夏生 Natsuki さん プロフィール

  •  
夏生 Natsukiさん: シンプルライフ手帳
ハンドル名夏生 Natsuki さん
ブログタイトルシンプルライフ手帳
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/simple-life-techou
サイト紹介文便利よりも、ちょっとアナログな暮らしが好き。削ぎ落とす勇気と、幸せと。
自由文シンプルライフ歴23年。学生時代、押し入れ無しのワンルームで物を持たない暮らし方を身に着ける。結婚後、転勤生活へ。子がいても身軽な暮らしを実践、整理収納アドバイザーとなる。平均2年に1回の引越しというハードな経験から得たシンプル思考をブログで紹介中。
現在、札幌にて『整理収納オフィスシンプルビト』主宰。個人宅に出張、整理収納をサービスしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供225回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2014/06/30 10:28

夏生 Natsuki さんのブログ記事

  • 美しい冷蔵庫にするには。
  • 時々、冷蔵庫の中の食材を、出来るところまで使い切り、空にします。必ず使う調味料はそのままで良いのですが、時々しか買わないような、必需品でない調味料は、調理の工夫で、使い切ってしまいます。日々、何度も開け閉めする冷蔵庫、中身の入れ替えは頻繁なので、気を付けていても、汚れます。冷蔵庫が空になると、細かい部分にも目が行き届き、お手入れしやすくなります。一度リセットしてピカピカにした冷蔵庫を見ると、「次か [続きを読む]
  • 便利そうだから買った物の存在。
  • あると便利そうだと思って買ったのに、いつしか存在を忘れ、眠らせてしまっている物。キッチンや洗面所など、細々した物が集まる場所に、ありがちです。必需品を買い替えたのであれば、継続して活用しますが、元々、家には無かった物には、それを使う習慣がありません。意識して使うことを、暮らしに組み込んで、手に覚えさせないと、自分の物にならないのです。時々整理をした時に、便利だと思って買ったのに、使っていない物を見 [続きを読む]
  • 贈り物について思うこと。
  • 贈り物を頂いたなら、受け取ってすぐ、積極的に活用します。誰かが選んでくれた物も、自分の為に、自分で手に入れた贈り物も。それは、自分を喜ばせる為に、大切な時間を割いて選び、届けられた物です。物の持ち方、一日の過ごし方。シンプルさを心掛けて暮らしていると、空間にも心にも、ゆとりのスペースが生まれてきます。気持ちがゆったりしていてこそ、受け取ることを喜び、感謝して、贈り物を使う余裕があるのです。溢れる物 [続きを読む]
  • お掃除が楽しくなる習慣。
  • 先延ばししたくなる様な場所を、あえて最優先でお掃除します。例えば、トイレや排水口といった、汚れを溜めるほど、遠ざけたくなる場所を。心理的に抵抗のある場所のお掃除が出来た時、スッキリするだけでなく、多くの人が、自分を褒めたくなるのではないでしょうか。一日数回、そのタイミングは訪れます。寝る前に行うと、朝は気持ちよく迎えられますし、それが出来なければ、朝一番に。キッチンはすぐに汚れるので、きりが無いよ [続きを読む]
  • あらゆる物を磨いて気付く。
  • 物を大切にするというのは、ただ所有するだけではなく、取り出して、よく使い、磨く事だと、気付かされます。整理をするたびに、お掃除をするたびに。日頃、目配りしていない場所に、久々に気持ちを向けた時、特にそう思います。埃がたまっていた場所は、自分の思いが薄れている場所です。埃を見て、残念な気持ちになると同時に、忘れていた事を思い出したりします。ピカピカにしたなら、今度こそ維持しようと思います。物だけでは [続きを読む]
  • 片付けているのにスッキリしないなら。
  • 本当に家をスッキリさせたいと思ったら、中途半端に片付けを終える癖を見直します。いつも片付けにかけている時間を、10分多く取り、片付けきるのです。キッチンやリビングの棚には、つい置きたくなってしまう物が、すぐに増えていきます。また使うからと出したまま、用が済んでも放置している様ないつものパターンを、変えていきます。今、目に見える物の中から、始末できる物が無いかどうか、意識して一つ一つ見ていくと、まだ [続きを読む]
  • 夏の中盤にも、大掃除。
  • 年末にまとめて一年の汚れを落とすのでなく、日頃から汚れを溜めず、家じゅうをローテーションでお掃除すると、最も負担が少なく、いつも快適です。それが難しい場合も、季節毎に大掃除を行うと、3か月に一回のサイクルで、家じゅうがピカピカになります。年末は少し楽が出来ます。大掃除の為に半日使うと、しばらくの間、とても気持ち良く過ごせます。あまり開け閉めしない箇所には、何も触れていなくても、埃がたまっています。 [続きを読む]
  • すぐ片付ける習慣がもたらすもの。
  • 片付けの事が気になり、頭をよぎったら、その瞬間にすぐに、思い立った場所を片付けてみます。思っているよりも、ずっと早く片付く事に、気が付きます。やって良かった、と必ず思えます。気掛かりな事が一つ減るだけで、次にする事を気分よく行えるので、心が軽くなっていきます。片付けを溜めずに、小さな内にリセットしていく心地良さを知り、習慣になった時、他の物事においても、すぐ決断し、着手する意識が芽生えてきます。一 [続きを読む]
  • 快適な書棚にする方法。
  • 自宅の書棚は、図書館がお手本です。とはいっても、抑えるポイントは簡単。ジャンル別に分け、背表紙が手前で平らになるように、揃えるだけです。少し乱れを感じた時に、意識してスッキリと整えるだけで、見た目が美しくなります。美しい場所から取り出した本は、きちんと元に戻そうという気になります。そばにハンディモップがあると、マメに埃を取る様にもなり、好きな本にますます愛着が湧きます。お手入れのついでに、パラパラ [続きを読む]
  • 夏休み、自分時間の作り方。
  • 夏休み中は、子どもと過ごす時間が増えます。その分、自分だけの時間を確保しにくいのですが、時間が短い分、質を高めることを意識しています。このブログを更新する以外は、テレビやネットに触れない日を増やしています。緑の中を走る時間に充てたり、星空を眺め、自然の空気に身を置き、心静かな時を過ごすことを大切にしています。昔から継続している趣味や、新しく始めた勉強は、毎日短時間に集中するスタイルにしています。一 [続きを読む]
  • 旅行後に捨てる物。
  • 旅行中の持ち物の身軽さは、心身も軽くします。その感覚を、日常にも持ち込みたく、帰宅後は、いつも何かを手放したくなります。開放的になっている分、自分の本心に従って、判断しやすいとも感じます。実際に行っているのは、クローゼットの中身を整理する事です。旅行に持っていかなかった服の中には、どこに出掛けるにも、しっくりこない出番待ちの服がある場合も。どのシチュエーションにも、合わなくなってきている服があった [続きを読む]
  • 旅行前に必ず捨てたい物。
  • 旅行から帰ってくる家は、見慣れているゆえの心地良さがあります。でも、生活感の出る物が多く目につく様なら、せっかく旅行でリフレッシュしたのに、あっという間に、現実に引き戻されてしまいます。日常に戻ってすぐ、バタバタと慌ただしく感じるのは、そのせいかもしれません。そこで、できるだけ、生活感の出る物を、事前に捨てておくと、旅行先で味わった快適な気分を、家でも持続できます。旅行前には、全てのゴミ箱を空にし [続きを読む]
  • 旅行前後は、捨て時。
  • 旅行に行く前には、来客前と同様、片付けを強化します。帰宅後の家がきれいだと、旅行バッグから荷物を出しても、すぐ片付けたくなります。旅行中の荷物は身軽で、生活に必要な物は、少ない量で事足りると、あらためて実感します。ホテルやキャンプで過ごすように、家でも目に触れる物を少なく暮らせている時、とてもリフレッシュ効果が高まると、感じています。身軽でいる事の心地良さが分かりやすい、旅行後も、古くなってしまっ [続きを読む]
  • 洗面所を美しい場所にするには。
  • 洗面所は、コンパクトなスペースに、個人の持ち物が収められています。洗濯用品や衣類、タオル等も含めると、常に多くの物が存在しています。水はねや、衣類から出る埃、髪の毛などで、汚れやすい場所でもあります。ちょっと気を抜くと、たちまち、清潔感が薄れてきます。毎日のお手入れに加え、月に1度は、全体をチェックすると、いつも気持ちの良い洗面所をキープできます。1か月はすぐにやってきますが、この間にも、気づかな [続きを読む]
  • 人を招くのは愉しいこと。
  • 来客前には、いつもよりきれいにお掃除したくなります。しばらく人を招いていないと、あちこちの汚れが気になり、緊張感も出てきますが、大丈夫です。好きなお客様が来てくれるのは、いいことづくめだからです。完璧でなくとも、いいのです。グレードアップした空間で、大切な人とゆっくり会話を愉しむと、より元気になります。会話の中身は、ポジティブで、愉しい話題が中心です。困った話や失敗談も出ますが、事後報告として、笑 [続きを読む]
  • 買って使い切る心地良さ。
  • 買い物をした瞬間は、とても幸せです。大小に関わらず。必需品では無いけれど、心を満足させてくれるような物は特に、嬉しくなります。しかし、いったん自分の物となってしまうと、時が経つにつれ、最初の興奮は落ち着きます。気に掛けている物事は、他にも常に色々あるからです。場合によっては、そのうち、存在を忘れかけてしまう事も。メイク用品や洋服は、数が多いほど、そうなりがちです。文房具、本、CDなども、目の行き届く [続きを読む]
  • 片付けのスイッチを入れる方法。
  • 片付けのスイッチが入らない時、ついだらだらと意味の無い時間を過ごしてしまい、後悔することがあります。スイッチを入れる方法を幾つか持っていると、自動的に嫌でも身体が反応して、動けるようになります。・片付けを始める時に嗅ぐ香りを決める。頭がスッキリするようなアロマなど。毎回、同じ香りと共に、片付けを始める。・香りと同様、片付けのテーマソングを決めて、いつも同じ曲で片付ける。また、「アルバムの3曲目を終 [続きを読む]
  • お酒をやめて得たことの大きさ。
  • 夏といえば、毎年ビールを飲む量が増えるのですが、今年は1滴も飲んでいないのです。週の半分ほどお酒を飲む習慣があった所、飲まなくなり、半年以上になります。きっかけは腰の治療からです。身体を見直し、暮らしや考え方を、なりたい方向へと意識を向け、シフトさせていきました。お酒を飲んでいた時間を、運動や読書、趣味のピアノに充て、心身共に活力を得ていくと、自然とお酒を欲することもなくなりました。やめた頃はそん [続きを読む]
  • 夏こそ、冬服整理に最適な理由。
  • 今は真夏ですが、クローゼット整理の時には、冬物もチェックします。遠い季節の服は、冷静に見極められるのです。冬が終わったばかりの時にチェックしても、最近まで来ていた服に対して、愛着があるので、簡単に手放せないことがあります。一定期間を置くと、気持ちがすーっと引き、不思議とすんなり処分したくなる服が出てくるのです。先日、衣装ケースに保管中の冬服から、役目を終えたと思う服を集めてみると、黒や茶など、似た [続きを読む]
  • その収納は間違っているかもしれない。
  • 今住む家で、初めに決めた収納位置が、何年も全て完璧にしっくりきているという事は、ほとんどあり得ません。決めた時には、その位置がベストと信じて疑わないとしても、実際に暮らしていくと、思い通りにいかないことも出てきます。持ち物に変化も出るので、時々、見直しは必要です。上手くいっていないと感じても、明らかに変えた方が良いと気付くような、わかりやすい失敗なら良いのです。不便を感じる人が、変えたくなるからで [続きを読む]
  • 暑い日に適したお掃除。
  • 暑い日には、コンロ周りのお掃除を強化しています。油汚れが暑さで緩んで、落ちやすくなっているので、お掃除が比較的楽で、愉しいのです。レンジフードのお手入れは、すぐ油がたまるので面倒ですが、この機会に回数を増やしておくと、一度の作業は短い時間で済み、負担になりません。早朝、まだ身体にエンジンが掛からない内に、着手してみると、なぜか5分も経てば手がよく動くようになり、頭も気持ちも、冴えてきます。ピカピカ [続きを読む]
  • 夏の疲れを溜めない為に。
  • 子の夏休みに入ると、通常より早起きです。気温の上がらない内に、済ませたい事が、沢山あります。家事の殆どは、皆が起きてくる前に。冷たい食べ物を摂る事は自然と増えるので、あえて野菜多めのお味噌汁やスープを積極的に作り、身体を冷やさないようにしています。お肉はたっぷり食べます。自宅で仕事をする時には、合間に10分眠ればとてもスッキリします。また、ちょっと生まれるすき間時間で読書をすると、まとまった時間が取 [続きを読む]
  • 片付かない部屋、何から手をつけたらよい?
  • 部屋が片付かないのは、出した物を元に戻さないからなのですが、一歩踏み込んで考えると、未処理の用件がたまっている事が原因です。処理がなされない為に、元に戻すことができず、滞っている訳です。先延ばしが増えると、何から手を付けたらよいか分からず、気は焦るのに、やる気が出ない状態に。やりかけの事を集中してこなす時間を作り、タイムリミットを決めて、取り組みます。「書類整理に10分」というように、やる事に対して [続きを読む]
  • 子どもにもトイレ掃除を。
  • 子どもには普段、ゴミ出しやお風呂掃除を頼みます。夏休みには例年、調理や洗濯も手伝って貰いますが、トイレ掃除は毎日私がしています。誰もが必ず使うトイレこそ、掃除が大切な仕事です。これからは、トイレ掃除も、ローテーションで、お願いすることにしました。掃除をしている人だけが、汚れやすいポイントを知っています。掃除が自分の仕事となれば、気をつけて使う様になるでしょう。言葉で、きれいに使って欲しいと伝えるよ [続きを読む]
  • 引越すつもりの、総チェック。
  • 私の家庭は転勤族です。一昨年末に家を建て、今後は引越しする事もないのですが、この時期は自動的に身体がソワソワします。というのも、8月は例年転勤のタイミングでもある為、7月も末になると、引越し前提で家じゅうを片付ける、一大イベントを行ってきたからです。といっても、盛り上がっているのは、ほぼ私だけなのですが、雰囲気に影響されるのか、なぜか家族も自室を片付け始めるので、全体的にスッキリしてきます。転勤生活 [続きを読む]