縁ブックしまね さん プロフィール

  •  
縁ブックしまねさん: 縁ブックしまねブログ「縁人さん、いらっしゃ〜い」
ハンドル名縁ブックしまね さん
ブログタイトル縁ブックしまねブログ「縁人さん、いらっしゃ〜い」
ブログURLhttp://en-book.sblo.jp/
サイト紹介文島根の電子ブック(電子書籍)のポータルサイト「縁ブックしまね」のブログ。
自由文島根の電子ブック(電子書籍)のポータルサイト「縁ブックしまね」のブログ。
トマトを種から育てたり、庭の果樹をクイズにしたり、島根の名所や観光地をクイズにしたり、懐かしいあの頃を語ってみたり、ためになるひとりごとを綴ってみたり…スタッフが個性を生かして日々更新中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/06/29 15:32

縁ブックしまね さんのブログ記事

  • 米子城に登ってきました
  • 「名城米子城叢書」が発刊されました。電子ブックで立ち読みができます。https://tpharvest.com/tp/ebooks/yonagojo/index.html「中海に望む天空の城」にふさわしく、頑健な構えの山城です。明治時代に取り壊されて石垣しか残っていませんが、かえって往時の姿に想像が膨らんできます。ふもとに無料駐車場があり、15分ほどで登れるので、天気の良い日には格好のハイキングとなるでしょう。 [続きを読む]
  • 古代出雲歴史博物館企画展−古墳は語る−古代出雲誕生
  • 古代出雲歴史博物館 企画展−古墳は語る−古代出雲誕生平成30年9月24日(月)まで開催中です。古墳時代後期(6世紀)は、古代国家成立の礎となった時代でした。6世紀はじめ、継体天皇は政治組織や制度改革を推し進め、列島各地の豪族と繋がりながら、新たな秩序の下に列島内をまとめ上げました。そして続く欽明天皇の時代には、後の古代国家へと繋がる政治システムが確立したと考えられています。この頃出雲の地では、古墳時 [続きを読む]
  • 海を渡った「出雲屋」−韓国のパンの百年史
  • ハーベスト出版の新刊をご紹介します。『海を渡った「出雲屋」−韓国のパンの百年史』著者:ハム・ハンヒ、オ・セミナ訳:中村八重新書判128ページ1000円+税3年前に韓国で出版された「パンの百年史:群山の出雲屋」の日本語版がこのほどハーベスト出版から出版された。出雲市出身の廣瀬安太郎が韓国のグンサン(群山)で製菓店を出して一家をなした。おそらく韓国で初めて西洋式パンを売ったこの店は大繁盛した。この出雲屋の跡地 [続きを読む]
  • 藤岡大拙著「山中鹿介」が電子ブックで立ち読みできます
  • 藤岡大拙著「山中鹿介」が上梓されました。戦後、鹿介のひたむきな生き様を描いた伝記は少ない。尼子や鹿介のゆかりの地を悉皆探訪した筆者が、戦前の教科書に載った鹿介を懐古的に描くのではなく、上月城に籠城した鹿介の苦悩、現代に生きる鹿介を力強く描いた渾身の力作。山中鹿介絶筆の書状や、鹿介が使用したと伝えられる兜などの貴重な図版を収録している。電子ブックの立ち読みもできます。http://www.tpharvest.com/tp/eboo [続きを読む]
  • いま、宍道湖のしじみが旬ですよ〜
  • 宍道湖はシジミの生産量日本一ですが、いま旬の時期をむかえています。身がぷりぷりしていてとてもおいしいです。味噌汁でも、澄まし汁でも、できれば大きな器にアサツキをいっぱいいれて大きめのシジミを贅沢にいっぱい入れて”エット食い”が醍醐味です。シジミ博士によると、冷凍ものもうまみが出ることと旬の時期のものを使って冷凍するのでおいしいのだそうです。下のURLを していただくと、島根県物産観光館のカタロ [続きを読む]