを大切にするということを教わりました。豊岡だけでなく、どこへ行っ [続きを読む]
  • マイ箸
  • 今のシーズンは、レストランもティールームも混雑してる。それでもはいらざるを得ないことも、こんなときにかぎってあったりする。忙しいときって、そういうところのスタッフが、フォークやナイフや、箸を持ってくることを忘れたりするから困る。マイ箸は、保健所から禁止されてるそうなんだけど、でも、やはり、持っててよかったと思う時があるものだ。マイ箸を使って食べてると、あわててスタッフが割りばしを持ってきたりするこ [続きを読む]
  • 平田オリザさん
  • 平田オリザさんは、豊岡市を、ご自身の子育ての場に選ばれました。これは、豊岡が、ほんとうに民主的なセンスのある街だと言うことの証拠だと、私は思っています。平田さんは東京生まれでいらっしゃいますが、ご自身のお子様には、偏差値のいい学校にはいることより、心の豊かな人間らしい人間になってほしいと望まれるのでしょう。私のまわりでも、首都圏は子育てには向かない、と、ばらばらになった家族関係を立て直すために、地 [続きを読む]
  • 托卵女子
  • かっこうという鳥は、自分の卵を、ほかの種類の鳥の巣に産みつけて、その卵は、その鳥の卵より先に孵り、本来のその親の卵を外に捨てて、その親は、かっこうのひなを、自分の子として育てるのだそうです。自然の生存競争とは、なんて理不尽なんでしょうね。このかっこうのように、自分の子どもを、実の父親ではない男性に育てさせる、托卵女子という人種がいるんだそうです。実の父親ではなくても、情がわいて、おいそれとは、子ど [続きを読む]
  • N家のよい習慣
  • 某会でごいっしょするNさん、今、子育てのまっ最中なんだけど、食卓でのしつけのしかたが、ほかの家庭とちょっとちがって、いいなと思ったので、紹介します。1.たいていは、お母さんが、全員のおちゃわんに、おかずもごはんも盛って、おぜん立てが全部すんでから、家族を呼ぶというのが、普通でしょう。でも、Nさんとこはちがいます。おかずも、ごはんも、みんな、食べる本人が自分で盛りつけをすることになったのです。自分の [続きを読む]
  • 暗いのが好き
  • クラシックの本場は、確かに西洋だし、本場の人の弾くモーツァルトもバッハもショパンもすばらしいと思う。音楽には国境はないというけれど、やはり、西洋人の演奏と、アジア人の演奏は、だしの味が違う。私は、日本人の演奏が好きだ。日本人による、日本人のための、日本のクラシック、それもすばらしいと思う。隅々まで明るく照らしだされるような西洋の音楽より、かげりのある日本の音楽のほうが、私はフィーリングが合う。イギ [続きを読む]
  • 永田もえさんと豊岡とばらいろの切手
  • 兵庫県豊岡市の郵便局でのみ売られているという、永田もえさんによる、こうのとりの絵の切手があります。私は、その切手が発売されたときに買って、何人かの友達に、それを貼って、郵便物を出しました。 もう、そんなことも忘れていたのですが、その切手を、ある人が、ドイツのペンフレンドに送ったら、すごく喜んでくれたということです。私、うれしくなっちゃって、手持ちの新品を送ってあげちゃいました。ばらいろの、すごくき [続きを読む]
  • リアル店舗
  • 字が薄くて見づらいかたは、コントロールキーを押しながら、マウスの鼻を、外側に向かってロールしてください。字が濃くなります。ヤマダ電機がなくなるかもしれないというニュースに、どうしよう、と戸惑っている。ネットに強い人は、通信販売、ネット販売で、好きなものを好きに買える。でも、私のような、ITに弱い者は、リアル店舗で、店員さんに手を取って、説明してもらわないとわからないのだ。あそこは、私のような者にも [続きを読む]
  • 蚊取り線香
  • 蚊が、確かに今年は少ないですね。でも、ハエは多いです。ごきぶりも出るし、暑い日に、朝玄関を開けると、虫がいっぱいいます。スズメバチらしきのもいて、ちょっとこわいときも。蚊取り線香は、去年、薬局の安売りで買いためたのが残っています。今年はやけに蚊が少ないと思ってたら、残り蚊に悩まされて、蚊取り線香を買いに行ったら、品切れで、というようなことも経験したから、蚊取り線香は、店の棚から姿を消す前に買いだめ [続きを読む]
  • トリセツ
  • パソコンとか電話とかの説明書って、なんで、こんなに小さいんだろうね。本棚で、大きな本の間にかくれたり紛れたりしてしまって、さがすのに苦労する。おねがいだから、パソコンや電話の説明書は大きいブック型にしてほしい。紙1枚タイプがあるけど、あんなのも使いづらい。折りたたんで収納するしかないから、次に使う時は、また新聞みたいに広げるんだけど、目次もないから、ずーっと、必要な部分をさがさなきゃならない。老眼 [続きを読む]
  • こんな目にあわされるのなら
  • きょうも21時過ぎてから工事の音。工事、工事、また工事、ほんとにいやになる。ただでさえ夏に弱くて、昼間の暑さにまいっているところに、夜は工事の音でダブルパンチ。私たちが払った税金で、夜、道路工事されて、こんなに苦しめられるのなら、ふるさと納税考えようかな。明け方までやかましい。頭が痛い・・つらい・・暑さでダウンして、ごはんがろくに食べられなくてふらふらなのに、その上、夜、こんな目にあわされるなんて [続きを読む]
  • なんでこんな目に
  • 夜、やっと涼しくなり、少し静かになったかと思ったら、21時過ぎてから工事の音がすごい。頭が痛い・・・きょうは、電話で人と話す約束をしていたけど、こんなにやかましくては話ができないから、とりやめにせざるを得なかった。なんでこんな目にあわなければならないのだろう。今夜は眠れないかも。救急車の音が絶えなくて眠れない夜もある。船橋市は住みにくいよ・・・にほんブログ村 人気ブログランキング [続きを読む]
  • ストローはいらない
  • スターバックスだかがストローを廃止したからというんで、大々的なニュースになっている。なんだかへんだな、と思う。賢い人は、もう数十年まえに、ストローを使わない生活をしていた。私がAさんと知り合ったとき、Aさんのお子さんに年齢を聞いたら、来年幼稚園って言ってたのをおぼえてる。彼女の家でほうれんそうのジュースをごちそうになったとき、ストローは出てこなかった。坊やにも、普通の子ども用のプラスチックのコップ [続きを読む]
  • 便利な網の袋
  • 子どものお砂遊びの道具入れの、網の袋、すごく役に立ちます。子どものいる人から1つ分けてもらったのですが、もっと、いろんなサイズ、いろんな目の大きさ、いろんなカラー、いろんな型が欲しいです。持ち手があるのが便利です。分けてくれた人も、お姉さんがわけてくれるということで、結局、どこで買えるのか、はっきりした情報が得られませんでした。Amazonにもあるようですが、できたら、欲しい時にすぐ買いたい。いろんな使 [続きを読む]
  • 逆転の発想
  • 空き家が増え続けていることが問題になっているけど、このあいだ、また、私の郷里で1軒増えました。知り合いのお母さんが亡くなって、お母さんの住んでいた家が空き家になったのです。家はもう、ぼろぼろで、どっちみち使い物にならないから、土地が売れたら、建物はどっちみち壊すことになります。土地は、駅からわりと近くていい立地なので、売れるでしょうということです。さて、それまで、誰も住まない空き家をどうやって管理 [続きを読む]
  • 奨学金あきらめないで/連絡先がわかりました
  • この前、お金がなくて進学できない、という悩みを持つ若い人のお役に立てば、と思って、お年寄りの持ち家に若い人を安く住まわせてあげる、そういうあっせんをしているところをご紹介しましたが、連絡先がわかりませんでした。記事をアップロードしたあと、知り合いが情報をくれましたので、ご紹介します。世田谷区のNPO法人「ハートウォーミングハウス」というところだそうです。学生でなくても、部屋を安く借りたい若い人なら [続きを読む]
  • あきらめないで 奨学金
  • 進学したくてもお金がない、という若い人が増え続けています。奨学金をもらえることになったはいいけれど、返済のために、また貧困におちいる、それでは、何のための大学だったのか、勉強だったのか。そんな状況にある若い人たちを救うために、コープが、返済しなくてもいい奨学金というのをはじめました。もちろん、誰にでもというわけではなく、一応審査があるようですが。奨学金はもらったけれど、大学のあるところに下宿しなけ [続きを読む]
  • フォレストアドベンチャー
  • 知り合いに、今年の夏はどこ行く?、って聞いたら、神鍋に行くと言ってました。兵庫県豊岡市の近くの神鍋で、フォレストアドベンチャーなるものをやっているそうです。そう言えば、あちこちのブログとかで、最近よく見る言葉です。動画を見ると、ターザンみたいに木から木へと渡ったり、地上10メートルくらいの木の上を歩いたり、なんだかすごく楽しそう。近頃は豊岡のあたりも、新しいレジャー施設がいろいろできているようです [続きを読む]
  • 処分のかんたんな消火器
  • 消火器を処分したときに、普通のごみとしては捨てることができず、たいへんな手間がかかることを知りました。以来、消火器を買わず、その代わりの備えのつもりで、重曹をたくさん常備していました。が、最近、普通のごみとして出せるタイプの消火器があるということを知りました。昔、私の親の世代がやっていたように、風呂水をためて、火事に備えるということもやっていたのですが、それをやっていると、不潔になるデメリットを相 [続きを読む]
  • お米のとぎ汁、パスタのゆで汁
  • お米のとぎ汁を洗い物に使うことは、前からやってたけど、パスタのゆで汁で洗い物をするということは、きょう、初めて、エキサイトニュースで知りました。お米のとぎ汁は、いれものに入れてとっておくとか、そんなたいそうなことしなくても、ざるでお米をとぐのを、汚れた食器の上ですればいいのです。私は、食器を洗いあげたあと、油よごれがなかなかとれないものだけを水道の蛇口の下にならべて、その上から、ざるにはいったおこ [続きを読む]
  • こちらこそありがとうございます/お坊さん便
  • 先日出した、お坊さん便の記事、役に立ったと、たいへん喜んでもらいました。こちらこそ、ありがとうございます。喫茶店の雑談の続きで、このことを知りたがっていた人たちのために出した記事ですが、その知り合い以外の人からも喜ばれて、記事を書いたものとしては、予想以上の反響がうれしいです。お盆には必ず郷里に帰って、ということも、親が生きている間は、親の家に帰ればよかったけれど、親がいなくなったら、郷里への旅行 [続きを読む]