ユニフィ さん プロフィール

  •  
ユニフィさん: 気ままで強引にマイウェイ
ハンドル名ユニフィ さん
ブログタイトル気ままで強引にマイウェイ
ブログURLhttp://zxcvb63.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文日々の事、気ままに語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 48日(平均4.5回/週) - 参加 2014/06/28 23:08

ユニフィ さんのブログ記事

  • 認知症の症状に伴うケア方法 対応次第で症状軽減できる!?
  • 認知症になると今まで当たり前にできていた事が できなくなります。明らかに今までと違う行動や感情の変化が 見られる事が多くなり、家族も戸惑います。そこで、認知症の症状や理由を知る事で、 対処の方法も思いつきやすくなると思うんです。進行に伴って現れる症状も、 対応次第で症状が和らぐこともあるんだとか...。認知症の症状は2種類ある『行動・心理症状(BPSD)』と『中核症状』があります。『行動・心理症状(BPSD)』 [続きを読む]
  • 『闇の支配者に握り潰された世界を救う技術 <現代編>』を読んだ♪
  • ちょっともう忘れかけてたけど...。STAP細胞!何年か前、話題になった 小保方晴子さんが発見したと言う 「STAP細胞」。研究が進み実用化したら、 難病治療が可能になっていくらしい!?医療分野において画期的な発見...。でも、闇の支配者(!?)...、 「こう来たか!」って感じです。小保方晴子さんの「STAP細胞」発表後の ドタバタ劇。何か腑に落ちないものがありました。真相なんてわかりません。私たち一般人とって、 メイン [続きを読む]
  • 「勇敢な日本経済論」を読んだ♪
  • なるほど〜、そうだったの!? って、そんなにはっきり言っちゃっていいの!?この本は、経済学者の?橋洋一氏と 経済金融評論家のぐっちーさん(山口正洋氏) のないしょ話し。いやいや日本経済についての議論。いやいや経済書と言うより人生の指南書。世界は目まぐるしく動いています。きな臭い近国、破天荒(!?)な大統領、 地球温暖化、移民・難民...etc。日本国内では、デフレ脱却・地方創生・ 規制緩和・少子高齢化...etc [続きを読む]
  • 『沈みゆく大国 アメリカ』読んだ♪ 最悪なオバマ医療保険制度!?
  • アメリカも国民医療皆保険が出来て 良かったねなんて思ってましたが、 まさかこんなだとは驚愕でした!トランプ政権は取り消しが政権公約です。日本の医療保険がどんなにありがたいものか 実感しちゃいます。堤未果さんの本を手にするのは初めて。アメリカの実態がよ〜く分かります。ところで、堤さんて参議院委員の川田龍平さんと 結婚されていたんですね。^^; 日本では、病気やケガなどで病院にかかると 医療費の3割を負担す [続きを読む]
  • 「当たり前」に気づいて感謝できたら幸せ!
  • なかなか『当たり前』の後ろに、 様々な想いや優しさが隠れている事に 気づいていません。もし、運よく気づいたら 感謝の気持ちを伝えたいなぁ。もし、伝えられられなくても 心の中で感謝の気持ちを贈りたいなぁ。ちょっと振り返って昨年の昨日のはなし。年明け初出勤日、1月4日のこと、 あいさつ回りからから帰った上司に 年頭のあいさつついでに...。「3分お時間いただけますか?」「いいよ。 じゃぁ、ここで。」っと快い返 [続きを読む]
  • 簡単・美味しい小豆の煮方♪ 圧力鍋使わなくても時短!?
  • 美味しいおぜんざい、食べた〜い♪でも、煮るのめんどくさ〜い。こう思ってるあなた、 簡単・時短で自分の好みの甘さ・汁加減の おぜんざいが作れます。市販の物でも美味しいのはたくさんあるけど、 隠し味の塩が苦手の方いらっしゃいません?自分で作れば、さっぱり・すっきり味のおぜんざいが 好きなだけ食べらる! 小豆を煮るポイント一番のポイントは、「新小豆」を選ぶ事!だいたい20〜30分で柔らかく茹で上がります。圧力 [続きを読む]
  • 不覚! 風邪だと思っていたらインフルエンザだったかも...。
  • 不覚をとった!私は、めったに風邪などひかない。なのに、こんなに具合が悪くなるとは、何たることか!?しかも風邪かと思いきや、インフルエンザだった可能性大。この年末に、1週間近く腑抜け状態でした。「バカなので風邪はひかないの♪」っと常日ごろ言っていたのに、このザマです。勤めていた時も近くで咳やくしゃみをされようが、家族がインフルエンザという人がいようが、とにかく病気因子は頂かないことにしていました。今 [続きを読む]
  • 『家族という病』読んだ♪ 家族はしんどいもの!?
  • 幻冬舎から2015年3月に出版された 下重暁子さんのエッセイ『家族という病』。新聞広告の「家族ほどしんどいものはない」の 見出しが、気になって読んでみようと思いました。私の感想を一言で表現すると、 「よくぞ言ってくれた!」です。『家族という病』とはこのエッセイを書いたのは、下重暁子(しもじゅうあきこ)氏。元NHKアナウンサーでしたが1968年にフリーになり、 その後、作家・評論家・エッセイイストとして活動し、 [続きを読む]
  • 小麦粉使った簡単あったか料理 ! 今こそ「すいとん」♪
  • 時たま無性に食べたくなる「すいとん」。そう、あの小麦粉をこねた塊の入った汁物。        関西や九州の方では、「だんご汁」って 呼ぶらしいですね。東北の方では、「はっと」「ひっつみ」 「とってなげ」など、呼び方もさまざま。これって、ひっつまんで、取って鍋に投げ、 ご法度になるほど美味いって感じなんでしょうか。『すいとん』のイメージって?私の親世代(戦争中子供だった)は、 あまり好きじゃない方も [続きを読む]
  • 「がんもどき」油抜きしても高カロリー! 由来はポルトガルから?
  • 寒くなると食べたくなるおでんの具材のひとつでもある、 「がんもどき」。水切りした豆腐を崩して人参・牛蒡・昆布・蓮根など 山芋を繋ぎにして丸めて揚げた、アレ。揚げ物にも関わらず、ヘルシーなイメージが ありますが実際どうなんでしょう。おまけに、西日本と東日本そして京都では 呼び名も違うなんて...。由来も調べてみました♪意外に高カロリー!「がんもどき」っと言えば、お豆腐と野菜でできているので 低カロリーで高 [続きを読む]
  • 衝撃!NYの小柄な婦人警官が駐車違反の車を...。
  • ちょっと、何これ!おもしろ過ぎ!っと思った何年か前に見たYouTube。なんとなく思い出して 見てみました。やっぱり笑っちゃう♪駐車違反している車のドライバーに、 移動するよう注意する婦人警官。でも、ドライバーは開き直り、 暴言まで吐き、 移動しようともしません。チケットを切られることなんて日常茶飯事。あるある!言い訳して文句を言う人。いるいる!でも、ニューヨーク警官は甘くないぞ。すると、その婦人警官はキレ [続きを読む]
  • 「食品サンプル」は日本生まれ、発祥地は東京「白木屋」だった!?
  • 日経新聞の「文学食べ物図鑑」っと言う欄で、 永井荷風の小説「墨東忌憚」から食品サンプルの由来などが 書かれていました。今でこそ食堂などでよく見かける食品サンプル。大阪で誕生し、関東大震災後、東京に広まったっと言われています。でも、実際は東京・日本橋にあった白木屋呉服店の食堂が 発祥だったようです。「大阪から東京へ」と言われる所以1923(大正12)年9月1日、関東大震災が起きました。当時、破壊的な打撃を受 [続きを読む]
  • 『おだまり、ローズ〜子爵夫人付きメイドの回想』を読んだ♪
  • 英キャサリン妃も大ファンのTVドラマ 『ダウントン・アービー』。ちょうどこのドラマの舞台になっている時代、 実際に貴族のメイドをしていた 著書のロジーナ・ハリソンさん。ドラマの影響もあり、 時代背景がイメージしやすく めちゃくちゃ楽しめました。いやぁ〜、本当におもしろかった!おだまり、ローズ: 子爵夫人付きメイドの回想新聞の書評でこのタイトルを見て 読んでみたくなりました。だって、「おだまり、ローズ!」です [続きを読む]
  • ヒョウアザラシがペンギンを水中撮影中の写真家へプレゼント !?
  • NHKのスーパープレゼンテーション(TED)で 極地の自然に魅せられて写真家になった ポール・ニックレンが登場しました。地球温暖化の影響で減り続ける極地の氷。その氷の重要な役割をTEDで力説しています。でも、印象に残ったのは南極での ヒョウアザラシとの秘話。ポールが感動で涙した雌の ヒョウアザラシとの出会いでした。ポール・ニックレンとはポール・ニックレンは、 幼いころから自然豊かな北極地方 (地球上で人が暮らす [続きを読む]