とあるかーちゃん さん プロフィール

  •  
とあるかーちゃんさん: お空では6人家族〜2人の天使ママ
ハンドル名とあるかーちゃん さん
ブログタイトルお空では6人家族〜2人の天使ママ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hanhanha/
サイト紹介文18週胎内死亡と22週603gで生まれ6時間で空に帰った二人の息子。早産の二人の娘。子宮頸管無力症。
自由文子宮頸管無力症のため、それまで二人の息子を亡くし、二人の娘と暮らしています。お空の二人の息子への想いや、娘たちとの日々を綴っています。マタニティーカテから移動してきました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/06/25 16:07

とあるかーちゃん さんのブログ記事

  • 7と3
  • 子どものことが書いてあります。七五三やりました。我が家は四歳差なので、お姉ちゃんの7と妹ちゃんの3を同時に祝うことができました。今時は満年齢でお祝いするのが多いそうなんですが、お姉ちゃんの三歳を数え年でやったので、今年にやることにしました。写真は前撮りでしたが、お参りの当日。お姉ちゃんが疲れきっていました。着付けもヘタクソだったんでしょう。苦しかったのだろうし、車で移動だったのに、神社に到着した時 [続きを読む]
  • 靴はケチってはいけない
  • 子どものことです。そういえば、書いてなかったですが、妹ちゃんが2歳すぎても、ふらふらして歩いているので、頭がでか過ぎるのかなと、発達相談に連れてゆきました。そしたら、いざりばいをしてるのを見てくれた先生がいらっしゃって、頭がでかいのは確かだけど、病的ではない。けれど、「前にも言ったと思うけど、この子は、異常というほどではないけど、体が柔らすぎるのね」とのこと。フラフラしてるのは、足首などの筋肉の発 [続きを読む]
  • それだけ報道されてもねぇ
  • ご無沙汰しております。我が家はそれなりに元気です。妹ちゃんも2歳すぎてイヤイヤしながらも面白おかしくしております。結婚12周年を迎え、干支が一回りしたねえと夫婦ともどもしみじみしておりました。車で移動中に、偶然ですが、コブクロの「永遠にともに」が流れてきました。お約束の、某お笑い芸人の顔がちらつきながらも、二人で色々と思い出して、子どもの前なのにベソベソ泣いていました。ほんとにね、悲しいことがあって [続きを読む]
  • よにんきょうだい
  • 外食してたときでしょうか。最近は、三人きょうだい珍しいよね。二人と思ったら下が双子だったとかー。あ、○○くんのとこは、三人目は男の子がいいなと思ったら双子で四人になっちゃって…と夫と話をしてた時に、ふとお姉ちゃんが、「私、四人兄弟がよかったなー!」と言いました。私はどきりとしました。そしたら、夫が、「お空の兄ちゃんたちがいたらそうだよねー」とすかさず言ってくれました。私は正直、どうやって話をしよう [続きを読む]
  • 久しぶりの飲酒
  • 妹ちゃんは2歳を期に断乳しました。お誕生日に止めるのはあまりに悲しいので、1か月後に断乳を開始。よく3日乗り越えれば、と聞きますが、1週間くらいは強く求めていたように思います。1ヶ月以上経ったいまでも、眠いときやかんしゃくを起こしたときなどに「ぱい!」と言われますが、バイバイしたよねーというと、泣きながらでも諦めてくれるようになりました。お姉ちゃんが、1歳を迎える前に、自然とやめてしまったので(それまで [続きを読む]
  • 妹ちゃんの発達
  • お姉ちゃんは1ヶ月半近く早く生まれてしまいましたが、修正月齢で数えてたのは、最初のうちで、1歳半ぐらいには、ほぼ体格も発達も正規産の子と代わりがないようになっていました。妹ちゃんは、一日だけ早産でありましたが、全体的にゆっくり目の発達です。首座りも4ヶ月半くらいでしたし、態勢を変えるのも親任せ。うつ伏せは大嫌いで、座らせたら座りっぱなし自力での寝返りは1歳過ぎてだし、オーソドックスなハイハイはせずに、 [続きを読む]
  • お参りした!
  • お姉ちゃん、最近は「死んだらどうしようー!」と言わなくなったので、弟くんの命日に赤ちゃん寺に行きました。生まれて旅立ってから、もう3年経ってしまいました。お兄ちゃんの命日には来られなかったので、1年はあいてないにしろ、しばらくぶりです。お姉ちゃんはなんでお寺にいくの?と言いましたが、お墓参りだよーと答えました。まあ、我が家では普通の行事として、受け止めてもらえたら良いなあと思います。お塔婆をいただき [続きを読む]
  • 悲しい報告を受ける
  • お友だちのママさんから、悲しい報告を受けました。娘さんが亡くなったと。うちのお姉ちゃんのお友だちの妹。うちの妹ちゃんとは同級生。ママさんから「うちの赤ちゃん病気なんだ」とだけ聞かされていました。どんな病気かは聞いていませんでした。たまにミルクをチューブで飲んでいるのを見かけたり、お医者さんが訪問というようなことも言っていたので、在宅で療養してるんだな、という印象は持っていました。うちの妹ちゃんがヨ [続きを読む]
  • てんしのいもうと
  • ごぶさたしています。我が家は風邪を引いたりなどの日常はありますが、元気にしています。今さらの話題かもしれませんが、2016年の11月ごろに表彰された、いつもありがとう作文コンクールの「てんしのいもうと」というものを読んだことありますか?内容に関しては検索して読んでいただくとして。これを読むと、家族としてちゃんと お姉ちゃんと弟くんのお別れをちゃんとするべきだったのかなあと、何度でも悩みますね。この男の子 [続きを読む]
  • 勇気はなかった
  • 夫の扶養関係で、親子関係がわかる書類をとってくるようにといわれました。住民票か戸籍謄本をと言われ、また区役所かー、と思いつつ。戸籍とっちゃおうかしらーなんて呑気に考えてたけど、実際に見る勇気がなくて住民票にしてしまいました。まあ、手数料が若干お安いというのもありますが。住民票だと当たり前だけど四人家族です。にほんブログ村 [続きを読む]
  • お腹の居心地
  • お久しぶりな更新です。幼稚園のとあるママさん。予定日1週間すぎてまだ産まれる気配なしです。おっきなお腹で一生懸命送迎をしてます。1人目も予定日から10日遅れて促進剤で産んだと。ほんとに妊娠出産て十人十色だなあ。産みたくなくたって、寝ころがって点滴しなきゃ産まれてきちゃう人もいれば、全然出て来る気配なしの人もいる。よっぽどママさんのお腹のなかが居心地がよいんだねー。なんて話してましたが。私のお腹は居心地 [続きを読む]
  • 区役所の窓口
  • 用事があり、区役所に行ったら、戸籍関係の窓口の「出生届、死亡届、婚姻届」の文字を見てドキリとしてしまった。目に入ったのは、やっぱり死亡届なんだけど。あの日。私は入院してたから、夫はこの場に来て、役所の人に事情を説明しながら、独りで出生届と死亡届を出しに来たと思うと。出生届だけ出しに来てた夫婦見て泣いちゃったと。 私が想像しただけでもこんなに悲しいのに。どんなに辛かったかなと、改めて思ったのだった。 [続きを読む]
  • 命日にお参りをしない
  • お兄ちゃんの命日が近づいています。1月の三連休で破水から亡くなりお産になったから、連休のいずれかで、家族でお骨をお願いした赤ちゃん寺にお参りにいくということにしていました。ただ、8年目を迎える今回はお参りしませんでした。ブログにも書きましたが、このところお姉ちゃんが「死んだらどうしよう」とふと泣き出すことか多いのです。大きな不安の中にいることは間違いありません。そこで「死んじゃった兄弟がいるお寺に行 [続きを読む]
  • お母さんになるときに
  • 子どもの事を書いてます。先日のいつか訪れるものだけどの続きです。お姉ちゃんが、「将来、自分がお母さんになる時に怖い」と言って泣くんです。手に注射して、ずーっと薬を入れたらどうしよう、とか。お腹を切ったらどうしよう、とか。繰返し、想像して泣いてます。わが子の事を言うのもなんですが、物の理解力が高いです。(まあ、やめろということをあえてやって怒られまくるとか、子どもらしいところもたくさんありますけど)自 [続きを読む]
  • 会話力
  • 一人っ子のママさん。やっぱりいいなあ、四人家族って。もう一人ほしいなあとは思ってたけど、そもそも結婚が遅かったし、不妊治療もしてやっとだし。更に二人めで治療を頑張る気はしなかったよー。と言われた。うちもポンポンと産めた訳ではないし、二人天使になったし。といってしまうには、ヘビーな会話になるかなと思ってつい「そっかー」と言うだけで精一杯で無言になってしまった。とっさに言葉がでない頭の回転の悪さよ。な [続きを読む]
  • いつか訪れるものだけど
  • お姉ちゃん(5歳)がポロポロと泣くのです。いつか、自分やみんなが死んでしまう、と。それを思うと怖い、悲しいと。大人になって子どもを産むことも、大変で怖いと。誰しもいつか死ぬけど、それはずーっとずーっと先だよ。お母さんもいつか死ぬかもしれないけど、それでも、うーんと先だし、あなたが死ぬのはもっともっと先だよ。まだ5歳だもん。お母さんもお父さんも妹も。ずっとそばにいるよ。死ぬのが怖いって考えてるのは、いろ [続きを読む]
  • 泣かされちゃった
  • 夫がお姉ちゃんに泣かされました。珍しく早い時間に夫が帰ってきたので、家族揃って外食をしていました。そこのお店は、以前来たときはお姉ちゃんが2,3歳くらいで、妹ちゃんは生まれていませんでした。なので、前に来たことあるんだよ、と話をしていたら、お姉ちゃんが、「前に来たときは、三人家族だったね。四人家族になってよかったね。妹ちゃんが生まれてよかったー」と言いました。聞いたとたんに夫は眼鏡をはずして目を拭っ [続きを読む]
  • 予防接種
  • こどものことを書いてます。↓お姉ちゃんは注射が大嫌いです。好きな子どもなんていないだろうけど、異常なくらい嫌いです。なんというか、痛みに対して、弱いというかパニックになっているように見えます。毎年秋になると、インフルエンザの予防接種を受けるか悩みます。2歳ぐらいまでは痛くてもがんばろうねー。で済んでたのに、今はもう色々とわかってしまったから、全力で泣きます。それでも騙し討ちは嫌なので、事情を説明し [続きを読む]
  • ちょっとだけ
  • ちょっとだけ、という絵本がある。先日友達が、もうお子さんが大きくなって読まなくなったからと持ってきてくれた。この本、開くだけで涙が込み上げてくる。我が家の お姉ちゃん が、「お姉ちゃんになる」とわかった頃。つまり、弟くん がお腹にやって来た頃、私はこの本を買おうと思っていた。いざ本屋で手にとって中身を読んだら、この先、「お姉ちゃん」になったら、この本のように、下の子が産まれたゆえに理不尽ながまんをし [続きを読む]
  • 違う未来
  • 姉妹でいいわねぇ。おだやかだねえ。という言葉を言われたときに、(というのは、大体男の子がいるママさんなのだが、)「もし」を想像してしまう。「もし、生きていたらの未来」を想像することは、「この子らがいない未来」を想像することにもなり、複雑ではあるが、やっぱり考えてしまうのだな。久しぶりに、知人のSNSを覗いてみたら、お子さんが大きくなっていた。その写真と文を読んでたら、あれ。この子が産まれたのは、弟くん [続きを読む]
  • ひとまず安心かな
  • ↓ 子供の事を書いてます。のんびり屋の妹ちゃんですが、1歳5ヶ月にて歩きました。まだまだ数歩レベルだし、ほとんどいざりばいというやつですが。手を引けば喜んで歩くので、意欲はあるみたいです。普通なら1歳半まで、シャフリングベビーなら2歳までに歩けば、と言われるそうですが、なんとかそれより前には歩いてくれました。内面の発達に関しても、何かやりたいというような意思を見せて、それが叶わなければ癇癪も起こすし、 [続きを読む]
  • よかったよかった
  • 出産話です。↓夏に会おうとしてた友人。無事に出産したと連絡がありました。連絡をくれたときから、ほぼ2ヶ月自宅安静で、37週ジャストで産まれたとのこと。よかったよかった。小粒ちゃんのようですが、37週まで居てくれればなんの問題もないというもの。幼稚園のママさん。つわりがひどいらしく、送迎をおじいちゃん(ママさんの父)がしてるのだけど、たまーにママさんが調子がよくて、出てくるときがあるのね。そのときのお子さ [続きを読む]
  • また鼻水
  • こどもの話です。一ヶ月ほど鼻をグズグズさせ続けた妹ちゃん。表面上出てないので、やれやれ落ち着いたかな?と思い、予防接種につれていったら、先生から、「なんか鼓膜の色が悪いなあ」と言われる。注射したのち、鼻水を排出しやすくする薬をもらい、一週間後に見せに行くと、「んー? なんか色が悪いままだなあ。しかも、喉も赤いよ?」鼻水も出てないけど一応吸引してみようか?と、鼻を吸われると、出てくる出てくる。あれ? [続きを読む]
  • 確率は関係ないが
  • とあるキーワードで検索してたら、お世話になった病院の新生児入院診療実績として、出生体重と、在胎週数と、死亡についての資料がひっかかってきて。よせばいいのに、読んでしまったんです。弟くんが生まれた年の出生体重、500〜1000gで生まれた亡くなったのは1名。在胎週数22週で生まれた子で亡くなったのは1名。弟くん、この「1名」なんですよね。生きて退院できませんでしたから。22週で生まれても助かって退院していった子も [続きを読む]
  • お参りに行くこと
  • お空のお兄ちゃんと弟くん。1月と6月が命日です。お彼岸の3月、9月。お盆の8月。仏壇もお墓もないので、お骨をお願いしたお寺さん(赤ちゃん寺)にお参りに行きます。何だかんだでよーくお寺に行ってます。今はお姉ちゃんも妹ちゃんも自分でどこかに出掛けたりというのはないので、お寺行くよーと言えば、付いてきます。お寺にお参りにいくよと言えば、車の中でいつもより、おやつたくさん食べさせてもらえるってもの分かってるので [続きを読む]