imkageta さん プロフィール

  •  
imkagetaさん: 模型屋と3DCAD
ハンドル名imkageta さん
ブログタイトル模型屋と3DCAD
ブログURLhttp://image-model.blog.jp
サイト紹介文3DCADを道具に建築模型製作しています。
自由文建築模型会社入社(1980-1995) FormZのモデリング感覚に惹かれ(1991) 建築パース用モデリングに明け暮れ(1995-1996) 広島にて建築模型を再開して現在に至る(1997〜) PC、加工技術、素材など試行錯誤しながらお陰様で模型屋として長くこの仕事を続けさせてもらっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供5回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/06/27 06:54

imkageta さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • MacOS Mojaveにしてみた
  • 外付けSSDでの試用中で問題あればいつでも前の状態に戻れるよう内臓SSDはそのまま方法はTimeMachineと移行アシスタントを利用してLion yosemiteにしてきた旧iMacと同様で何世代も前のアプリやドライバーも今のとこ問題なしで使用してます。ダークモードは渋く落ち着いた雰囲気はかなり気に入ってます。 スクリーンショット保存前にプレビューで表示 そのまま編集→PDF保存ができる新機能は使いやすく エリアを調整したりデスクトッ [続きを読む]
  • 塗装
  • アクリル完成模型を制作してた頃はラッカーを調色してスプレーガンで塗装 スチロールを使うプレゼン、スタディ模型では 外構や敷地周辺にグレー系のカラー洋紙を貼っていました。スタディ模型でも塗装するようになったのはアサヒペンクリエイティブカラースプレーが発売されてからで それまでにない豊富なアースカラーが揃っていて模型屋にはぴったりです。高低差のない地盤も切り分けするようになったのもマスキングなしで塗装す [続きを読む]
  • 焚き火台テーブルを作ってみた
  • キャンプで焚き火しながらぼんやりとしたイメージしていたものをモデリングして当然!! 2mm厚の端材で1/6の模型作り…材料は針葉樹合板12mm厚脚部のみ安定感や強度的な角度、サイズの設計変更3x6に収まるよう調整して作り直し修正の跡などで仕上がりに不満は残るもののとりあえず使えるテーブルとして完成焚き火を囲む時間は楽しいのです。 [続きを読む]
  • 白模型の緑地表現
  • 緑地や芝の表現といえば緑に着色されたパウダーやシートですが緑が強すぎたり色味が合わなかったりまして白模型では尚更です。そこで白模型に使える簡単な方法材料は白スタイロフォームで周辺建物ボリューム用にネットで購入したのですが思ったより目が荒かった品物プロフォームカッターで1mm程度にスライスしてシート状にしたものをスプレーノリやスチノリや貼り付けるだけです。キラつきがあるので水性つや消しクリアをスプレー [続きを読む]
  • ルーバー
  • ピッチ3mmで厚み1mm出は2mm 綺麗に揃うことを最優先に透明板に貼り付けで2mm厚スチレンペーパーを両面テープで貼り付けてから切り2mm幅分を剥がす製作手順両面テープのベース材はフィルム系にすること、また両面テープの中にはベース材からにノリが剥がれて接着面に残ってしまうものもあるので要事前確認 [続きを読む]
  • 構造模型
  • 縦と横に逆向きにアールがかかる菱形格子の3次曲面構造体 当然3Dプリンターでの外注も考えますがこれまでの経験と勘で完成まで2日と読み 塩ビ系板(0.5厚)から幅1.4mmの部材を切り出し組子で製作しました。 模型全体の中に3個必要でかなり集中力の持続が必要でした。 [続きを読む]
  • 建物を含む3Dマップをダウンロード
  • GoogleMapやAppleMapでの3D表示の街並みをグリグリ動かし自由に眺められる機能はすばらしいものがあります。これを3DCADに読み込めたらと考えますが、さすがににそこまで自由に利用はできません。ところがOpenStreetMap(OSM)だとそれもできます。OSMはフリーの地理情報データーを作成することを目的として発足した世界規模のプロジェクト。以前からバイク用ナビ(Gamin)で古くなった地図データーの代わりに利用しています。まずは本 [続きを読む]
  • 改造修理
  • マキタインパクトドライバー互換バッテリを予備で購入した際 ふともう充電できず1年近くほったらかしていたハンディクリーナーへの利用を思い立った。機種はブラックアンドデッカーZ-PD1200 交換用バッテリも販売されてるがこいつには保護回路が付いてないようでACアダプターが熱さで茶色く変色してかなり危険な代物。電圧12V→10.8V直結で試してみたところまずまず 全く違う形状の搭載スペースはなんとかなるのではとダメ元で加工 [続きを読む]
  • 制作の順序
  • この地形模型はコンタ積みしてから側面加工とは逆に外周断面の箱組みをしてからコンタを乗せながら積んでいます。後から周辺を切り揃えて仕上げるのは意外と手間のかかる作業なのです。正確に切り接着することと同じように完成までプロセスを遡って最適な手順を先読みできると仕上がりも良くなります。 側面は等高線と外周の輪郭線からformZで3Dにしてプロットしています。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …