kikimama さん プロフィール

  •  
kikimamaさん: 萩原国際ピアノ教室&0歳からの英語音楽プログラム
ハンドル名kikimama さん
ブログタイトル萩原国際ピアノ教室&0歳からの英語音楽プログラム
ブログURLhttps://ameblo.jp/kikicorgi/
サイト紹介文湘南、藤沢市辻堂で英語での音楽プログラムを提供するインターナショナルな教室のブログです。
自由文湘南の海近く、藤沢市辻堂でアメリカの大学で学んだものを活かし、英語で習うピアノ教室と、0歳児からの音楽プログラム、ミュージックトゥギャザーのクラスをやっています。ピアノ教室の詳細はこちら。http://www.hagiwara-piano.com/
ミュージック・トゥギャザーの詳細はこちらから。http://www.hagiwara-musictogether.com/
看板犬のkikiも時々登場。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供550回 / 365日(平均10.5回/週) - 参加 2014/06/27 21:52

kikimama さんのブログ記事

  • 色々な楽器、どんな音?
  • アメリカの指導者用雑誌に載っていて、何日か前にご紹介した本が届きました。楽譜は一つも載っていないのに、play this bookだって。(^^)最初のページ。「私たちのショーへようこそ」これは、最後の方。ね、みんな色々な楽器を演奏しました。(^^)楽譜が全く無いわけですから、これをレッスンで使うとなったら、どう使うかはその先生次第。それを考えるのがまた、楽しい。ワクワクです。(^^)kikiはね〜、今ご飯食べたところデス。で [続きを読む]
  • ボアコンストリクター
  • 今日無事に退院しました。少し様子見しながら、10月からレッスンを再開したいと思います。(^^)入院前と、入院中に注文した物がボチボチ届き始めています。これ、なんだかわかりますか?これは、ボアコンストリクター。星の王子様に出てくるヘビさんです。そして、My First Piano Adventure にも出てきます。さて、ヌイグルミのヘビさん、なんでこんな変な形なの?それは、星の王子様の挿絵を見るとわかります。(ピンぼけでごめんな [続きを読む]
  • ダウンロードできるハロウィンの新譜
  • やっと明日退院します。(^^)そのあとの通院も、病院が遠いので、頻繁だと大変ですが、レッスンもできて、kikiとも一緒にいられるので、頑張ります。(^^)今日は、ダウンロードできるハロウィンの新譜のご紹介です。動画も観ることができるので、ぜひご覧ください。彼女の演奏はいつも、とても楽しくて、私は大好きです。(^^)こちら恒例のパンプキンカービング用の小ぶりなパンプキン、どこを探しても数が揃いません。(TT)今年は代替 [続きを読む]
  • シベリウスでの音源作り
  • 思いつく限りのところに問い合わせしましたが、毎年購入しているサイズのパンプキンは見つからず…。(TT)今年はカービング無理かな…。(TT)昨日はiPadでの音源作りをご紹介しましたが、今日はシベリウスで作った音源のご紹介です。Cups、クリスマス用は音源が無くて、そのかわり、ピアノ譜が付いています。皆んなができるようになったら、私がそれを弾けば良いのですが、Cupsの動きを練習する間は、一緒にやらなければならないので [続きを読む]
  • 伴奏音源を自分で作ってみる
  • 生徒さんがDTMで編曲した曲を自分なりの音を選んで演奏に仕上げていく(あくまでもコンピューター上で)ということをやっているのに刺激を受けて、ちょっと試してみました。 GarageBandを使って、アプリのような音源を作れないかなと…。もちろん、音源が多彩な電子オルガンや、電子ピアノで、同じようなことができるのは承知の上ですが、そういうものがなくても、iPadやiPhoneがあればできるというのもいいかなと…。 先日作ったK [続きを読む]
  • 音楽講師のための本の紹介
  • 入院しているのに、なんか色々やっている…ってみんなに言われます。(^^;)ここの所、入院が多くてわかったのですが、小説を読んだり、テレビを見たりというのは、とても受動的、かつ生産性がありません。飽きます。パズルや塗り絵は、少し生産性があるのだけれど、あくまで作業。「夕飯何にしよう」も無い状態なので、とにかく考えない。長くなるとそれがストレスになって…。実は母が私と同じくらいの年齢で入院した時、精神的に [続きを読む]
  • ピアノ指導、IT最前線
  • ピアノ指導のIT分野に関しては、やはり日本に比べ、アメリカのほうが進んでいると、カンファレンスに参加するたびに思います。今回はカンファレンスではなく、雑誌の記事から。レッスンで、録画、録音をして、それを観たり、聴いたりすることによって、自分の演奏を客観的に認識してもらい、改善してもらう…ということをやっている先生はたくさんいらっしゃると思います。この記事では、それにさらに上乗せして、MIDIを使い、さら [続きを読む]
  • レタークリフという考えかた
  • ト音記号、ヘ音記号、アルト記号、ソプラノ記号などはもちろん皆さんご存知な訳ですが、レタークリフ(クリフが記号という意味)という言葉に馴染みがある方は少ないと思います。前回書いた、kock, knock、これは5フィンガーポジションで弾ける曲なので、年長さんや年中さんではありますが、移調奏の課題も出しました。どこから弾き始めても良いです…ということは、全調ということ。(^^) 5フィンガーだと、これができるからいいです [続きを読む]
  • また、楽譜を買ってしまった…
  • 入院していれば、買い物ができない…と思いきや、今の世の中、スマホからでもポチれるわけで、また買ってしまった…。(^^;)特に今回はコンピューターも持って来ているわけで、ダウンロード、保存もいつもの場所にすぐできてしまうし…。(^^;)というわけで、これ…お高い…。コピーして生徒に渡さないつもりなら、4ドル台で買えます。もちろん、プリントアウトできますから、それをコピーして生徒に渡しても誰にも見つからない。で [続きを読む]
  • ハロウィンの即興、作曲のアイデア
  • 早くシャバに出たいです…と思うのに、今日の検査結果があまり良くなくて、17日退院はボツ。(T . T)私が使う抗がん剤の副作用のメインは吐き気や抜け毛ではなくて、血球減少なんです。思う以上にそれぞれの血球が全て減少してきていて、あとどのくらい減るか、もう少し様子をみたいそうです。本人的には、貧血感を少し感じるくらいで、別に痛くも痒くもないから実感わかないんだけれど…。(^^;)ハロウィンのレッスンのアイデアも色 [続きを読む]
  • ハロウィン関係のアプリなど
  • 例年パンプキンカービングをやっています。大きなパンプキンを全員に配るのは無理なので、カービングできる最小のサイズを買います。 生花店にオーダーして、届くのはホクレンの箱に入ったパンプキン。そう、パンプキンは北海道から届くのです。それで、今年は、水害やら、日照りやら、地震で、北海道のパンプキンとても生育が悪く、市場にほとんど出回らないらしい…。出たとしても、通常の3倍近い値段…と生花店から連絡。 どう [続きを読む]
  • Bluetooth MIDIとBluetooth Audioの違い
  • 昨日、K先生からお問い合わせがありました。My First Piano Adventureのアプリの音が電子ピアノ(カワイのCN27)から出ないと…。 私自身はうちで使うときに出ていたような気がしてしまい、あれ?それっておかしいんじゃないの?と思ったのですが、結論を言うとMy Firstに関して、カワイのCN27からも、CN37からも出すことはできません。 その理由がよくわからなくて、はじめはアドベンチャーのテクニカルに聞いてみようと思ったので [続きを読む]
  • 「褒める」ということを深く考える〜前向きで生産性がある学びのための指導
  • タイトル、原著に基づいて副題をつけさせていただきました。 今日訳したところは、ちょっと脱線も多く、たくさん訳した割にはここに載せられる分量が少ないです。 Feedback : 演奏や結果などを出すために改善することができるようにするため、有益な情報や批評をどのように 与えればよいか      もし、生徒が、ただ褒められるのではなくて、努力が評価されるということに慣れてくるば、フィードバックや、建設的な批 [続きを読む]
  • 「褒めると」いうことを深く考える その1
  • アメリカの音楽講師用雑誌の記事がとても素晴らしかったので、シェアしたいと思います。ただし、長いのと、すべてを翻訳してしまうと著作権の問題も出てくるので、大体の訳と超訳であることをご承知ください。 一回に全部訳すのが大変なのと、載せるにも量が多すぎるので3回くらいに分けようと思っています。英語でレッスンをされていらっしゃる先生方もおられることと思いますが、誉め言葉はどのように使っていらっしゃいますか? [続きを読む]
  • Cups レベル5
  • いつもはiPhoneからアップしていますが、久々にコンピューターを使っています。コンピューターからだと動画を埋め込みできるのがいいです。(写真に関してはiPhone からのほうが楽) Cupsのレベル5、最後のページです。(なぜかプリントが白黒になっている) これは、練習種ました。(笑)一回じゃ、私は無理。 で、また、笑える入院パジャマのCups動画です。(;^_^Aカップを上にあげているときは、額に当てています。映っていま [続きを読む]
  • 生徒さんの作品〜DTMでの製作
  • 今日は、入院患者とは思えないくらい仕事しました。(笑)Cupsを練習して、録画して、音源が無い、クリスマスバージョンはシベリウスに打ち込みして音源を作りました。打ち込みって、私の場合、アルファベット人間なので、楽譜は普通にコンピューターのキーボードでタイピングで入れていきます。アルファベットのキーと、テンキーを使います。慣れるとけっこう楽だし速いです。(^^)で、それを3曲分作りました。(短いものばかりですけ [続きを読む]
  • とても素敵な芸術的写真家さん
  • いつもは発表会の写真、各自ご自由にでカメラマンを頼まな私ですが、今年は、ふと、確かお母様写真家さんって言っていたよね…と、生徒のお母様のことを思い出して、お願いしてみました。快く引き受けてくださいました。まだ、写真はできあがっていないのですが、一部をHP載せてもいいですか?と聞かれて、呑気な私は初めて彼女のHPがあることを知って…。(^^;(普通先に確認しますよね)そうしたら、な、なんと、実はすごい方で…。 [続きを読む]
  • cups 中級編
  • 今のところ、吐き気も無くて、いたって元気。(^^;血球の減少は来週にならないと出てこないらしいし…。だから、ヒマ…ということで、病院の中でも、いや、もしかして世界中で病院のパジャマ着てこんなことをやっているのは私だけ(笑)https://youtu.be/VjOP-4S3vvUCupsの続きですが、はっきり言って、中級編になると私より小学生たちの方がじょうず。(^^;まず、cups1の方は、eighth note(八分音符)とtriplets (三連符)が出てきます [続きを読む]
  • Cups どう使おうかな
  • いや〜、2日目にして超ヒマ!お腹に抗がん剤は打ったが…。今のところ気持ちが悪くなる気配も無いし…。今日のイベントはそれだけなので…。あ、でも、明日からリハビリ入るかも。筋肉が思い切り落ちているから、けっこうたいへんかも…、…というわけで、お仕事も少ししています。Rhythm Cups、小さい子はやはりquarter note, half noteから。これはレベル1の1ページ目。音源もあります。(3段階のスピード)で、このあと割とすぐに [続きを読む]
  • 無事(笑)入院しました。
  • 本日午後、無事、入院しました。明日から治療です。元気が出るように、Very Hungry Caterpillar のタオルの枕カバーと、The Little Princeのfennecs のヌイグルミ付き。(笑) これはkikiのかわりに。窓からの景色です。今回は今のところ具合が悪いわけではないので、バッチリ仕事もしようと思って、色々持参しています。小さい子たちにも、少しずつcupsを取り入れて、クリスマス頃には何か素敵なことができたら良いなと思っています [続きを読む]
  • ありがとう
  • 9月はお休みということにしてあるのですが、入院は3日からなので、ごく小さい子や始めて間もない子、アプリの説明が必要な方などはいらしていただいて、補講しています。昨日来たMちゃん、マエストロのコネクションができたので、使い方の説明をして、実際にちょっと使ってもらいました。うまく使えそうです。(^^)これで、入院していても宿題が出せますし、どのくらい練習したかも、上手に弾けるようになったかどうかもわかります [続きを読む]
  • Rote の曲、秋バージョン
  • 今年は小さい子が多いので、ハロウィンに限らず、秋の曲だったら良いかなと思い、Rote teachingの曲をダウンロード。なぜか、表紙が白黒なのが、私的には残念ですが、絵がかわいいから、まあいいか…。Roteの曲だと、プレリーディングの子たちにも教えやすいのでいいです。その上、プレリーディングとは思えないクオリティだし。楽譜を読むのも大切だけど、感覚を育てていくことはとても大切なので、Rote も適時取り入れています。 [続きを読む]
  • ハロウィンの楽譜
  • 今日で8月も終わり。ショッピングセンターなどで、9月に入るとハロウィン、ディスプレイになるのは早すぎと思うのだけど…。でも、私は9月のレッスンお休みしなくちゃならないから、ちょっと今年は早めに、考えなくちゃ…。クリスマスには及ばないけど、ハロウィンの楽譜もソコソコあります。(^^)まずこれはプレリーディング。これはAlfred の、少し古い楽譜。絵が古いよね。(笑)これは、Hal Leonard のShow Caseのシリーズ。そし [続きを読む]
  • 子供用音楽誌、シューベルトのトリビア
  • アメリカの子供用音楽誌が届きました。今回の特集はシューベルトです。例によって、内容の一部はこちらで見ることができます。日本でこういうのがあると、真面目な話に終始しがちです。でも、それだとお勉強の本になってしまいますよね。アメリカはそういうところがちょっと上手だと思います。・シューベルトはピアノ、オルガン、バイオリンを習い、歌も声変わりするまではとても才能がありました。・シューベルトは自分のピアノを [続きを読む]